【色彩心理学】色の効果と力!心身に与える影響とは?

多くの人が普段目にしている色。 そんな色を変えるだけで、仕事が効率化したり、勉強がはかどる効果があると色彩心理学では言われています。 そんな効果があるなら学んでみたいですよね。 今回は色彩心理学での色の効果についてご紹介します。

【色彩心理学】色の効果と力!心身に与える影響とは?のイメージ

目次

  1. 色彩心理学って何?
  2. 【色彩心理学の効果】赤
  3. 【色彩心理学の効果】青
  4. 【色彩心理学の効果】黄色
  5. 【色彩心理学の効果】ピンク
  6. 【色彩心理学の効果】オレンジ
  7. 【色彩心理学の効果】緑色
  8. 【色彩心理学の効果】茶色
  9. 【色彩心理学の効果】白
  10. 【色彩心理学の効果】黒
  11. 【色彩心理学の効果】灰色
  12. 【おわりに】色彩心理学を上手く使おう

色彩心理学って何?

普段目にしている色は、私たちの心身に大きく影響を与えていることをご存知ですか?
実は、力が湧いて来たり落ち着くと感じるのは、実は周囲の色が原因なのかもしれません。
色彩心理学は、そうした色が心身に与える効果について研究している心理学です。
こうした色彩心理学を生かしている場面は、普段の生活の中でも多々見ることが出来ます。

例えば、病院や調理員さんなどが着る白衣は必ず白ですよね。
踏切にはには必ず黄色が使われていますし、悪の組織は必ず黒づくめです。
黒づくめの組織にはお酒の名前が付きますよね。
少し脱線しましたが、実ははこれらの色には、ちゃんとした理由があるんです。
知れば知るほど面白い色彩心理学を少し覗き見ていきましょう。

【色彩心理学の効果】赤

まずは赤色からです。
中国の人が一番好きな色としても有名ですね。
赤色は血潮の色でもあり、とても力が湧いてくるエネルギッシュな意味を持つ色です。
赤色を見ると、人の性格は直情的になりやすくなります。
その力故に、時には憎しみや反抗心が強くなってしまうことも…。
赤色はよくも悪くも人の性格を直情的にする色ですね。

赤色の様々な効果例

赤色は力のあふれてくる色でもありますが、温かさを感じる暖色でもあります。
ある実験では、赤と青の服を着るのとでは、3度も感じる温度が違ったという結果がでたほどです。
赤色は性格だけでなく、心身にも大きな影響があるんですね。

また、赤色は人の性格を直情的にする効果があるので、購買意欲を誘います。
衝動買いしやすいのは、そうした赤色を使ったHPであったり、チラシであったりするんですね。
衝動買いしたくない!という人は、一度赤色から目を離して、青色を見ながら考えた方がいいかもしれません。
また、赤色は力のみなぎる情熱的な色。
スポーツをするときには、赤色を身に着けるなどしてチームの指揮を高めるのも効果的です。


◆関連記事:心理学を使えば好きになってもらうこともできちゃう!

男を好きにさせる方法!心理学テクニックで相手を本気にさせる!

【色彩心理学の効果】青

青色は人の性格を冷静にさせる意味があります。
怒りなどを鎮める、落ち着く意味を持つ色でもありますね。
ただ、あまりにも青色が強すぎると「ブルーになる」と言われるように、気持ちが沈み、力が出なくなることもあります。
自分の性格と折り合いをつけて、心身をコントロールするのに使っていきたい色ですね。

青色の様々な効果例

青色も赤色と同様、人の心身に寒暖を感じさせる効果があります。
赤色が体感温度をあげたのに比べて、青色は体感温度を下げる効果があると言われています。
夏の暑い日などには空色のTシャツなどを着て出かけると良さそうですね。


また、青色は人を冷静にさせる効果があるので、ショッピングサイトの色に使うと、人の購買意欲を削いでしまうかもしれません。
落ち着く青色は学術的なサイトなどに使った方がその効果が得られそうです。

青色の部屋と赤色の部屋

有名な色彩心理学の実験に、青色の部屋と赤色の部屋を使ったものがあります。
赤色の部屋と青色の部屋にいることで、人の体感時間はどう変わるのか?というものです。
赤色の部屋に入っていると時間が過ぎるのが遅く感じ、青色の部屋に入っていると時間が過ぎるのが早く感じます。
待ち合わせ場所には、青色のもののある場所を選ぶと、待ち合わせに遅れた時も円満な解決が出来そうですね。

【色彩心理学の効果】黄色

黄色は、とても明るいイメージを与える色です。
黄色を身に着けたり身近に置いておくことで、活発な性格になりやすくなります。
プラス思考になりたい時や、社交的になりたい時にはちょうどいい色でしょう。
また、スピリチュアルな風水の世界では金運の象徴でもありますね。
黄色は活発に行動したい時に使うといい色だと言えるでしょう。
ただ、黄色は使いすぎると心身が疲れてしまうのでバランスよく使うといいですね。


◆関連記事:心理学があれば相手の行動を読めるんです。

人の心理を読む11の方法!心理学で行動から相手の心を知れる!

【色彩心理学の効果】ピンク

ピンクはよくハートマークにも使われているかわいらしさを感じる色ですね。
スピリチュアルな世界では愛情や思いやりを意味する色です。
それに女性ホルモンの分泌を促す効果もあるので、女性が身に着けていたりそばに置いておくとお肌などにいい効果があるかもしれませんね。
また、スピリチュアルな世界では恋愛運を表しているように、ピンク色は恋愛でもいい効果があります。

ピンク色は相手の愛情や思いやりを引き出す効果があるので、そのピンク色を身に着けていると、双方の愛情や思いやりを引き出すことが出来ます。
スピリチュアルな世界の話でも、実際に行動に現れてくるのならだめでもともと。
ぜひ試したいスピリチュアルな恋愛の効果ですね。

【色彩心理学の効果】オレンジ

オレンジ色は太陽の色とも言われているように、温かさを感じたり、温かい気持ちにする効果があります。
冬場などにオレンジ色の服を着ると、人に暖かい印象を与えられます。
ただ、オレンジ色は膨張色と言われる広がりを感じやすい色なので、太って見えることもしばしばあるので、コーディネートはちょっと難しいかもしれませんね。

【色彩心理学の効果】緑色

緑色は、自然の葉っぱや草の色です。
そうした緑色は、人の心身をリラックスさせる意味を持ちます。
力をみなぎらせる赤色とは反対色であるように、落ち着く意味がある色ですね。
仕事や勉強に疲れた時に緑を見ると癒しを感じ、心身ともにリラックスできます。
服装や身近な小物などにこの色を取り入れることによって、ストレス軽減などにも意味がある色だともいえるでしょう。


◆関連記事:行動心理学について知りたい方はこちら

行動やしぐさから心理がわかる!行動心理学徹底解説!

【色彩心理学の効果】茶色

茶色は、冬物のコートなどでよく使われる色ですよね。
この茶色には、性格が落ち着く意味があります。
また、緊張をほぐしたりする意味もあるので、冬の寒さで心身が緊張している時には特に好まれる色なのかもしれません。

また、茶色の小物などを部屋に置いたり身に着けることで落ち着くと感じたり、落ち着く人だと感じさせることが出来ます。
頼りにされたいときや落ち着く会話をしたい時には茶色の服を着ていくと良いでしょう。

【色彩心理学の効果】白

白色は人に清潔感を与える色です。
その清潔感から派生して、純粋な印象や神聖な印象を与えることも出来ます。
病院の人が着る白衣も、そうした清潔感を与えるために着ているんですね。
また、白色は汚れが目立ちやすいので、その分清潔にしようと心掛けることが出来ます。
そうした実践的な効果も狙っているのかもしれませんね。

【色彩心理学の効果】黒

スピリチュアルな世界では黒はあまりいい色として使われません。
黒は闇や暗黒を想像できるように、スピリチュアルな世界ではいいことが起こるとは考えられないからです。
しかも、その黒色の効果は現実世界でも同じ。
黒色はちょっと怖い効果もあります。

黒色の様々な効果例

実は、黒一色で塗りつぶされた部屋に長時間いると内蔵の働きが鈍くなってしまうという実験があります。
スピリチュアルな世界では良くない意味を示す色でしたが、現実にもちょっと怖い意味を持つことがあるようです。


しかし一方で、黒は様々な色に合わせやすい色であるうえ、引き締める効果を持っているので、白などの色を着るよりも痩せて見せる効果があります。
また、黒色は高級感を与える色でもあるので、ハイブランドの店内などには黒色のエクステリアが使われたりHPも黒を基調としたものが多いですね。

【色彩心理学の効果】灰色

灰色は黒と白の中間色で、派手な色というよりは地味な印象を持たれやすい色です。
ただ、その分落ち着きを与える色だとも言えます。
派手ではない代わりに、都会的な落ち着きを与える色です。
オフィス机などにもよく使われていますよね。

さらに、灰色は他の色を引き立てる効果を持っているので、机の上にあるものに集中しやすくなります。
集中力がアップするということは、仕事の効率もアップするということ。
こうしたところにも色の効果は使われているんですね。

ただし、あまりにも灰色一色というのは、人の想像力などを削いでしまう効果があります。
クリエイティブな職種であれば、灰色を置くのではなく、赤や青のカラーを使うなどしてバランスを取った方が良いでしょう。
色にも良い効果と悪い効果、様々な効果があるので、バランス良く取り入れていきたいですね。

【おわりに】色彩心理学を上手く使おう

以上、「【色彩心理学】色の効果と力!心身に与える影響とは?」でした。
いかがだったでしょうか?
意外といろいろな場所で色彩心理学が使われていることがわかりましたよね。
色は目の端に入るだけで人の心身に様々な効果を与えます。
色にあまりにも敏感になるのも考え物ですが、今日の気分や調子に合わせて色のバランスを取れるといいですね。

お役立ち心理学はここからチェック!

恋愛心理学からわかる男心!あなたも男の考えていることが分かる!?
恋愛テクニック17選!心理学を駆使して男を落とそう!
好きな人に好きになってもらう方法!心理学で片思いを成就!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ