家焼肉の心得!煙の対策やおいしいレシピなど徹底解説!

焼肉は炭火の網の上にファイアーってイメージ。煙もすごい匂いもすごい、焼肉店のタレの味は店でなきゃ味わえない、そんな理由でお店に通っていませんか?大丈夫、家で焼肉ができますよ!ひとりでも大人数でもゆっくりまったりできる「家で焼肉」の心得を伝授します。

家焼肉の心得!煙の対策やおいしいレシピなど徹底解説!のイメージ

目次

  1. あえての「家で焼肉」が人気ですよ!
  2. 【家で焼肉の心得】メリット①好きなものを好きなだけ!
  3. 【家で焼肉の心得】メリット②途中で辞めても大丈夫!
  4. 【家で焼肉の心得】メリット③ゆったりまったり楽しめる
  5. 【家で焼肉の心得】メリット④肉以外も盛りだくさん
  6. 【家で焼肉の心得】デメリット①煙すぎる
  7. 【家で焼肉の心得】デメリット②タレの味は実現できる?
  8. 【家で焼肉の心得】デメリット③匂いが残る
  9. 【家で焼肉の心得】家でも可能!煙と匂いの対策
  10. 【家で焼肉の心得】①移動させるか隠しましょう
  11. 【家で焼肉の心得】②換気の導線を考える
  12. 【家で焼肉の心得】③焼いている最中は脂を吸い取る
  13. 【家で焼肉の心得】④後始末は水拭きもしよう
  14. 【家で焼肉の心得】炭火に対抗!フライパンで直火
  15. 【家で焼肉の心得】①フライパンは鉄製
  16. 【家で焼肉の心得】②肉は焼く前に常温にしておく
  17. 【家で焼肉の心得】③フライパンをアツアツにして肉を焼く
  18. 【家で焼肉の心得】④焦げ目がついたら中火に戻す
  19. 【家で焼肉の心得】炭火に対抗!焼肉用のホットプレート
  20. 【家で焼肉の心得】美味い!肉の購入
  21. 【家で焼肉の心得】美味い!タレのレシピ
  22. 【まとめ】家で焼肉とビールしちゃいましょう!

あえての「家で焼肉」が人気ですよ!

ラーメン、うどん・そば、焼肉は日本の国民食といえるほど暮らしに浸透していて食べたことない人は滅多に見かけません。

これらの暮らしに浸透したメニュー、専門店に通うことが多いですよね。
ラーメンはラーメン屋さんでないと絶妙な麺とスープの味を実現することは難しいです。
うどん・そばはタップリの乾物で丁寧にとった麺つゆがなければ成り立ちません。
そして焼肉!
お店であれば手軽に炭火で焼肉を楽しめます。
焼肉は特に、煙や匂い、炎が上がる、片付けや準備に時間がかかるといった問題が多く家で行うことは少ないです。


そんな焼肉、家で行うことが人気ですよ!
工夫すれば問題点をクリアすることが可能です。
コツやレシピさえ知っていれば家焼肉でも焼肉店のタレに漬かった肉の味に近づけることもできますよ。

家で焼肉を行うことができれば、いつもの暮らしでじっくり好きなだけ楽しめます。
家でなら焼肉にビールで飲み過ぎて眠っても安心です。

ひとり暮らしであれば手軽に家焼肉を味わえます。
家族なら暮らしの空間で家焼肉を味わえて、子供がいてお店にいけない人も焼肉を楽しめます。
仲間を呼ぶなら、家の暮らしの空間でお酒を交わして朝まで騒ぐこともできます。

今回は、そんな家焼肉のメリット・デメリットや知って得するコツとレシピを紹介します!

【家で焼肉の心得】メリット①好きなものを好きなだけ!

家焼肉では好きな肉、野菜などの材料を自分で揃えて好きなだけ頂けます。

お店ではコース料理で内容が決まっている、各テーブルひと皿までという条件が付いているといったことがあります。
また、一人前のひと皿は5枚程度の肉で少ないですよね。
満足いくまで同じ肉を注文していると何十人前となってしまうこともあります。

大食いと思われていないか?好み偏り過ぎだと店員さん笑っているかも?女性だけでは恥ずかしく感じることもあります。
おひとり様が一般的になっても、おひとり様で大量注文を行う人は少ないですからね。

家焼肉であれば、お腹一杯満足するまで大好きな肉の部位を頂けますよ。
牛タン祭りの気分であれば、牛タンを一本仕入れてきてもよし!
ホルモン祭りの気分であれば、ミノ、ガツ、ハラミとホルモンメニューを揃えてもよし!

これだけお店で食べるとかなり高額な請求になってしまいます。
かといって、激安店に行くと肉の味があんまり美味くないです。

家焼肉であればお店で食べるより低価格、高品質、しかも事前に購入済みですからお金の心配なんてしないで飲み食いできますよ。

【家で焼肉の心得】メリット②途中で辞めても大丈夫!

入店してすぐってお腹のコンディションが整い過ぎていて注文しすぎることありませんか?
あれも、これも、少しずついっぱい食べたい時もあります。

個人的にですが、お店で注文しておいて残す人は好きではありません。
注文したからにはキレイに食べることが美しいと思います。

家焼肉であれば材料を買い過ぎたとしても、翌日からの家の暮らしの食事で活用するので残るといった心配がありません。
好きな部位を少しずつ、何種類も食べたい時は少しずつ食べて残りは家の冷蔵庫に冷蔵しておくか量が多すぎる場合は冷凍しておけばいいのです。

私はあれもこれも少しずつ食べたいタイプです。
おひとり様だと食べたいものが多すぎて気持ちが満足する前にお腹がいっぱいになってしまいます。
かといって、友人数人と焼肉店にいってシェアすると肉を焼くペースや順番で気を使います。

家焼肉であれば気兼ねなく自分のペースで好きなだけ色々な種類を頂けるので最高ですよ。
そして余った分は、翌日から家で美味しい料理に変身させています。

【家で焼肉の心得】メリット③ゆったりまったり楽しめる

お店では混雑している場合が多いので滞在する時間制限があることがあります。
落ち着いてメニューを決めたり味わったりしていられません。
焼肉は店員さんとの競争といったイメージです。

家焼肉であれば、ゆっくりまったり自分や仲間のペースで焼肉を楽しめます。
暮らしている家であればリラックスできますからね。

家ならちょっと焼くことを休んでお酒を楽しんだり、ゴロンと横になったり、話を楽しんだり、好きなタイミングで好きなことをできますよ。

混雑する焼肉店ではメニューを注文したのに全然来ない!なんてこともあります。
家焼肉は家の冷蔵庫から出すだけであっという間にテーブルに到着させることができるのでそんなイライラを経験しないで済みますよ。

お酒を飲み過ぎても家なので心配いりません。
帰りの心配をする必要が無いので終電を過ぎた時間でもゆっくり楽しめます。

土日の混雑で行きたいタイミングにトイレに入れないといった心配もありません。
家のトイレはいつでも空いています。

ゆっくりまったり、純粋に焼肉のことだけを考えて楽しめますよ。

■参考記事:焼肉デート、やっぱり汚れや匂いが気になる?コチラも参照!

焼肉デートでの女子の7つの心構え!好印象を与え付き合おう
焼肉デートの服装・コーデまとめ!気をつけるべきポイントは?

【家で焼肉の心得】メリット④肉以外も盛りだくさん

家焼肉では好きな材料を購入して焼くことができます。
家でなら肉以外にも盛りだくさんで料理を楽しめますよ。

女性は野菜が大好きです。
焼肉店の野菜メニューは貧素ですよね。
カボチャ、玉ねぎ、ピーマン、ニンジン、ナスなどが薄く切られていて、一切れずつお皿に乗っているイメージです。

家焼肉であれば好きな野菜を好きなだけ頂くことができますよ。
家の冷蔵庫に余っている野菜を全部焼いてもOKですから。

私はキノコを用意します。
シイタケやマイタケを焼くと香りも味もギュッと濃くなって美味しいですよ。

長ネギを欠かさないという知り合いもします。
長ネギを半分ぐらいに切ってじっくり焦げ目がつくまで焼きます。
周りの少し焦げた部分はとってもそのままでもOK、中がトロット甘くて最高ですよ。

そして、女性は海鮮も大好きです。
焼肉店の海鮮はお値段高いですよね。
自分で材料を準備すれば低価格でエビやホタテを満喫できますよ。
冬の時期であれば牡蠣焼きも最高ですよ。

買って家の冷蔵庫に保存しておくので衛生面も心配しないで海鮮を頂けるし、焼肉店より充実した種類を楽しめます。

【家で焼肉の心得】デメリット①煙すぎる

家で肉を焼くとモクモクと煙が発生します。
焼肉は食べる分を順に焼くので常に煙が蔓延する状態になりがちです。

焼肉店では専用の換気がコンロの上に設置されている場合が多く、煙を発生してすぐに外へ出すことができます。
家の場合、キッチンのコンロ上にしか換気扇が無いのでテーブルで焼肉を行うとどうしても部屋の中が白い煙でいっぱいになってしまうのです。

【家で焼肉の心得】デメリット②タレの味は実現できる?

焼肉の醍醐味はタレです。
肉にしみ込んだタレの味、甘みも辛みも効いていてグッときますよね。
家では再現できないと思うタレのレシピを求めて焼肉店へ向かうことも多いはずです。
しかし、そのレシピを解明するためには味が複雑で難しいです。

家で活用される市販の焼肉のたれも美味しくなってきましたし、焼肉店がプロデュースするタレも売られています。
しかし、実際に焼肉店のレシピで作られるタレで食べる肉の味付けには敵いません。

【家で焼肉の心得】デメリット③匂いが残る

焼肉の美味しい匂いは終わってからも家にこびり付いてなかなか落とせません。
家に残る焼肉の匂いは不快でしかありませんよね。

家のキッチンのコンロで肉を焼いたとしても部屋中に匂いが移ります。
家のテーブルで焼肉を行うと、その匂いの強さはキッチンのコンロで焼いた場合の倍以上です。
洋服、テーブルや床、家具、カーペット、クッション、ソファー…

取り返しのつかない匂いに家では焼肉をしないと決めて、焼肉店へ通っている人も多いと思います。

【家で焼肉の心得】家でも可能!煙と匂いの対策

家で焼肉を行うことをためらう理由として多いことが煙や匂いです。

家では煙は部屋中にモクモク広がって息苦しくなります。
壁やカーテンについた匂いはなかなか落ちません。
家焼肉では事前の対策と後始末が大切ですよ。

【家で焼肉の心得】①移動させるか隠しましょう

家の布製品には焼肉の匂いが付きやすいです。
クッションやソファー、カーペットやカーテンなど家の中には布製品があふれています。

家焼肉を行う部屋とは別のところに移動させましょう。
移動が難しいソファーなどの家具は隠しましょう。
新聞紙などをかぶせるだけでも十分ですよ。

匂いは細かい粒子です。

焼肉を行うと、焼肉の脂を含んだ成分が細かい粒子となって浮遊して布に付着します。
隠せば匂いの粒子は直接布に着地しないで済むので匂いが移らないで済みますよ。

【家で焼肉の心得】②換気の導線を考える

家焼肉の煙や匂いの対策として、換気扇を回すだけでは効果が少ないです。
家に空気が入るところ、家から空気が出るところを考えて煙や匂いが風に乗って家から流れ出るように考えましょう。

匂いは浮遊している焼肉の脂を含んだ粒子です。
そして、煙も不完全燃焼の結果にできる粒子です。
風に乗って家から流れて出てくれれば家の中に粒子が充満することを防ぐことができます。

換気扇のスイッチを入れた後、家の窓をあけましょう。
家に窓が多くあるのであれば2つ以上あけておくとより効果的ですよ。

即効性に優れる空気清浄機は換気の手助けをしてくれます。
家に空気清浄機がある場合は付けておくようにして下さいね。

【家で焼肉の心得】③焼いている最中は脂を吸い取る

家焼肉の煙は残った肉の脂を熱し続けることで発生している場合があります。
また、匂いの成分は脂が揮発して粒子となって浮遊して発生しています。
拭きとっておけば煙や匂いの発生を抑えることができますよ。

家焼肉では肉から出た脂は、焼くたびにティッシュで拭きとるようにしましょう。

【家で焼肉の心得】④後始末は水拭きもしよう

煙や匂いの成分は粒子です。
粒子が家の中に付着しているために匂いが残ります。

ならばしっかり家の中を水拭きしましょう。
床、家具はもちろんですがテレビや照明器具などの家電製品、壁もしっかり忘れずに拭きましょう。

100円ショップで売られる「重曹水」は脂汚れを落とす効果が期待できます。
重曹は弱アルカリ性なので、酸性の脂汚れを効率よく落とすことができるのですよ。
水拭きだけでは家の中がスッキリしないという方にはオススメです。

【家で焼肉の心得】炭火に対抗!フライパンで直火

家のコンロでフライパンを使っても焼肉を美味しく焼くことができます。
家のコンロでフライパンを使って焼肉やステーキを焼くと、肉汁が出てしまいお店で頂くような焼き具合にすることが難しいですよね。

コツさえつかめば家庭のコンロを使ってフライパンで美味しく家焼肉を楽しめます。
美味しく肉を焼くためにはコツがいるのでご紹介します。

【家で焼肉の心得】①フライパンは鉄製

フライパンはテフロン加工の物より昔愛用されていた鉄製のフライパンがオススメです。

肉を焼くにはフライパンを強火でアツアツに熱する必要があります。
強火を続けるとテフロンのフライパンではテフロン加工が剥がれる可能性があるので、鉄製のフライパンの方が肉を焼く時には合っていますよ。

【家で焼肉の心得】②肉は焼く前に常温にしておく

肉の表面と中心の温度に差があると、フライパンで上手に肉汁を閉じ込めて肉を焼くことができません。

肉全体が均一の温度に戻った肉であれば肉汁を閉じ込めて焼くことが可能です。
冷蔵庫から出した後、最低でも30分は常温の場所に置いて肉全体の温度を均一に戻しておきましょう。

【家で焼肉の心得】③フライパンをアツアツにして肉を焼く

常温に戻して肉全体の温度が均一になってから、コンロで熱したフライパンで一気に焼くことで肉汁を閉じ込めることができます。
肉をフライパンにのせてジューっと音がすればコンロで熱するフライパンの温度はOKですよ。

コンロを強火のままフライパンで肉を両面焦げ目がつくまで焼きます。
一度に焼こうとせず、少しずつ重ならないように肉を焼きましょう。

【家で焼肉の心得】④焦げ目がついたら中火に戻す

コンロは強火のままフライパンで両面に焦げ目がついたらコンロを中火にして肉の中に火を通します。
コンロを強火のままフライパンで焼きあげると肉の周りだけ焦げてしまったり、火が通りすぎて触感が悪くなったりします。

薄切りの肉であれば、コンロを中火にする必要はありません。
コンロを強火で片面を焼いて裏返したらさっと火を通してパクっと食べて下さいね。

多少厚みのある肉の場合はコンロを強火にして肉の周りを焼き固めてからコンロを中火にして、じっくり中に火を通すイメージです。

フライパンでも肉汁あふれるジューシーさと、カリッとした焦げ目の両方が実現しますよ。

【家で焼肉の心得】炭火に対抗!焼肉用のホットプレート

ホットプレートでも美味しい家焼肉を楽しめます。
ただし、通常のホットプレートではダメですよ。
日々を暮らしている家で行う焼肉といえば、お好み焼きに使うようなホットプレートを使っていました。

普通のホットプレートは誤りです。
このホットプレートを使っているために家の焼肉では焼肉店の味を再現できないのです。

家でも焼肉専用のホットプレートを活用すれば、お店に近い焼き方で肉を楽しめるのですよ。
家庭用の焼肉専用ホットプレートは無煙機能が付いている物もあります。
家庭で美味しい焼肉と煙の対策ができる最強のホットプレートですよ。

家庭用の焼肉専用ホットプレートは人気で種類が豊富です。
数々あるホットプレートの中でオススメの焼肉専用のホットプレートは「ザイグルハンサム」です。

ホットプレートとは思えない電気スタンドのような形が可愛いです。
通常のホットプレートのようにプレートの下から熱を発生させるのではなく、上から赤外線を当てて肉を焼きます。
また、赤外線によって暖まった下のプレートからも熱が入るので両面一気に肉を焼くことができます。

ホットプレートとは思えないジューシーな焼きあがりです。
通常のホットプレートのように裏返す手間も省けるのですぐ焼けますよ。
脂がホットプレートの下に流れる仕組みで煙や油ハネを抑える効果があります。

【家で焼肉の心得】美味い!肉の購入

材料である好きな肉を低価格で好きな量だけ購入して食べることができる!
これが家焼肉の魅力です。

暮らしで活用しているスーパーの焼肉用の肉を材料にしているようではダメですよ。
到底、焼肉店の味にかなう訳がありません。

焼肉店は精肉店や卸売市場で材料を確保しています。
家焼肉で大切なものは火と材料です。
材料となる肉は精肉店で好きな部位を購入するようにして下さい。

暮らしで活用するスーパーの肉と精肉店の肉を比較すると鮮度が全く違います。
また、ホルモンから高級な希少部位まで品揃えが豊富なので好みに合わせて材料を準備することができますよ。

普段の暮らしではスーパーでしか買い物しないので、たまに行くとテンションも上がります。
有名なチェーン店は「肉のハナマサ」ですね。
伊勢丹など有名デパートの地下にある精肉店では高級な希少部位の品揃えが充実していますよ。
暮らしの中で活用しているスーパーでも精肉店が入っている場合もあります。
「ニュークイック」では美味しいホルモンが購入できますよ。

暮らしで活用する商店街などの精肉店も入ってみると品揃えが充実しているので満足できます。
材料である肉だけでなく、精肉店のお惣菜、コロッケなども美味しいので試してくださいね。
必ず、材料の肉は精肉店で購入して下さい。

【家で焼肉の心得】美味い!タレのレシピ

肉のレシピとしてはタレを揉みこむか、塩コショウで下味をつけるというだけです。
ただ焼いただけのお肉は旨みが半減してしまいますよ。

重要なレシピはタレです。
美味しいタレのレシピを知っていれば、家焼肉がもっと美味しくなりますよ。
ひと手間ですが簡単レシピなので、家焼肉で重要なタレは手作りしましょう。
レシピ通りにしなくてもOKです。
ベースのレシピとしてそこから自分好みにカスタマイズしてくださいね。

醤油タレのレシピ

材料はニンニク(1かけ)、玉ねぎ(半分)、リンゴ(1個)、はちみつ(小さじ1)、醤油(大さじ2)、酒(大さじ2)、ごま油(大さじ1)一味(お好みで)です。

レシピは簡単です。
ニンニク、玉ねぎ、リンゴはすりおろします。
そこにはちみつ、醤油、お酒を加えて鍋で水分が半分飛ぶまで煮詰めて下さい。
最後にごま油を回しかけて、一味をお好みで入れて完成です。
一晩寝かした方がよりコクが深まりますよ。

甘みと辛みが絶妙なご飯やお酒に合う醤油タレです。
肉を焼く前に揉みこんでおくと良い下味になります。
ステーキのソースにしても美味しいです。

塩タレのレシピ

材料は長ネギ(1本)、ごま油(大さじ1)、塩(小さじ1)、コショウ(少々)、レモン(大さじ1)、一味(お好みで)です。

レシピは簡単です。
長ネギをみじん切りにして、ごま油、塩、コショウ、レモン、一味をお好みで混ぜるだけです。

さっぱりとしているので、海鮮との相性も抜群ですよ。

味噌タレのレシピ

材料は味噌(大さじ2)、コチュジャン(大さじ1)、ニンニク(1かけ)、玉ねぎ(1/4)、はちみつ(小さじ1)、ごま油(大さじ1)です。

レシピは簡単です。
ニンニクと玉ねぎをすりおろして、味噌、コチュジャン、はちみつ、ごま油を混ぜ合わせます。

ホルモンを焼く前に揉みこんでおくと美味しいです。
豚肉がお好きな人は味噌漬にしておくと美味しいですよ。

■参考記事:宅飲みならおつまみも用意!レシピをチェック♪

宅飲みを楽しむ!おすすめおつまみレシピやメニュー紹介

【まとめ】家で焼肉とビールしちゃいましょう!

煙や匂いの対策を万全にして、好みの材料を揃えましょう。
タレは手作りが一番です。
タレを揉みこんでも、塩コショウでも大丈夫なので肉に下味をつけることを忘れないでくださいね。
味がグンと美味しくなりますよ。

家焼肉であればひとり暮らしでも手軽に焼肉を味わえます。
家族の暮らしでは子供がいても焼肉を手軽に楽しめます。
仲間同士であれば、焼肉をすると一体感が生まれていつもの食事より雰囲気を楽しめます。
話に盛り上がって騒いでも怒られることはありませんよ!


暮らしに役立つレシピ、もっと情報を知りたいアナタに!

彼氏にお弁当作るならこれ!簡単で美味しいおかずのレシピ公開!
手抜き料理・ご飯まとめ!簡単おいしい人気のレシピ集!
手抜き弁当レシピ15選!簡単なのに手抜きに見えない!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ