「コンビニ弁当は危険」は嘘?本当?添加物には要注意!【必見】

コンビニに売っているもので誰もが購入したことのあるでしょう、お弁当。いわゆるコンビニ弁当ですね。味がしっかりとついたボリューミーなコンビニ弁当は時々無性に食べたくなるのですが、実は危険という噂も。今回は、コンビニ弁当は本当に危険なのかについてご紹介!

「コンビニ弁当は危険」は嘘?本当?添加物には要注意!【必見】のイメージ

目次

  1. 暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?!
  2. 暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?添加物の目的①見た目
  3. 暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?添加物の目的②味
  4. 暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?添加物の目的③劣化防止
  5. 暮らしの知恵!危険なコンビニ弁当の添加物にメリット?!
  6. 暮らしの知恵!コンビニ弁当の危険な点、デメリット①栄養バランス
  7. 暮らしの知恵!コンビニ弁当の危険な点、デメリット②塩分
  8. 暮らしの知恵!勘違いしやすいコンビニ弁当の危険な表示
  9. 暮らしの知恵!無添加のコンビニ弁当も、実は危険?!
  10. 暮らしの知恵!コンビニ弁当で危険な食べ物『揚げ物』
  11. 暮らしの知恵!コンビニ弁当で危険な食べ物『たらこ、明太子』
  12. 暮らしの知恵!セブンイレブンが添加物を減らす取り組を実施?
  13. 暮らしの知恵!ナチュラルローソンのコンビニ弁当は安全?
  14. コンビニ弁当は本当に危険なのか?
  15. コンビニ弁当の危険を気にするなら、自炊を推奨!
  16. コンビニの弁当は危険なのか、まとめ

暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?!

24時間営業で、いつ行っても買い物ができる便利な日本のコンビニ!

例えば残業などで帰りが遅くなってしまい、遅めの夕飯を食べようと思ったときにはもうすでにスーパーが閉店してしまっていたという場合。

そんな時に重宝するのが24時間営業しているコンビニで購入できる、いわゆるコンビニ弁当ですね。

日本のコンビニといえば、ローソンやファミマ、セブンイレブンをはじめとしたコンビニがいたるところにありますよね。

日本にいて、コンビニが見当たらない…ということはほとんど無いといっていいほど、近年はどのコンビニも店舗数が増えてきています。

そんな私たちの生活の身近にあるコンビニに売っているコンビニ弁当。実はこのコンビニ弁当は危険で体に安全なものではないという噂を耳にしたことはありませんでしょうか?

コンビニ弁当が危険と言われるのは、主にコンビニ弁当に含まれている添加物のことを指してのことなのですね。

体の健康や安全のためには、コンビニ弁当は危険だから食べるべきでない!という意見もよく聞きますが、はたしてコンビニ弁当は本当に危険な食べ物なのでしょうか?

今回は、ローソンやファミマ、セブンイレブンなどで購入できるコンビニ弁当は危険という噂が、嘘なのか本当なのかについてご紹介していきたいと思います。

いつもローソンやファミマ、セブンイレブンなどでお弁当を購入して食べているという方はもちろん、コンビニ弁当に抵抗を感じているという方も是非読んでみてくださいね。

暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?添加物の目的①見た目

ローソンやファミマ、セブンイレブンをはじめとしたコンビニで購入出来るコンビニ弁当。

このコンビニ弁当が危険で安全ではないと噂される原因となっているのが、食品添加物です。

危険と噂されているのにも関わらず、コンビニ弁当を購入するともれなく付いてくるこの添加物は、一体どのような役割をしているのでしょうか?

また、なぜコンビニ弁当には添加物が含まれているのでしょうか?

コンビニ弁当に添加物が含まれている理由や目的の1つとして、見た目を美しくするというものがあります。

お料理が美味しそうに見える条件として、盛り付けと同じくらいに大切なのが食材の色味です。

例えば、色の薄い卵焼きとしっかりと黄色い色味をした卵焼きなら、どちらが美味しそうに見えますか?

きっと後者を選ぶ方が多いかと思います。

このように、色味を良くして見た目から美味しそうなお弁当にするために、着色料という添加物を使用しているお弁当が多くあります。

暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?添加物の目的②味

コンビニ弁当に含まれている添加物の目的や使用される理由の2つめは、味を美味しくするというものもあります。

見た目の色が良くても、やはり味が美味しくなければコンビニ弁当を購入したいと思うお客さんは増えませんよね。

ローソンやファミマ、セブンイレブンなど数あるコンビニの中で、自分のコンビニでお買い物をしてほしいと思うのがコンビニ経営者として当然の心理ですから、少しでも美味しいお弁当をはじめとした食べ物を販売したいと思うものです。

食べ物を美味しいと思うのには、見た目で美味しそうだと感じて、その次に味や食感、口当たりなども関わってきますね。

しかし、コンビニ弁当は製造してからお客さんの口に運ばれるまでの間に、時間というギャップが生じてしまいます。

この時間のギャップによって風味や食感が衰えてしまい、美味しさが半減してしまうのですね。

その美味しさが半減してしまうということを防ぐために、食品に添加物を加えて人工的に甘みや辛味、風味を付け足したり、粘度をプラスさせたりしているのです。

これらは家庭で料理をしてすぐに頂く分には必要のない添加物ですので、健康面で安全ではないのではというイメージを与えているのですね。

暮らしの知恵!コンビニ弁当は危険?添加物の目的③劣化防止

コンビニ弁当に食品添加物が含まれている理由や目的の3つめ、食品の劣化を防ぐためです。

この食品の劣化を防ぐために使われる添加物が、私の身の回りでもよく耳にする保存料と呼ばれるものですね。

この保存料も添加物の一種なのですが、保存料がコンビニ弁当に含まれているのは、こちらもお弁当を製造してからお客さんの口に運ばれるまでの間に時間のギャップがあるからなのです。

一度調理した食材というのは、劣化のスピードが早くなってしまいます。

しかし、ローソンやファミマ、セブンイレブンなどをはじめとしたコンビニで販売されているお弁当は、その場で製造しているわけではありませんので、製造してから店舗に移動するまでの間の時間、そして更に店頭に並んでいる間という、多くの時間のギャップが必然的に生まれてしまうのです。

この間に食品が劣化してしまうのを防ぐために保存料や酸化防止剤などといった添加物を加えることで、お弁当の味の美味しさ、そしてお弁当を安全に食べられる状態というのを保っているのです。


◆関連記事:コンビニでディズニーチケットまで買えちゃう!?

ディズニーチケットをコンビニで買うと絵柄はどうなる?

暮らしの知恵!危険なコンビニ弁当の添加物にメリット?!

ここまでご紹介してきましたように、主に売り物として見栄えを良くするためや、製造から販売までの時間のギャップによって失われるものを補う目的で使用されるコンビニ弁当の添加物。

添加物というのは、過剰に摂取すれば発がんの原因になったりなど体への悪影響ももちろんありますので、この点でいえばコンビニ弁当が危険といのは嘘ではなく本当だと言えます。

しかし!この添加物がメリットとなることも、実はあるのです。

コンビニ弁当に添加物が含まれていることでメリットとなるのは、食中毒が起こりにくくなるという事です。

食中毒は、保存状態がよくない事で食材が腐敗してしまうなどといったことが原因で起こってしまうものですが、保存料
や酸化防止剤などをはじめとした添加物が含まれていることで、食材の劣化を防ぎ、食中毒を未然に防ぐことができるのですね。

製造してから、ローソンやファミマ、セブンイレブンなど私たちがいつも利用しているコンビニへ運ばれるまでの間にお弁当が腐ってしまい、食中毒の原因となってしまわないよう、食の安全のためにもこの添加物が役にたっているという事実もあるのです。

暮らしの知恵!コンビニ弁当の危険な点、デメリット①栄養バランス

コンビニ弁当には、先ほどご紹介したような添加物によるメリットとも言える点もあることから、コンビニ弁当が危険というのは嘘に当たるのでは?と思った方もいるでしょう。

しかし、やはりコンビニ弁当にはメリットもあれば、デメリットもあるのです。

コンビニ弁当のデメリットと取れる点として、栄養バランスの偏りが挙げられます。

ローソンやファミマ、セブンイレブンなどといったコンビニには、たくさんの種類のお弁当が販売されていますし、どれも美味しそうなものばかりですよね。

しかし、よく見るとコンビニ弁当は彩りが全体的に茶色っぽいことに気がつくかと思います。

揚げ物や肉類、炭水化物がお弁当の大半をしめていて、どうしても野菜不足になってしまうのですね。

このことから、コンビニ弁当を食べ続けると栄養バランスが極端に偏ってしまうことから、コンビニ弁当が危険というのは嘘とは言えないということになるでしょう。

暮らしの知恵!コンビニ弁当の危険な点、デメリット②塩分

コンビニ弁当が危険と言われているのを、嘘とは言い切れない原因となっているデメリットな点の2つめは、味付けが濃いという事です。

ローソンやファミマ、セブンイレブンなどで販売されているコンビニ弁当は、通常の調理で味付けされるよりも濃い状態で販売されていることが多いのですね。

コンビニ弁当は製造から販売までの時間にギャップがありますので、出来たてのお弁当を販売することが出来ません。

そうなると必然的に冷めた状態で販売されることになりますから、味が薄く感じてしまうという問題が生じてしまうのです。

この状態を回避するために、コンビニ弁当はあらかじめ濃いめの味付けがされています。

このような濃い味付けのものを頻繁に食べることで、塩分が過剰摂取になる可能性がありますから、体への健康や安全面としては良くないことがわかります。

また、こういった味付けの濃い食べ物を頻繁に食べていると、舌が濃い味付けに慣れてしまい、コンビニ弁当以外の食事も全て濃い味付けのものを求めるようになってしまいます。

これも、コンビニ弁当が危険だと言われているのが嘘と言い切れない重要な理由です。

暮らしの知恵!勘違いしやすいコンビニ弁当の危険な表示

コンビニ弁当やその他のお惣菜などを購入する際に、『着色料、保存料無添加』という表示やラベルが貼ってある商品を見たことがありませんでしょうか?

コンビニ弁当が危険と言われる原因にもなっている添加物ですが、このような表示のある商品なら健康への害もなく、安全な食べ物だと思ってしまうのが私たちの心理ですね。

しかし!この表示には注意すべき落とし穴があるのです。

『着色料、保存料無添加』という表示がある商品には、もちろん着色料や保存料は使われていませんので、決して嘘を言っているわけではありません。

ですが忘れてはいけないのが、添加物は着色料や保存料だけではないということです。

着色料や保存料が無添加であっても、その商品はそれを補うための他の添加物を加えている場合が多くあります。

着色料や保存料を使っていないという面ではこの表示は嘘ではないのですが、だからと言って完全に化学調味料が完全に無添加というわけではありませんので、勘違いをしてしまわないよう注意をしましょう!


◆関連記事:コンビニのクリスマスケーキも侮れません!

コンビニのクリスマスケーキ2017を比較!【予約方法・種類】

暮らしの知恵!無添加のコンビニ弁当も、実は危険?!

コンビニ弁当などを購入する際には、やはり体に取り入れるものですから出来れば化学調味料の使われていない安全なものを選びたいですよね。

実際に化学調味料無添加のお弁当などが販売されているところもありますが、実は無添加のお弁当だからと言って必ず安全だとは言い切れないのです。

無添加のお弁当やお惣菜などが安全と言い切れない理由は、食中毒にかかってしまう可能性が、添加物を含んでいる商品よりも高くなってしまうからです。

添加物の目的にもありましたように、コンビニ弁当などは保存料などを加えることで食中毒の防止に役立っているという事実があります。

しかし、化学調味料を懸念して無添加のお弁当やお惣菜を選ぶ場合は、コンビニ弁当のように保存が効きませんから早く腐敗が進んでしまうのです。

これにより、食中毒のリスクが高まるという点では、無添加だから安全!だという考えは避けるべきだと言えるでしょう。

暮らしの知恵!コンビニ弁当で危険な食べ物『揚げ物』

コンビニ弁当が危険という噂がたっている原因として、もっとも注目されている食品をご紹介したいと思います。

コンビニ弁当やお惣菜などの購入の際に気をつけたいのが、揚げ物類です。

コンビニ弁当のほとんどの商品に揚げ物は含まれていますし、またカツサンドなどを使用したサンドイッチなどもコンビニではよく見かけますね。

このようなコンビニで販売されている揚げ物類には、トランス脂肪酸という体にとってあまり良くない油が含まれている可能性があります。

トランス脂肪酸は人口油であり、発がんの原因となる可能性のある油だと言われています。

このことからアメリカでは摂取が禁止されているほど、注意したい油なのですね。

価格の安い油であることからコンビニなどではよくトランス脂肪酸が使われていますので、できるだけコンビニの揚げ物は摂取しないよう心がけたいですね。

暮らしの知恵!コンビニ弁当で危険な食べ物『たらこ、明太子』

コンビニで注意したい食品はもう一つあります。それは、たらこや明太子です!

たらこや明太子は、主に単品のおにぎりや、おにぎり弁当などに使用されていることの多い食材ですね。

味も美味しいですし人気のある食べ物ですが、コンビニで使われているたらこや明太子には、亜硝酸ナトリウムという添加物が含まれていることが殆どです。

この亜硝酸ナトリウムは、たらこや明太子の綺麗な色味を持続させるという効果があるのですが、その反面発がんの原因やリスクを高める添加物であることから、安全な食べ物だとは言えません。

おにぎり以外にも、たらこパスタや、明太子を使ったドレッシング付きのサラダなどがありますが、できるだけ摂取を控えるのが安全のためにも理想的ですね。

暮らしの知恵!セブンイレブンが添加物を減らす取り組を実施?

コンビニ大手といえばローソン、ファミマ、セブンイレブンが挙げられますね。

その中でもセブンイレブンが行なっている添加物削減への取り組みが注目を集めています。

セブンイレブンは、2001年から自社で製造している商品の殆どに着色料や保存料を使用しない取り組みを始めました。

またセブンイレブンは2006年以降、お弁当以外にパンなどにも使用されているハムやソーセージなどといった加工肉に、カルシウムの吸収を妨げ骨粗しょう症などの原因となる「リン酸塩」の使用をしないという取り組みもスタートしています。

加えて、健康の安全面に関して問題となっているトランス脂肪酸の使用もできるだけ抑える取り組みも行なっているなど、コンビニによってはこのように添加物や食の安全に関して改善などを行なっているお店もあるようですね。

暮らしの知恵!ナチュラルローソンのコンビニ弁当は安全?

食の安心や安全にこだわりを持つ「ナチュラルローソン」の展開も、主に女性を中心に注目を集めていますね。

2001年より展開をスタートしたナチュラルローソンですが、お弁当やお惣菜に使う素材などにはかなりこだわっているようです。

ナチュラルローソンでは、生活習慣病の予防に効果的な商品を積極的に導入するなどという展開法が目立ちますが、添加物の削減に力を入れているなどといった宣伝はあまりされていません。

しかし、ナチュラルローソンの自社商品には保存料は使用されていないということです。

コンビニ弁当は本当に危険なのか?

ここまで、様々な点からコンビニ弁当が危険というのが嘘なのか本当なのかについて見てきましたが、結論からいうとこのコンビニ弁当が危険というのは嘘なのでしょうか?本当なのでしょうか?

この答えは、嘘が半分、本当も半分というのが妥当でしょう。

確かに添加物を多く含んだコンビニ弁当は、摂取し続ければ添加物による健康への害というのもありますので、この点でいえばコンビニ弁当が危険というのは本当です。

しかし、コンビニ弁当に使用されている添加物はあくまでも日本で使用が許可されているものだけです。

ですので、声をあげて危険というほどでもないという点で言えば、コンビニ弁当が危険というのは嘘にもなり得ます。

簡潔にいえば、過剰摂取をしなければコンビニ弁当は危険な食べ物ではないけれど、毎日毎日コンビニ弁当を食べていると、健康面などで様々な危険が生じる可能性があるということですね。

ですので、ローソンやファミマ、セブンイレブンなどで販売されているコンビニ弁当が危険とういうのは、嘘が半分、本当も半分ということになります!

コンビニ弁当の危険を気にするなら、自炊を推奨!

コンビニ弁当が危険というのは、嘘が半分含まれているということが分かりました。

しかし、それでも食品添加物というのは摂取しないに越したことはありません。

少しでも健康に気を使いたい場合は、やはり自炊をするのが一番信頼できる食事になるのではないでしょうか?

自炊をすることで、どの料理にどれだけの塩分や砂糖、油が使われているかなどといったことを把握することができます。

そういった知識が身につけば、自分で摂取する食事の量を適切にコントロールすることも可能になってきますし、なにより自炊したお料理には添加物が入っていませんから安心して口にすることができますね。

食材をうまく活用すればコスト削減にも繋がりますので、健康を気にする方はコンビニ弁当を控えて、自炊した料理を主に摂取するよう心がけてみましょう!

コンビニの弁当は危険なのか、まとめ

今回は、コンビニ弁当の危険について迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

私たちの身近にあるローソンやファミマ、セブンイレブンをはじめとしたコンビニでいつでも購入できるコンビニ弁当。

その危険度に関しては、あまり神経質になる必要はありませんが、それでもやはり健康のためにも、できるだけ添加物の入っていない自炊したお料理を口にするよう心がけたいですね!

もっとレシピについて知りたいアナタはこちらもチェック

コストコのサーモンフィレのレシピは?切り方・保存方法解説!
コストコのマッシュポテトのアレンジレシピ・作り方特集!【必見】
コストコのやわらか焼きイカはおすすめの冷凍食品!レシピも解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ