保育士の職場って働きやすいの?人間関係のリアルを現役保育士がお伝えします!

保育士の職場って働きやすいの?人間関係のリアルを現役保育士がお伝えします!

保育士の職場は子どもとわきあいあいとしていて幸せそうな雰囲気が漂う場所ですよね。しかし、そんな職場は女性社会。子どものかわいい笑顔の裏にはどろどろとした争いの雰囲気が漂っている…?!女性社会を生き抜いてきた私が保育士の職場や人間関係を徹底解剖します!

記事の目次

  1. 1.保育士の資格を活かせる職場
  2. 2.保育士の職場の選び方
  3. 3.保育士さんの人間関係は?
  4. 4.職場の人間関係の解決策
  5. 5.良い間関係を気づくにはどうしたらいいの?
  6. 6.自分も心掛けて良い職場環境作りを

保育士は子どもと上手くコミュニケーションを図れれば良いというわけではありません。

一緒に働く保育士、保護者ともコミュニケーションを図っていかなければいけません。

​​​​​​​今回は良いことも悪いことも包み欠かさず私の体験談をもとに書かせて頂きます。※(あくまでも私一個人の体験談です。)

保育士同士の人間関係は?

保育園で働くうえでここが一番重要ですよね。一長一短に「良い!」とは言い切れません。おそらくどの保育園にも「お局」と呼ばれる人はいるでしょう。

この「お局」と呼ばれる人が保育所内での人間関係をより難しくしています。

​​​​​​​「お局」が悪口等を言い始めるとベテランであることもありなかなか逆らうことが出来ない人がほとんどです。※お局…ベテランで職場を仕切る人。

​​​​​​​ところで、保育士さんのイメージってどうでしょうか?

​​​​​​​笑顔でかわいくて優しくて…と良いイメージをお持ちではないでしょうか?

​​​​​​​私も現場で働くまではみんな優しいんだろうなと思っていました。しかし現実は違うんです。

​​​​​​​結構さばさばしていてイメージの様におっとりとした雰囲気の人は意外と少ないです。

自分も経験して思いましたがおっとりした雰囲気のまま仕事をしていたら、いつまでたっても仕事は終わらないんです。あのおっとりした雰囲気は、保護者や子どもの前で見せる表の顔です。とここまで言い切れるのにはきちんと理由があるんです。

​​​​​​​それは、業務が多忙である事、また責任感が強くまじめな人が多いからなんです。

​​​​​​​保育所は子どもが遊ぶ空間でもありますがそれと同時に子どもの命を守る(預かる)空間でもあるんです。

​​​​​​​そのため、もちろん中にはまったりと仕事をこなす人もいるでしょうが、保育士だけの空間になるとみんなテキパキ、さばさばとした雰囲気になります。

​​​​​​​まったりマイペースに働くことはもちろん悪い事ではないですが、きびきびと強い責任感を持って働いている人から見たら「えっ?何やってるの?」となってしまうことも多々あります。

例えばお昼寝明けは子どもをお越し布団をたたみ、子どもをトイレに行かせ、掃除機掛けて、おやつ食べさせて…ととってもばたばたしているんです。

​​​​​​​そんな中一人の子どもにつきっきりになったり歩くのがゆっくりだったりするだけでお局の怒りに触れることもあるんです。何とも怖い話ですよね。

​​​​​​​事務作業のように、自分だけのここまでに仕上げる仕事!と決まっていれば自分のペースでやっても問題ないのでしょう。

​​​​​​​しかし、保育士の仕事はそうもいきません。他の保育士と協力しながら時間に追われて仕事をこなしていきます。

​​​​​​​そのため責任感の強く仕事ができる人ほど周囲にもっと頑張ってほしいと願いから、​​​​​​​あたりが強くなってしまったりするんですね。これが女性社会のギスギスというかどろどろですね。

​​​​​​​またもう一つここで重要な事です。子ども達はとってもかわいいですよね。でも全くいらいらしないわけではありません。

​​​​​​​「友達に怪我をさせた」「ふざけまわっている」「話を聞かない」どれも子どもなら当たり前で仕方のない事と理解はしているのですが、目の前でされるといらいらしてストレスがたまる事が実はしょっちゅうあります。

子どもへのいらいらのはけ口が周囲の保育士へ向いていきます。またお局の的にされやすい人もいます。それは「お仕事できないさん」です。これはどの社会でもあるとは思いますが保育の社会の中でも存在します。

​​​​​​​「製作のクオリティーが低い」「保護者対応が下手」「子どもへの声掛けが上手くない」等、どれもきちんと教えて教育してあげればいいじゃん!と思うのですが、あまり教えてあげるといった行動は見たことがありません。

​​​​​​​直接強い言い方で本人に言うか陰愚痴として馬鹿にするか…悲しいけど私が体験してきたのはこれが現状です。

​​​​​​​私の聞いた言葉では「自分で聞いてくるまで教えない」「自分で調べ保育スキルをあげないのが悪い」と言っている人もいました。

​​​​​​​みんなで協力して働く場所なので陰口を言う前に助言をしてあげる方が大切ですよね。

保護者との人間関係は?

保護者との人間関係は良いか悪いかは本当に保育士次第になります!(なかにはそっけない態度の保護者の方もいますがそんな保護者の心を開くのも保育者の腕の見せ所です!)

ここでは、良い関係を築くためのポイントを書いていきます。

まず、一番重要なことは保育士が子ども(保護者の)をどれだけ見ているかを伝えることが出来るかということが大切です。例えば良い例と悪い例で見比べてみましょう!

×「今日はお砂場で遊びました。」

〇「お砂場でごっこ遊びをしていました。○○ちゃんや○○くんにも配役を付けて設定も考えていたんですよ。お友達を引っ張る力はクラスのなかでも本当にずばぬけてます~」

など、良い例と悪い例では会話の内容に歴然の差がありますよね。

具体的に伝えてもらい、なお子どものことを褒めてもらえたら、保護者も「この先生すごい。きちんと見てくれている」となりますよね。お迎え時にこんな会話が出来るだけで保護者からは好印象を持ってもらえます。

2つめに重要な事。それはきちんと保護者のことを見る!ということです。

保護者の方々は、育児に家事それ以外は仕事。とっても多忙な日々を送っています。やることが多いだけでなく子どもや旦那に気遣いも必要なんです。

そんな保護者はいつも元気なわけではありません。育児、旦那への不満、などたくさんのストレスを抱えています。それに気づいてあげることが大切何です。

ふとした表情、子どもの忘れ物、園を出てからの表情、声のトーン、子どもへの接し方気付けるポイントはたくさんあります。

「何か最近困ったことありませんか?」、「クラスの子でこんな子がいるみたいなんですけど○○ちゃんはどうですか?」(他の園児情報)、「月末、で仕事忙しいですよね~」など切り口はなんでも大丈夫です。話を聞こうとする姿勢が見れれば保護者も荷をおろすかのように話してくれます。

このように自分の事も気にかけてくれていると思ってもらえれば保護者と信頼関係を築いていくことが出来ます。

後、私自身が意識していたことは保護者の身だしなみです。

アクセサリー、洋服、かばん、髪型、スマートフォンケースなど「それかわいいですね!」「私もそのブランド好きなんです」と言っただけで話は盛り上がります。

子どもの母親と話すときは年齢は違っても同性なので褒められて嬉しいツボや盛り上がりそうな話はなんとなく想像できますよね。

こんな話をできるようになれば保護者との人間関係は良好に築けている証拠です!

子どもとの人間関係は?

子どもから好かれるのに難しいことはありません。たくさん一緒に遊んであげてたくさんの愛情をかけてあげることです!

最初はどうやって関わったら良いのか、遊んだら良いのか悩む人もいると思います。そんな時は自分も童心に返りましょう!

童心に返ることで子どもと同じ目線にたって遊ぶことができます。子どもは一緒に遊んでくれる先生を「楽しい先生」と思ってくれます。

「楽しい先生」と思ってもらえたらもう大丈夫です。子ども達から「これ一緒にしよう?」「一緒に遊ぼう?」と誘ってくれるようになります。

あともう一つ大切な事!それは子どもに寄り添ってあげることです。

いつも元気な子どもでも朝、保護者と離れて寂しい時、友達と喧嘩した時など寂しかったり悲しい気持ちになるときがたくさんあります。

保育士同士での恋愛はある?

職場の人間関係の解決策

いろんな人に気を遣って仕事をしなくてはいけない保育士は本当に大変ですよね。

ではギスギスしたりドロドロとした人間関係はどのようにして解決していけば良いのでしょうか?

自分から声を出そう(保育士同士)

何か困っている事や上手くいかないことなどがあれば「相談にのってほしい」ということを伝えればきちんと向き合ってくれる人は多いはずです。

ただ単純に「教えてください」といった姿勢だと良く思われないことも多くあります。

​​​​​​​そのため「ここまでは考えたんですが…」「こうしたいと思っているんですがここが上手くいかなくて…」と明確に伝えることで「ここがわからないんだな」と相手も理解し教えてくれると思います。

自分から話かけよう(保育士同士・保護者)

「何を話せば…」と思う人も多くいると思いますが、困ったら子どものことです。

保育園を利用する人(保育者も保護者も)は子どものことを考えていない人は誰ひとりいません。

​​​​​​​なので子どもの話をすることで話は広がります。また「○○先生はこんなことを考えてるんだな」と分かってもらえます。

​​​​​​​自分のことも理解してもらえてコミュニケーションも図れるので子どもの話は最適です。

※ただ保育者同士だとおしゃべりし過ぎは禁物です。遊んでいると勘違いされてしますこともあるので、あくまでも職場という事を忘れずに。

いじめにあってしまったら

良い間関係を気づくにはどうしたらいいの?

自分から話しかけよう!

まずは、どんな相手でも自分から話しかけることが大事です。

これは保育士に限らずどんな職業の人もあてはまりますよね。

​​​​​​​自分のことを分かってもらいまた相手のことを理解することで良い人間関係を築くことが出来るでしょう。

次のページ

自分も心掛けて良い職場環境作りを

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely