ブライダルメイクを成功させるコツ特集!花嫁メイクを完璧に!

結婚式で花嫁にされるブライダルメイク。あなたのイメージ通りのブライダルメイクになれば最高ですが、結婚式当日になって失敗したかも、なんて感じる人もいるようです。今回は結婚式当日に後悔しないために、花嫁のブライダルメイクを成功させるコツをまとめてみました。

ブライダルメイクを成功させるコツ特集!花嫁メイクを完璧に!のイメージ

目次

  1. 今日の主役はあなた!ブライダルメイクをしよう
  2. ブライダルメイクとは
  3. ブライダルメイクを成功させよう♥メイクのオーダーは大切
  4. ブライダルメイクを成功させよう♥コンプレックスを伝えておく
  5. ブライダルメイクを成功させよう♥アドバイスも大切
  6. ブライダルメイクを成功させよう♥メイクの事前確認を
  7. ブライダルメイクを成功させよう♥メイクリハーサルでチェック
  8. ブライダルメイクを成功させよう♥ベースメイクは念入りに
  9. ブライダルメイクを成功させよう♥お疲れ肌はNG
  10. ブライダルメイクを成功させよう♥顔と体が別人?はNG
  11. ブライダルメイクを成功させよう♥崩れないように注意
  12. ブライダルメイクを成功させよう♥アイメイクは要注意
  13. ブライダルメイクを成功させよう♥ちょっぴり濃いめメイクで
  14. ブライダルメイクを成功させよう♥あなた自身の美しさを信じて
  15. ブライダルメイクを成功させるコツ特集!まとめ

今日の主役はあなた!ブライダルメイクをしよう

憧れの結婚式での主役はあなた!
ブライダルメイクのイメージも頭の中にあって、理想の花嫁になるっ!と意気込んでいる人も多いと思います。
最近の花嫁の傾向としては、ナチュラルなメイクで結婚式をしたいという、ナチュラルブライダルメイクを望む花嫁も多いそうです。

花嫁になれるのは一生で1回だから、自分でメイクをしたいと考える花嫁もいるのだとか。
もちろん主役は花嫁なので、自分がそうしたいと考えるのであれば、そのやり方を貫くことも大切です。
ナチュラルブライダルメイクをしたい花嫁も、自分でブライダルメイクをしたい花嫁も、ちょっとだけ、今回の記事を読んでみてください。
あなたが主役の結婚式だからこそ、一番キレイだと思ってもらえる方法を考えてみましょう。

ブライダルメイクとは

ブライダルメイクとは、結婚式で花嫁にする花嫁専用のメイクのことを言います。
花婿でも結婚式に呼ばれている人のメイクでもなく、ブライダルメイクといえば、花嫁のメイクだと考えてください。

ブライダルメイクは、キレイな花嫁をさらに華やかに美しく魅せるためのメイクです。
ナチュラルブライダルメイクを望む花嫁は多いですが、特別な日だからこそさらに華やかに美しくなるように、いつもと同じメイクではなく、しっかりとしたブライダルメイクをしたほうがいいという考え方もあるようです。

■参考記事:結婚式と披露宴の違いとは?

結婚式と披露宴の違いとは?服装などのマナーも解説します!

ブライダルメイクを成功させよう♥メイクのオーダーは大切

ブライダルメイクをプロにオーダーする時にはポイントがあります。
自分でメイクをするやり方であれば、自分の中でイメージがあるので簡単かもしれませんが、プロにオーダーする時に重要なのは、あなたのそのイメージをより具体的にわかりやすくプロにオーダーするということです。
このイメージの伝達が上手くいかないと、ブライダルメイクが失敗してしまう原因になります。
一生に1度のブライダルメイクが失敗してしまわないように、あなたのイメージをしっかりとオーダーするようにしましょう。

ブライダルメイクをオーダーする時に失敗しない方法には、写真やカタログなどでプロにオーダーすることです。
あなたのイメージに近い写真やカタログを持っていって「チークの色はこんなイメージがいい」「アイメイクはこっちのカタログの感じがいい」など、つぎはぎでもいいのでイメージをわかりやすく伝えてください。
写真やカタログのモデルさんが、あなたの骨格などに似た人だとさらにわかりやすくなっていいですよね。

結婚式が決まったら、自分のイメージするブライダルメイクをしてもらうために、写真やカタログを集めるのも楽しいですよ。
こういうイメージにしたい、という写真やカタログがたくさんあったほうがプロのメイクさんにも伝わりやすくなると思います。
逆にこういうブライダルメイクにはして欲しくない、というNGブライダルメイクの写真やカタログを見せるのもいでしょう。

ブライダルメイクを決めていく段階で、結婚式の時に着るウエディングドレスやティアラなどの小物も決まったら、どんなドレスなのか、小物なのか、色味はあるのかないのかなども、伝えておくと、メイクが考えやすくなります。
ドレスはキュートなのに、メイクがゴージャスになってしまってはちぐはぐしてしまいますよね。
ドレスや小物に合わせたブライダルメイクを、一緒に考えてもらうようにしましょう。

■参考記事:花嫁の髪型はもう決まった?

花嫁の髪型・ヘアスタイル55選!ウェディングドレスと似合う♡

ブライダルメイクを成功させよう♥コンプレックスを伝えておく

ブライダルメイクをプロにお願いする時には、自分の顔のコンプレックスも伝えておくことです。
後から自分で修正するわけにはいきませんから、隠して欲しいところは隠して欲しいと伝えておきましょう。
周りの人がなんといっても、ここは自分のコンプレックスだから見せたくない、という点はプロのメイクさんであればちゃんとわかってくれるはずです。
一生に一度の結婚式ですから、納得のいくブライダルメイクになるようにメイクさんとじっくりと話し合いましょう。

特にコンプレックスを感じている部分で多いのが、一重の女性です。
一重ではなくても、アイメイクはしっかりとして欲しいと考えている女性が多いようです。
自分でアイテープやアイプチをしていくから、一重のことは話さなくてもいいかな、なんて考える人もいるかもしれませんが、一重であることがコンプレックスなのであれば、一重であることをメイクさんに話しておいた方がいいでしょう。
当日はノーメイクで式場にくるように言われると思いますので、一重をアイテープやアイプチで二重にして行った場合、取られてしまうことがあるかもしれません。
目のまわりの、一重や二重、眉などは、顔の印象を大きく変える部分でもあるので、コンプレックスがある場合はしっかりと申告をしておくようにしてください。

ブライダルメイクを成功させよう♥アドバイスも大切

ブライダルメイクに特別な思いがある人も、どんなブライダルメイクをしたらいいのか悩んでいる人も、プロのアドバイスを聞いてみるということは大切です。
先ほどカタログや写真でイメージを伝えるといいと書きましたが、あなたの中のイメージではそのカタログや写真のブライダルメイクが最高に素敵だと思っていても、あなたの骨格やイメージとはあっていないメイクである可能性もあります。
プロのメイクさんであれば、たくさんの人のメイクをしているので、あなたのイメージしたブライダルメイクで失敗しないかどうかを判断することもできます。
ブライダルメイクのイメージが全くわかないという人には、こういうブライダルメイクはどうかと、逆にカタログや写真で提示してくれることもあります。

ブライダルメイクについて、プロのメイクさんのアドバイスを受けたほうがいい理由には、ドレスにあったメイクもアドバイスをしてもらえるという点です。
ウェディングドレスなんて、普段から着るような服ではありませんよね。
ですからメイクもちょっと特別なメイクをしなくてはいけないのです。
自分でメイクをするという人もいますが、特別なドレスの時に普通のメイクや、ちょっとだけ手を入れたメイクでは、顔がぼやけてしまったり、ドレスに負けてしまうこともあります。
ウェディングドレスを着た時にドレスに負けて失敗しないように、プロのメイクさんのアドバイスも取り入れながらブライダルメイクを考えていきましょう。

ブライダルメイクを成功させよう♥メイクの事前確認を

結婚式当日に、最高のブライダルメイクをするためには、事前にメイクの確認ができればベストですよね。
実際のウェディングドレスを着てみて、ブライダルメイクをすることができれば、当日失敗した、と後悔をすることを防ぐことができます。
でもブライダルメイクを、ウェディングドレスを着た状態でチェックするなんて無理なのでは、と思うかもしれませんね。
事前にチェックできるのは、前撮りをするタイミングなのです。

結婚式当日は、時間が決まっているのでブライダルメイクもバタバタの中で行わなくてはいけません。
事前に決めたカラーでメイクをしていくことになりますが、前撮りの段階でブライダルメイクをする場合は、少し時間に余裕があるので、実際にドレスを着てみたらもう少しピンクが強くても良いね、とかリップはこっちの色の方が合うかも、なんて話しながら決めていくことができます。
実際のドレスをきて、ヘアスタイルも決めた状態でメイクを見ることができるので、結婚式当日の失敗はなくすことができます。

ブライダルメイクを成功させよう♥メイクリハーサルでチェック

ブライダルメイクを失敗させないポイントは、メイクリハーサルをしっかりと行うことです。
前撮りはしないというカップルであれば、メイクリハーサルはとても大切です。
このメイクリハーサルでは、お色直しの時のメイクもリハーサルをしておくといいでしょう。
お色直しの時は、最初のドレスの時よりもさらに時間の無い中でメイクをしていくことになります。
ちょっとイメージが違うからメイクをやり直して欲しい、なんて時間はありません。
失敗したと思わないように、メイクリハーサルをしっかりと行っておきましょう。

自分でブライダルメイクをしたいと思っている人も、メイクリハーサルを事前にしておくと失敗をしなくてもすみます。
またこの段階であれば、プロのメイクさんにメイクをお願いすることも可能です。
自分で実際にメイクをしてみて、やっぱりブライダルメイクは自分でするのは難しいと感じたら、失敗する前にプロのメイクさんにお任せしてしまったほうがいいかもしれません。

ブライダルメイクを成功させよう♥ベースメイクは念入りに

ブライダルメイクを失敗させないポイントの1つがベースメイクです。
ブライダルメイクと普通のメイクの大きな違いが、このベースメイクになるそうです。
自分でメイクをする時とは違った技があるそうなのですが、ツヤ感を出すかマットに仕上げるかで、ブライダルメイクの印象が変わってくるのだそうです。

ツヤ感を出したベースメイクでは、若々しいカジュアルな花嫁のイメージに仕上がるのだそうです。
キュートなウェディングドレスのデザインの人には、おすすめのブライダルメイクですね。
マットに仕上げたベースメイクは、クラシカルで落ち着いた雰囲気に仕上がるのだそうです。
大人なイメージのシンプルなウェディングドレスを着る人にはおすすめのブライダルメイクになりそうです。
どちらのイメージにするかはメイクさんと話し合って、失敗しないベースメイクにしてください。

ブライダルメイクを成功させよう♥お疲れ肌はNG

ブライダルメイクを失敗させないためには、お疲れ肌は隠すことが大切です。
結婚式の前日まで、花婿も花嫁もやらなくてはいけないことが沢山あります。
結婚式の準備、音楽の準備、二次会の準備もあるかもしれませんね。
親や親せきへの挨拶や席順の確認、引き出物の確認などもあるかもしれません。
花婿も花嫁も、結婚式の前日までやらなくてはいけないことに追われている可能性があります。

そんな忙しい中で結婚式の当日を迎えると、花嫁のお肌がお疲れ肌になってしまっていることがあります。
目の下のクマや、ガサガサなお肌では、せっかくのウェディングドレスも残念になってしまいますよね。
写真に写りたくない、そんなお疲れ肌を隠せるように、ナチュラルなブライダルメイクではなく、濃いめのブライダルメイクが良いとも言われています。
失敗しないブライダルメイクになるように、少し濃いめのメイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ブライダルメイクを成功させよう♥顔と体が別人?はNG

ブライダルメイクを自分でしたいという花嫁は、ブライダルメイクのやり方で注意をしなくてはいけないのは、顔と首の境目のメイクです。
自分でメイクをする時は、正面からしか見ていないことが多いので、横からみると顔と首の境目のメイクが目立ってしまうことがあるようです。
正面にばかり気をとられてしまうと、サイドやサイドからバックにかけてのメイクが難しくなってしまいます。

ブライダルメイクを自分でやる場合には、ブライダルメイクのやり方を事前にしっかりと勉強しておいたほうがよさそうですね。
自分でメイクをする時には、花嫁の場合は胸元や背中が開いているデザインのドレスが多いので、その辺りも寂しくならないように、パール入りのパウダーなどでメイクをすることも考えましょう。

ブライダルメイクを成功させよう♥崩れないように注意

ブライダルメイクのやり方で大切なのが、ブライダルメイクは崩れないようにメイクをするということです。
プロのメイクさんに任せる場合であれば、しっかりとしたやり方でブライダルメイクの崩れを防いでくれますが、自分でブライダルメイクをする場合には注意が必要です。
結婚式の途中でメイク直しはできないので、控室に戻るまではブライダルメイクが崩れないようなやり方でメイクをする必要があります。

特に笑ったり泣いたりする目尻のメイクや、口元のメイクは落ちやすい部分なので気をつけておきたいですね。
暑い時期のウェディングであれば、汗をかいてしまうかもしれないということを考慮して、メイクのやり方を考える必要もあるかもしれません。
結婚式の間は、お姫様でいられるように素敵なブライダルメイクを保ちましょう。

ブライダルメイクを成功させよう♥アイメイクは要注意

ブライダルメイクの中でも落ちてしまいやすいアイメイクのやり方については、特に注意が必要です。
プロのメイクさんであれば、落ちにくい化粧品でしっかりとメイクをしてくれますが、自分でメイクをする場合には、アイメイクのやり方を確認して結婚式の当日に臨んでください。

プロのメイクさんにアイメイクをしてもらった場合でも、目の周りをこすってしまうとメイクが崩れてしまいます。
目にゴミが入った場合は、近くのスタッフさんに声をかけるようにして、むやみに目をこすらないようにしましょう。
また泣いてしまった時には、ハンカチでごしごしと涙をふくのではなく、下まぶたにハンカチを軽くあてて、涙をしみ込ませるように涙をぬぐうとメイクの崩れを防ぐことができるそうです。

ブライダルメイクを成功させよう♥ちょっぴり濃いめメイクで

ブライダルメイクをプロのメイクさんにお任せすると、普段のメイクよりは濃いめのメイクに仕上げてくれます。
ちょっぴり濃いめのメイクになる理由はもちろん、花嫁をより美しく魅せるためです。
結婚式で花嫁にスポットライトが当たった時や、カメラのフラッシュが当たった時には、普段のメイクよりちょっと濃いめのメイクの方がキレイに見えるのです。

またちょっぴり濃いメイクだとはいっても、全体的に濃いメイクというわけではありません。
眉毛やチークなど、部分的に濃いメイクにすることでキレイに、はっきりとした顔立ちに魅せる効果があるのです。
それでもやっぱり濃いめのメイクは嫌だという人もいるようです。
事前にメイクリハーサルができていると、実際に濃いめのメイクをしてみて、やっぱりこの濃いめのメイクは嫌だから変えて欲しい、とメイクさんと相談することもできますよね。
結婚式当日で失敗しないためには、やはりメイクリハーサルは大切だということです。

ブライダルメイクを成功させよう♥あなた自身の美しさを信じて

ブライダルメイクを濃いめのやり方にする人も、ナチュラルに仕上げたやり方にする人にも、花嫁自体の美しさを活かすブライダルメイクにする必要があります。
コンプレックスになっている一重や、たれ目など、隠したりメイクでごまかしたりしたい、と考える人もいると思いますが、あなたの顔を最大限に活かしたブライダルメイクにすることこそ、素敵なブライダルメイクになると思います。

メイクのやり方はプロのメイクさんと相談しながら決めていくことになると思いますが、もしかしたら一重はアイプチなどを使わずに、一重は一重のままブライダルメイクをした方が、あなたらしい素敵なブライダルメイクにしあがるかもしれません。
写真やカタログのブライダルメイクが素敵でも、もしかしたら違うブライダルメイクの方法でも、あなたを輝かせるブライダルメイクになるかもしれません。
あなたの持っているそのままの美しさを信じて、イロイロなブライダルメイクに挑戦してみてください。

ブライダルメイクを成功させるコツ特集!まとめ

今回はブライダルメイクを成功させるコツについてまとめてみました。
ブライダルメイクは、普通のメイクとは違いますが、写真やカタログなどを使って、自分のイメージをしっかりとメイクさんに伝えきれないと、後で後悔をすることになってしまいます。
一重などの顔のコンプレックスもあわせて伝えておかないと、残念なウェディング姿の写真が残ってしまうことになります。

一生に一度の結婚式ですから、妥協は禁物です。
メイクさんに気を使って、ブライダルメイクを言われるままに決めてしまってはいけません。
納得のいくまで話し合う必要がありますし、メイクリハーサルをして、やっぱり変えて欲しいと思ったところは遠慮なくなおしてもらうようにしましょう。
あなたが主役の結婚式です。
後悔をしないように、しっかりと準備をして素敵な結婚式にしてくださいね。

もっと花嫁について知りたいアナタはこちら

花嫁メイクのコツ7選!結婚式のブライダルメイクを成功させよう!
「花嫁リップ」とは?!オペラのリップティントが欲しい!
花嫁の髪型・ヘアスタイル60選!アップ・ダウンスタイル両方紹介!
花嫁花冠の作り方やコツ!簡単& 可愛くDIYできる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ