臆病者の性格や恋愛の特徴21選!克服するにはどうする?

臆病者な性格っていったいどんな性格?あなたは自分で自分のことを臆病者だと思いますか?また、その性格を克服するにはいったいどうすれば良いのでしょうか?今回はそんな臆病者な性格の特徴や克服するための方法についてご紹介いたします。

臆病者の性格や恋愛の特徴21選!克服するにはどうする?のイメージ

目次

  1. 臆病者の特徴や心理は?克服したい方必見
  2. 臆病者の心理・特徴(1)打たれ弱い
  3. 臆病者の心理・特徴(2)危機察知能力がある
  4. 臆病者の心理・特徴(3)怖がり・ビビりが多い
  5. 臆病者の心理・特徴(4)心配性である
  6. 臆病者の心理・特徴(5)過去にトラウマがある
  7. 臆病者の心理・特徴(6)パニックを起こしやすい
  8. 臆病者の心理・特徴(7)失敗を恐れている
  9. 臆病者の心理・特徴(8)新しいことに踏み出せない
  10. 臆病者の心理・特徴(9)趣味が少ない
  11. 臆病者の心理・特徴(10)成功体験が少ない
  12. 臆病者の心理・特徴(11)辛い思いをしたくない
  13. 臆病者の心理・特徴(12)人間関係を少なくしたい
  14. 臆病者の心理・特徴(13)意見を言うのが怖い
  15. 臆病者の心理・特徴(14)相手を怒らせたくない
  16. 臆病者の心理・特徴(15)傷つきたくない
  17. 臆病者の心理・特徴(16)思い込みが激しい
  18. 臆病者の心理・特徴(17)急なトラブルに弱い
  19. 臆病者の心理・特徴(18)感情を抑えがち
  20. 臆病者の心理・特徴(19)自分に対しての諦めがある
  21. 臆病者の心理・特徴(20)人に気を遣いすぎる
  22. 臆病者の心理・特徴(21)虚勢を張ってしまう
  23. 臆病者の特徴や性格を知って克服しよう!

臆病者の特徴や心理は?克服したい方必見

あなたは自分で自分を臆病者だと思いますか?今回はそんな臆病者な性格の特徴や心理についてご紹介いたします。またその心理や性格の特徴から、その克服方法について知っていきましょう。そうすることで臆病者な性格も克服できるようになりますよ。仕事も恋愛も自信を持って取り組むことのできるようになります。

そもそも臆病者な性格とはどのような性格なのでしょうか?仕事において、恋愛においてどのような行動をとるのでしょうか?その臆病者な性格や心理の特徴と、その克服方法についてご紹介いたしますので、自分に当てはまるかも!そう思ったら、その克服方法を実践してみてください。その心理や性格の特徴、実はあなたに当てはまるものもあるのではないでしょうか?

臆病者の心理・特徴(1)打たれ弱い

まずあげられるのが打たれ弱いこと。ストレスに弱い、打たれ弱いと自分で感じている方は多いかもしれませんが、私生活のバランスが取れずに体調を崩してしまうなど、生活においてその打たれ弱さやストレスに弱いという特徴が悪影響をもたらしてしまうことも。また、その打たれ弱さが仕事においても恋愛においてもあなたを臆病者にしているのでは?

そんな時はまずストレスの原因を探りましょう。あなたがストレスや打たれ弱さを感じてしまう原因は何なのでしょうか?仕事環境や人間関係など、その原因は人それぞれかと思います。その原因を見つけることで、そのものごととの向き合い方が見えてくるでしょう。また、体を健康にすることで自然と前向きな性格になり臆病者な性格を克服できるようになるということも。

臆病者の心理・特徴(2)危機察知能力がある

ですが、臆病者な性格は裏を返せば慎重。どんな欠点だと思われる性格でも、裏を返せばそれは調書になります。その調書を逆に生かすという方法もとてもおすすめで、慎重であるということはあなたが危機察知能力に優れているということ。臆病者だからこそ慎重に物事をすすめ、万全の状態で取り組むことができるという調書として挙げられます。

仕事においても恋愛においても、何かあった時のために万全の状態にしておくというその臆病者の性格の特徴は長所になります。危機察知能力があることで。この先にトラブルが待っているかも、と先に構える事ができます。焦らないで、その先のトラブルや困難に備えるという下準備や行動を行う事で、臆病者であるという欠点を生かす事ができます。

臆病者の心理・特徴(3)怖がり・ビビりが多い

また、臆病者である性格の特徴として、怖がり、ビビりであることが多いです。例えばお化け屋敷がものすごく苦手だったり、急に驚かされたりする事に取り乱してしまったりと様々なですが、仕事においても、恋愛においても、関係や環境の変化につなげる行動に恐怖や不安を強く抱きやすい、という心理にも繋がってしまうのが特徴です。

先ほどもご紹介したように、臆病者は危機察知能力が高い事をご紹介いたしました。怖がりやビビりな性格も、その危機察知能力の高さで克服する事ができます。トラブルに対して事前に万全な体制をとる事で、万が一困難が訪れても大丈夫、そう前向きに考えて仕事や恋愛に取り組む事で、自然と自分自身に自信もついてきますよ。

臆病者の心理・特徴(4)心配性である

また、その怖がりな性格が仕事や恋愛において心配性になるという性格の特徴もあります。自分に対して、また人に対して強い不安や心配の念が働いてしまい、一緒にいない時でも大丈夫かな、と心配になってしまうという事も。ひどい人では、その臆病者な性格の特徴により、ストレスで体を壊してしまうという方もいるので要注意です。

心配性な性格は慎重な性格にもつながるので、決して短所ではありません。トラブルが起こらないか心配する事も決して悪い事ではありませんが、克服方法としてはそこでネガティブな方向性に想像を広げない事。ネガティブに失敗やトラブルの事ばかり考えてしまうと、それがストレスの原因に繋がってしまいます。そうならないよう、成功イメージも想像しましょう。

臆病者の心理・特徴(5)過去にトラウマがある

また、過去にトラウマがあるというのも、臆病者な性格の特徴として挙げられます。過去に大きな失敗を経験していたりすることで、その経験がトラウマとなって臆病者な性格になってしまったという方も。その忘れられない強い体験がいつまでもつきまとって、何をやるにしてもその過去の記憶により臆病者になってしまっているという特徴が挙げられます。

忘れられない恐怖の体験を忘れる事はできませんが、その恐怖の経験を乗り越えたあなたは、もし同じ状況に置かれたとしてもそれを乗り越えられるのではないでしょうか?そのトラウマとなった体験を糧に、ポジティブに対応策を練る事はできます。大丈夫、私はあれを乗り越えられた、という自信を持つ事で、その性格を克服できるようになるでしょう。

臆病者の心理・特徴(6)パニックを起こしやすい

また、その臆病者な性格によりパニックを起こしやすいという特徴も。何かイレギュラーな事が起こった時に、焦ってパニックに陥りやすくなってしまうということに繋がってしまいます。焦って何をしたらいいのかわからなくなってしまうと、そこから絞り出した解決策もネガティブな結果を想像してしまい、それがより臆病者な性格へと繋がってしまいます。

危機察知能力により、こんな時どうする、と決めておいた事も、それが仇になってしまうのではないか、とネガティブな考え方をしてしまいます。臆病者で焦ってしまうという時は焦らずに、周りの人の手を借りましょう。直接的な手助けではなくても、こういう状況になった、こうすれば大丈夫かな、などその方法について確認をとるだけでも自信につながります。

臆病者の心理・特徴(7)失敗を恐れている

また、失敗を人一倍恐れているというのも臆病者の性格として挙げられます。失敗を人一倍恐れているからこそ、仕事においても、恋愛においても自分から行動を起こすことに苦手意識を感じてしまい、その臆病者な性格が結果的に引っ込み思案や心配性、また奥手といった性格の特徴に繋がってしまいます。また、過去のトラウマにより人一倍失敗を恐れるようになったという人も。

決して心配性な性格や失敗を恐れるということは悪いことではありません、むしろ仕事においても恋愛においてもその先のことを考えられる力はプラスに働きます。悪いことが起きる、という想定とともに、成功すればこうなるなどポジティブな方向の想定もすることで、自然と自信をつけられるでしょう。まずは行動よりもネガティブな思考を克服させるのがポイントです。

臆病者の心理・特徴(8)新しいことに踏み出せない

その臆病者な性格により、新しいことを始めるのがとても苦手に感じてしまうという方もいます。仕事においても恋愛においても環境を変えたり、関係に変化をもたらすことに強い不安を感じてしまい、なかなか先に進めることができなかったり、本当はやりたいことがあるけれど、失敗することを恐れてなかなか一歩踏み出せないという方も。

新しい一歩を踏み出すことは、臆病者でなくてもみんなが不安を感じやすい場所。明るい気持ちで、今のあなたの実力ならばその新しい一歩も踏み出せる、との強い気持ちを持つことでその性格を克服することができます。ポジティブな思考が思い込みなら、ネガティブな思考も思い込みです。その思い込みを払拭して、前に進み出しましょう。

臆病者の心理・特徴(9)趣味が少ない

また、趣味が少ないという特徴も挙げられます。恋愛において趣味は?と尋ねられてもうまく答えられないくらい、休日にやることや趣味と呼べることが少ない、という特徴があり、なかなか会話をつなげられなかったり、つまらない人なのかも、と思われてしまったり。それは新しい一歩を踏み出すことに勇気が出せないから、という性格につながります。

そんな時は、まずは生活の一部のことを趣味にしてみたり、お金や時間がさほどかからない趣味を初めてみてはいかがでしょうか?もし飽きてしまっても自分自身に何の代償もないことからなら一歩踏み出す勇気が出ますよね。また、料理などの家事の一部となるようなことなら、得意なことも増やせて一石二鳥です。

臆病者の心理・特徴(10)成功体験が少ない

また、過去に大きな成功を成し遂げたという経験が少ないというのも、臆病者な性格に繋がってしまう特徴です。過去に成功した経験がないことで、ついついネガティブな経験からその先を想像してしまう、ということに繋がってしまいます。逆に言えば、成功したその経験がのちのポジティブな考え方につながるということになりますね。

過去にあったような辛い思いはもうしたくない、と仕事においても恋愛においても臆病者になりがちなら、今から成功体験を作れば良いんです。何も仕事や恋愛で大きな成功を積むだけではありません。趣味や私生活において、ちょっとした目標を掲げてその目標を達成する、成功させるということを繰り返すことで自然と克服できるようになります。

臆病者の心理・特徴(11)辛い思いをしたくない

また、辛い思いをしたくないから臆病者な性格になってしまうという方も多いのではないでしょうか?失敗したくない、辛い思いをしたくない、と考えることは人間なら誰しもが考えること。そのネガティブな発想は別に悪いことではありません。ですが、それでも一歩踏み出すという勇気や強い信念が、仕事においても恋愛においても成功の秘訣となります。

先ほどもご紹介したように、その不安は誰もが持っているもの。なので、あなただけがネガティブに考える必要はありません。また、その先につかみとることができる成功はいったいどのようなものなのでしょうか?失敗イメージ、トラブルシューティングは大切ですが、その先の成功イメージを想像することも、成功に繋げる方法の一つです。

臆病者の心理・特徴(12)人間関係を少なくしたい

また、人間関係でトラブルや辛い思いをしたくないから交友関係をできるだけ少なくしたいと考える方も。そのせいで私生活で友人と遊ぶということがほとんどなかったり、恋愛から疎遠になってしまったりと、ひとりで過ごすことが自然と増えてしまいます。トラブルは人と人の間で起こりやすいものそれを恐れるということが臆病者な性格の一端となります。

ですが、ここで必要となってくるのが一歩踏み出す勇気です。一歩踏み出す勇気は何もデートに誘え、など思い切ったものでなくても構いません。例えば同僚との遊びや飲み会に思い切って参加してみるなど、仲間同士の交流に思い切って参加してみることで、その先に仕事や恋愛においての成功や、仲間との楽しい記憶を作ることができます。


◆関連記事:唇で性格が分かる?

唇が薄い人の性格と特徴13選!【人相学】
上唇が薄い人の性格の特徴は?運勢までわかっちゃう?

臆病者の心理・特徴(13)意見を言うのが怖い

また、意見を言うのが怖い、というのも臆病者な性格の特徴として挙げられます。自分の意見がもし批判されたら、と考えてしまい、良いアイデアなのになかなかそれを口に出すことができないという結果に繋がってしまいます。なかなか自分の思っていることを口に出せず、たとえ意見を求められても、当たり障りのないことしか答えられないという方も。

その結果が怖い、という時は、信頼できる人にこっそりと意見を打ち明けてみるというのも良いのではないでしょうか?あなたの臆病者な性格は裏を返せば慎重ということ。その慎重な意見はその先の成功をつかみとるための一手となるでしょう。そこであなたの成功体験とつながるかもしれません。その克服方法と合わせて、前向きな気持ちを持ちましょう。

臆病者の心理・特徴(14)相手を怒らせたくない

また、意見をいうことで相手に不快な思いをさせたくない、怒らせたくないという心理が働くことで、なかなか自分の意見を口に出すことができないという方も。その意見を口にすることで、それがトラブルに発展しないか?など、ネガティブな方向に考えが進んでしまい、言わなくても良いや、と最終的に口を閉ざしてしまうという要員につながります。

恋愛においても、相手を不快な思いにさせはしないかと不安を感じてなかなか口を開くことができず、それが仇となりその恋愛が終わってしまうということも。それがトラウマとなり、恋愛ができない、ということに繋がってしまう人も。まずはちょっとした感想からで構いませんので、自分の意見や感想を伝えることから始めて克服してみては?

臆病者の心理・特徴(15)傷つきたくない

自分が何か行動を起こすことによって、自分自身が傷つきたくない、という保守的な考え方が、結果的に臆病者な性格へと繋がっているということも。保守的で先のことを考えられる性格は美点でもありますが、それにより傷つきたくない、また過去のトラウマにより行動を起こすことができないというのは悩みやネガティブな発想に繋がってしまいます。

どうしてそんなに臆病者になっていて、どういうことに対して傷つきたくないと思っているのか、考えてみましょう。紙に書き出してみるのも良いかもしれません。そうすることで、なんで自分がこんなにネガティブになっているのか、原因は些細なことかもしれません。また、書き出すことで、その解決策は意外と簡単なものであることに気づくかもしれません。

臆病者の心理・特徴(16)思い込みが激しい

また、思い込みが激しいという点も挙げられます。思い込みが激しいことにより、その先にネガティブな想像をしてしまい、それが臆病者な性格に繋がっているということも。思い込みが激しい人、というのは想像力豊かで、ですが過去にトラウマなどの経験がありそれが一歩踏み出す勇気を損なわせているということに繋がっています。

思い込みが激しいという点は、行き過ぎるとそれは欠点です。その思い込みがあなたの行動力を欠く結果に繋がっていたり、また精神的なストレスになってしまっているのなら、その原因は取り除くべきでしょう。また、ネガティブな想像と合わせてその解決策であったり、ポジティブな成功イメージも合わせて考えるよう意識することが克服のポイントです。

臆病者の心理・特徴(17)急なトラブルに弱い

また、急に舞い込んできたトラブルや困難に、焦ってしまってどう対処すれば良いのかわからずにパニックになってしまうという方も。急な出来事に弱いということ自体は人間なら誰しもが思うこと。ですが、そのトラブルに焦って対応してしまうと、自体はより深刻化してしまうかもしれません。それが過去のトラウマとして臆病になってしまうきっかけにもなりえます。

ですが、そんな急なトラブルに対処できる力というのは仕事において大きな力となるでしょう。焦って対処してしまうのが怖い、という方は、一度解決策を落ち着いて考えて、それを信頼できる人や同僚、上司などに相談してアドバイスをもらったり、GOサインをもらうことにより、自分でそのトラブルを解決したという力となるでしょう。

臆病者の心理・特徴(18)感情を抑えがち

また、自分の意見を言うことができないというのと同じように、自分の気持ちを抑えてしまいがち。特に恋愛において、本当はこうしたい、こうしてほしいと思っていることがあるのに、相手に嫌われたくなくてそれを我慢してしまうという方も。それは臆病者な性格が原因であることが多く、その我慢がストレスや恋愛がうまくいかないという原因にも。

あなたが感情を抑えることで、あなた自身が負担を感じているのなら、その先、結婚などにつながったときあなたは耐えられますか?恋愛では自然体でいることがとても大切。自然体で一緒にいて居心地の良い相手と恋愛をすることで、幸せな結婚をすることもできます。少しずつで良いので自然体でいることを心がけていきましょう。

臆病者の心理・特徴(19)自分に対しての諦めがある

自分は臆病者だから、と仕事に対しても恋愛に対しても諦めモードに入っているというのも特徴として挙げられます。自分の性格を理解しているのは良いことではありますが、「臆病者だから」を言い訳にして物事を諦めているということはありませんか?臆病者な性格の特徴として臆病者を言い訳にしているということも多く挙げられます。

また、自分に対して言い訳をすることで、もし失敗しても自然とその性格を原因にしているということも。実は、あなたのその失敗は「臆病者であること」が原因ではないかもしれません。それはちょっとした不注意であったり、原因から目をそらしているのかもしれません。その原因に向き合うことで、臆病者な性格を克服するきっかけになるということも。

臆病者の心理・特徴(20)人に気を遣いすぎる

こう言ったら相手はどう思うだろうか、不快な思いをしないだろうか、またこう言うことで相手が怒り出したらどうしよう、など相手に気を遣いすぎることで、それが臆病者な性格となるきっかけになっているということも。それは自分自身が相手に何か言われることで、すぐに影響を受けたり傷ついたりするという性格が影響しているのかもしれません。

自分自身が他人の言葉に感化されやすいことから、自分が何か発言するときに臆病になりやすいということに繋がってきます。悪意を持った発言でなければ、あなたへのその言葉はあなたを想っての言葉。相手を想う言葉なのであれば、それは勇気を持って発言するべきことでしょう。相手に優しくするだけが気遣いではありません。

臆病者の心理・特徴(21)虚勢を張ってしまう

また、虚勢を張ってしまうというのも臆病者な性格として挙げられます。自分に自身がないからこそ、虚勢を張ってなんとかネガティブな自分を隠そうとするという心理が現れてしまします。気を遣って、相手に不安な思いをさせたくないという思いから、性格も見た目もポジティブな風に見せかけてなんとか相手によく見せようとする心理が見受けられます。

ですが、見た目をしっかり決めてもどこか変じゃないかな?と内心ではドキドキしているのではないでしょうか?明るく見せかける、相手に不安を感じさせないように努力をするというのは悪いことではありませんが、相手はときにはあなたの本心を知りたいもの。本当はとても不安だ、ここ変じゃないかな?とときには素直に打ち明けてみましょう。

臆病者の特徴や性格を知って克服しよう!

いかがでしたか?

今回は臆病者な性格・心理の特徴についてご紹介いたしました。臆病者な性格は良いところもたくさんあるので、克服したいところは克服して、美点として残したいところは残す、という見極めが重要です。

もっと性格について知りたいあなたはこちらもチェック

「なんか」という口癖でわかる性格・心理15選!
傷つきやすい人の性格や心理・特徴9選!直し方も解説します!
長女の性格・特徴27選!恋愛傾向は?

関連するまとめ

関連するキーワード

hinacco
hinacco
おしゃれと漫画が大好き!おしゃれもして恋も趣味も充実させたい欲張り女子。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ