妊娠4週目の赤ちゃんの状態は?つわりは起こる?妊婦の症状は?

妊娠4週目はまだ赤ちゃんがお腹の中に存在していることを実感しにくい時期です。しかし、妊娠4週目には気をつけなければならないことや、母体の変化が様々あります。赤ちゃんを守るためにも、妊娠4週目の変化や注意点をしっかりと学んでおきましょう。

妊娠4週目の赤ちゃんの状態は?つわりは起こる?妊婦の症状は?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】妊娠4週目に入っても実感がない
  2. 妊娠4週目の変化を知ろう
  3. 【妊娠4週目の変化①】妊娠超初期症状
  4. 【妊娠4週目の変化②】つわりがくることも
  5. 【妊娠4週目の変化③】腹痛がする
  6. 【妊娠4週目の変化④】高温期になる
  7. 【妊娠4週目の変化⑤】胸がつっぱる
  8. 【妊娠4週目の変化⑥】眠気が強くなる
  9. 【妊娠4週目の変化⑦】精神が不安定に
  10. 【妊娠4週目の変化⑧】赤ちゃんの様子
  11. 妊娠4週目の注意点を知ろう
  12. 【妊娠4週目の注意点①】妊娠検査薬で正しく判定できない
  13. 【妊娠4週目の注意点②】エコーでも正しく確認できない
  14. 【妊娠4週目の注意点③】出血に注意
  15. 【妊娠4週目の注意点④】絶対過敏期
  16. 【妊娠4週目の注意点⑤】タバコ
  17. 【妊娠4週目の注意点⑥】産婦人科を受診
  18. 【妊娠4週目の注意点⑦】おりものの変化に注意
  19. 【妊娠4週目の注意点⑧】中絶の時期ではない
  20. 【まとめ】妊娠4週目はデリケートな時期

【はじめに】妊娠4週目に入っても実感がない

妊娠四週目というと、それほどお腹が大きくなる時期でもないため、あまり赤ちゃんがお腹の中にいることを実感できないものです。胎動などがあれば赤ちゃんの存在を大きく感じますが、まだまだそのような段階ではないため、赤ちゃんの存在を軽んじてしまい、無茶な行動を取り、流産してしまう人もいます。

実際に妊娠四週目では、妊娠していること自体に気付いていない人も多いです。ちょうど生理周期が一周するころですので、妊娠四週目で生理が来ないことに気付き、産婦人科に行ったり、妊娠検査薬を使用することで、初めて妊娠四週目であることに気付く女性も多いのです。

妊娠四週目で初めて妊娠していることに気付くと、まだ何の準備もできていないため、突然の体調の変化にパニックになってしまう人もいます。何か重い病気なのでは、と疑ってしまう人もいるほどです。

妊娠四週目だということがわかったら、まずは妊娠四週目の時期、体にどのような変化が起こるのか、そしてどのような注意点を守るべきなのかということを知る必要があります。それにより、お腹の中の赤ちゃんを守ることができるようになるのです。

妊娠4週目の変化を知ろう

妊娠四週目というと、まだ妊娠したばかりの時期です。しかし、この時期から母体には様々な変化が訪れるようになります。

妊娠の症状として一番有名なつわりも始まりますし、他にも注意しなければならないことや、体の変化が多く発生するのです。その変化に心がついていけないと、一人で思い悩んでしまうこともあるため、本来であれば妊娠四週目に入る前に、どのようなことが起きるのか勉強をしておくべきです。

妊娠四週目に起きる体の変化には様々なものがありますが、この時期は流産しやすい時期でもあります。そのため、妊娠四週目になる前から、どのような変化が起こるのかをしっかりと把握し、一つずつ対応していくことが大切です。

ではさっそく、妊娠四週目に起こる体の変化を紹介していきたいと思います。つわりにびっくりしたり、赤ちゃんを流産してしまわないためにも、しっかりと読んでおきましょう。


◆関連記事:妊娠初期の出血についてはこちら

妊娠初期に出血!茶色の血の原因と対処法は?少量でも注意すべき?

【妊娠4週目の変化①】妊娠超初期症状

妊娠四週目の変化としては、まず妊娠超初期症状が起きることがあります。ただ、これは早い人の場合です。本来、妊娠超初期症状はもっと遅く出るものです。

妊娠超初期症状は生理前の症状と似た症状が現れることが多いです。腹痛や体のだるさ、胸の張りというような症状が現れます。生理前に同じ症状が現れるという人も多いため、妊娠超初期症状だと気付かず、生理前の症状だと勘違いし、妊娠自体に気付かない人も多いです。

妊娠四週目に現れる妊娠超初期症状は、ホルモンバランスの変化によって発生する症状です。妊娠四週目ともなると、赤ちゃんを育てるために体が様々な変化を起こします。

その一つとして、妊娠四週目にホルモンバランスが変化し、妊娠超初期症状が現れるのです。強い腹痛が発生する人もいるため、注意しておきましょう。

【妊娠4週目の変化②】つわりがくることも

妊娠といえば、つわりと言えるほど、つわりは一般的に知られた妊娠時の症状です。ただ、妊娠4週目でつわりを起こすのは、あまり一般的ではありません。つわりは5週目以降に現れる症状だからです。

しかし妊娠4週目でもつわりが現れる人はいます。症状としては、吐き気が一番多く、頭痛や便秘などがつわりの症状として現れることもあるため、注意が必要です。

つわりは妊娠していれば誰でもくるようなイメージがありますが、なかにはつわりがそれほどないという人もいます。つわりには個人差があるのです。

つわりが来ない人もいるのですが、それとは逆に、つわりの症状が極めて重いという人もいます。食事をする気分になれず、体を動かすことが困難なほどの吐き気を感じてしまうのです。どのような人がつわりが重いかというのは判別できないため、こればかりは実際につわりがくるのを待つしか確認する方法がありません。

【妊娠4週目の変化③】腹痛がする

妊娠4週目にはつわりや妊娠超初期症状が現れることもありますが、腹痛という症状が現れる人もいます。

妊娠初期には妊娠超初期症状として、腹痛を感じる人が多いです。生理痛のような腹痛で、下腹部が張り、痛みを感じてしまいます。この腹痛は誰にでも起こり得る腹痛ですので、それほど心配する必要がありません。しかし、心配したほうが良い腹痛もあります。

お腹がズキズキとするような腹痛、痛みが強くなる腹痛、長い時間痛んでしまう腹痛などは、流産を予期させるような腹痛です。

妊娠4週目では、妊娠超初期症状の腹痛と、流産のリスクがある腹痛を見分けることが大切なこととなってきます。腹痛を我慢していると、気付いた時には出血が起こり、赤ちゃんを流産してしまった、ということにもなり兼ねないため、腹痛には充分に注意しておきましょう。

【妊娠4週目の変化④】高温期になる

妊娠4週目に起こる体の変化としては、高温期になるという変化もあります。

生理日の前後は基本的に低温期となるものです。しかし、妊娠している状態だと、生理が近くなったとしても、高温期の状態が続きます。このような状態は妊娠4ヶ月目のつわりが終わる頃まで続きますので、よく覚えておきましょう。

高温期になるのは、赤ちゃんを生育するために体が準備しているのですが、高温期が続くことにより、熱っぽいと感じる人もいます。体がだるくなったりというのも、これが原因であることが多いです。

基本的に妊娠4週目になると高温期が続くことになるのですが、なかには高温期にならない女性もいます。ただ、それは稀に見られる症状のため、高温期にならないからダメというわけでもありません。詳しくは医師に相談してみましょう。


◆関連記事:妊娠3週目はこんな感じ!

妊娠3週目の症状!妊婦の体に変化は?赤ちゃんの状態は?

【妊娠4週目の変化⑤】胸がつっぱる

妊娠4週目の変化としては、胸がつっぱるようになる、という変化もあります。

赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんに母乳を飲ませることになります。母乳は通常の状態では出てこず、赤ちゃんが生まれる頃に、胸から出てくるようになるものです。そして妊娠4週目になると、母乳を出すために、体が準備を始めます。

妊娠すると、徐々に胸にある乳管が発達していくようになります。赤ちゃんに飲ませる母乳を作る準備です。そのため、胸が張ったり、つっぱったりするようになるのです。これも、妊娠超初期症状の一つと言うことができます。

胸がつっぱるというような状態は、常に続くわけではありません。時々、つっぱるような感覚がして、時間が経つとその感覚はなくなり、また胸がつっぱるようになります。妊娠4週目になると、このような変化が訪れるため、注意しておきましょう。

【妊娠4週目の変化⑥】眠気が強くなる

妊娠4週目になると、眠気が強くなるという変化が訪れることもあります。

これも妊娠超初期症状の一つです。妊娠4週目には体内で分泌されるホルモンが変化するため、その影響によって、強い眠気を感じるようになってしまいます。

妊娠4週目の眠気は、耐えることが難しいほど強い眠気です。仕事中、真昼間からうとうとしてしまうような、強い眠気に苛まれてしまいます。ホルモンの影響ですので、仕方がないことなのですが、周りからは仕事をサボっていたり、夜更かしをしているように思われてしまうため、注意が必要です。

妊娠4週目に眠気がきて、それに抗ってしまうと、赤ちゃんのためにもよくありません。仕事であれば仕方がないですが、家にいるということであれば、無理せず少しお昼寝をすることが、赤ちゃんのためになります。

【妊娠4週目の変化⑦】精神が不安定に

妊娠4週目の変化としては、精神が不安定になるという変化もあります。

精神が不安定というと、すごく怖い表現ですが、イライラしやすくなったり、不安を感じやすくなったりというような変化です。これもホルモンが影響しているため、妊娠超初期症状の一つとなります。

精神が不安定になるだけであれば良いですが、このようなことが起きることにより、ストレスが溜まってしまうと大変です。ストレスは赤ちゃんの成育のためにも、なくさなければなりません。場合によっては、ストレスが赤ちゃんを流産する原因となることもあります。

また、ほとんどの人はそうなりませんが、このようなことがきっかけで、精神病になってしまう人もいます。妊娠4週目は心の健康というものも大切になってくるため、しっかりと覚えておきましょう。

【妊娠4週目の変化⑧】赤ちゃんの様子

妊娠4週目になると、母体としても様々な変化が訪れますが、お腹の中にいる赤ちゃんにも様々な変化が訪れます。

妊娠4週目になると、お腹の中の赤ちゃんには心臓の管が生成されます。おぼろげに人の形をするようになり、様々な重要な器官もでき始め、血液も赤ちゃんの体内に巡るようになってくるのです。

また、まだまだ完成とは言い難いですが、胎盤も動き始める時期です。これにより、母体から赤ちゃんに栄養が送られたりするようになります。

妊娠4週目の赤ちゃんはまだまだ小さく、お腹も膨らむわけではないため、それほど赤ちゃんの存在を実感することはできません。当然のように胎動もないのですが、確かに赤ちゃんはそこに存在し、無理をしてしまうと流産してしまうため、充分に注意しておきましょう。

妊娠4週目の注意点を知ろう

妊娠4週目には様々な変化が、母体にも赤ちゃんにも起きます。そのため、その変化にも伴う注意点をしっかりと守らないと、最悪の場合、流産してしまうことになるのです。

流産というのはそれほど珍しいことでもないのですが、母親からすればこの世にたった一人の子供ですので、ショックは大きいです。場合によっては、流産したことによって、精神病になってしまうような女性もいます。

流産をしてしまうと、多くの女性は自分を責めてしまいます。重い荷物を持ってしまったから、健康に気を遣わなかったから、というように、些細なことを思い出して、後悔してしまうのです。

流産は必ずしもそのようなことが原因で起きるわけではありません。しかし、実際に妊娠生活の中の行動が流産を発生させてしまうこともあるため、後悔しないためにも、妊娠4週目の女性が注意するべきことをしっかりと守っておく必要があります。では、どのようなことに注意すれば、流産のリスクを下げることができるのか、またそれ以外に関する様々な注意点を紹介していきましょう。

【妊娠4週目の注意点①】妊娠検査薬で正しく判定できない

妊娠4週目の注意点としては、妊娠検査薬では正しく判定できない、という注意点があります。

妊娠検査薬は薬局などに市販されていますが、妊娠していればいつでも反応が出ると思っている人が多いです。しかし、妊娠4週目だと、妊娠していたとしても、妊娠検査薬では反応が出ず、正しく妊娠を判断できないことがあります。

妊娠検査薬で妊娠の反応が出るのは、妊娠5週目からが一般的です。人によっては、妊娠4週目でも反応が出るのですが、出ないこともあります。

反応が出るか出ないかわからないということであれば、妊娠4週目に妊娠検査薬を使った検査は、確実ではないということです。より高い確率で判断したいのであれば、産婦人科に行くようにしましょう。

【妊娠4週目の注意点②】エコーでも正しく確認できない

妊娠4週目の注意点としては、エコーでも正しく確認できないという注意点もあります。

妊娠しているかどうかを産婦人科で確認する際には、お腹の中身をエコーで確認することになります。その際に、胎嚢が確認できたら、妊娠していると判断されるのです。

しかし、妊娠4週目だと、この胎嚢が絶対に確認できるとは限りません。多くの場合、妊娠4週目の終わりくらいには確認できるようになるものなのですが、なかには6週目まで確認できなかったという人もいます。それくらい、妊娠というものは個人差があるものなのです。

そのため、妊娠検査薬で確実に妊娠を確認できないから、産婦人科で妊娠を確認してもらおうと思っても、確実な確認ができるわけではないということです。もちろん、確認できる場合が多いのですが、妊娠4週目に産婦人科で妊娠が確認できない、と言われたからといって、それが100%妊娠していないということではないため、注意しておきましょう。

【妊娠4週目の注意点③】出血に注意

妊娠4週目の注意点としては、出血に注意するということが大切です。

妊娠初期に出血してしまうことはそう珍しいことではありません。着床出血という出血が定期的に起きるものですので、この出血であれば、特に流産などの心配はないのです。

しかし、あまりにも出血が多かったり、出血した血の色が濃い場合、別の出血となります。このような出血は、流産の可能性があるため、注意しておくべき出血です。もしもいつもと違う出血が始まった場合、すぐに病院に行くようにしましょう。

出血が起こり、流産してしまった場合、その原因は様々なことが考えられます。必ずしも妊娠している女性の原因というわけでもなく、原因がわかっていないことも多いです。とにかく出血が起こったらすぐに病院に行くということが大切です。

【妊娠4週目の注意点④】絶対過敏期

妊娠4週目の注意点としては、絶対過敏期という注意点もあります。

妊娠初期は流産しやすい時期です。出血が発生し、原因がわからないまま、流産してしまうこともあります。それだけ、この時期は様々なことが影響して、出血や流産を起こしてしまうのです。

妊娠4週目から3週間は、絶対過敏期と呼ばれる期間なのですが、この期間は特に注意しておかなければなりません。服用した薬の影響を強く受けてしまう時期だからです。風邪薬や頭痛薬なども、この時期には飲まないほうが良いため、絶対過敏期には特に体に注意しておきましょう。

妊娠に気付いていない女性は、絶対過敏期であることに気付かず、薬を飲んでしまうこともあります。飲んで良い薬は主治医が指示してくれますので、必ず確認するということと、妊娠しているかもと疑ったら、すぐに妊娠しているかどうかを確認するということが大切です。

【妊娠4週目の注意点⑤】タバコ

妊娠4週目の注意点としては、タバコに注意するということも大切です。

妊娠している時にタバコを吸うというのは、当然のようにNGです。タバコはお腹の中の赤ちゃんの成長に影響を与えてしまいます。流産を引き起こす可能性がありますし、うまく育たないことがあるため、せめて妊娠している期間は禁煙するようにしてください。

また、妊娠している期間は副流煙にも注意が必要です。そのため、旦那さんや家族がタバコを吸っているという場合は、禁煙してもらうか、何か別の対策を考えるようにしましょう。

禁煙するのは辛いかもしれませんが、それらは全てお腹の中の赤ちゃんのためです。軽い気持ちで吸ってしまわないように注意してください。

【妊娠4週目の注意点⑥】産婦人科を受診

妊娠4週目の注意点としては、産婦人科を受診すること、という注意点もあります。

妊娠を甘く考えており、妊娠検査薬で妊娠が発覚してからも、長い間、産婦人科を受診しない女性も存在します。しかし、産婦人科に行けば、注意するべきことを色々と教えてもらいますし、何より異常妊娠を見抜くことができます。

異常妊娠をしている場合、正しい治療を行わなければ、赤ちゃんを流産してしまう可能性が高くなりますし、母親自身も危険です。

異常妊娠は早く気付き、早く対処することが大切です。異常妊娠のせいで、母子ともに亡くなってしまうということもない話ではないため、必ず妊娠が発覚したら、産婦人科を受診するようにしましょう。これは母親としての義務だと思ってください。

【妊娠4週目の注意点⑦】おりものの変化に注意

妊娠4週目には、おりものに注意しておくということも大切なことです。
妊娠をしていると、おりものは妊娠前よりも量が増えます。そのため、おりものの量が増えることは異常ではありません。しかし、おりものの色が違っていたら要注意です。

おりものがいつもよりも、白っぽいおりものだったり、黄色っぽいおりものの場合、菌による感染症が発生している可能性があります。そのため、病院でおりものの色がどのような状態だったかを伝え、しっかりと治療してもらいましょう。

おりものの色が茶色の場合、これは血液が混じっています。しかし、異常なおりものではありません。古い血がおりものと一緒に出ているだけですので、特に異常なおりものではないのです。ただ、茶色のおりものが出る人と出ない人がいます。

もしもおりものに茶色ではなく、赤い血液が混じっていた場合、出血したばかりの血ということになります。この色のおりものは、流産の可能性もあるおりものですので、すぐに病院に行くようにしましょう。とにかく、しっかりとおりものの色を観察するということが大切です。

【妊娠4週目の注意点⑧】中絶の時期ではない

妊娠4週目の注意点としては、中絶をする時期ではないということを知っておくということも大切です。

様々な事情で、赤ちゃんを中絶したいと考える人もいるでしょう。妊娠している期間が長くなってしまうと、法律的に中絶できなくなってしまうため、できれば早く中絶したいと多くの女性が考えます。

しかし、中絶が可能なのは、妊娠21週と6日までです。そこまで焦る必要はありません。妊娠4週目は子宮口が固い状態となっています。そのため、中絶するためのベストな時期とは言えないのです。妊娠6週目から3週間あたりが、中絶にベストな時期となっていますので、医師と相談して、その時期まで待ちましょう。

母体の健康を守るための中絶であれば仕方のないことですが、まだ完全に成長していないとはいえ、中絶する赤ちゃんは一つの命です。様々な事情があるとは思いますが、一つの命だということを認識した上で、本当に中絶するかどうかを判断するようにしましょう。

【まとめ】妊娠4週目はデリケートな時期

妊娠4週目に関する情報を紹介してきましたが、妊娠4週目はかなりデリケートな時期です。注意しなければならないことが様々あるため、赤ちゃんを守るためにも、しっかりと勉強し、注意点を守るようにしましょう。それが母親になる女性の義務です。

もっと妊娠に関する情報を知りたいアナタへ!

妊娠初期に自転車に乗って大丈夫?妊婦が乗ると流産の原因になる?
妊娠初期の仕事上の注意点!休むときや辞めたいときは?
妊娠3週目の症状!妊婦の体に変化は?赤ちゃんの状態は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ