柔軟剤の使い方解説!正しい使い方と間違った使い方紹介!

お洗濯の時の柔軟剤、皆さんは正しい使い方を知っていますか?柔軟剤は正しく使わなければ全く無意味になってしまう場合もあるのをご存知でしょうか?今回は柔軟剤の正しい使い方と間違った使い方について詳しくご紹介致します。柔軟剤を使っている人は必見ですよ♪

柔軟剤の使い方解説!正しい使い方と間違った使い方紹介!のイメージ

目次

  1. あなたは大丈夫!?柔軟剤の使い方を詳しくご紹介♪
  2. 効果が激減!?柔軟剤のよくある間違った使い方とは?
  3. 柔軟剤の間違った使い方(1)量が多すぎる
  4. 柔軟剤の間違った使い方(2)洗剤と同じ場所に入れてしまう
  5. 柔軟剤の間違った使い方(3)何種類か混ぜて使う
  6. 効果を最大限に引き出す!柔軟剤の正しい使い方とは?
  7. 柔軟剤の正しい使い方(1)キャップで正しい容量を計る
  8. 柔軟剤の正しい使い方(2)柔軟剤専用の投入口に入れる
  9. 柔軟剤の正しい使い方(3)洗剤と同じシリーズの物を使う
  10. 柔軟剤の正しい使い方(4)洗う物によって使う頻度を変える
  11. 柔軟剤の正しい使い方(5)手洗いの時はゴム手袋を使う
  12. まとめ

あなたは大丈夫!?柔軟剤の使い方を詳しくご紹介♪

皆さんは暮らしの中で柔軟剤を使う時に商品の使い方の説明書きをきちんと読んでいますか?ほとんどの人はただ何となく衣類に良い匂いがつきそうだからという理由で柔軟剤を使っているのではないでしょうか。

そもそも柔軟剤というのは衣類を柔らかくし手触りが良くなる効果や、または外出した時の汚れやほこり、花粉などを衣類につきにくくするという効果がある商品です。

また柔軟剤は商品によっては毎日の暮らしの中で夏の汗の臭いを抑えることができたり、冬の静電気を抑える効果が期待できるものもあり、その効果を期待して柔軟剤を使っているという人も多いかもしれませんね。

柔軟剤は衣類の汚れを落とすことが目的の洗剤とは使い方も用途も全く異なります。当然ですが柔軟剤は洗濯洗剤の代わりに使うことはできません。

ここでは全自動洗濯機や手洗いで柔軟剤を使う時の間違った使い方や、正しい使い方をご紹介していきます!皆さんも自分の柔軟剤の使い方が正しいかチェックしながらご覧ください!

効果が激減!?柔軟剤のよくある間違った使い方とは?

それではまず柔軟剤のよくある間違った使い方についてご紹介していきます。

柔軟剤は全自動洗濯機で使う時も手洗いで使う時も、間違った使い方をすると効果が出ないばかりか全くの逆効果になってしまうこともあります。せっかくお金を支払って柔軟剤を買ってきたのに衣類を傷めてしまうことになると切ないですよね。

柔軟剤の間違った使い方をしてしまわないように、まずは柔軟剤の間違った使い方について下記の項目をチェックしていきましょう!

柔軟剤の間違った使い方(1)量が多すぎる

柔軟剤の間違った使い方の1つめは、量が多すぎることです。

柔軟剤の間違った使い方の中でも特に多いのが、必要以上に柔軟剤を入れてしまうことです。たくさん入れた方が良い匂いがして効果が高くなりそうな気がしてしまうものですが、これは実はあまり効果がありません。

柔軟剤の適正量はボトルやパッケージに記載されていますが、その分量以上の柔軟剤を入れても匂いがキツくなり過ぎます。

また柔軟剤を使いすぎると水をはじきやすくなって汚れが落ちにくくなる場合もあり、良い効果を得ることはありません。これは洗濯洗剤も同じで、たくさん入れれば入れるほど汚れが落ちるということはまずありません。

日々の暮らしの中でいつも洗剤や柔軟剤の量を確認せず、おおざっぱに全自動洗濯機などに入れている人は注意しましょう。


◆関連記事:臭い人と思われてるかもしれませんよ?!

柔軟剤が臭い!職場で迷惑な人への対策を解説!

柔軟剤の間違った使い方(2)洗剤と同じ場所に入れてしまう

柔軟剤の間違った使い方の2つめは、洗剤と同じ場所に入れてしまうことです。

全自動洗濯機は衣類を入れて洗剤と柔軟剤を入れておけば最初から最後まで自動で済ませて乾燥までしてくれます。忙しい暮らしの中でとっても便利な全自動洗濯機ですが洗剤と柔軟剤を一緒に同じ場所に入れてしまっている人はいませんか?

全自動洗濯機は縦型でもドラム型でもそうですが、洗剤を入れる場所と柔軟剤を入れる場所は別々にあります。

洗剤と一緒に柔軟剤を入れてしまうと柔軟剤の効果が大幅に薄れてしまい、思っているような効果が出ない場合もありますので気を付けなければいけませんね。

柔軟剤の間違った使い方(3)何種類か混ぜて使う

柔軟剤の間違った使い方の3つめは、柔軟剤を何種類か混ぜて使うことです。

皆さんはお気に入りの柔軟剤が幾つかある場合、その商品を混ぜて使ってしまった経験はありませんか?香りは片方の柔軟剤の方が良く、もう片方はふんわり感が強いという場合は両方の効果が欲しいなと思う時もあるかもしれません。

しかし柔軟剤は何種類か混ぜて使ってしまうと、何ともいえず微妙な香りになってしまうこともありオススメはできません。全自動洗濯機はともかくとして、衣類を手洗いする時には手が荒れてしまう原因になることもありますよ。

効果を最大限に引き出す!柔軟剤の正しい使い方とは?

柔軟剤の間違った使い方が分かったところで、次は柔軟剤の正しい使い方についてご紹介します!

効果な柔軟剤ではなくお買い得価格の柔軟剤の場合でも、正しい使い方をすればその効果を最大限に引き出し衣類をふんわり良い匂いに仕上げることもできます。

毎日の暮らしを快適にするためにも、柔軟剤の正しい使い方にも目を通してみてくださいね。


◆関連記事:おすすめ柔軟剤ランキングはこちら

いい匂いの柔軟剤おすすめランキング17選!香りが長続きする!

柔軟剤の正しい使い方(1)キャップで正しい容量を計る

柔軟剤の正しい使い方の1つめは、キャップで正しい容量を計ることです。

柔軟剤を正しく使うためには、まず毎日の暮らしの中で柔軟剤を正しい容量を計って使う習慣をつけなくてはいけません。

全自動洗濯機の場合はスイッチを入れると洗濯物の量に応じて水量の目分量が表示されますので、その量ももとに柔軟剤の量をきちんと計って入れることが大切です。


手洗いをする時は恐らく洗濯物の量も少ないことが多いため、柔軟剤はほんの少しの量で充分です。間隔としては少なすぎるかな?と思うぐらいがちょうど良い量になります。

きちんと使えば柔軟剤の効果を最大限に発揮できるだけなく、柔軟剤を長持ちさせることもでき環境にも優しくなりますよ。

柔軟剤の正しい使い方(2)柔軟剤専用の投入口に入れる

柔軟剤の正しい使い方の2つめは、柔軟剤専用の投入口に入れることです。

上記でもご紹介しましたが、全自動洗濯機を使う場合は柔軟剤専用の投入口を使うのが正しい柔軟剤の使い方になります。まれに柔軟剤専用投入口が無い洗濯機もありますが、その場合は汚れ洗いが終わってすすぎの段階になった時に柔軟剤を入れていきます。

柔軟剤は洗濯の仕上げに使うものになりますので、入れるタイミングを間違えると効果が無くなってしまうこともありますので注意が必要です。

手洗いする時も汚れを落として綺麗な水ですすぐ時に入れるように気を付けましょう。

柔軟剤の正しい使い方(3)洗剤と同じシリーズの物を使う

柔軟剤の正しい使い方の3つめは、洗剤と同じ種類の物を使うことです。

洗剤や柔軟剤というのはほとんどの製品で同じシリーズのものが販売されています。洗剤や柔軟剤はシャンプーとコンディショナーと同じように、同じシリーズの物を使うと効果がより発揮できるように考えられているため、同じシリーズを使うのが最も効果が出る使い方になります。

毎日の暮らしの中でその時々で特売の洗剤や柔軟剤を使っているとどうしても使うものがバラバラになってしまいがちですが、より高い効果を期待したい時は同じシリーズを使ってみましょう。

同じシリーズの洗剤や柔軟剤は香りのバランスも考えられているため相性も当然抜群ですよ。

柔軟剤の正しい使い方(4)洗う物によって使う頻度を変える

柔軟剤の正しい使い方の4つめは、洗う物によって使う頻度を変えることです。

洗濯をするごとに柔軟剤を使っている人もたくさんいると思いますが、柔軟剤は衣類を柔らかくする代わりに水を弾きやすくなる性質もあります。

そのためバスタオルやフェイスタオルを洗う時に毎回柔軟剤を使ってしまうと、いざ体や顔を拭くときにまるで真新しいタオルのように吸水性が無くなってしまうこともあります。

そのため身に着ける衣類を洗濯する時は毎回柔軟剤を使うのはオススメですが、タオル類を洗う時は使う頻度を考えた方が良いかもしれません。

暮らしを快適にするためには洗う物によって柔軟剤の使い方をよく考えてみることも大切になりますね。

柔軟剤の正しい使い方(5)手洗いの時はゴム手袋を使う

柔軟剤の正しい使い方の5つめは、手洗いの時はゴム手袋を使うことです。

柔軟剤は衣類に優しいイメージがあり、食器洗剤や掃除用洗剤に比べると手肌にも優しい印象がありますが、素手につくとやはり肌荒れの原因になることもあります。

柔軟剤には界面活性剤が使われていることも多いため、手洗いの時はできればゴム手袋を使う方が安心です。

冬に冷たい水を使う時や、熱いお湯を使って手洗いする時には特に注意しなければいけません。

高級衣類やセーターなどを手洗いする機会が多いという人は、洗濯用に厚手のゴム手袋を準備し、手や指の肌を傷めないように注意して柔軟剤を使うようにしましょう!

まとめ

柔軟剤の正しい使い方と間違った使い方についてご紹介しました。いかがでしたか?みなさんは柔軟剤を正しく使えていましたでしょうか?

最近は実に色々な柔軟剤が各メーカーから販売されています。中には高級なフレグランスのようなとっても素敵な香りの柔軟剤もあり、どれを買うか迷ってしまう時もありますよね。

柔軟剤を使わなくても洗濯はできますが、使うと良い匂いがして肌触りも良くなるためやはり少し贅沢な気分になるものです。

上記のまとめを参考にしてぜひ上手な柔軟剤の使い方をマスターしてみてくださいね♪

もっと良い匂いになりたいアナタはこちらもチェック

いい匂いの女性になる方法!男性の好きな匂いを出そう
いい匂いのするシャンプーおすすめ13選!男に人気の香り!
髪の毛からいい匂いを出す!シャンプーやヘアコロンでいい香りに!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ