目的やシチュエーション別のねぎらいの言葉!英語例文も一緒に紹介!

ふと掛けられた労いのひとことでに心が癒されたという経験はありませんか?そんな言葉を、お世話になっている人や頑張っている人にかけてあげたいものです。でも、いざ相手に労いの言葉を掛けたくても、いい言葉が浮かびませんよね。この記事では、日常で使える労いの言葉をシーンごとに紹介します♡

目的やシチュエーション別のねぎらいの言葉!英語例文も一緒に紹介!	のイメージ

目次

  1. ねぎらいの言葉をかけるのにも注意が必要!
  2. 部下や目下の人へのねぎらいの言葉
  3. 上司や目上の人へのねぎらいの言葉
  4. 同僚へのねぎらいの言葉
  5. 取引先へのねぎらいの言葉
  6. 家庭でのねぎらいの言葉
  7. 英語でのねぎらいの言葉
  8. お世話になっている人にねぎらいの言葉を贈ろう!

ねぎらいの言葉をかけるのにも注意が必要!

仕事を頑張っている人や疲れている人、感謝を伝えたい人に、どんなねぎらいの言葉をかけていますか?どんな言葉でも気持ちが伝わると喜ばれるものですが、関係性や場合によっては注意が必要です。

特に目上の人や上司、取引先のお偉いさんなどへの言葉は、失礼があると大変な事に…!少し注意して言葉を選びましょう。

「労いの言葉」は本来目下の人に使うもの

「労い」は本来目下の人への行為だという事をご存知ですか?「労う」の意味は、「同等以下の人の苦労・尽力などを慰め、感謝するのこと」なんです!

とはいえ、目上の人にも労いの音葉をかけたい場合もありますよね。そこで注意して言葉を選ばなければ、失礼にあたってしまいます。このように、目上の人に対する労いは特に注意が必要です。

目上の人に「ご苦労様」はNG!

労いの言葉と聞いて思い浮かぶのが、「ご苦労様」という言葉ではないでしょうか?「ご苦労様」は、古くから使われてきた言葉で、「ご苦労」が丁寧になった言葉です。

ご‐くろう〔‐クラウ〕【御苦労】 他人に仕事を依頼したときなどに、その苦労をねぎらっていう語。同輩以下の者に対して用いる。「遅くまでご苦労だったね」

この「ご苦労様」という言葉は、上記のように、各辞書においても一般的には目下の人ねぎらって使う言葉であると定義されています。そのため、目上の方に使うのはNG!これまで知らずに使っていたという方も、できるだけやめるようにしましょう。

場合によってはセクハラになる!?

相手を労うつもりが、セクハラになっている場合も!セクハラは昔から大きな問題としてニュースでも度々取り上げられていますが、その定義が曖昧です。そのため、「被害者側が不快に感じればセクハラだ」という意見もありますよね。

例えば疲れている相手に対して、「疲れた顔をしているね」「化粧が崩れてしまっているね」「さらに痩せてしまうね」など見た目をいじるような発言や、「ゆっくりお風呂に入ってね」「恋人に癒してもらってね」などプライベートな発言などはセクハラだと言われかねません!

相手のことを思っての言葉であっても、どう伝わってしまうかわかりません。相手が不快に思わないかもう一度考えて、気持ちがちゃんと伝わるように言葉をかけましょう♪

部下や目下の人へのねぎらいの言葉

自分が昔上司に言われたかった言葉はありませんか?そんな言葉をかけてあげましょう。上司の一言は、嬉しくてやる気に繋がるものですよね。部下が成果をあげる秘訣は、上司からの労いの言葉なのかもしれません!

日頃の感謝を込めたねぎらいの言葉

日頃の感謝は、「いつも丁寧な仕事で助かるよ。」「ご苦労様。」などのさりげない言葉で良いので伝えましょう。明日からも頑張ろうという気持ちになってくれるはず。「○○のおかげで助かったよ。」など、上司の役に立てている事を教えてあげるのも◎

仕事を頑張っている時のねぎらいの言葉

部下が頑張っているのがわかる時は、「よく頑張ってくれてありがとう。」「仕事をたくさん任せてしまって悪いね。」などの声をかけて、ちゃんと見ているという事を伝えましょう。頑張りをちゃんと評価されているのか不安だと、やる気もなくなってしまいます。

「一緒に頑張ろう。」という言葉もいいですね!部下として見下しているのではなく、同じ仕事仲間として対等に見てくれているという印象を与えられます。部下のやる気に直結します!

褒めならがら労るねぎらいの言葉

「よくやってくれてるよ。」などと、褒めながら労う言葉も喜ばれます。「覚えが早いね。」など具体的に良いところを褒めるとなお良いですね!

特に新人の子は、周りからの評価が気になっているはずです。「○○での対応が良いと評判だよ。」などと周りからの評価が高いことを伝えてあげるのも、上司ができる嬉しい気遣いですね。

上司や目上の人へのねぎらいの言葉

続いて、上司や目上の人へのねぎらいの言葉をご紹介します。一番気を遣う上に、良い関係を築きたいですよね。「ご苦労様です。」がNGなら、いったい何と声をかければ良いのでしょうか?

感謝の気持ちを示すねぎらいの言葉

きっとほとんどの方が、上司に対する感謝の気持ちはありますよね。「○○さんのおかげです。ありがとうございます。」「助かりました。」などの感謝を示す労いの言葉は積極的に伝えましょう!部下に感謝されてる・頼りにされているとわかるととても嬉しいものですよ。

苦労を労るねぎらいの言葉

上司の苦労を労うのは「お疲れ様です。」という言葉が最も一般的ですね!もちろんそれだけでもOKですが、大きな仕事を終えた時などに「お疲れになったのではありませんか。」「無理なさらないでくださいね。」など調子を気にかける言葉を添えるとなお良いです。

疲れている時にあまりアピールをしすぎるとよくありませんので、このシーンでは一言声をかける程度が良いかもしれませんね。会話が進んだら、上記の「感謝の気持ちを示すねぎらいの言葉」も伝えると喜ばれますよ。

協力姿勢を見せるねぎらいの言葉

上司の仕事が大変そうな時やトラブルに巻き込まれている時に、協力姿勢を見せる言葉も大切です!このシーンで言葉をかける事によって、あなたの評価に繋がる場合もあるかもしれません。

協力する立場であっても「微力ながら、尽力致します。」「なにかできることがございましたらお申し付けください。」など、へりくだった言葉がベストです。

「お力添えいたします。」「ご尽力いたします。」の「お力添え」「ご尽力」は、協力をお願いする時に使う言葉ですので間違った使い方です。注意しましょう!

同僚へのねぎらいの言葉

時にライバル、時に支え合う仲間として大切な存在・同僚にかけるねぎらいの言葉を紹介します!フレンドリーに接する関係やあまり話をしない関係など、その関係性は人によって様々だと思います。

しかし、労いの言葉をかけて嫌な気持ちになる人はいないはずです。普段あまり関わりのない同僚にも、一言かけてあげてみてください◎

日頃の感謝を込めたねぎらいの言葉

「いつも助かっています。」などの言葉で日頃の感謝を伝えましょう!「○○さんのここを見習いたいです。」など、具体的に感謝した部分を褒めるのも良いですね。

部下や上司と違って、気持ちを共有しやすい関係でもあります。共感したり感謝を伝えたりして良い関係を築きましょう♪

身体や健康面を気にするねぎらいの言葉

同僚が頑張りすぎているのが気になる時ってありますよね。「無理しないでくださいね。」「ご自愛くださいね。」などの言葉をかけて、心配を伝えましょう!お互い気にかけ合う関係が職場にいれば、仕事のストレスも軽減されるはず。

忙しさに追われている時のねぎらいの言葉

仕事の大変さがわかるのも同僚ならではです。「お疲れ様です。」と一声かけたり、「すごいですね。」などと褒めて、やる気を引き出してあげちゃいましょう!

また、仕事を代わる事はできなくても「大変ですね、出来る事があれば声をかけてくださいね。」などの言葉をかけて、協力姿勢を見せる事で今後逆に助けてもらえる事もあるかもしれません。

取引先へのねぎらいの言葉

取引先のかたとの関係にも気を使いますよね。特にお世話になっている取引先や、良くしてもらっている取引先の担当さんには感謝の気持ちを伝えつつ、良い印象を与えたいものです。

そんな取引先の人へのねぎらいの言葉を、直接会う時・メールでの2種類のシーンでご紹介します!

直接会う時のねぎらいの言葉

「いつもありがとうございます。」という言葉は使っていますか?「いつも」という言葉をくっつけるだけで、かなり印象が変わります。毎回じゃなくても、思い出した時は「いつも」をつけてねぎらいましょう。

また、「先日はお疲れ様でした。」と以前の話を出したり、「さすが○○さんです。」と本人を褒める言葉も良いですね!他の人より丁寧な言葉を使って印象付けましょう♪

メールでのねぎらいの言葉

「いつもお世話になっております。」と、メールでも「いつも」を使うのはおすすめです。コピー&ペーストの定型文のような「お世話になっております。」とは違って、気持ちがこもるメールになりますよ!

「足元の悪い中ありがとうございました。」と、わざわざ来てくださった事への感謝やその時の状況を詫びる言葉を添えるのも、ストレートに感謝が伝わります。

家庭でのねぎらいの言葉

家族にねぎらいの言葉はかけていますか?当たり前のように一緒にいる家族だからこそ、素直な気持ちや感謝を伝えて励まし合いたいものですね。家族の絆を深めるためにも、少し照れ臭いけど感謝を伝えましょう。

夫へのねぎらいの言葉

夫へのねぎらいの言葉は、「いつもお疲れ様。」「疲れてない?無理はしないでね。」など、仕事の大変さに理解を示す言葉が良いでしょう。身体の調子を気にする言葉や心配する気持ちを伝えるのもおすすめです♡

家事や育児に協力的な旦那さんには「○○してくれてありがとう。」などの感謝の言葉を伝えると、より協力しあえる関係になれるでしょう。

妻へのねぎらいの言葉

妻へのねぎらいの言葉は、「いつも○○してくれてありがとう。」「助かるよ、ありがとう。」と家事や料理の大変さに理解を示す言葉を選ぶと良いですよ!おかげで助かっているとわかっている事を伝えましょう♡

また、不満がたまりがちな主婦さんやママには、「○○ができなくてごめんね。」などと軽く謝るのも良いですね。耐えていたものから解放されて、心が軽くなるはずです。

子どもへのねぎらいの言葉

お子さんへのねぎらいの言葉も忘れずに♪「○○してくれてありがとう。」と具体的な感謝を伝えていかに嬉しかったかを教えてあげましょう。また、「○○できてすごいね!」「○○できたの?さすがだね!」と具体的に褒めてあげましょう。

子どもだからと格下に見るのではなく1人の人間として接し言葉を選ぶことで、その子にとって大きな励みになります。

英語でのねぎらいの言葉

英語でのねぎらいの言葉にはどんなものがあるのでしょうか?すぐに使える簡単なものをいくつかご紹介します。

「How are you?」(調子はどう?)「How’s work?」(仕事の調子はどう?)などはとても簡単で、相手を気にかけている事が伝わる言葉です。「Great work.」(素晴らしい仕事をしたね!)は目下の人のラフなねぎらいの言葉として使えます。

「You did great job!」(君は素晴らしい仕事をした!)「Thank you for your help.」(あなたのおかげで助かりました。)「You worked hard today.」(あなたは今日よく働きました。)というように、Youを使うと気持ちがより伝わりますよ!

上司や目上の方には、I have learned a lot from you today.(今日はたくさん学ばせていただきました。)Thank you for your advice today.(今日はアドバイスをいただきありがとうございました。)など、感謝の気持ちを丁寧に伝えるのが良いでしょう。

お世話になっている人にねぎらいの言葉を贈ろう!

シーン別で使える「ねぎらいの言葉」を紹介しました。目上の人や取引先の人には丁寧に、部下や同僚、家族には優しく言葉をかけましょう。そして、共通して言えるのは、気持ちを込めることが大切という事です!

最初はうまく言えなくても、気持ちを伝えて行きましょう。そうすればきっと、人間関係も仕事も円滑になるはずですよ。

他のシーンで使える言葉も知っておこう!

疲れてる彼氏を癒すには?男性がほっとする嬉しいLINEや言葉
別れを告げる上手な方法まとめ!彼氏を傷つけない言葉とは?
男性がキュンとする言葉17選!これで男を胸キュンさせよう!
印象に残る人の特徴とは?印象に残る言葉や自己紹介を解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ