イヤホンを洗濯した時の対処法5つ!乾燥させれば復活する?

大事なイヤホンが洗濯機で水没してしまった! そんなときの対処法を5つご紹介していきたいと思います。 水没させてしまったイヤホンは携帯電話のように、乾燥させれば復活するのでしょうか。 洗濯してしまった場合の乾燥方法とは?

イヤホンを洗濯した時の対処法5つ!乾燥させれば復活する?のイメージ

目次

  1. 【イヤホン×洗濯】初めに
  2. イヤホンを洗濯したときの対処法①乾燥させる
  3. イヤホンを洗濯したときの対処法②乾燥材をつかう
  4. イヤホンを洗濯したときの対処法③修理に出す
  5. 【イヤホン×洗濯】修理に出す(場所が遠い場合は?)
  6. イヤホンを洗濯したときの対処法④買い替える
  7. 【イヤホン×洗濯】買い替える(通販サイト)
  8. イヤホンを洗濯したときの対処法⑤乾燥機にかける
  9. 【イヤホン×洗濯】乾燥機での気をつけること
  10. 【イヤホン×洗濯】最後に

【イヤホン×洗濯】初めに

みなさんイヤホンはお持ちですよね。
最近ではワイヤレスイヤホンなんていうイヤホンも発売されています。
しかし、イヤホンで誰しも経験したことがあるのが家電の「洗濯機」に入れてしまうことです。
「ちょっと邪魔だからポケットに入れておこう」「今はイヤホンは必要なくなったからポケットに入れておこう」と思ってポケットなどにイヤホンを入れたまま洗濯機に入れてしまうことってよくあるんです。
特にワイヤレスのイヤホンは片耳のものもあり、小さすぎてポケットの上から触ったり、ポケットの中に手を入れて確認しても見落としがちなんです。
洗濯機のせいで何個のイヤホンをダメにしてしまった・・・。
なんて嫌ですよね。
最近では何万もするイヤホンを持っていたり、お気に入りのイヤホンだからどうしてもそのイヤホンでなければ嫌だ!という人もいますよね。
なのに、洗濯機にいれてそのまま気づかず洗濯してしまった・・・。
音質がなんだかおかしかったり、音が聞こえなくなったけどどうしても復活させたい!
そんな場合のイヤホンの復活させる対処法をご紹介していきたいと思います。

イヤホンを洗濯したときの対処法①乾燥させる

洗濯機で最後まで気づかずに洗濯してしまっていた場合は、脱水などを終えているはずです。
しかし、イヤホンは細いコードや細かい部分が多いためしっかりと水が抜けきっていない場合がほとんどです。
また、途中で洗濯機の中にあることを気づいた場合ならびちょびちょになっているはずです。
その場合は、まず見えているところをしっかりと拭きます。
水に濡れたまま音質は大丈夫かなと確認したくて電気を流してしまうと、ショートする原因や漏電の原因になります。
なので、まずは音質を確認する前に水気をしっかりと乾燥させることが大事です。
スピーカー部分なら手のひらで優しくトントンとしていれば、あらかたの水分は出てくるはずです。
また、水に濡れていなくて乾燥している場合でも音質が悪いのは、コードがついているイヤホンの場合は洗濯機の中で、他のものと絡まってコードが切れてしまったりしている場合もあるので注意してください。
水分が出てこなくなれば、2,3日放置してしっかりと乾燥させましょう。

イヤホンを洗濯したときの対処法②乾燥材をつかう

みなさん乾燥材の「シリカゲル」はご存知ですか?
「シリカゲル」とは食品に入っているの乾燥材のことです。
たとえば、海苔や干しシイタケなどの乾燥させておきたい食材にはシリカゲルが入っています。
シリカゲルか乾燥材ですので、水分を優秀してくれる効果があります。
なので、イヤホンにもこのシリカゲルを試してみましょう。

シリカゲルを使った乾燥の対処法は、まずジップロックなどの密封できる袋とシリカゲルを用意します。
その密封できる袋にシリカゲルと、イヤホンを入れます。
これだけなんです!
1日このまま放置しておくことで、かなり乾燥させることができます。
はやく早く乾燥させたい場合には有効な対処法です。
放置しておく時間は、長い方がしっかりと乾燥させることができるのでいいでしょう。

また、シリカゲルや密封できる袋はザ・ダイソーなどの100円均一でも売っているのでおすすめの対処法です。


◆関連記事:マフラーの洗濯方法はこちら

マフラー・ストールの洗濯方法・洗い方!【カシミヤ・アクリル・ウール】

イヤホンを洗濯したときの対処法③修理に出す

上記の乾燥の対処法を試したけど音質が悪かったり、音が出なく復活しないこともあります。
しかし、お気に入りのイヤホンだったり人からのもらい物であれば治したいと思っているはずです。
そんな場合は、修理に出すという対処法をおすすめします。
高額なイヤホンの場合、保証期間がある場合もあります。
保証書を持って店頭に行けば無料で直してもらえる場合もあります。
通信販売で買っていたりして保証書がない場合や、保証期間を過ぎていて修理にお金がかかってしまう場合は、イヤホンを修理してくれる会社などがありますのでそこに持ち込みましょう。
そうすることで音質を復活させることができます。
下手に触らず修理に出すのが一番安全だと言えるでしょう。
ある程度の水気は取っておいてくださいね。

【イヤホン×洗濯】修理に出す(場所が遠い場合は?)

通信販売で買っていたり、店舗から遠いと修理に出すのに苦労してしまいます。
なので、そんな時には郵便などでイヤホンを送って修理してくれる会社もあります。
そこの利用しましょう。
手元に合ってほしいイヤホンですが修理に出すとなるといろいろ手間がかかります。
郵便で引き取ってくれる会社は、検索すれば出ていますので参考にしてみてください。

イヤホンを洗濯したときの対処法④買い替える

初めにご紹介した乾燥をさせて復活させる対処法も試したけど、音質が復活しない場合は新しく買い替えることもおすすめします。
イヤホンの保証期間は1年間ほどが多いのでもし、1年以上使っているのであれば買い替えた方がベストでしょう。
保証期間を過ぎた後の、洗濯機で誤って水没させた場合の修理にかかる金額が、新しく買う場合と同じくらいの金額の場合が多いです。
なので、保証期間が過ぎてしまっている場合は新しく買い替えることがおすすめです。
一度洗濯機で水没させているのですから、ほとんど値段が変わらないのなら新しいイヤホンを買う方がいいでしょう。

【イヤホン×洗濯】買い替える(通販サイト)

この機会ですから違う性能のいいイヤホンに買い替えてもいいでしょう。
同じイヤホンに買い替えるにしても、違うイヤホンに買い替えるとしてもおすすめなのは通販です。
店頭に並んでいるイヤホンと通販サイトで売っているイヤホンでは、かなり金額が違う場合があります。
例えば、Amazonなどの大きい通販サイトなら店頭で売られている金額の半額で売っていることも少なくありません。
また、海外の通販サイトだと偽物が届いてしまったり、不良品が送られてくることもあるので日本の通販サイトが安心して利用することができます。

イヤホンを洗濯したときの対処法⑤乾燥機にかける

これはかなりの荒業になります。
失敗してしまうとイヤホンも家電ですので壊れてしまいます。
特にワイヤレスイヤホンなら、乾燥機で回している間に中でぶつかって壊れてしまうということもありえます。
なので、もう壊れてしまっても大丈夫だから最後に試してみよう!という時に試していただきたい対処法です。


◆関連記事:キャップの洗い方は?

キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます!

【イヤホン×洗濯】乾燥機での気をつけること

ワイヤレスイヤホンの場合は先ほどいたように、乾燥機の中でぶつかって壊れてしまう場合があります。
なので、ワイヤレスイヤホンは洗濯ネットなどに入れてから乾燥機で乾燥させましょう。
コードがついているイヤホンもワイヤレスイヤホンと同様に、できれば洗濯ネットに入れてから乾燥機で乾燥させるほうがいいでしょう。
復活する可能性は極めて低いやり方です。
なので、乾燥機で乾燥させる対処法は自己責任で行ってください。

【イヤホン×洗濯】最後に

どうでしたでしょうか。
イヤホンを復活させる対処法は参考になりましたか?
いまではコードレスのワイヤレスイヤホンが多く販売されています。
また、マラソンやジョギングをする方はほとんどがワイヤレスイヤホンを使っています。
小さい形のワイヤレスイヤホンですから、どこにやってしまったのかと探しているうちにもう手遅れ・・・。
なんてこともあり得ます。
イヤホンも立派な家電製品ですから、精密にできています。
なので、しっかりと乾燥させてから音質などを確認するようにしてください。
他の家電と同じように漏電やショートをしてしまいます。
また、洗濯機も家電製品です。
なるべくイヤホンは洗濯しない方がいいでしょう。
ほかのものでも同じで、家電の方が壊れてしまう原因にもなります。
イヤホンも洗濯機も寿命までしっかりと使いたいでしょうから、大切に使ってあげてください。

家電には寿命があるので壊れるのは仕方のないことです。
しかし、洗濯機で壊してしまったとなると諦めきれませんよね。
意外と多いこの洗濯機での水没なんですが、復活してくれる可能性も十分にあるので、一度修理に出す前にシリカゲルで乾燥させる対処法を試してみて下さい。
このシリカゲルを使った乾燥のさせかたは、携帯電話が水没してしまった時にも使われている対処法なんです。
携帯電話の場合は、大きいしイヤホンよりも細かく精密なため、イヤホンよりは乾燥させるのに時間はかかるようです。
それでも、iPhoneならアップルストアに行くよりも自力で復活させる方が、お金的にも時間的にもいいですよね。
なので、携帯電話やイヤホンなどの小さい家電の場合は、シリカゲルで乾燥させる方法がおすすめです。

もっと雑学について知りたいアナタはこちら

要領が悪い人の原因とは!改善すべきポイント教えます
協調性とは?自己PRで協調性をアピールする方法!【例文あり】
小生の意味とは?ビジネスでの正しい使い方解説!【誤用注意】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ