生理前のおりものの特徴!妊娠初期との違いは?におい・色・量を解説!

妊娠を望んでいる人にとっては着床したかもしれない生理前のおりものの特徴が気になりますよね。妊娠初期と生理前のおりもののにおいや多い感じはどんな特徴があるのでしょうか?この記事では生理前のおりもののにおいや多いのか、といったことについてお伝えします。

生理前のおりものの特徴!妊娠初期との違いは?におい・色・量を解説!のイメージ

目次

  1. 生理前のおりものの特徴は?!多い?においは?
  2. 生理前ってどんな時?! 【おりものが多い?においは?】
  3. 生理前のおりものの特徴【多い?においは?】
  4. 【生理前のおりものの特徴①】状態は?【多い?においは?】
  5. 【生理前のおりものの特徴②】においは?【多い?においは?】
  6. 【生理前のおりものの特徴③】量は?【多い?においは?】
  7. 【生理前のおりものの特徴④】日数は?【多い?においは?】
  8. 生理前と妊娠初期の違いがおりものの特徴でわかるの?
  9. 【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴①】色は?
  10. 【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴②】量が多い!
  11. 【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴③】水っぽい!
  12. 【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴④】においは?
  13. 生理前以外にもおりもののにおいが気になる時の原因は?
  14. 【おりもののにおいの原因①】洗い過ぎ【多い?】
  15. 【おりもののにおいの原因②】疲れやストレス【多い?】
  16. 【おりもののにおいの原因③】抗生物質の服用【多い?】
  17. 生理前以外におりもののにおいが気になる時の対策とは?
  18. 【おりもののにおいが気になる時の対策①】下着に気を付ける
  19. 【おりもののにおいが気になる時の対策②】洗い過ぎない
  20. 【おりもののにおいが気になる時の対策③】専用石鹸を使う
  21. 【おりもののにおいが気になる時の対策④】おりものシート
  22. 生理前以外におりものの量が多い!においが変!これって病気?
  23. 【おりものが多い特徴の病気①】子宮膣部びらん
  24. 【おりものが多い特徴の病気②】クラミジア頸管炎
  25. 【おりものが多い特徴の病気③】胃腸の不調
  26. 【おりものが多い特徴の病気④】カンジタ膣炎
  27. 【おりもののにおいに特徴の病気①】トリコモナス膣炎
  28. 【おりもののにおいに特徴の病気②】淋病
  29. 【おりものの色に特徴の病気①】不正出血
  30. 【おりものの色に特徴の病気②】細菌性膣炎
  31. おりものが多いだけで生理前か妊娠かはわかりません!

生理前のおりものの特徴は?!多い?においは?

妊娠を望んでいる人にとっては、排卵期を過ぎて生理がやってくるまでの、生理前の期間というのは、無事に着床出来たか出来なかったか、とても気になる期間ですね。

また、生理前というのは、生理前症候群に悩まされる人も多く、おりものの状態に一番敏感になる時期でもあります。

妊娠を望んでいる人にとっても、そうではない人にとっても、生理前の白いおりものの特徴というのは、いろいろな意味でかなり気になるものです。

この記事では、そんな、女性にとってとても気になる生理前のおりものについていろいろとまとめてみました。

生理前ってどんな時?! 【おりものが多い?においは?】

ところで、生理周期の中で、生理前というのはどんな時期になるんでしょうか。

排卵期が終わり、生理が始まるまでの生理前の時期というのは、生理周期で黄体期という時期になります。

この黄体期というのは、排卵期に受精した受精卵が子宮内膜に着床するための準備をするために、子宮内膜が厚くなる時期になります。

排卵期で受精して、黄体期に無事に着床できれば妊娠の成立となります。

黄体期に着床せずに妊娠が成立しなかった場合には、厚くなった子宮内膜が剥がれ落ち、血液とともに身体の 外へ流れ出す生理が始まるのです。

生理前のおりものの特徴【多い?においは?】

妊娠を望んでいる人にとっては、生理前に無事に着床しているかどうか、生理がやってくるのかどうかというのはとても大切な問題になります。

妊娠しているか、妊娠していないか見分ける目安の1つに、生理前のおりものの変化があります。

妊娠が成立していない時の生理前のおりものの特徴と、黄体期に無事に着床した時のおりものの特徴を理解しておくことが、妊娠したかどうかを見分けるための1つの目安になります。

そこで、まずは妊娠が成立していないときの、生理前のおりものの特徴について見ていきたいと思います。

【生理前のおりものの特徴①】状態は?【多い?においは?】

まずは生理前のおりものの状態からみていきましょう。

排卵期には卵白のようなゼリー状で、透明な水っぽいドロッとした感じのおりものが大量に出ます。

排卵期が終わり、受精していないと、おりものの量は一旦減るのが特徴です。

そして、色は透明から徐々に白い色や白い色からクリーム色のような色に変化していきます。

また状態は、排卵期の卵白のようなゼリー状の水っぽいようなドロッとした感じから、いったんは量が減るのでサラッとした感じになります。

生理前になると白いドロリとした感じが増してきて、人によっては白い色とともに粘り気が強くなったと感じる人もいます。

排卵後に白いおりものが増えてきたら、妊娠していない可能性の方が高くなると考えていいようですが、白いおりものだけでは判断できないのも事実です。

【生理前のおりものの特徴②】においは?【多い?においは?】

排卵期には、おりものの量が多いわりに、においはほとんどありませんでしたが、生理前になると、においが強くなってきます。

これは、生理前になるとおりものの量が増えて下着や陰部につく量が増えることが原因だと考えれます。

また、生理前には基礎体温が上がるために、雑菌が増殖しやすくなり、下着や陰部に付いたおりものに雑菌が増えやすくなることもにおいがきつくなる原因と考えられます。

また、生理前のおりものは、酸性になっていくので、酸っぱい臭いが強くなっていく傾向もあります。

【生理前のおりものの特徴③】量は?【多い?においは?】

生理前のおりものの量は、排卵期ほど大量ではありませんが、排卵期の次に多いといっていいでしょう。

排卵期には大量のおりものが出ますが、排卵期が過ぎると一旦おりものの量は減るのが普通です。

とはいえ、生理周期の中で一番おりものが減る生理直後ほど減る訳ではありませんが、排卵期の後ではいったんおりものの量が減るのが普通です。

しかし、生理が近づいてくる生理前になると、いったん減るかと思ったおりものの量が増えてくるのが普通です。

生理前には白いどろりとしたおりものがある程度の量あるのが健康な状態です。

【生理前のおりものの特徴④】日数は?【多い?においは?】

生理前のおりものが続く日数というのは、どのくらいの日数があるのでしょうか?

生理前をどの時点からとるのかというのは、人それぞれ意見が分かれるところかもしれません。

排卵後の黄体期から生理前だととらえれば、排卵が終わってから、生理が始まるまでの黄体期は13日間ほど続くので、生理前残り物は13日間ほど続くと言えます。

しかし、人によっては、排卵後の黄体期と、生理前症候群が出る時期は違うと考える人もいますよね。

生理前症候群が出る時期だけを生理前だととらえれば、生理が始まる5日から2日間くらいから生理前症候群が始まる人が多いので、その時期が生理前だと言えるでしょう。

その辺の捉え方は人によって様々ですが、この記事の中では黄体期全体を生理前として捉えてお伝えしています。

生理前と妊娠初期の違いがおりものの特徴でわかるの?

排卵期が終わった後の、生理前の黄体期というのは、妊娠を望んでいる人にとっては、着床したかどうかがとても気になる時期になります。

排卵期の卵白のようなおりものの状態というのは、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けています。排卵期が終わると卵白のようなおりものの量が減るのは、エストロゲンの分泌が減るためです。

黄体期に受精して妊娠初期に入ると、排卵前から大量に分泌されるようになるエストロゲンの量が経ることがないために、排卵期のおりものに似た状態のおりものが続くと言われています。

とはいえ、おりものの状態には個人差が大きいので、おりものの多いとか白いと言った状態だけで妊娠かどうかを判断することは危険なのですが、生理前の白いおりものと、妊娠初期のおりものはどのように違いが出るのか、ここから、妊娠初期のおりものの状態についてみていきたいと思います。

【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴①】色は?

排卵期に受精すると、おりものの色に変化が見られると言われています。

排卵期のおりものは透明に近い色で、黄体期には徐々に生理が近づくにつれて、徐々に白い色やクリーム色みたいな色に変わっていきます。

受精して妊娠初期に入ると、排卵期に透明だったおりものが、早い段階で白い色やクリーム色に近い白い色に変化することが少なくありません。


また白い色からクリーム色が強くなって、より黄色に近い色になったり、着床出血が起きている場合には、茶色っぽいおりものになることもあります。

生理前に白い色になり始めるのよりも早く、おりものの色が白い色になりはじめたら、妊娠の可能性を考えてもいいかもしれません。

【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴②】量が多い!

排卵期が終わり、受精していなければ、一度おりものの量は減ることが普通です。

というのは、排卵期のおりものの分泌には、排卵前にエストロゲンなどの女性ホルモンが大量に分泌されることが関係しているからです。

受精しなければ、女性ホルモンの分泌量が減るので、おりものの量も減るのが普通なのです。

しかし、排卵期に受精して妊娠初期に入っていれば、女性ホルモンの分泌がさらに増えます。

そのために、おりものの量も減ることがなく、大量のおりものが分泌されるようになります。

ただし、おりものの量や状態というのは、体調によって大きく変化するものなので、排卵後におりものが減ることがないからと言って、即妊娠だと考えるのはお勧めしません。

【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴③】水っぽい!

排卵期に受精していると、排卵前から分泌されていた女性ホルモンのエストロゲンの量がさらに増えます。

排卵期のおりものは卵白みたいなゼリー状の水っぽい感じになりますが、水っぽい感じになるのはこのエストロゲンが関係しています。

排卵期に妊娠しないと、エストロゲンの量が減るので、おりものの水っぽい感じはなくなるのが普通です。

しかし、排卵期に受精すると、エストロゲンの分泌量が減るどころか却って増えていきます。

そのために、おりものの水っぽい感じが長く続きます。おりものが水っぽいのが妊娠初期のおりものの特徴になります。

排卵期を過ぎたのに、おりものの水っぽい感じがなくならずに、水っぽい感じが続くようなら、妊娠を疑ってもいいかもしれません。

ただし、おりものが水っぽいだけでは、妊娠と断定はできません。おりものが水っぽい感じになる病気もあるので、水っぽいだけで妊娠と考えるのはやめておきましょう。

【生理前と違う妊娠初期のおりものの特徴④】においは?

膣の中は通常は弱酸性に保たれているので、健康な状態なら少し鼻を突くようなツンとした酸っぱいにおいがするのが、正常な状態です。

しかし、精子は酸性が強いと死滅してしまうために、排卵日の少し前から、膣の中はアルカリ性になっていきます。

そのために、排卵期のおりものは、酸っぱい匂いが弱まり、無臭から若干酸っぱい匂いがする程度に変化します。


妊娠しないと、再び膣の中は弱酸性に戻るのでおりものの臭いは酸っぱい感じになりますが、妊娠すると、おりものはアルカリ性を保たれたままになります。

そのために、黄体期に入っても酸っぱいにおいが戻らずに、無臭かほとんどにおいがない状態が続きます。

生理前以外にもおりもののにおいが気になる時の原因は?

ここまで見てきたように、生理前と妊娠初期とは、おりものの状態がかなり違ってくることがわかりましたね。

しかし、おりものの状態というのは、ちょっとした体調の変化に大きく左右されるものなので、おりものの変化だけで妊娠したかどうかを判断するのはちょっと危険なことです。

妊娠かどうかを判断するのは、妊娠5週まで待って妊娠検査薬を使ってからにしましょう。

ところで、生理前は、生理周期の中で一番おりものの匂いが気になる時期ですが、生理前以外に、おりものの酸っぱいにおいが気になるときがありますよね。

生理前以外でおりものの酸っぱいにおいが気になる時には、どのような原因があるのでしょうか。

【おりもののにおいの原因①】洗い過ぎ【多い?】

おりもののにおいが気になる時には、局部を洗いすぎていることがあります。

においが気になると、タオルやスポンジ石鹸やボディソープを沢山つけてゴシゴシと局部をこすってしまうことがありますよね。

実は、石鹸やボディソープを使って洗い過ぎると、局部を清潔に保ってくれている常在菌まで流してしまい、善玉菌のバランスが崩れて雑菌が繁殖してしまいます。

その雑菌がにおいの原因となることもあるので、局部の洗い過ぎには注意しましょう。

【おりもののにおいの原因②】疲れやストレス【多い?】

おりものの状態というのは、微妙なホルモンバランスの変化によって大きく変わっていきます。

そしてホルモンバランスというのは、自律神経のバランスに大きく左右されるものです。

疲れやストレスがたまると、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経の乱れによって、ホルモンバランスの乱れが起きると、おりものの状態も悪くなってしまい、自浄作用がうまく働かなくなって、においがきつくなる原因となります。


◆関連記事:おりものの量が多い!

おりものが大量にでるのは病気?原因は何なの?

【おりもののにおいの原因③】抗生物質の服用【多い?】

風邪をひいたり、何らかの感染症にかかってしまったときには、病院で抗生物質を処方されることがありますよね。

抗生物質は、体に悪さをする細菌を退治してくれる大切な薬ですが、ときに、身体の中の善玉菌も殺してしまうこともあります。

そのために、膣内を清浄に保つのに大切な役割をしている乳酸菌などの善玉菌が抗生物質によって少なくなってしまうことがあります。

そのために膣内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、においがきつくなってしまうことがあります。

この場合には、抗生物質の服用が終われば元に戻るので心配はありません。

ちゃんと抗生物質を飲みきって、病気を治すことを一番に考えましょう。

生理前以外におりもののにおいが気になる時の対策とは?

生理前ではなくても、ここまで見てきたような原因で、おりもののにおいがきつくなってしまうことがあることがわかりましたね。

おりもののにおいがきついと感じる時には、何らかの対策を取る必要がありますが、おりもののにおいにはどのような対策が効果的なのでしょうか。

ここから、おりもののにおいの対策についてみていきましょう。

【おりもののにおいが気になる時の対策①】下着に気を付ける

おりもののにおいが気になるなるときの対策は、下着に気をつけることが大切です。

下着の通気性が悪いと、下着の中が蒸れて、体調とは関係なく雑菌が繁殖しやすくなり、においがきつくなる原因となってしまいます。

下着の中が蒸れないような工夫を普段から心がけるようにしましょう。

【おりもののにおいが気になる時の対策②】洗い過ぎない

おりもののにおいが気になるなるときの対策は、局部を洗いすぎないようにすることも大切です。

毎日お風呂かシャワーに必ず入ると思いますが、その時に、軽くお湯で流す程度にして、石鹸やタオルやスポンジなどでゴシゴシと洗うようなことは絶対にやめましょう。

善玉菌がきちんと働いていれば、局部には自浄作用が強く働くので、水で流していくで充分に清潔が保たれます。

【おりもののにおいが気になる時の対策③】専用石鹸を使う

どうしても水で流すだけでは不安だという人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸なら、局部の自浄作用が失われないような工夫が施されているので、安心して使うことが出来ます。

使い方は、商品の説明をよく読んで、使うようにしましょう。

【おりもののにおいが気になる時の対策④】おりものシート

いろいろな対策をとってもどうしてもおりもののにおいが気になる時には、使い捨てのおりものシートを使うようにしましょう。

現在日本で販売されているおりものシートの消臭効果というのは、世界でも最高峰の品質を誇るものになっているので、あなたが気になって仕方がないにおいも、しっかりと招集してくれて外に逃がしません。

抗生物質を服用している時などは、積極的におりものシートを活用して、においが気にならない生活を送れるように工夫しましょう。

生理前以外におりものの量が多い!においが変!これって病気?

おりものの量が多かったり、においがきついのが気になる時には、いろいろな原因を考えて、対策をとりますよね。

それでも、どうしてもおりものの量が多いのが続きすぎたり、においや色におかしなところを感じることもあります。

そんな時には、何らかの婦人科系の病気にかかっている可能性があります。

おりものに異常が見られる時には、どのような病気が考えられるのか、ここからみていきましょう。

【おりものが多い特徴の病気①】子宮膣部びらん

まずは、おりものの量が多い時の病気についてみていきましょう。

おりものの量が多い時に考えられる病気には、子宮膣部びらんがあります。

子宮膣部びらん時のおりものの特徴は、量は多くなるけれども、色や臭いには特に異常は出ないことがほとんどです。

子宮膣部びらんというのは、子宮頚部の表皮が何らかの原因で薄くなってしまい、下にある血管が透けて見えてしまう現象で、病気とは言えないというお医者さんも多いものです。

実に8割の成人女性に見られる現象だと言われていますが、子宮頚がんの初期症状ととてもよく似ているものなので、子宮がんの検診と併せて行うことが好ましいと言われています。

【おりものが多い特徴の病気②】クラミジア頸管炎

おりものがの量が多くなる病気には、クラミジア頚管炎があります。

日本で一番多いと言われている性感染症であるクラミジア菌が子宮頚管に感染して増殖することで発症する病気です。

水っぽいピンクや茶褐色のおりものが大量に出るときには、クラミジア頚管炎を疑った方がいいでしょう。

治療法としては、抗生物質を服用することになりますが、治療が遅れると不妊症の原因にもなってしまいます。

女性は症状が出ないことも多いので、おりものが何か変だと思ったらすぐに病院に行くことをお勧めします。

【おりものが多い特徴の病気③】胃腸の不調

おりものが大量に出るときには、胃腸が弱っていることも考えられます。

特に、水っぽいおりものが沢山出るときには、胃腸に要注意です。

水っぽいおりものが、赤っぽく、においがきつい時にはストレスが影響していることもあります。

思い当たる節がある時には、しっかりと休憩を取って、リフレッシュすることが大切です。

【おりものが多い特徴の病気④】カンジタ膣炎

おりものに異常がある病気には、カンジタ膣炎もあります。

細々とした感じのカッテージチーズやヨーグルトのような乗り物が大量に出るときには、カンジタ膣炎にかかっている可能性が高くなります。

カンジタ菌という常在菌のカビの一種が異常に増殖するとカンジタ膣炎になってしまいます。

治療法は抗真菌剤を処方してもらうことでよくなるので、おりものに異常と、局部のかゆみなどを感じたら早期に受診することをお勧めします。


◆関連記事:おりものが黄色いのはなぜ?

おりものが黄色なのは病気かも!注意すべき症状とは?

【おりもののにおいに特徴の病気①】トリコモナス膣炎

次に、おりもののにおいに異常が出る病気についてみていきましょう。

おりもののにおいに異常が出る病気には、トリコモナス膣炎があります。

性行為によってトリコモナス原虫に感染することが原因で起きる病気になります。

トリコモナス膣炎になると、泡だった黄色か灰色のおりものが腐敗臭を放つことが特徴です。

おりものから腐敗臭がする時には、早期に受診することが大切です。

【おりもののにおいに特徴の病気②】淋病

おりもののにおいに異常が出る病気には、淋病もあります。

淋病はクラミジアの次に日本で多い性感染症になります。

淋病にかかると、黄色から黄緑色のおりものが出ることと、おりものが悪臭を放つことが特徴になります。

しかし、女性では症状が出ないことも多く、知らぬ間に感染を広げていることもよくあります。

何か、体調やおりものの状態に異常を感じたらすぐに受診することが大切です。

【おりものの色に特徴の病気①】不正出血

次に、おりものの色に異常が出る病気についてみていきましょう。

おりものの色に異常が出る病気には、何らかの原因によって不正出血を起こしていることがあります。

不正出血を起こす病気には、いろいろなものがあります。

怖いものでは、子宮がんや卵巣がん、また子宮頸管ポリープや子宮膣部びらんなど、あまり心配がいらない病気のこともあります。

不正出血を起こしている時には、出血が少量であれば、おりものが茶色になったり、ピンクになったりする程度のこともあります。

生理かと思うような本格的な出血がある場合もあります。

生理ではないのに出血だった時には、その原因を探ることが大切です。

必ず病院で検査するようにしましょう。

【おりものの色に特徴の病気②】細菌性膣炎

おりものの色に異常が出る病気には、細菌性膣炎があります。

細菌性膣炎とは、膣の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、悪玉菌が増殖することで、膣の中に炎症が起きて、おりものの悪臭や局部のかゆみを感じる病気です。

原因となる菌は、その時によって違い、体調が崩れることで再発しやすいので、ちょっと厄介な病気です。

細菌性膣炎になると、魚のような生臭いおりものが出ることが特徴です。

治療法は、病院で悪玉菌を退治する膣剤を処方してもらうことになります。

自己判断で治療は出来ないので、必ず受診するようにしましょう。

おりものが多いだけで生理前か妊娠かはわかりません!

ここまで、生理前のおりものの特徴と、妊娠初期のおりものとの違いや、おりものの異常等についていろいろと見てきましたがいかがでしたか?

生理前のおりものと、妊娠初期のおりものは、通常であれば違いが出るはずなのですが、おりものの状態は体調や、ホルモンバランスによって、大きく変化するものです。

おりものの変化だけで妊娠したかどうかという判断をすることはできないので、必ず妊娠検査薬が使える時期を待ってから判断するようにしましょう!

おりものについてもっと知りたいアナタはこちら

おりもので排卵日がわかる!排卵前の量・粘り気・色は?
おりものが臭い?酸っぱい匂いの原因と対策は?病気かも!
おりものがピンクの原因と対処法!生理前後や妊娠初期なら注意して!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ