会話が続かない人の特徴9選と会話を続ける方法!

会話が続かないことが悩みだという人も多いでしょう。会話が続かないと恋愛面や仕事面でも大きな影響があります。それを考えれば、改善するべきなのですが、そのような方法はあるのでしょうか。そこで今回は、会話が続かない人が会話を続ける方法を紹介していきます。

会話が続かない人の特徴9選と会話を続ける方法!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】会話が続かないことが悩み
  2. 会話が続かない人の特徴を知ろう
  3. 【会話が続かない人の特徴①】人の話に反応しない
  4. 【会話が続かない人の特徴②】自己中心的
  5. 【会話が続かない人の特徴③】全体を見れていない
  6. 【会話が続かない人の特徴④】すぐ怒る
  7. 【会話が続かない人の特徴⑤】話を振らない
  8. 【会話が続かない人の特徴⑥】真面目過ぎる
  9. 【会話が続かない人の特徴⑦】意識し過ぎる
  10. 【会話が続かない人の特徴⑧】好奇心が少ない
  11. 【会話が続かない人の特徴⑨】人に興味がない
  12. 会話が続かない人がやるべきことを知ろう
  13. 【会話が続かない人がやるべきこと①】見た物を話す
  14. 【会話が続かない人がやるべきこと②】適当になる
  15. 【会話が続かない人がやるべきこと③】お決まりの質問を考える
  16. 【会話が続かない人がやるべきこと④】反応をすること
  17. 【会話が続かない人がやるべきこと⑤】反応を見ること
  18. 【会話が続かない人がやるべきこと⑥】相手を舐める
  19. 【会話が続かない人がやるべきこと⑦】失敗談を話す
  20. 【まとめ】会話が続かない人も努力すれば改善できる

【はじめに】会話が続かないことが悩み

彼氏や彼氏になって欲しい好きな人などと、会話が続かないという悩みを持つ人は意外と多いです。デートの時などに会話が続かないとなると、彼氏にも愛想をつかされてしまう可能性がありますし、彼氏にしたい好きな人にも嫌われてしまう可能性があります。

何より、彼女であるあなたは彼氏のことが大好きなのに、嫌われているのかもしれない、と彼氏が勘違いしてしまうこともあるでしょう。それを考えれば当然、会話が続かないということが、大きな悩みとなってしまいます。

デートでも会話が続かないという人は、かなり重症の状態とも言うことができます。会話が続かない人の中でも、彼氏と彼女という関係だったら大丈夫という人や、デートのような一対一の場であれば大丈夫という人もいるからです。

彼女である本人の悩みとしても大きいもののはずですので、早急に会話が続かないという悩みを解決しなければなりません。はたして、そのような方法はあるのでしょうか。

会話が続かない人の特徴を知ろう

会話が続かない人が会話できるようになる方法はあります。さっそくそれを紹介したいところではあるのですが、その前に実は知っておかなければならないのが、会話が続かない人の特徴です。

物事を解決するためには、なぜそのようなことになるのか、という原因を知っておかなければなりません。いくらデート当日に会話できるように頑張ろうと思っても、結果は出ないでしょう。

やるのであれば、デートの何日も前から、デート当日までに準備をしておかなければなりません。何事も結果を出すためには、いくつかのプロセスを辿る必要があるのです。

そこでここからは、なぜデートの途中に会話が続かなくなってしまうのかということや、会話が続かない人の特徴を紹介していきたいと思います。悩みを持つ人はしっかりと読み、会話が続かないという悩みを解決するために役立てましょう。

【会話が続かない人の特徴①】人の話に反応しない

会話が続かない人の特徴としては、人の話に反応しない、ということが挙げられます。

人と人が会話する時は、互いに相槌のようなリアクションをするものです。彼氏とのデートということであれば、なおさらそのようなリアクションが大切になってくるでしょう。

もしも何のリアクションも取らないようだと、彼氏は機嫌が悪いのかな、デートがつまらないのかな、デートをする気分じゃなかったのかな、と思ってしまいます。その結果、彼氏も会話をするのをやめてしまうことになるのです。

つまり、リアクションをしない人は、会話が続かないというよりは、彼氏のような相手に会話をさせないような態度を取っているということになります。相手は何か反応がなければ、デートや会話を楽しんでいるということがわかりません。彼女であるあなたのせいで、彼氏が会話をしなくなっているという事実に早く気付きましょう。

【会話が続かない人の特徴②】自己中心的

会話が続かない人の特徴としては、自己中心的、という特徴もあります。会話が続かない人は、会話を自分がしたい時にだけする、という特徴を持っていることがあるのです。

このような人は、興味のない会話には耳を傾けず、黙り込んでしまいます。そうなると、相手は会話をしようという気をなくしてしまうでしょう。その結果、デート中であっても無言になってしまうのです。

もしもデート中にこのようなことをされてしまえば、彼氏としてはストレスが溜まってしまうでしょう。彼氏も正直、彼女であるあなたの興味のない話を、つまらない、と思いながらも、相槌を打って聞いています。しかし、彼女であるあなたは、そのような配慮をしない。彼氏が怒って会話をしなくなってしまうのも当然です。

デート中にこのような行動を取ってしまうような彼女は、自己中心的としか言いようがありません。せめてデート中くらいは、我慢して彼氏の話を聞いてあげましょう。それが彼女としての務めです。

【会話が続かない人の特徴③】全体を見れていない

会話が続かない人の特徴としては、全体を見れていない、という特徴があります。これは会話全体の流れを見ていないということです。

簡単に言えば、空気を読めないということにもなるのですが、このような人は彼氏が話をしている間に割り込み、急に自分の話をすることがあります。当然、彼氏としては、相手がデートをしている最中の彼女とはいえ、機嫌を悪くしてしまうでしょう。その結果、会話が途切れてしまうのです。

相手の話を最後まで聞かないということは、相手の話に興味がない、もしくは最初から聞いていない、ということにもなります。その感情が直接彼氏に伝わってしまうため、相手は機嫌を悪くしてしまうのです。

特に男性は論理的に会話をする生物のため、その論理を崩されると、かなりイラッとしてしまいます。デートの途中で帰ってしまうような彼氏もいるでしょう。彼女であるあなたはそのようなことをしないように、注意しておくことが大切です。

【会話が続かない人の特徴④】すぐ怒る

会話が続かない人の特徴には、すぐ怒る、という特徴もあります。

会話の中では冗談で、彼氏が彼女であるあなたのことをからかうこともあるでしょう。そのような時に、彼氏としては彼女を楽しませようと思って言っているのに、怒られてしまったとしたら、彼氏はどう思うでしょうか。面倒臭い彼女だな、と思うことになるのです。

そのような心理が彼氏から会話を奪ってしまいます。つまり、彼女であるあなたの怒りによって、彼氏も怒りという心理を心の中に蓄えてしまうのです。

彼氏がこのような心理状態になると、会話が続かないどころか、別れという結果を招いてしまうこともあります。地雷がどこに埋まっているかわからないので、気安く会話もできなくなってしまうからです。彼氏のほうが失礼なことを言ったのであれば、仕方のないことですが、会話が多くの人と続かないという場合、非はあなたにあります。注意しましょう。

【会話が続かない人の特徴⑤】話を振らない

会話が続かない人の特徴としては、話を振らない、という特徴も挙げることができます。

男性と一緒にいると、基本的に会話をリードするのは男性のほうでしょう。心理的に見ても、男性にはそのような上手さがあるため、これは任せておいても悪いことではありません。

しかし、女性の場合は必ずしもそうではありませんし、男性のリードを頼り過ぎるのもNGです。男性や友達ばかりに頼らず、自分から会話を発信していなければ、会話は止まってしまいます。

これは会話を提供されているばかりで、自分からは与えていないということです。需要と供給のバランスが噛み合っていません。そのため、あなたと会話する人は、いつでも自分が会話を生み出していかなければならないため、疲れてしまいます。その結果、心理的に疲れてしまい、あなたとの会話をしなくなっていくのです。

【会話が続かない人の特徴⑥】真面目過ぎる

会話が続かない人の特徴としては、真面目過ぎるという特徴もあります。

会話に対して、本来、彼女としては冗談で返すこともあるでしょう。「もうちょっと真面目に答えてよ!」という男性の言葉により、二人が笑うというような、ほのぼのした空気が流れるものです。

しかし、会話が続かない人の中には、質問に対して、真面目に答え過ぎてしまうような人もいます。つまり、ボケがないのです。

彼女とそのような会話をしても、男性としては楽しくならないものでしょう。なんとか男性も頑張りますが、会話というのは、彼女の協力もなければなかなか盛り上がらないものです。その結果、会話が尻すぼみになってしまい、続かないようになってしまいます。

真面目な人の心理としては、聞かれたことに答えているだけなのに、何で悪いんだ、という考えでしょうが、会話とはそのようなものではありません。そのような心理をなくし、会話を盛り上げていくようにしましょう。

■関連記事:面白い人になりたい?気になる方はこちらもチェック!

面白い人の特徴19選!面白い人になるにはどうすればいい?
【Lineの一言】面白いネタ集!これで友達ウケ・男ウケ抜群!

【会話が続かない人の特徴⑦】意識し過ぎる

会話が続かない人の特徴として、意識し過ぎる、という特徴もあります。

会話が続かない人の中には、男性の前でのみ続かないという人もいます。同性の前であれば、普通に会話できますし、むしろ面白いくらいなのに、男性の前になると、無口になってしまうという人です。

このような人は心理面が大きく作用して、会話できなくなっています。つまり、心理の中で男性であることを意識するがあまり、緊張してしまって会話できなくなってしまうのです。

会話できなくなってしまうほどの心理は、長期間、男性と会話していないという人に生まれやすい心理です。男性であるだけならまだしも、これが好きな人となると、彼女になりたい、という心理がありますので、なおさら会話できなくなってしまいます。

場合によっては、男性を心理面で意識するがあまり、嘔吐してしまうような人もいるほどです。心理的な病気の場合もあるため、このような人は注意が必要です。

【会話が続かない人の特徴⑧】好奇心が少ない

会話が続かない人の特徴としては、好奇心が少ない、という特徴も挙げられます。

人は興味があるものにしか、食いつきません。この心理は全員、共通です。しかし、この興味の量というのは、人によって違います。自分が興味のあるものにしか興味を持てない人もいれば、自分が興味のない知らないものにこそ、興味を持てるという人もいるのです。

好奇心が旺盛な人は、自分が知らないことに興味を持つため、博識であることが多いです。会話とは知識の量が物を言うところがあるため、このような心理を持つ人は、会話がうまくなります。

逆に言えば、会話が続かない人は好奇心が少なく、特定の分野における知識しか持っていないため、会話が続かないということです。子供の頃からの生活によって、形成された心理でもあるため、生まれつき会話が続かない人、と言い換えることもできます。

【会話が続かない人の特徴⑨】人に興味がない

会話が続かない人の特徴として、人に興味がない、という特徴を持つ人も多いです。

会話が続かないという悩みを持ちながら、人に興味がないというのは矛盾していますが、実際にこのような人はいます。他人のことに興味が持てず、自分のことしか考えられないのです。

そのため、人のことを知りたい、という欲求を持つことができず、質問が少なくなってしまい、会話が続かなくなってしまいます。

他人から見れば興味を持てないんだったら話をしたくないということなのでは、と思ってしまいますが、本人にとってはこれが大きな悩みです。理解されにくい心理ではあるのですが、このような悩みを持つ人も多く存在します。

会話が続かない人がやるべきことを知ろう

会話が続かない人の特徴を紹介してきました。

ここからは、会話が続かないという悩みを持つ人が、会話できるようになる方法を紹介していきたいと思います。

会話が続かない人は、様々な原因を抱えていることが多いです。会話を続ける方法を一つ実行しただけでは、会話を続けられるようにはならないでしょう。そのため、複数の会話を続ける方法を実行して、初めて会話ができないという悩みを克服できるということになります。

では、さっそく会話が続かないという悩みを持つ人が、会話を続けるための方法を紹介していきましょう。

【会話が続かない人がやるべきこと①】見た物を話す

会話が続かないという悩みを持つ人は、見た物を話すという方法を使うと良いです。この方法は、会話のネタがない時に使える方法となります。会話が続かないという人は、何を話せば良いかわからず、頭が真っ白になるという悩みを持つことも多いものです。そのような時は、見た物を話すという方法を使えば、少しは会話を繋ぐことができます。

見た物を話すというのは、そのままの意味です。飲食店でテーブルにメニュー表があったら、それを見ながら話したり、窓の外から見える風景について話をしたり、というように、会話を繋いでいくのです。

逆に言えば、会話が続かないという悩みを持つ人は、話のネタが切れるまで、見える物に関する話をしないほうが良いです。それは非常手段としてとっておくということをすると、効率良く、会話を繋ぐことができるようになります。

【会話が続かない人がやるべきこと②】適当になる

会話が続かないという悩みを持つ人は、適当になる、という方法を使うことで、会話を続けることができるようになります。

会話が続かない人は、何でも真面目に答え過ぎなところがあります。そのため、自分の中の真面目スイッチを押し、適当に嘘でも織り交ぜながら話をするようにすると、会話が続くようになるのです。

例えば、「梅雨が終わって、やっと晴れたね」という男性の会話に対しては「昨日まで雪降ってたもんね」というように、適当な返答をしてみるのです。このようなことを言えば、相手は「そんなわけないでしょ」と言って、笑ってくれます。

会話が続かないという悩みを持つ人は、会話が続かないことで緊張してしまうところがあります。しかし、それは逆効果ですので、適当になって、もっと力を抜くようにしましょう。

【会話が続かない人がやるべきこと③】お決まりの質問を考える

会話が続かない人が行うべき方法としては、お決まりの質問を考えておくという方法もあります。

会話が続かない人は、会話の中で質問をしないことが多いです。単純にしないという人は、それをするようにすれば良いだけですが、質問が思い浮かばないという人は、この方法を使うようにしましょう。

この方法は、自宅などで質問する内容を事前に考えておく、という方法です。事前に考えて、スマホなどにメモしておけば、会話に困るということもないでしょう。言葉に困ることがないため、かなり有効な方法となります。

会話の内容はある程度、事前に準備しておくことで、対策を行うことができます。これを続けていけば、そのうちメモを見なくても、質問を思いつくようになるため、このやり方でリハビリしていきましょう。

【会話が続かない人がやるべきこと④】反応をすること

会話が続かない人がやるべきこととして、反応をする、というのも大事なことです。

人間は会話している相手の反応がないと、自分の話が伝わっていると認識できません。心を読めるわけではないので、それだけが会話が伝わっているかどうかを確認する手段だからです。そのため、会話を続けるためには、相手の言葉に対して、リアクションをするということが大切になります。

これは自分が会話をする方法というよりも、相手が会話をしてくれる方法ですが、会話を続けるためには、相手にも喋らせなければなりません。二人ともが喋る、というのが会話だからです。

そのため、相手に喋らせるということも意識することで、会話を続けることができるようになります。リアクションは「へぇー」「すごいね」というようなもので良いので、何かしらリアクションを取るように意識しておきましょう。

【会話が続かない人がやるべきこと⑤】反応を見ること

会話が続かない人は、相手の反応を見ることも大事です。自分が反応をすることも大事なこととなりますが、会話する時には、相手の反応を確認しながら会話することも大切なのです。これは、相手がどのような感情なのかということを確認する、という目的があります。

いくら自分が楽しい話だとしても、必ずしも相手が楽しいと感じているわけではありません。相手も楽しめなければ、口数が段々減っていってしまうでしょう。

あなたの話によって相手がどのような反応をしているのかを確認すれば、相手がどのような感情を持っているのかは大体わかります。特に、相手の質問が少なくなってきたら要注意です。完全にあなたの話に興味をなくしているということですので、別の話をするようにしましょう。

【会話が続かない人がやるべきこと⑥】相手を舐める

会話が続かない人がやるべきこととして、相手を舐める、というのも良い方法です。

会話が続かない人の中には、自分よりも目上の人が相手だと、会話が続かないという人もいます。後輩や同世代であれば大丈夫なのに、年上であったり、何か肩書きがある人だと、途端に会話が続かない状態になってしまうのです。

そのような人は、相手のことを偉い人だと意識していることが原因で会話できなくなってしまいます。そのため、相手を下に見る、つまりは舐める、という考え方がベストとなるのです。

相手の欠点を見つければ、自然と見下すことができるようになります。もちろん、それで失礼なことを言ってはいけませんが、会話が続かない人にとっては、そのくらいが丁度良いです。うまく相手の欠点を探すようにしましょう。

【会話が続かない人がやるべきこと⑦】失敗談を話す

会話が続かない人がやるべきこととして、失敗談を話す、というのも良い方法です。

会話が続かない人の中には、プライドが高い人が多いです。人からバカにされたり、イジられたりするのが大嫌いなので、少し冗談でイジられただけでも、怒ってしまうことがあるのです。そのような人は、自分の失敗談を話すこともしません。自分の格好悪い部分を話すことが嫌だからです。

人は完璧な人間を信用しません。完璧な人が相手だと、自分も完璧でなければならない、自分の粗を指摘されてしまうのでは、というような心理になるためです。

自分から失敗談を話すことができれば、完璧な人であっても、親近感を持ってもらえるようになります。親近感を抱けば、相手もある程度、腹を割って会話をしてくれるようになるのです。相手がそれだけ精神的に近い距離で話をしてくれれば、あなたとしても会話をしやすくなるでしょう。

失敗談を話すことを意識しておけば、自然とプライドも崩れていきます。そのうち、素直になれるようになり、イジられても普通に会話できるようになるため、自分から率先して、過去の失敗談を話すようにしましょう。

【まとめ】会話が続かない人も努力すれば改善できる

会話が続かない人は、努力することでそれを変えることができます。そのため、自分の性格だからと諦めずに、まずは会話する努力をしてみましょう。会話が続かないという意識が、会話を続けづらくしている部分もあるため、精神的な部分から改善していくことも大切です。

もっと会話に関する情報を知りたいアナタへ!

会話が苦手な人の特徴9つ!原因と克服方法も教えます
会話力を向上させる23の方法・コツ!
デートの会話のコツは?絶対に盛り上がるネタ11選!沈黙しない!
初デートで会話が盛り上がるネタ・話題15選!彼氏・彼女欲しい人必見

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ