自己顕示欲が強い人の13の特徴!上手な付き合い方とは?

身近に自己顕示欲の強い人いませんか?やたらと自分のことばかり話したり、自分の存在をアピールしたり、SNSで自撮りの写真がやたら多かったり。今回はそんな自己顕示欲の強い人の特徴をご紹介します。また、上手な付き合い方も考えて見ましょう!

自己顕示欲が強い人の13の特徴!上手な付き合い方とは?のイメージ

目次

  1. 自己顕示欲とは?
  2. 自己顕示欲の強い人の13の特徴をご紹介!
  3. 自己顕示欲の強い人の特徴①他人を見下す
  4. 自己顕示欲の強い人の特徴②根拠のない自信に満ちている
  5. 自己顕示欲の強い人の特徴③人の話を聞かない
  6. 自己顕示欲の強い人の特徴④SNSでアピール
  7. 自己顕示欲の強い人の特徴⑤注目されていたい
  8. 自己顕示欲の強い人の特徴⑥場の空気を読まない
  9. 自己顕示欲の強い人の特徴⑦自分の話ばかりする
  10. 自己顕示欲の強い人の特徴⑧説教がすき
  11. 自己顕示欲の強い人の特徴⑨思い込みが激しい
  12. 自己顕示欲の強い人の特徴⑩忙しいことをアピールする
  13. 自己顕示欲の強い人の特徴⑪打たれ弱い
  14. 自己顕示欲の強い人の特徴⑫上昇志向が強い
  15. 自己顕示欲の強い人の特徴⑬過保護に育てられた
  16. 自己顕示欲の強い人との付き合い方は?
  17. 自己顕示欲の強い人との付き合い方①さりげなく距離を置く
  18. 自己顕示欲の強い人との付き合い方②とりあえず褒める
  19. 自己顕示欲の強い人との付き合い方③聞き流す
  20. 自己顕示欲の強い人との付き合い方④あなた自身が変わる
  21. 自己顕示欲が強いかテストして見ましょう!
  22. 自己顕示欲の強い人の心理は?
  23. 【まとめ】自己顕示欲の強い人は気づかない!

自己顕示欲とは?

自己顕示欲とは、自分の存在を多くの人にアピールしたいという欲求を意味します。

最近ではたくさんの人がSNSなどを利用して、自分のことをアピールするようになりました。
その中でも、やたら自撮り写真ばかり投稿したり、「はいはい、わかりました。」と言いたいような投稿を「うざいな。」と思うくらい繰り返して、SNSでの自己アピールばかりする人もいます。

自己顕示欲の奥底には、「承認欲求」というものが働いています。
「承認欲求」とは、社会生活の中で、誰かから認められたい、という感情を抱くことを意味します。

自己顕示欲と承認欲求は切っても切れない関係にあります。
社会で生きていく上で、この2つの欲求は大事なものであるといえます。
人間はこの世界で、1人で生きていくことはできません。
何かしら他人と関わって生きているのいです。

たいていの人は、この自己顕示欲と承認欲求を、うまくバランスをとりながら生活しています。
しかし、中には行き過ぎて周囲から「うざい」と思われている人もいるのです。

今回は、そんな自己顕示欲の強いうざい人について検証してみたいと思います。

自己顕示欲の強い人の13の特徴をご紹介!

自己顕示欲の強い人にはどういう特徴があるのでしょうか?
「うざい」と思われるくらい自己顕示欲の強い人の心理はどういうものなのでしょう?
その原因を突き止めて見ましょう!

自己顕示欲の強い人の特徴①他人を見下す

自己顕示欲の強い人とは、他人を見下す態度をとる意味の人です。

常に自分と他人を比較し、自分の方が優れている、自分の方が幸せであると自己催眠のように思い込んで生きているのです。

こういう人は、無意識のうちに自分の短所には目をつぶっているものです。
あるいは、自分に都合の悪いことは、他人のせいにしてしまいます。

自分がこうなった原因は他人のせいだと考えるのです。
この心理が原因で、都合の悪いことは端に追いやって、ただただ自分の優位性だけを他人にアピールするのです。
なので、自然と他人を見下す態度に出てしまうのです。

自己顕示欲の強い人の特徴②根拠のない自信に満ちている

自己顕示欲の強い人とは、根拠のない自信に満ち溢れている意味の人です。

周りから見ると、なんでこんなに自信満々なのか理解に苦しみますが、本人はそんなことは御構い無しです。

普通人間は、自己を高く評価はしないものです。
自分をある程度卑下して捉え、そこからもっと成長することを目指すものです。


自己顕示欲の強い人は、自分を客観視できないのです。
自己評価とは、自分を客観視して初めてできるものなのです。
自己の実力に周りの評価が伴っていないのに、それに気づけないという愚かさが根拠のない自信に繋がっています。

自己顕示欲の強い人の特徴③人の話を聞かない

自己顕示欲の強い人とは、他人の話を聞かない意味の人です。

根拠のない自信を持っているのが原因で、他人からの意見やアドバイスを聞く耳がないのです。
たとえ周りから見て間違っていると思われることでも、あくまで自分の考えが正しいと決して譲ることがありません。

他人が良かれと思ってしてくれたアドバイスや意見に対しても、余計なお節介だという心理が働きます。
人の好意を素直に受け入れることが難しい、厄介な人です。


自己顕示欲の強い人の特徴④SNSでアピール

自己顕示欲の強い人とは、やたらSNSで自分をアピールすることが多い意味の人です。

FacebookなどのSNSで、旅行やデートや食事のリア充写真を投稿し、「いいね!」をどれだけもらっているかをとても気にします。
SNSのコメントには必ず返信をするのも、自己顕示欲の強い人の特徴です。

またSNSでの自撮りが多いのも特徴的です。
流行りのアプリにいち早く飛びつき、写真を加工して、反応を見ては一喜一憂するのです。

「〇〇ちゃんって、いつも充実してて楽しそうだよね!」
そんな話が小耳にはいれば、「しめしめ。」と1人満足しているのです。

しかし、中には「うざいな。」と思っている人もいるのも事実ですが、そんなことは認めようとはしません。
どこにいても写真ばかり撮っていますが、ほぼSNSにアップする写真です。

自己顕示欲の強い人の特徴⑤注目されていたい

自己顕示欲の強い人とは、いつも周りから注目されていたいと思っている意味の人です。

話題の中心を自分の方へ向けさせたいので、ことさら周りをキョロキョロ見て、自分の入る隙を探します。
どうしても輪の中の中心になりたいのが原因なのです。
その姿を目にすることさえ、なんだかうざいですね。
なんでもいいのです。
自分の優位性が保てる話題であればすぐ飛びつき、どれだけその点が優れいるのかを周りに強調し、注目を集めようと躍起になります。




自己顕示欲の強い人の特徴⑥場の空気を読まない

自己顕示欲の強い人とは、場の空気を読まない意味の人です。

自己顕示欲が強すぎるのが原因で、それまで穏やかに流れていた空気を、自分色の空気に変えることにまったく躊躇しません。
それまで続いていた会話の内容や雰囲気など御構い無し。
自分をアピールすることしか考えません。

根拠のない自信や注目されたいという欲求が強すぎるのが原因で、それまで流れていた場の空気は邪魔なだけに思えるのです。

なので、話の輪の中に自己顕示欲の強い人が割り込んでくると、場の空気が一気にしらけたりします。
当の本人は平気です。
「うざい」と思われても、自分を客観視できないので平気なのです。

自己顕示欲の強い人の特徴⑦自分の話ばかりする

自己顕示欲の強い人とは、自分の話ばかりするという意味の人のです。

会話に最中に、「私は…」「私なら…」と私私という言葉を使って、自分の話にすり替えます。
他人の話に興味がないのが、周りに露骨に伝わりますが、本人はそんなこと御構い無しです。

会話の内容が自分中心でないことが気に入らないのと、だれも自分に注目しないのが耐えられないのが原因なのです。

肝心の話の内容は、新しいものを提供することはなく、とにかく出てきた話題に自分を関係付けることに必死です。
なので、「うざい」と思われても、そのことに気づきもしないのです。

自己顕示欲の強い人の特徴⑧説教がすき

自己顕示欲の強い人とは、説教の好きな意味の人です。

説教は何よりも自分の優位性を示すことのできる絶好の場です。
相手のことを考えるというよりも、自己顕示欲を満たすための説教なので、あまり相手の問題解決には至らないことが多いです。
したり顔で「私だったらこうする。」と、お得意の自分話をしているだけなので、なんの解決にもならず、次第に相手は「なんだかうざい…。」と感じ始めます。
もちろん自己顕示欲の強い人は、そのことにも御構い無しです。

そのうち相手も自分の問題解決は遠いな、と感じ、そのうちこの人生相談の会話も、うざいと感じるようになってしまうのです。

自己顕示欲の強い人の特徴⑨思い込みが激しい

自己顕示欲の強い人とは、思い込みが激しいという意味の人です。

根拠のない自信や自分の優位性を頭から信じ、自分のことを客観視できていないが原因で、誰からも認められているという思い込みに思考が走ります。

また逆に、誰かから非難されたり責められたりした場合は、相手が自分に嫉妬していると思い込んだりします。

例えば、自分の自己顕示欲が原因で疎まれたりしたら、「自分が他の人より優れているから、そのことに嫉妬しているんだ。」という結論に至るのです。
「自分が可愛いから。」「自分の職業が立派な職業だから。」「頭がキレるから。」
など、勝手な思い込みで、さらに相手が悪いのだというさらなる思い込みに陥ります。

自己顕示欲の強い人の特徴⑩忙しいことをアピールする

自己顕示欲の強い人とは、いつも忙しいというアピールをする意味の人です。

「寝てない」
「忙しい」
「体調が悪い」
など、自分大変アピールをするのです。

また、得意げに病院に行って点滴を打ったなど、点滴の写真まで入れてSNSなどにアップします。
忙しくて休みが返上になったとか、読書に熱中して睡眠不足とか、何かと「大変だね。」と言われるような投稿をして、「大変なんだから。」アピールをするのです。

本人的には、あまり大変ではないのでしょうが、「誰もが私を忙しくさせる。もうやんなっちゃう。」みたいに周囲にアピールしたいのです。

自己顕示欲の強い人の特徴⑪打たれ弱い

自己顕示欲の強い人とは、案外打たれ弱いという意味の人のことです。

他人に非難されたり注意されて逆恨み的に激怒したり、自分が中心にならないといじけてしまったり、ちょっとしたことで案外落ち込んだりするのは、心が弱いという証拠でしょう。
周囲から責められるのは、他人からどう評価されているのかを、目の当たりにすることです。
自分を客観視できない自己顕示欲の強い人は、それが弱点なのです。

自分で自分を客観視すること避けているのが原因で、本当の自分を見つめるのが怖く、さらに本来の自分、本当の姿の自分を見せつけられるのが、心理的に怖いのです。

打たれ弱いのはそれが原因なのです。

自己顕示欲の強い人の特徴⑫上昇志向が強い

自己顕示欲の強い人とは、上昇志向の強いという意味の人です。

自分を目立たせることは、社会では成功に繋がります。
自己顕示欲が強く、押しの強い人は、要領さえ良ければスムーズに出世するでしょう。

もっと上に、もっと上にという心理が、自己顕示欲を際立たせ、その勢いで短所を脇に追いやり、社会での高い立場に上り詰める原動力になるのです。

ただし、自分の求める場が、その自己顕示欲の強でが原因で、居心地悪くなる場合もあります。
強い個性を求める仕事であれば、自己顕示欲も有効になるかもしれませんが、世の中はそんな世界ばかりではありません。
職場でうざいと思われて、孤立する場合もあるかもしれませんね。

自己顕示欲の強い人の特徴⑬過保護に育てられた

過保護に育てられた人は、自分のわがままをなんでも受け入れてもらえる環境で育っています。
「あれがしたい、これがしたい。」
「あれが欲しい、これも欲しい。」
そうやって、主義主張がなんでも受け入れてもらえる環境で育ったのが原因で、大人になってもその思い通りになる世界から抜けきれていないのです。

なんでも思い通りにさせてもらった家庭では、わがままはいくらでも受け入れてもらえたでしょう。
しかし、社会に出るとそうはいかなくなります。
わがままな自己主張は通用しないのです。
それでも長い期間で培われた子供っぽい自己顕示欲は、大人になってからもそう簡単に消えるわけではありません。


結果、失敗や挫折を素直に受け入れることができないまま大人になり、「うざい」と思われていても、そのことにすら気づけない自己顕示欲の塊のような人間になってしまうのです。

自己顕示欲の強い人との付き合い方は?

あなたの周りにもいるであろう自己顕示欲の強い人間。
うざいと思っていても、関わらないわけにはいかないし、付き合いかたを考えながらの関係を築くしかありません。
自己顕示欲の強い人との付き合い方をご紹介します!

自己顕示欲の強い人との付き合い方①さりげなく距離を置く

自己顕示欲の強い人との付き合い方は、基本近づかないようにすることです。

自己顕示欲の強い人は、相手を見てその欲を満たそうとするものです。
この人は自分の自慢話を大人しく聞いてくれそう、自分より劣っているからなんでも言える、あなたの懐に入って自己顕示欲の欲求を満たそう、そうやって付き合い方を考えているのです。

付き合い方次第で、巻き込まれると厄介なことになることが多いのです。
自己顕示欲の強い人は、あなたを引っ張り回すかもしれません。
あなたは自己顕示欲の強い人の自慢話のターゲットにはなりますが、あなたにとっては、まともな話し相手にならないし、相談事もできないのです。

さりげなく距離を置いて、あまり近づかないのが賢い付き合い方です。

自己顕示欲の強い人との付き合い方②とりあえず褒める

自己顕示欲の強い人との付き合い方は、とりあえず褒めておくということです。

会社などで、どうしても避けることのできない相手には有効かもしれません。

根拠のない自信を持っている人が多い自己顕示欲の強い人ですが、「褒めると伸びる」というところもあるので、とりあえず褒めておけば、もしかしたら、根拠のない自信に実力が伴っていくかもしれません。
いい付き合い方ができる可能性もあります。

また、自慢が始まりそうになったら、さりげなく「〇〇さんって、自慢あんまりしないとこがすごいよね!」なんて、先制攻撃しておきましょう。
出鼻を挫かれて、自慢話から逃げられるかもしれません。

自己顕示欲の強い人との付き合い方③聞き流す

自己顕示欲の強い人との付き合い方は、とりあえずニコニコしながら話を聞き流すということです。

あれこれ真に受けてはいけません。
疲れるだけですし、ストレスも溜まります。
反論や意見を言ったり、アドバイス的な発言は禁物です。
それを口にしたら最後、弾丸のように攻撃されるかもしれません。

ここは静かに、ただ相槌だけ打って、ニコニコ話を聞いているだけにしましょう。
それが一番賢い付き合い方です。

自己顕示欲の強い人との付き合い方④あなた自身が変わる

自己顕示欲の強い人と話していると、あまりの身勝手さにイライラしたりするものです。
イライラしてしまう心理の意味は、あなたがその人と同じレベルであるということを意味します。
また、自己顕示欲の強い人を見てなんとかしてギャフンと言わせたいという心理に陥ってしまうと、相手の挑発に乗っているのと同じになります。

あなた自身が成長して、意識レベルを上げることによって、自己顕示欲の強い人間なんて気にもならない、という心理にまで行くようになればいいのです。

自己顕示欲が強いかテストして見ましょう!

あなたは自己顕示欲が強い人間ですか?
自己顕示欲の強い人間は、客観的に自分を見つめることができません。
不安になったあなた、テストして見ましょう!

写真を撮られるときは?

まず最初のテストです。
例えば、3人で写真を撮るとき、どの位置に立ちますか?
もし、「真ん中!」と自信満々に答えるようであれば、自己顕示欲が高い方かもしれませんね。
たまには控えめに、端っこを選んでみましょう。

特別扱いされたら?

次のテストです。
大勢の中で特別扱いされたら、どう感じますか?
どうしたらいいかわからず困ってしまうか、とても嬉しく感じるか、どちらかでしょう。
もし、とても嬉しくて自慢しちゃう、みたいだったら自己顕示欲が強いかもしれません。

話ができる?

次のテストです。
大勢の前で、「自分のことを話してみてください。」と言われたらどんな気分になりますか?
ガンガン話せますか?
しどろもどろになって、まったく話せませんか?
もし、得意げになってガンガン話せるようであれば、自己顕示欲が強いかもしれません。
でも、自分をアピールするのも少しは大事ですからね!

声の大きさは?

次のテストです。
あなたの声は大きい方ですか?小さい方ですか?
簡単な質問ですが、声が大きい方が、やはり自己顕示欲は強い方ですね。
しかし、虫の声みたいに小さい声も困りものですね。
あまり大きな声を張り上げて自分アピールすると、周りにうざいと思われることもあるので、注意しましょう!

知らない話題を話していたら?

次のテストです。
もし周りで、あなたの知らない話題で盛り上がっていたら、あなたはどうしますか?
そのまま黙って聞いていますか?
それとも、自分の話に話題を変えますか?
その話に興味がないからと、無理矢理話題を変えようとしたら、あなたはかなり自己顕示欲が強いと言わざるを得ません。
もしそれが自分自身の話だっら尚更です。
「この人うざい。」と思われてしまいます。
周りの空気に合わせる、ということも大事なコミュニケーションの取り方です。

SNSをまめにやっている?

次のテストです。
Facebookなどの SNSにまめに投稿していますか?
ブログなどもまめに更新していますか?
自撮りが多いですか?
リア充ばっかりですか?
SNSなどは、自己顕示欲を満たす最高のツールです。
そこで思いっきり自己アピールしているようであれば、これは自己顕示欲が強いですね。
SNSもうざいと思われないように、ほどほどにしておきましょう。

目立つ服装が好き?

次のテストです。
選ぶ服は、無地より柄物や派手な色が多いですか?
また、奇抜な服装やコスプレが好きですか?
もしかしたら、口下手か何かで表現がそれしかないのかもしれませんが、やはり自己顕示欲が強いのには変わりありません。

謝るのが苦手?

次のテストです。
失敗したりした時に素直に謝る方ですか?
それともなにかと言い訳して失敗を認めない方ですか?
謝るのが苦手、あるいは謝りたくない、という人は、このテストにおいては、かなり自己顕示欲が強いと言えます。
素直になると、心も軽くなるものですよ!

アドバイスされるのは?

次のテストです。
他人からアドバイスされたり、意見されるのは嫌いですか?
もしアドバイスに対して、「そんなことないし。」とか「余計なお世話だし。」なんて考えてしまうあなたは、このテストでは、かなり自己顕示欲が強い方でしょう。
アドバイスしてくれた人は、あなたのことを思ってアドバイスしてくれたのです。

空気は自分で作るもの?

最後のテストです。
大勢でいる時、あなたは自分主導でその場の空気を作ろうとしますか?
もしそうであれば、自己顕示欲がまあまあ強い方です。
サービス精神も旺盛なので、ついつい場を盛り上げようとしてしまうのでしょうか。
しかし、その話が自分のことばっかりであれば、このテストでは自己顕示欲がとても強いに変わりますよ。

自己顕示欲の強い人の心理は?

自己顕示欲の強い人というのは、一体どんな心理が働いているのでしょう?
自己顕示欲の強い人の心理は、最初に述べた承認欲求が強いという心理とリンクします。
「自分を誰かに認めてもらいたい。」という欲求です。
SNSなどで盛んに投稿するのは、それが原因でしょう。

その心理の裏には、さらに深い心理があるのではないでしょうか?

自己顕示欲の強い人は、実はメンタルが弱く、自分に自信のない人間なのです。
それゆえ、自分を守るために硬くて大きな鎧を身につけているのです。
根拠のない自信も、やり過ぎと思える自分アピールもそうした意味があるのです。





また、子供の頃に愛情を満足に受けて育っていないという原因もあります。
人を愛したり、愛されたりということの本当の意味を理解していないのです。
自分以外の人間から与えられる愛情の欠如は、自分自身すら愛せないということにつながり、いつまでも他人からの愛情や関心を得ることを渇望します。
高学歴や派手な外見、口達者だったり、甘え上手だったり、そういった付加価値には、人に愛されたい、認められたいという心理があるのです。

【まとめ】自己顕示欲の強い人は気づかない!

いかがでしたか?
自己顕示欲の強い人は、なかなか自分でそれに気づくのは難しいようです。
特徴や心理、付き合い方などをご紹介してきました。
テストですべて当てはまるようであれば、自己改革する必要があるかもしれませんね。
SNSでの自己アピールもほどほどに。
「この人うざい!」
そう思われないように気をつけたいものですね!

うざい人間への対処法について知りたいあなたはこちら!

友達がうざい時の対処法13選!うざい友達の特徴って?
泣く女の心理って?なんでそこで泣くのかわからない!【うざい】
うざい女あるある!特徴や行動まとめ!これはうざい!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ