「地頭がいい」の意味とは?地頭がいい人の特徴も解説

「地頭が良い(悪い)」とは、一体どのような意味を持つのでしょうか?調べてみると「地頭」は、情報化社会に生きる私たち社会人にとって、とても大切な言葉のようです。ただの「頭」とは違う意味を抑えて、日常生活における鍛え方もご紹介します。

「地頭がいい」の意味とは?地頭がいい人の特徴も解説のイメージ

目次

  1. 「地頭」とは、どういった意味を持つのか?
  2. 「地頭」の「地」の意味・2つ
  3. 「地」の読み方をふまえて、「地頭」の意味を考える
  4. 具体的な例で「地頭」の読み方を考えましょう
  5. 「地頭」を鍛える方法
  6. 地頭=情報構築力を見る具体例
  7. 地頭を鍛える=構造化する習慣をつける
  8. 地頭=情報構築力を鍛える具体例
  9. 地頭を鍛えると、要領が格段に良くなる
  10. まとめ:地頭は、日常生活で鍛えることができる

「地頭」とは、どういった意味を持つのか?

「地頭が良い人」と聞いて、あなたはどんな印象を持ちますか?「知識のある人」「暗記力のある人」というような意味では、ただの「頭の良い人」の読み方と変わりがありません。

「地頭」の本当の意味を捉えるには、「地」の漢字に注目すべきです。まず、「地」の意味を大きく2つに分けてみましょう。

「地頭」の「地」の意味・2つ

(1)「物事の基礎」

どのような仕事の種類にも、基本となる能力や知識というものがあります。筋道立った会話や、最低限のマナー、報告・連絡・相談を怠らない伝達力、などがそうです。

この基礎が無い限り、どれほど専門的な知識や行動力があったとしても、仕事を人並みにこなすことはできないでしょう。要領が悪い人や、人付き合いが悪い人が昇進しにくいのは周知の事実だと思います。
私たちは、仕事人であるよりも先に「社会人」、もしくは「常識人」でなくてはならないのです。

「地頭」の「地」は、このような物事の基礎として必要な能力を指す読み方です。

(2)「生まれもった本質」

「ふとした瞬間に地が出る」という言葉のように、「地」は、その人本来の性質を表すことがあります。

社会人たるもの、普段の自分とは違う仮面を被らなくてはならないときがあります。態度が悪い人に対しても謙虚な態度をとり、嫌な仕事も積極的にこなし、場の空気の読み方を学び、自分から話題を広げ・・・本来の自分とは正反対の態度をとることも、珍しいことではありません。

しかし、そういった取り繕われた自分から、ときおり「本来の自分」が顔を覗かせることがあります。職場の中でも、気の置けない同僚には自分の本心を見せて接することができるでしょう。その瞬間に現れる自分自身は、その人の真実の姿である、といっても良いと思います。

「地頭」の「地」は、その人の本来の性質、つまり本質を表す言葉でもあるのです。

「地」の読み方をふまえて、「地頭」の意味を考える

(1)「物事の基礎」

では、ここまでで紹介した「地」の読み方2つから、「地頭」の意味を考えてみましょう。

まず(1)の読み方から、「地頭」とは、「社会人としての基本知識を身に着けている」という意味を持っていることになります。

「地頭が良い」とは、「仕事に必要な専門的知識が豊富」なこととは違います。あくまで、仕事人よりも、社会人として必要な基本マナーがあるかどうか、が重要なのです。
したがって、「地頭が悪い」とは、仕事ができるできないよりも前に、社会人としてのマナーや要領に欠けている状態をあらわします。

(2)「生まれもった本質」

(2)の「生まれもった本質」から「地頭」を考えると、「地頭」はその人の先天性の能力や資質を指す、いわゆる「才能」のような意味に捉えかねません。
しかし、これはあくまで「地」の読み方です。「地頭」という言葉には、先天性の能力に加え、ビジネスの場で鍛えることのできる後天性の能力も含まれることになります。

(2)の「本質」という意味から捉えるべき「地頭」の意味とは、「自分自身で考える発想力」です。本から得た知識のみで考えるのではなく、その場の状況に合わせ、臨機応変な対応をとることができる能力を指すのです。

具体的な例で「地頭」の読み方を考えましょう

「頭が良い」とは、事前に渡されたテキストの知識を完璧に覚えこんで、どのような問題にも答えられる知識を指します。試験直前や試験中、より多くの問題をとき、より高い点数をとるための時間配分や見直しができる能力も、これに当たります。

では、「地頭が良い」とはどういう状態かというと、試験によって得た知識によって、物事の本質を捉える能力を指します。つまり、仕事に必要な基礎知識をもち、なおかつ、問題解決のためにその知識を応用することができる人を、「地頭が良い人」と呼ぶのです。

では、この2つの意味を合わせたとき、「地頭」にはどのような意味が適応されるのでしょうか
。ここまではわかりやすい例として「地頭」を考えましたが、ビジネスの場では、より深く「地頭」の読み方を考えるべきです。次項では、「地頭を鍛える」ことを主題にして、もう少し深く意味を探っていきましょう。

「地頭」を鍛える方法

情報構築力を鍛える

地頭の良い人は、膨大な資料を読みこなし、その情報を総括して考える能力に長けています。一つ一つの情報を把握することは誰にでもできます。問題は、その情報を俯瞰して捉え、論理的にまとめ上げる能力です。これが、本質を見抜く地頭を鍛えるということです。

地頭=情報構築力を見る具体例

例えば、利益の薄い受注を迫ってくる営業がいたとしましょう。「地頭の悪い人」ならば、そういった営業を片端から拒絶することで利益を守ろうとするでしょう。
しかし、「地頭の良い人」は、まず採算を考えます。会社の採算が営業の評価指数に入っていない状況が、営業の無理強いの根本的原因であることを突き止めるのです。

さらに、営業と製造元の連携が上手くとれず、生産ラインが滞っていたとします。
「地頭の悪い人」は、おそらくここで営業と製造の連携会議を発案するでしょう。しかし、問題点が浮き彫りになっていない状態で会議をしても、解決策を得ることは難しいはずです。部署同士の不満の言い合いで会議が埋め尽くされ、無駄な時間ばかりが過ぎていきます。
ここで、「地頭の良い人」ならば、営業と製造元が見るべき会社の採算が必要なことに気づくでしょう。互いの言い分が通らない本当の原因は、会社共通のモノサシが無いことなのです。

つまりここで見た2つの問題点は、どちらも会社の採算が軽視されていたことに発していたのです。

地頭を鍛える=構造化する習慣をつける

一見ばらばらに見える問題点が、実は会社の採算が重視されていない状況を示していたことがわかりました。「地頭の良い人」は、こういった問題点の本質を見抜くことに長けているのです。そして、その能力は日々の生活で鍛えることができます。

地頭を鍛えるためには、日常生活の問題点をひとつひとつ纏め上げ、論理的に考えることを習慣づけなければなりません。これを「構造化」という読み方で呼びましょう。

地頭=情報構築力を鍛える具体例

たとえば、企業研究の際、多くの会社の情報を集めたはいいものの、どれに絞るべきかわからない、という場合があるでしょう。
そんなとき、企業それぞれに共通する項目、たとえば理念や市場規模、教育制度などを一旦表にまとめあげれば、企業の違いが明確になります。
そしてさらに、自分自身が重要視する項目はどれなのか、その読み方も必要になります。

他の企業にある利点が、自分にとってどのようにプラスになるかを考えます。その利点は、会社の財務部門なのか、顧客部門なのか、それとも業務体系なのか・・・わかったら、その部門ごとにまた細かくリサーチして、さらに構造化してまとめ上げるのです。

地頭を鍛えると、要領が格段に良くなる

情報を闇雲に集めるだけでは、地頭を鍛えることにはなりません。それぞれの会社の違いを明確にし、自分の要望も整理し、それらを統合しなければならないのです。

地頭を鍛えると、話し方も違ってきます。情報が構造化されているということは、今問われていること、話すべきことの分類がすでに頭の中でできている状態です。分類された情報を重点的に話すことができるため、話が脱線したり、要領を得なかったりすることはありません。

このように情報構築力を鍛えることが、地頭の良い人になるには不可欠です。もし、アナタの日常に何か問題点や不満が有る場合は、地頭を鍛える絶好のチャンスです。問題点を一つ一つを書き起こし、それらの本質を見抜くため、情報を整理してみましょう。
問題点を構造化してみれば、大本の原因はたった一つだった、なんてこともあるかもしれません。一つ一つの問題を個別に解決していくよりも、効率的に事態を収束させることができるのです。

■関連記事:要領について気になる方はこちらもチェック!

要領がいい人の特徴11選!要領を良くするには?【必見】
要領が悪い人の原因とは!改善すべきポイント教えます

まとめ:地頭は、日常生活で鍛えることができる

社会人として多くの人を纏め上げるポジションにいる人にとって、地頭を鍛えることはとても重要です。多くの情報を総括して、論理的にまとめあげることは、事態の把握に役立ちます。

問題点が山積みでどれから手をつければいいのかわからない、という場合、情報を構造化することをまず第一に考えましょう。考えるよりも先に行動する悪いクセは、やはり改めるべきです。行動の開始は、大本の原因がわかってからで遅くありません。
地頭を鍛えることは、一生物の能力を与えてくれることでしょう。

もっとデキる人になるための情報が知りたいアナタヘ

仕事が遅い人の特徴は?原因と改善策11選!
「デキる男」の特徴11選!仕事も恋愛もできる男になるには!
説明下手の人の特徴!原因と克服方法は?説明の練習をしよう
仕事が忙しい時の乗り越え方11選!リフレッシュしよう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ