• lovely
白いおりものは病気?白い塊が生理前に出るのはなぜ?【医師監修】

白いおりものは病気?白い塊が生理前に出るのはなぜ?【医師監修】

おりものは女性にとって妊娠や婦人科系の異常を知らせてくれる大切なサインです。そんな大切なおりものに白い塊が混じることがありますが、これは病気のサインなのでしょうか?気になる白い塊が混じったおりものについて、東京医療保健大学の米山万里枝教授にお話を伺いました。

記事の目次

  1. 1.おりものに白い塊がベタベタ!いったいどうしたの?!
  2. 2.おりものとはそもそもどういうもの?
  3. 3.白い塊のおりものが増える2つの理由
  4. 4.白い塊のおりものは下着を汚す!予防法は?!
  5. 5.白い塊のおりものが増えた時には病気の可能性も!
  6. 6.白い塊以外にもおりものの異常がある時も!
  7. 7.白い塊のおりものは出る時期に要注意!!

おりものに白い塊がベタベタ!いったいどうしたの?!

女性にとっておりものというのは、時には下着を汚すこともあり、時にはおりものシートを使わなければならないほどベタベタに大量に出ることもあって、ちょっと面倒くさい存在かもしれません。

しかし、おりものは、不潔になりがちなデリケートゾーンの清潔を保ち、時には妊娠や婦人科系の深刻な病気のサインを伝えてくれることもある、女性の健康にとってはなくてはならないものです。

そんなおりものは、生理周期や体調の変化によって状態が大きく変化するものです。

そんなおりものの変化の中には、白い塊のようなおりものがベタベタと出ることがあります。白い塊のようなおりものが出るのは、一体どのようなことを意味しているのでしょうか。

監修者は…米山万里枝教授
妊婦の健康管理・指導、出産後の体調・メンタルケアから乳児指導まで母子保健に関する一連の管理・指導活動を行う助産師資格を取得する助産学専攻科、助産師資格を有してキャリアアップをする大学院の教授。

プロフィール画像 所属:東京医療保健大学
医療保健学部 看護学科/助産学専攻科、大学院 医療保健学研究科
職位:教授
学位/資格:博士(医療福祉経営学)、MBA(経営学修士)、看護師・助産師 等
専門分野:母性看護学・生殖発達看護学 (女性学)・臨床助産学・助産教育学・臨床教育方法 等

おりものとはそもそもどういうもの?

ときに、ベタベタした白い塊が出ることもあるおりものですが、そもそもおりものとはどういうものなのでしょうか。

おりものと聞くと、洋服の生地などの「織物」という漢字を思い浮かべますが、女性のデリケートゾーンに潤いを与えてくれるおりものは漢字で書くと「下り物」と書きます。

「下り物」というのは、「女性の体の内部の子宮や膣から下りてくるもの」という意味の言葉になります。

時には下着をベタベタと汚すこともあり、面倒くさいおりものですが、実は女性の健康を守るためにとても大切な役割を持っているものなのです。

おりものには自浄作用があり、不潔になりがちなデリケートゾーンや膣の中に潤いを与えて、清潔を保つ役割があります。

また、排卵期には射精された精子が移動しやすいようにする潤滑油の役割も果たし、妊娠を手助けする役割もあるのです。

おりものは、ただ下着を汚すだけのものではなくて、女性の体にとって、とても大切なものなのです。

ところで、このおりものは、生理周期のそれぞれの時期によって大きく状態が変わります。

正常なおりものはどのような状態なのか、おりものに白い塊が出る時期はあるのか、ここからみていきましょう。

【おりものの正常な状態①】生理直後

まずは、生理直後のおりものはどのような感じなのでしょうか。

生理が終わった直後のおりものには、生理の経血の残りが少し混じることがあります。そのために、生理直後のおりものは経血が混じって、若干茶色っぽくなります。

また、臭いも経血が混じっているために、多少生臭くなります。

【おりものの正常な状態②】卵胞期

生理が終わると、生理周期では卵胞期という時期に入り、排卵に向けて卵巣の中で卵子を準備する期間になります。

卵胞期には、生理が終わるまでにベタベタしていたおりものは一旦減って、サラサラな状態になります。

生理直後の経血が出切ってしまえば、卵胞期のおりものは、臭いや色が気になるものではありません。生理周期の中で、おりものの状態は臭いなど一番落ち着いている状態といえるでしょう。

【おりものの正常な状態③】排卵期

卵子が卵巣から卵管へ排卵されて、受精の準備ができる排卵期には、妊娠しやすいようにおりものの状態も大きく変化します。

排卵期の少し前から、おりものの量が増えて行き、粘りのある生卵の卵白のようなドロっとした感じのゼリー状のおりものが大量に出るようになります。

色は透明から若干白っぽい色が付いている感じですが、白い塊という感じではなく、卵白のような透明な粘りのあるゼリー状というのが近い状態になります。

通常は膣の中は清潔を保つために弱酸性に保たれているので、おりものの臭いは若干酸っぱい感じがするものです。

しかし精子は酸性の中では死んでしまいます。そのために排卵期には精子を受け入れるために、おりものがアルカリ性になります。

そのため、排卵期のおりものには臭いはほとんどありません。

【おりものの正常な状態④】黄体期

排卵期が終わると、いったんおりものの量は減ります。

状態も、卵胞期ほどではありませんが、排卵期の卵白のような大量のゼリー状のおりものと比べると、サラサラとした感じになっていきます。

排卵期の後は、いったんおりものの状態は落ち着きますが、生理が近くなってくると、透明だったおりものがだんだんと白っぽい色からクリーム色になっていき、粘りのあるドロっとしたベタベタした感じになっていきます。

この時期に、白い塊状のおりものになることも珍しくありません。

【おりものの正常な状態⑤】生理前

生理前になると、白からクリーム色のドロっとしたベタベタした感じのおりものの量はますます増えてきます。

おりものの粘りも増え、また膣の中の自浄作用が強まり、酸性度が増してくるので、酸っぱい臭いになっていきます。生理周期の中で一番おりものの臭いがきつい時期になります。

生理前には、生理の始まりに向けて、子宮内膜が少しはがれ落ち始めることもあり、若干の出血が見られることもあります。

生理前に若干の出血が合った場合には、おりものに出血が混じるので、おりものの色が茶色になることも珍しくありません。

白い塊のおりものが増える2つの理由

次のページ

白い塊のおりものは下着を汚す!予防法は?!

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely