思いやりのある人の特徴9つ!思いやりの心を持つには?

思いやりのある人の特徴9つ!思いやりの心を持つには?

思いやりのある人って素敵ですよね。
仕事場でも、思いやりのある人と、思いやりのない人ではハッキリ分かれるのではないでしょうか。
今回は、そんな思いやりのある人の特徴を紹介させていただきます。
思いやりのある人になる方法も紹介するので参考にしてくださいね。

記事の目次

  1. 1.思いやりのある人ってどんな人?
  2. 2.思いやりのある人の特徴①相手の立場に立って考えられる
  3. 3.思いやりのある人の特徴②相手の気持ちを考えられる
  4. 4.思いやりのある人の特徴③“お互いさま”精神がある
  5. 5.思いやりのある人の特徴④自分ができる=皆ができると思わない
  6. 6.思いやりのある人の特徴⑤笑顔を大切にしている
  7. 7.思いやりのある人の特徴⑥言霊を信じている
  8. 8.思いやりのある人の特徴⑦相手に見返りを求めない
  9. 9.思いやりのある人の特徴⑧相手が求めていること以上はしない
  10. 10.思いやりのある人の特徴⑨行動がすべてだとは思っていない
  11. 11.思いやりのある人になるためにはどうしたらいい?
  12. 12.思いやりのある人になる方法①相手をよく観察する
  13. 13.思いやりのある人になる方法②皆全力でやっている前提で関わる
  14. 14.思いやりのある人になる方法③対応が分らない場合は素直に聞く
  15. 15.思いやりの心を大切に、思いやりのある人になろう♡

思いやりのある人ってどんな人?

仕事でミスをした…仕事で手いっぱいになっている…そんな時に、ふとした仕事仲間の思いやりの心に助けられた経験は誰もがあるのではないでしょうか。
思いやりのある人は、仕事やプライベートでも困っている人に安心感を与えてくれ、一緒にいるだけで心が楽になる、そんな特徴がありますよね。
出来れば誰もが思いやりの心をもって、思いやりのある人になりたいと思うのではないでしょうか。

だけど実際には、思いやりのある人とは真逆に、自分の仕事が忙しくなったり仕事でアタフタしている、仕事で腹が立つことがあったなど、自分に余裕がないときに思いやりの心が持てなくなってしまう…と言う人が多いのではないでしょうか。
思いやりのない人と言うのは、自ら思いやりのない人になろうとしてなるのではなく、仕事などで追い詰められて結果的に思いやりのない人になってしまっているケースが多々あります。
思いやりの心と言うのは、自分の心に余裕がある時に持つことは意外と簡単です。
でも、思いやりのある人というのは自分に余裕がなくても思いやりの心を持つことが出来る人。
そんな思いやりの心をもった思いやりのある人の特徴をまずは紹介していきます。

思いやりのある人の特徴①相手の立場に立って考えられる

思いやりのある人の特徴として、まずは「相手の立場に立って考えられる」ということが挙げられます。
自分に余裕がなかったり、思いやりのない人は、相手の立場も考えずに「なんでそんなことも出来ないの」とか、悩んでいる友人に対して「こうすれば簡単に解決なのになんでしないの」などと平気で思ってしまいます。

でも、そういう人に限っていざ自分が同じ状況になったときに、自分が「こうすれば解決」と思っていたことが出来るかどうかと言ったら、答えは大体NOです。
大変なときって特に、その人の立場にならないと分からないことは山ほどあります。
まったく同じ立場になることは不可能でも、思いやりのある人は、社会的立場や個人の感情すべて含めて「自分がもしこの人の立場だったら…」という風に考えることが出来る人なのです。

思いやりのある人の特徴②相手の気持ちを考えられる

思いやりのある人の特徴として、「相手の気持ちを考えられる」ということも挙げられます。
例えば仕事でミスをした相手に対して、自分にミスのしわ寄せが来た…と腹を立てることもあるかもしれませんね。
でも、思いやりのある人は、そこで腹を立てたとしてもいったん自分の胸の中にしまって相手の気持ちを考えることが出来る人なのです。

「きっと相手は、ミスをしただけでも落ち込むのに、同僚にそれをカバーしてもらうなんて申し訳ないという気持ちと、オフィスへの居づらさを感じているだろうな、俺だったらそうだ」と言った感じで、自分に置きかえてこんな時相手はどう考えているのかな、ということを自然と考えられるのが、思いやりのある人なのです。

思いやりのある人の特徴③“お互いさま”精神がある

人はどんなに注意をしていても、どんなに才能がある人でも、ベテランの人でも絶対にミスしますよね。
誰かが仕事のミスをした、何て時にはそのミスをした人が責められたり、重い空気になってしまいがちですが、明日は自分が大きなミスをするかもしれません。
自分は絶対にしないなんて言いきれる人はいないですよね。

仕事のミスに関わらず、人に迷惑をかけることだって、人に助けてほしいと思うことだって、ある意味すべてがお互いさまなんです。
私は今誰かを助ける立場かもしれないけれど、明日には誰かにきっと助けられている。
そんな風に物事をとらえることが出来る人は、思いやりのある人です。

思いやりのある人の特徴④自分ができる=皆ができると思わない

思いやりのない人は、自分が出来ることを人ができずに悩んでいたり、ミスしてしまったりすると「なんでこんなことも出来ないんだ」「俺だったら3分で終わらせられるけど」なんてことを思ってしまいがちです。
でも、人には得意不得意があって当たり前ですし、もしかしたらそのジャンルではその人の方が上手でも、ほかのジャンルでは違うかもしれませんよね。

思いやりのある人は、非常に謙虚で自分が出来るからってみんなが出来るとは思っていません。
自分が出来ることを、できない人がいたとすれば、それは教えてあげるか代わりにやってあげるかどちらかをすればいいだけ、という考えで決してその人を見下したりしないのです。

思いやりのある人の特徴⑤笑顔を大切にしている

思いやりのある人は、笑顔を大切にしています。
笑顔って、人を元気にしたり、安心させてあげることのできる非常に大切なものですよね。
笑顔の力は本当にすごいです。
思いやりのある人は、この笑顔の力を理解して、笑顔でいることをとても大切にしています。

どんなに親切にしていても、無愛想な態度だったり「仕方ねえからするわ」なんて嫌々な態度でされると、手伝ってもらった相手もちょっと気分が悪いですよね。
せっかく心の中で思いやりを持っていても、それでは非常にもったいないです。
だからこそ、思いやりのある人は笑顔を大切にするんですよ。

次のページ

思いやりのある人の特徴⑥言霊を信じている

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely