自分の話ばかりする人の特徴と心理7選!対処法とは?

自分の話ばかりする人ってよくいますよね。 聞いている側からしたら、何度も同じ話をされたり、聞いてもない相手の話ばかりで疲れてしまいますよね。 そんな人たちは一体どういった心理を持っているのでしょうか。 今回は、自分の話ばかりする人についてまとめました。

自分の話ばかりする人の特徴と心理7選!対処法とは?のイメージ

目次

  1. 自分の話ばかりする人って一体何なの?
  2. 自分の話ばかりする人の特徴と心理とは?
  3. 自分の話ばかりする人の特徴と心理①自分に自信がない
  4. 自分の話ばかりする人の特徴と心理②自己顕示欲が強い
  5. 自分の話ばかりする人の特徴と心理③自己愛が強い
  6. 自分の話ばかりする人の特徴と心理④ストレスが溜まっている
  7. 自分の話ばかりする人の特徴と心理⑤自慢話が好き
  8. 自分の話ばかりする人の特徴と心理⑥聞き手に回ることが苦手
  9. 自分の話ばかりする人の特徴と心理⑦自分が中心でいたい
  10. 自分の話ばかりする人は「自分」のことで頭がいっぱい
  11. 自分の話ばかりする人の対処法はある?
  12. 自分の話ばかりする人の対処法①相槌を打って交わす
  13. 自分の話ばかりする人の対処法②話を逸らす
  14. 自分の話ばかりする人の対処法③認め、ほめてあげる
  15. 自分の話ばかりする人は嫌われやすい!

自分の話ばかりする人って一体何なの?

どこにでも、自分の話ばかりする人っていますよね。
皆さんも、一度は出会ったことがあるのではないでしょうか。
気が付けばいつも自分の話ばかりしていて、ほかの友人が新しい話題を振っていても、何か悩み相談をしていても「私なんてさ~」などとすべて自分の話に持って来る人。

こんな性格を持っている人の相手をするのは、正直言ってちょっと疲れてしまいますよね。
では、自分の話ばかりする人とはいったい何なのでしょうか。
今回は、そんな人たちの特徴や心理、そして対処法までまとめてみました。
身近に自分の話ばかりする人がいて疲れてしまった…対処法が知りたい…なんて人はぜひ、参考にしてくださいね。

自分の話ばかりする人の特徴と心理とは?

まずは、自分の話ばかりする人の性格的な特徴や心理について紹介していきます。
自分の話ばかりする人は基本的には「そういう性格だ」と思われていると思います。
確かに、「そういう性格だ」と言ってしまえば簡単なのですが、実は性格が原因とだけでは語れないメンタル面での病気が潜んでいるケースもあります。
病気の場合は特に、自分が治す意思を持たないと治療も始まりませんからちょっと厄介ですよね。

病気とまではいかなくても、自分の話ばかりする人は特徴的な心理を抱えていることが多くあります。
まずは、自分の話ばかりする性格の人の特徴や、病気のパターンなどについて詳しく紹介していきます。
自分の話ばかりする性格だからと言って、病気だと決めつけることはできませんが、こういった病気の可能性があるということも視野に入れておけば接し方が少しは変わると思います。
これから紹介する7つの特徴と心理をぜひ参考にしてくださいね。

自分の話ばかりする人の特徴と心理①自分に自信がない

自分の話ばかりする人の特徴と心理として、自分に自信がないということが挙げられます。
よく、モテない男性ほど自分語りが多いといわれますよね。
それは、モテない男性はなかなか男女関係において自分に自信を持つことができず、男としてアピールすることを口で自分の話をすることに頼ってしまっているのです。

逆に自分に自信があるような男性は、自分の男としての魅力を特に口で語らずとも相手に伝わるということが分かっているので、わざわざ自分の話をしたりはしません。
男女限らずそうですが、自分に自信がない人ほど自分の話ばかりして、相手に認めてもらおうとするのです。

■関連記事:自分に自信がない人について知りたい方はこちらもチェック!

自分に自信がない人の特徴7つと自信をつける方法!

自分の話ばかりする人の特徴と心理②自己顕示欲が強い

自分の話ばかりする人の特徴と心理として、自己顕示欲が強いということも挙げられます。
自己顕示欲とは、「自分を認めてほしい」とか「自分を見てほしい」という欲求のことを指します。
これは、育ってきた環境からの影響が多く、例えばなかなか努力しても誰にも注目されなかった、頑張ってきたことを母親に共感してもらえなかったなどの理由から「もっと自分を見てほしい」という気持ちが抑えきれず爆発してしまっているのです。

自己顕示欲が強い人は、人から注目されたい、認められたい、すごい人と思われたいというような気持が非常に強いため、そう思われるように自分をいい風に話をする傾向にあります。
そしてその頻度も非常に多いことから、自分の話ばかりする人だととらえられ、嫌がられてしまうことも多くあるのです。

■関連記事:自己顕示欲が強い人について知りたい方はこちらもチェック!

自己顕示欲が強い人の13の特徴!上手な付き合い方とは?

自分の話ばかりする人の特徴と心理③自己愛が強い

自分の話ばかりする人の特徴として、自己愛が強いというパターンもあります。
このパターンは、自分の学歴や今までの経験、能力などに非常に自信を持っていて、自分に自信がたっぷりで自分が大好きでたまらないという性格の持ち主です。
純粋に自分が大好きなので、自分のことばかり人に話したがる傾向があります。

これは高学歴の男性に非常に多い傾向があります。
男性はまだまだ学歴社会が残っていますよね。
そういった理由から、学歴がある男性、能力が優れている男性は偉いんだという心理が働き、「自分は学歴も能力もある」というところから、自分のことを大好きになり、気が付けば自分の話ばかりをしているのです。

自分の話ばかりする人の特徴と心理④ストレスが溜まっている

自分の話ばかりする人の特徴と心理として、ストレスが溜まっているということも挙げられます。
マシンガントークをするような女性に多いパターンです。
ストレスが非常にたまっていて、ストレスの発散方法がひたすら口に出して話すことであるという人は、気が付けば自分の話ばかりしてしまっている傾向にあります。

ストレス発散の方法として、何かスポーツをしたり趣味をするのもいいですが、相手の事情も考えずに話を聞いてもらうだけでストレス解消できるってかなり手ごろですよね。
このパターンの人は、手っ取り早いストレスの解消法として自分の話ばかりして、それが癖になってしまっているのです。
ただし、根本的なストレス発散やストレス材料の除去にはなっていないため、繰り返してしまう傾向が非常に強いのがこのパターンですね。

自分の話ばかりする人の特徴と心理⑤自慢話が好き

自分の話ばかりする人の特徴と心理として、自慢話が好きということも挙げられます。
前述のとおり、自分をすごい人間だと思っている人や、自分をもっとみてほしいという願望を抱えている人は、自分がいかに素晴らしいかを人にアピールしたいと考えています。
それがつまりは自分の武勇伝を語るような自慢話になっていくのです。

自分の自慢話をして、人を見下したり満足感に浸ることが快感になっている人は、なかなかその快感を忘れられず、何度も同じような自分の話を繰り返す傾向があります。
そうして、周りから「自分の話ばかりする人」と思われてしまうのです。

自分の話ばかりする人の特徴と心理⑥聞き手に回ることが苦手

自分の話ばかりする人の特徴と心理として、「聞き手に回ることが苦手」ということも挙げられます。
自分の話ばかりする人は、とにかく自分の話をしたいので、人の話を黙って長時間聞くことができません。
そのため、基本的に聞き手に回っているように見せかけても、自分の話ばかりしてしまうのです。

例えば仲のいい友達から恋愛相談を受け、聞き手に回るべき時であっても、あんまり友達の話は聞かずに「私がそういう状況だったときは~…」「私の場合は~…」「私だったら~…」と自分の話に持っていくのです。
一見、自分の体験談を話してアドバイスしているようにも見えますが、中身をよく聞いてみるとアドバイスでもなんでもなく、ただの「自分の話」なのです。

自分の話ばかりする人の特徴と心理⑦自分が中心でいたい

自分の話ばかりする人の特徴と心理として、最後に、「自分が中心でいたい」ということが挙げられます。
自分がそのグループの中で話の主導権を握りたい、自分が一番注目される存在でいたいという願望が非常に強く、その心理から自分の話ばかりしてしまうのです。

前述のとおり、自分を見てほしいという心理だったり、自分のことが大好きでみんなにアピールしたいという心理などの理由から、自分が中心でないと気が済まないという心理に陥ってしまうのは実は意外とよくあることです。
その願望を抑えきれなくなってしまい、人が嫌がっていることにも気が付かないほどそれに夢中になってしまうと、人から嫌がられる「自分の話ばかりする人」になるのです。

自分の話ばかりする人は「自分」のことで頭がいっぱい

いかがでしたか?
自分の話ばかりする性格の人は、総じて共通していることは「自分」「自分」となっていて、自分のことで頭がいっぱいであるということです。
そういった人は、病気であるにしろ、病気とまではいかないにしろ、なかなか話を聞いている相手の気持ちまでは汲み取ることができません。

自分の話ばかりする性格の人は、自分をアピールすることに必死なのです。
それが過度に強すぎたり、人格的なところで決定的な問題がみられると、病気の可能性も視野に入りますが、前述のとおり病気の場合は特に、本人が意識しないことには変わりません。
周りが「あなたのその性格は病気っぽいから病院へ」なんてとてもじゃないけど言えませんよね。
だからこそ、対処法を探している人も多いのではないでしょうか。

自分の話ばかりする人の対処法はある?

では、自分の話ばかりする性格の人の対処法はどのようなものがあるのでしょうか。
自分の話ばかりする人って気が付けば自分の話ばかりしていて、なかなかそれをストップさせることができない…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
特に、病気などの場合は、それを無理やり止めてしまうと余計に願望が強くなり、症状がひどくなってしまう可能性もあるため対処法として難しいところですよね。

ここからは、自分の話ばかりする性格の人の対処法について紹介していきます。
できるだけ相手を傷つけたり怒らせたりせずに、うまく切り抜けていくという方法が基本になります。
具体的な方法は、以下の3つです。
ぜひ、今後の参考にしてくださいね。

自分の話ばかりする人の対処法①相槌を打って交わす

自分の話ばかりする人の対処法として、とりあえず相槌を打ってうまくかわすという方法が一番簡単です。
「そうなんだ」「すごいね」「へえ~」という風に、とにかく返事の8割くらいを相槌にしてみることです。
自分の話ばかりする人は、相手が自分の話に食いついてくれればくれるほどうれしくなり、どんどん自分の話をしたくなってしまいます。

そうなると状況は悪化する一方なので、相槌の仕方についても、あまりにもオーバーに「そうなの?!」などと驚いたり「えっすご~い!」などと言ってしまうと、自分の話ばかりが続いてしまいます。
自分の話ばかりする人に自分の話をするのをやめてほしい場合は、相槌の仕方にも工夫が必要です。
とげが立たない程度に、「そうなんだね」「それはすごいね」「うんうん~」くらいの程度にとどめ、「つまらない」と思われないけれども、「もっと聞かせて」とも思われない程度の相槌を打つようにしましょう。

自分の話ばかりする人の対処法②話を逸らす

自分の話ばかりする人を何とか止めたい、もう聞きたくないと思っているような場合は、話を逸らすという方法が効果的です。
自分の話ばかりする人は、ほかの人が何か話題を提供してもすぐに「私もこの間…」などと言って自分の話に持って行ってしまいます。
簡単に言えば、自分の話ばかりする人にも、それと同じことをするのです。
自分の話ばかりする人が話し出したら「〇〇なんだね、〇〇といえばこの前さ!」などとみんなで盛り上がれる話題にすり替えてしまうのです。

自分の話ばかりする人は、一見誰にでも自分の話ばかりしているように見えますが、実は意外とターゲットを決めています。
「この人は黙って自分の話を聞いてくれる」と思われてしまうと、どんどん自分の話ばかりされてしまいます。
その逆で、「この人は俺の話を聞いてくれない」と思われたら、なかなか自分の話はしてこない傾向があります。
その心理を利用して、「あなたの話は適度にしか聞かないよ」という姿勢を態度で表すのです。

自分の話ばかりする人の対処法③認め、ほめてあげる

自分の話ばかりする人が自分の上司や部下だったり、恋人など、自分の話ばかりすることを少しでもやめてその性格を直してあげたいと思うのであれば、認め、ほめてあげることが大切です。
紹介してきたとおり、自分の話ばかりする人は認められたいという願望が強かったり、ほめられたいという気持ちが非常に強い傾向があります。

幼少期などの経験から、メンタルの病気になってしまっているようなパターンは特に、認めほめてあげることが一番効果的です。
最初は時間がかかるかもしれませんが、認めてあげ、ほめてあげることでその人の欲望が少しずつ解消されていき、言葉に出してほめてもらわなくても、自分に満足できるようになってきます。
相手が大切なパートナーや身近な人などで、性格を少しでも直してあげたいと思っている場合は、ちょっと疲れるかもしれませんがこの方法が一番いいでしょう。

自分の話ばかりする人は嫌われやすい!

いかがでしたか?
自分の話ばかりする人の対処法についても紹介させていただきました。
相手によってどの対処法を実践するかなど考えて、ぜひ試してみてください。
自分の話ばかりする人をまともに相手して、ずっと話を聞いてあげるなどしていると、聞いているこっちが疲れてしまいます。
そうなることで、自然と自分の話ばかりする人は周りから「この人とはあまり一緒にいたくないな」と思われてしまうように。

男女問わず、自分の話ばかりする人は嫌われやすい傾向がありますから、自分自身もそうならないように注意をしていきたいところですね。
また、自分の話ばかりする人の相手は想像以上にストレスが溜まりますから、下手に気に入られて付き合いが過剰になってしまうと、自分のメンタルもやられかねません。
今回紹介した対処法をぜひ実践していただき、程よい距離感でうまく付き合っていくことをお勧めします。

苦手な人への対処法についてもっと知りたいあなたへ!

図々しい人の心理・特徴25選!対処法も教えます!
攻撃的な人の心理と特徴!上手な対処法7選も解説
考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法!
自分勝手な人の特徴11選と対処法!上手な付き合い方とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ