写真写りが悪いのはなぜ?悪く写る特徴と写りを良くする方法9選!

実際は美人で可愛いのになぜか写真映りが悪いという人がいます。皆さんの中にも写真写りの悪さに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?当記事ではもっと美人に写真に写りたいという方のために写真写りが悪い理由と良くする方法9選を紹介します!写真写りが悪い人は必見です!

写真写りが悪いのはなぜ?悪く写る特徴と写りを良くする方法9選!のイメージ

目次

  1. 美人なのにもったいない!写真写りが悪い人の悩み
  2. 美人なのに?写真写りが悪い人の3つの特徴
  3. 写真写りが悪い人が美人に写る方法とは?
  4. 自分の写り方・写る方法を研究しておこう!

美人なのにもったいない!写真写りが悪い人の悩み

あなたの周りに実際は可愛らしく美人なのに、写真を撮るとあまり美人に撮れないという友達や、自分の写真写りが悪いという経験はありませんか?

携帯電話やスマホが普及して、特に若い人は毎日のように写真を撮っているといっても過言ではありません。お手軽に写真を撮れるようになったことで、記念日などの特別な日だけでなく日常のありふれた光景も写真を残す人も多くなりました。

しかしどうせ写真を撮るのであれば、可愛く美人に写真を撮りたいと思うのは女性であればみんな考えることですよね。

写真写りを良くするためには、まず写真写りが悪い人に共通する特徴を知るのがコツになります。まずは写真写りが悪いと悩んでいる人が知らず知らずのうちにやってしてしまっている残念な特徴を見ていきましょう!

美人なのに?写真写りが悪い人の3つの特徴

それでは、美人なのに写真写りが悪い人にはどのような特徴があるのでしょうか?その特徴について、3つ紹介していきます。写真を撮る時、このようなことをしてしまってはいませんか?

(1)カメラを凝視する

美人なのに写真写りが悪い人の特徴の1つめは、カメラを凝視してしまうことです。写真写りが悪い人は写真を撮ることに自信がない場合が多く、緊張してしまうことがあります。

緊張すると頑張って笑顔を作ろうと思っても、どこかぎこちない表情になってしまい自然にポーズをとることができない原因になります。

女性は目を大きく見せたいと言う願望もあり、余計にシャッターが下りる瞬間に無意識にカメラの方をジッと凝視してしまうことがあり、そのことも写真写りの悪さの原因になります。

またはその逆も考えられます。写真を取られる事に緊張してしまう人は、写真を撮る瞬間にふいにカメラから目を逸らしてしまうという特徴もあります。

半目になったりブレてしまったりと変な写真になってしまうことが多い場合は、カメラから逃げているのが原因だと考えられます。

■参考記事:きつい顔の美人を優しい顔にするメイク!コチラも参照

きつい顔の美人て誰?優しい顔に見せるメイク術も解説!

(2)歯を見せすぎる

美人なのに写真写りが悪い人の特徴の2つめは、歯を見せすぎることです。

元気いっぱいの笑顔を撮ろうと大きな口を開けて写真を撮ることがありますが、実は写真を撮る時に歯が見えすぎていると品のない表情になってしまうことがよくあります。

写りが悪い写真を見るとよく分かりますが、特に下の歯が見えている写真は微妙な表情の原因になっていると考えられます。

必要以上に大きな口を開けて写真を撮ると、顔が大きく見えてしまったり清楚なイメージがなくなってしまう可能性もありますので、写真撮影の時は歯の見せ方にも気を使うのがコツです。

写真写りが非常に良い女性というのは、表情の作り方がとても上手です。写真写りが良い女性が身近にいる時は、その笑顔のコツを研究してみても良いのではないでしょうか。笑顔1つで微妙な写真になってしまうのはとても勿体ないことです。

(3)口をつぐんでしまう

美人なのに写真写りが悪い特徴の3つめは、写真を撮る瞬間に口をつぐんでしまうことです。

写真写りを良くするためにちょっと澄ました顔を作ろうとして失敗してしまうパターンです。大人しい物静かな女性に多いのですが、写真を撮る時に口をつぐんでしまうとムスッと怒った印象になってしまう原因になります。

また口をつぐんでしまうと顎が強調されてしまったり口角が下がってしまうこともあり、必然的に魅力的な表情ではなくなってしまいます。

一緒に写っている他の女性が楽しそうな笑顔をしている中でただ1人口をつぐんでいると、ノリが悪くつまらなさそうな顔に見られてしまうこともあります。いくら元の顔が美人でもこれでは魅力は半減です。

口をつぐんでしまうのは写真写りが悪い人の大きな原因となります。

撮った瞬間の表情や光や影の加減も要因の1つ

ですが、あなたが原因になっているわけではない場合もあります。写真を撮る時は全く同じ表情を鏡を見ずにキープすることになります。それはプロでないととても難しい上、外で撮るとなると余計に難易度は上がります。

太陽の光、雲や木々の影などで光りすぎたり、暗くなりすぎたり。そうした自然の要因によっていつも見えている顔の印象が変わって見え、写真写りが悪くなってしまう原因にもなっていることがあります。

特に一眼レフカメラなど、プロ仕様のカメラは細かく光や色彩に関して設定ができる分、綺麗に写すためにはとても難しくなってしまいます。ですのであなただけが原因だということでもないんです!

写真写りが悪い人が美人に写る方法とは?

日ごろから自分の顔の見え方を鏡でチェックしよう

写真写りを良くする最も効果的な方法は、笑顔のコツを練習をする方法です。写真があまり美人に撮れないという自覚がある人は、自宅の鏡の前で笑顔コツを練習をしてみてはいががでしょうか。

そして写真写りが悪い人が美人に写るためには、鏡の前で笑顔の練習する方法以外にも幾つか方法があります。ここでは写真写りに特に大きく関係すると思われる9つのコツをご紹介します。

今からご紹介する写真写りを良くするための9つの雑学や方法は、覚えておくと必ず役にたちます。写真写りをよくするため、また思い出の写真を綺麗に美人に残すためにも是非ゆっくりとご覧ください!

(1)斜めから撮る

写真写りが悪い人が美人に写る雑学の1つめは、出来るだけ斜めから写真を撮ることです。

写真を撮る時は少しでも写りを良くするために真正面から撮ってしまうことが多いのですが、じつは真正面から撮ってしまうとつい緊張してカメラを凝視する原因になってしまいます。

人に写真を撮ってもらう時に綺麗に撮ってもらうコツは、体も顔もカメラに対して少しだけ斜めに向けることです。真正面からカメラを見る時に比べてキツイまなざしもかなり優しい印象になります。

また体型に自信が無い人の場合も、このコツを使うと少し細く見えるという嬉しい特徴もあります。自撮りをする時も正面ではなく斜め上から撮ると流し目風に美人に見えます。

(2)口角を上げる

写真写りが悪い人が美人に写る雑学の2つめは、口角を上げるということです。

人は笑っているつもりでも顔の筋肉が衰えているとあまり表情が動かないという特徴があります。そのため写真を撮る時は少し普段よりも大げさに意識して口角を上げるのが写真を可愛く撮るコツです。

綺麗に口角が上がった笑顔は人にもとても良い印象をあたえます。表情の乏しい人は普段から不機嫌に見られる原因になります。人間関係を良くするためにも、口角の上げ方のコツはぜひマスターしておいて損はありません。

口角を上げるための表情筋のトレーニング方法はとても簡単です。まず口を閉じて上下の歯の表面をなぞるようにぐるりと一周回します。最初は1周するのにとても時間がかかり痛みを感じる人もいるかもしれませんが、次第に慣れてきます。

写真の写り方を良くするために表情筋のトレーニング方法をしっかりと実践しましょう。

(3)顎を引く

写真写りが悪い人が美人に写る雑学の3つめは、顎を引いて撮ることです。

女性の場合はよく上目使いの表情が可愛いと言われますが、写真を撮る時も一緒です。顎をちょっと引くことでスッキリと見え小顔効果があり、自然と目線が上向きになるためとても美人に撮ることができます。

また顎を引くと自然と下の歯が隠れることで上品な笑顔を作ることができるという効果もあります。写真を撮った時にいつも二重あごになったり顔が大きく見えてしまう人は是非一度試してみると良いでしょう。

(4)可愛いポーズをする

写真写りが悪い人が美人に写る雑学の4つめは、可愛いポーズをすることです。

写真写りが悪いと悩んでいる人は、クールに決めようとしすぎてかしこまってしまい、変な印象の写真になっていることがよくあります。

写真写りを良くしたい場合は、女性らしいキュートで可愛いポーズをすると華やかなイメージの写真を撮ることができます。

写真を撮るポーズには流行があります。色々な可愛らしいポーズがありますので、一緒に写真を撮る友人たちと話をしてとびきりの笑顔の写真を残しましょう!

ただし若い女性の間では写真を撮るポーズや掛け声などの流行の移り変わりはとても早いため、流行おくれのポーズや掛け声にならないように注意しましょう。

■参考記事:写真で映えるおすすめのポーズ、コチラも参照!

写真ポーズ集!友達2人からカップル・大人数まで使える!【ピース以外】
カップル写真のポーズと自撮りの上手な撮り方を解説!

(5)明るい場所で撮る

写真写りが悪い人が美人に写る雑学の5つめは、明るい場所で撮ることです。

写真写りが微妙に悪くなってしまうのは室内などで撮った写真が多いのをご存知でしょうか?写真を撮る時に明るさが足りないと写真全体が暗くなってしまい、顔色が悪く写真写りも最悪になってしまいます。

室内ではどうしても自然の光が入りにくく、昼間でもまだ十分な明るさではありません。写真写りを良くしたい時は、なるべく屋外で写真を撮るか、昼間でも室内の電気をつけて撮影するのがコツです。

光が十分あたっている場所で写真を撮ると肌や髪も美しく撮ることができるので非常にオススメです。ぜひ覚えておきましょう!

(6)逆光に注意する

写真写りが悪い人が美人に移る雑学の6つめは、逆光に注意するということです。

逆光とは屋外で綺麗な景色を背景に写真を撮る時にしてしまいがちなミスの1つで、写真を撮る時に自分の後ろから太陽の光などがあたっている状況のことです。

逆光になると肝心の顔が真っ暗になってしまい、ひどい時は表情さえ見えない写真になってしまう場合もあります。美人に写真を撮る時は、光の当たり具合や向きなどにも注意するようにしましょう。

(7)真ん中で撮る

写真写りが悪い人が美人に写る雑学にの7つめは、真ん中で撮るということです。

これは何人かで写真を撮るときに気を付けたいことなのですが、大人数を被写体にして写真を撮る時はカメラのピントは真ん中に合わせて撮ることが多くなります。

写真を撮る時に大人数の端に立ってしまうと、真ん中の人よりもぼやけて写ってしまうことがあります。写真を撮る時はなるべく真ん中に近い場所を確保するように頑張りましょう!

(8)手で顔の輪郭を隠す

写真写りが悪い人が美人に写る雑学の8つめは、手や髪で顔の輪郭を隠すことです。

手や髪で顔の輪郭を隠すと、小顔効果があり可愛い印象の写真を撮ることができます。顔の輪郭を隠すといっても全部隠してしまうのではなく、ほんの少しだけ隠すのがコツです。

たとえば髪の長い人はその髪を前へ持ってきて口元にかけるとセクシーな写真が撮れますし、両手を頬に当てて小悪魔ポーズを撮っても可愛らしい写真が撮れます。

笑顔を練習する時と同じように、顔の輪郭をどのよう隠すとより美人に見えるか自宅で練習してみましょう。

(9)リラックスする

写真写りが悪い人が美人に写る雑学の9つめは、とにかくリラックスすることです。

カメラを向けられると緊張してしまう人は、たいてい写真なれしていないことが原因です。写真を撮る時に緊張してしまう人は、友人とたくさん写真を撮り、カメラに慣れることが大切です。

職場や学校などの集合写真とは違い、友人と撮る写真は少し変顔になっても笑いで済ますことができます。カメラに慣れることが出来ると自然な笑顔が出るようになりますので、今よりももっと美人の写真を残すことができるようになります。

どんどん写真を撮って、どう撮れば最も美人に写れるかを探っていきましょう!

自分の写り方・写る方法を研究しておこう!

写真写りが悪い理由と写真写りを良くする方法をご紹介しました。気付かずにやってしまっている失敗などはありましたでしょうか。

写真写りが悪いなと感じることが何度もあると、次第に写真を撮ることが嫌いになりカメラを向けられることに苦手意識を持つようになってしまいます。

ぜひ上記のまとめを参考に、美人の写真をたくさん残していきましょう!

暮らしに役立つ雑学についてもっと知りたいアナタに!

裏ピースの意味は?海外では裏ピースがNGなのです!【危険】
左利きあるある17選!これは共感しちゃう
行けたら行くの意味!来る確率は何%?関西と関東では違う?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ