高温期が短い原因と改善方法!治療した方がいいの?

高温期が短い。どうして?妊娠できるの?一般的な高温期の期間は11日以上と言われています。高温期が10日以内と短い場合、何か問題があるかもしれません。少しでもあなたの不安を軽減できるように、高温期が短い原因と改善方法についてお話します。

高温期が短い原因と改善方法!治療した方がいいの?のイメージ

目次

  1. 基礎体温の高温期が短い!原因は?治療した方がいい?
  2. 平均的な高温期は何日くらい?平均より短いとどうなの?
  3. 基礎体温の高温期が短いと、妊娠する可能性はどうなの?
  4. 基礎体温の高温期が短い原因1
  5. 基礎体温の高温期が短い原因2
  6. 基礎体温の高温期が短い原因3
  7. 基礎体温の高温期が短い原因4
  8. 基礎体温の高温期が短い原因5
  9. 基礎体温の高温期が短い場合の改善方法1
  10. 基礎体温の高温期が短い場合の改善方法2
  11. 基礎体温の高温期が短い場合の改善方法3
  12. 基礎体温の高温期が短い場合の改善方法4
  13. 基礎体温の高温期が短い場合の改善方法5
  14. 基礎体温の高温期が短い場合の改善方法6
  15. 基礎体温の高温期が短い場合の改善方法7
  16. 高温期が短いなら、まずはストレス発散してリラックス!

基礎体温の高温期が短い!原因は?治療した方がいい?

基礎体温を測ることで、ホルモンバランスや排卵日を予測することができます。

基礎体温は低温期と高温期に分かれ、それぞれが14日ほど続きます。中には生理サイクルは整っているものの、高温期が短い人もいます。

妊娠を希望している人にとっては、高温期が短いと「妊娠できるの?」「不妊症なの?」といった不安が増してしまいますよね。

高温期が短いことが、即座に赴任に直結するわけではないですが、妊娠しにくい状態になっていることは確かです。また生理周期が長いと、低温期が長くなり、高温期が短くなる傾向があります。

今回、高温期が短い原因と改善方法についてお話します。高温期が短いからと言って、妊娠を諦める必要はありません。

少しでも可能性を見出せるように、原因と突き止めて、適切な治療を施すようにしましょう。

平均的な高温期は何日くらい?平均より短いとどうなの?

平均的な高温期は14日ほどと言われています。ただし、皆が皆きっちり14日ではなく、11日~16日と幅はあります。

排卵日の次の日から高温期1日目とカウントします。ただ、正確な排卵日を知ることは困難なので、1,2日のズレはあるかもしれません。

高温期に入ると低温期より基礎体温が0.2~0.3度上がるので、ひとつの目安にはなるでしょう。

高温期が11日以上であれば問題ないのですが、11日未満となると短いと言えます。

高温期が11日~16日であれば、ちゃんと排卵が行われ、女性ホルモンも正常に分泌されていることになります。

ところが11日未満となると、体に何らかの変化やリズムの乱れが生じていると考えられます。そのため、妊娠準備ができなかったり、着床しても妊娠が継続できないことが起こり得ます。

基礎体温の高温期が短いと、妊娠する可能性はどうなの?

高温期が11日未満で短く、低温期が長い(21日以上)場合、卵胞が育つのに時間がかかっていると考えられます。そうすると、いざ高温期に差し掛かっても、卵胞が未成熟な状態なので妊娠しづらくなります。

また、卵胞がちゃんと育って排卵しても、高温期が11日未満だと受精卵が着床しにくくなります。この場合も、妊娠の可能性は低くなると言えます。

ただ、高温期が11日に満たないからと言って、一概に妊娠しないとは言えません。実際、高温期が11日未満であった人が妊娠したという話は、1つや2つではありません。

高温期が11日以上ないと妊娠しにくいのは事実です。しかし、高温期が短い原因を確認し、その原因に沿って対処することで、高温期を11日以上にし、妊娠する可能性を高めることはできるのです。

■参考記事:高温期7日目、9日目で妊娠はわかるの?コチラも参照!

高温期7日目に着床?体温が下がる?妊娠症状は?フライングで陽性に?
高温期9日目の症状!フライングで陰性でも妊娠してるかも!

基礎体温の高温期が短い原因1

【排卵していない】

低温期から高温期に移行する時、基礎体温がとび抜けてガクンと下がる日があります。それがおおよその排卵日に当たります。

ところが、排卵していない人は基礎体温が下がる日の見分けがつきづらく、高温期の開始がいつか不明確で、高温期がいつ始まったのか自覚できません。

そのため体が熱いと感じるのが遅く、生理が来るまでの高温期が短いと感じてしまうんですね。

排卵がない人の特徴として、冷え性、腰痛もち、普段から体温が36度以下、低血圧、寒さが苦手、体力がない、疲れやすい、いつも眠気がある、倦怠感や脱力感があるなどの症状が見受けられます。

冷え性や虚弱体質は、高温期が短い人の特徴と言えます。とは言え、漢方を服用したり体質改善することで、十分に排卵を促すことができます。

基礎体温の高温期が短い原因2

【卵胞の発育が不十分】

排卵とは、1つの卵胞が成長し、卵子になったものが卵巣の外に飛び出ることを言います。月に一度、脳下垂体から分泌される黄体ホルモンや脳下垂体刺激ホルモンによって、排卵はコントロールされています。

ところが、そのホルモン分泌が何らかの原因で為されなかったり、バランスが崩れることで、卵胞が十分に発育できず、排卵されないことがあります。

これを「排卵障害」と呼びます。

妊娠に至るには卵子と精子が受精することが必要不可欠ですが、卵子になる前の卵胞の発育が不十分だと、妊娠にたどり着くのは難しくなります。

なぜ排卵障害になるのか、その原因は明らかになっていません。統計的に見て、月経不順の人に多いようです。また、極度のメタボや過度のダイエットによる体重減少、ストレスなども原因とされています。

月経不順や無月経であれば、排卵障害である可能性が高いです。生理が3ヶ月以上ない場合、早めに病院を受診するようにしましょう。

基礎体温の高温期が短い原因3

【ホルモンバランスが乱れている】

人間は日中に活動的になる交感神経と、夜リラックスしている時に優位になる副交感神経から成っています。ストレスや体調の変化によって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、そのままホルモンバランスの乱れに直結します。

自律神経は体温調節にも深く関わっており、ストレスがかかることで基礎体温が安定していない可能性があります。

また、過度のダイエットや偏食もホルモンバランスを乱す原因になります。

と言うのも、過度のダイエットで通常より摂取する栄養が少なくなると、脳が飢餓状態になったと勘違いし、生き残るために必要な器官に、まずはエネルギーを使おうします。すると、子宮などの生殖器は二の次になってしまいます。偏食も同じくです。

栄養が行き渡らず、ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンを分泌するための指令が脳から出しづらくなります。

基礎体温の高温期が短い原因4

【黄体機能不全の可能性あり】

卵胞が十分に発育すると、脳下垂体から黄体化ホルモンが分泌されます。それから排卵が行われ、卵巣の中に「黄体」という組織ができます。

黄体から黄体ホルモンが分泌されることで子宮内膜が厚くなり、妊娠準備が進められていきます。

ところが、黄体がうまく働かないことがあります。これを「黄体機能不全」と呼びます。

黄体機能不全だと、子宮内膜に厚みができづらく、卵が着床しにくい、たとえ着床し妊娠に至っても、流産しやすいといった問題が起こり得ます。

黄体機能不全になっていても、それといった症状はなく、自覚していない人も多いのですが、基礎体温をつけることで、黄体機能不全と疑われる波形になります。そのひとつが、高温期が11日未満と短い波形です。

基礎体温の高温期が短い原因5

【高プロラクチン血症の可能性あり】

プロラクチンというホルモンは、通常出産後に分泌されます。出産後にすぐに妊娠しないように、排卵を抑制する役割があります。

出産後の授乳期にプロラクチンの数値が高くなるのは至って普通ですが、それ以外の時期にこの数値が高くなると、高プロラクチン状態になり、生理不順や不妊の原因になってしまいます。

授乳期以外のプロラクチンの正常値は15ng/ml以下とされており、もしこの数値以上だと、「高プロラクチン血症」であることが疑われます。

高プロラクチン血症による症状としては、無月経、無排卵、不妊症、年に2,3回しか生理が来ない、乳汁が出るといったものがあります。

また、視野狭窄や視力異常、流産率が高くなるかもしれないといった症状も報告されています。黄体機能不全が併せて発症することもあるようです。

基礎体温の高温期が短い場合の改善方法1

【体を温める】

高温期が短い場合の改善方法1つ目は、体を温めることです。

「冷えは女の大敵」です。体を温めることで基礎代謝が上がり、妊娠しやすくなると言われています。体を温める方法としては、軽い運動や半身浴が勧められています。

半身浴では下半身がじんわりと温かくなるのを感じられるような、39~40度のぬるま湯につかるのが理想です。

軽い運動では20分程度のウォーキングがおすすめです。20分以上経つと脂肪が燃焼されてくるので、ダイエットも兼ねて行うにはちょうどいい運動です。

「20分はちょっと…」というのであれば、5~10分からウォーキングするのを心がけましょう。脂肪燃焼とまではいかなくとも、下半身を効率的に使い、温めるには十分です。

基礎体温の高温期が短い場合の改善方法2

【基礎代謝をアップさせる】

高温期が短い場合の改善方法2つ目は、基礎代謝をアップさせることです。

高温期が長くなるよう体質改善するには、基礎代謝をアップさせるのが一番の近道です。基礎代謝量は筋肉量と比例しています。つまり、「基礎代謝がアップ=筋肉がついている」と言えます。

運動することはもちろん、生活リズムを整えることも代謝アップにつながります。

また、食事はスープなど体を温める物を摂取するようにしましょう。代表的な食材は根菜類、しょうが、にんにくなどです。冬ならしょうがをすりおろして、紅茶やココアに入れるのもいいでしょう。

反対に、体を冷やす白砂糖、カフェイン、すいかや苦瓜などのウリ科の食べ物も控えるようにしましょう。ウリ科は夏には水分摂取にもなり大歓迎の食べ物ですが、エアコンがキンキンに効いた部屋では摂取を控えましょう。

基礎体温の高温期が短い場合の改善方法3

【バランスのいい食事を心がける】

高温期が短い場合の改善方法3つ目は、バランスのいい食事を心がけることです。

自分の好きなものばかり食べていては、栄養が偏り、ホルモンバランスを崩してしまう可能性が高くなります。主食のごはん、副菜(おかず)、スープや野菜をバランスよく摂るようにしましょう。

特に黄体ホルモンを増やしたり、生理不順の改善に効くのがビタミンEです。ビタミンEはひまわり油や大豆油などの植物油、アーモンドなどの種実類、あんこうの肝などの魚の卵、海苔などに含まれています。

細かい栄養素まで考えるのは難しい場合は、まずはバランスとビタミンEの食材が入っているかを考えて、献立を作ってみましょう。

基礎体温の高温期が短い場合の改善方法4

【睡眠をしっかりとる】

高温期が短い場合の改善方法4つ目は、睡眠をしっかりとることです。

睡眠の大切さは、ホルモンバランスを整えるだけでなく、疲労回復などあらゆる面でさけばれています。睡眠をしっかりとることは、まさに健康の第一歩なのです。

適度に体を動かし、寝る1時間前にはモバイル機器を使用せず、たっぷりと睡眠をとるよう心がけましょう。

基礎体温の高温期が短い場合の改善方法5

【ルイボスティーを飲む】

高温期が短い場合の改善方法5つ目は、ルイボスティーを飲むことです。

ストレスや加齢によって、女性の体には活性酵素の量が増えていきます。活性酵素は排卵から妊娠まで大きく関わっているとされ、この量のバランスが崩れると、妊娠しにくくなってしまいます。

卵子が酸化し、クオリティが下がり、受精卵が着床しにくくなる可能性があるのです。

ルイボスティーには活性酵素を除去できる酵素がたっぷり含まれており、飲用することで子宮内膜が厚くなって、受精卵が着床する可能性が高まるとされています。

つまり、ルイボスティーはホルモンバランスを整えるための治療にも有効なのです。ノンカフェインなので、体に悪影響を与えることもないのがうれしいですね。

基礎体温の高温期が短い場合の改善方法6

【漢方を服用する】

高温期が短い場合の改善方法6つ目は、漢方を服用することです。

漢方は生薬からできているので、体に負担をかけることなく体質改善がねらえるのでおすすめです。漢方の中には黄体ホルモンの分泌を促進し、高温期を長くして、受精卵着床の可能性を高める効果のあるものもあります。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などの漢方は、高温期を長くする効果が期待できます。

漢方には様々な種類があり、体質や症状によって効果が異なります。素人には判断が難しいので、漢方薬局や漢方治療を取り扱う病院で相談してから購入するようにしましょう。

また、漢方や薬膳の概念を基に、料理を提供しているレストランもあります。おいしく漢方の効果を得たいなら、ぜひ利用してみましょう。

基礎体温の高温期が短い場合の改善方法7

【病院で治療する】

高温期が短い場合の改善方法7つ目は、病院で治療することです。

漢方での治療を行っている病院もありますが、女性ホルモンが少ないと判断された場合、ホルモンを補う治療法「ホルモン補充治療」が行われることもあります。

また黄体機能不全であれば、黄体ホルモンの分泌を促したり、薬を用いて排卵を誘発したりします。

基礎体温では、女性ホルモンが正常に分泌されているか確認することはできても、実際にどんな症状の可能性があって、どんな治療をすべきかは判断できません。

どんな治療が必要かは、まず病院で検査する必要があります。まずは医師に相談するようにしましょう。

高温期が短いなら、まずはストレス発散してリラックス!

ホルモンバランスを整えるためには、病院で治療したり、漢方に頼ったりするのもいいですが、一番の薬はストレスを発散することです。

自分の心に従って生活していれば、高温期は自然と長くなっていくはず。あまり悩まず、自分らしくリラックスして生きていきましょう!

高温期についてもっと情報を知りたいアナタに!

高温期10日目に体温下がるのは着床しているから?妊娠してるかも!
高温期12日目の症状!出血や下腹部痛など!陰性でも妊娠の可能性?
高温期17日目の症状!体温が下がる時や生理がこない時の妊娠可能性は?
高温期20日目に陰性だと妊娠可能性ゼロ?病院で胎嚢をチェック!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ