妊娠2週目の妊婦や赤ちゃんの症状!なにか変化はあるの?

妊娠して2週目の妊婦や、赤ちゃんに起こる症状をご紹介します。妊娠2週目には、卵子と精子が出会って受精卵が作られます。その時期にも、つわりや出血などの症状は起こるのでしょうか?エコーで見られる赤ちゃんの様子もふまえながら解説します。

妊娠2週目の妊婦や赤ちゃんの症状!なにか変化はあるの?のイメージ

目次

  1. 妊娠2週目の体は、どんな状態?
  2. 妊娠2週目の体に起こる症状は?
  3. 妊娠2週目以後から、妊娠超初期症状が現れる?
  4. 妊娠2週目以後に起こる妊娠超初期症状(1)腹痛
  5. 妊娠2週目以後に起こる妊娠超初期症状(2)出血
  6. 妊娠2週目以後に起こる妊娠超初期症状(3)吐き気
  7. まとめ(1)妊娠2週目には、つわりの症状は起きない
  8. 妊娠2週目のエコー写真には、何が写る?
  9. 妊娠2週目に検査薬を使ってもOK?
  10. 妊娠2週目に中絶手術はできる?
  11. 妊娠2週目以後の中絶手術の方法とは?
  12. 妊娠2週目以後の中絶手術の方法(1)掻爬(そうは)法
  13. 妊娠2週目以後の中絶手術の方法(2)吸引法
  14. 妊娠2週目以後の中絶手術、その後の対応は?
  15. 終わりに・妊娠2週目は普段通りの生活をおくろう

妊娠2週目の体は、どんな状態?

妊娠2週目は、生理が終わってから1週間が過ぎた時点を指します。生理周期を28日とすれば、生理開始日の2週間後の頃に排卵が起こるため、ちょうどその時期にあたることになります。

卵子の寿命はおよそ8~12時間。精子の寿命はおよそ48~72時間です。したがって、排卵日の1~2日ほど前に性交を行うと、妊娠の確率が大きくなるといわれています。
つまり、妊娠2週目の女性の体は、一番妊娠しやすい時期といえるのです。

妊娠2週目の体に起こる症状は?

「妊娠初期症状」と呼ばれる症状があります。これは、女性の子宮に受精卵が着床することによって、体内のホルモンバランスが崩れ、体に様々な変化が起こる症状のことです。俗に「つわり」という呼び方をされる場合もあります。

ただし、着床の時期は妊娠3週目ごろといわれ、つわりの症状が起きるのも、一般的には妊娠5週目ごろからと言われています。
したがって、妊娠2週目ではまだつわりの症状が現れることはありません。たとえ何か体に異変があったとしても、それは妊娠とは別の原因があるとみて間違いないでしょう。

妊娠2週目以後から、妊娠超初期症状が現れる?

ただし、「妊娠『超』初期症状」という症状は、妊娠2週目以後の、妊娠3週目頃から起きる可能性があります。これは、着床した女性に体に起きる様々な症状の総称です。

生理前の腹痛や吐き気と症状が似通っているため、妊娠との関連性の区別がつきにくいのが特徴です。この妊娠超初期症状も「つわり」という呼び方をされます。つわりに悩まされる期間は、とても個人差が大きいのです。
では、妊娠2週目以後から起こる可能性のある、妊娠超初期症状について詳しく見ていきましょう。

■参考記事:妊娠超初期の変化と過ごし方についてはコチラも参照!

【おりものの変化】妊娠超初期・着床後はおりものがどう変わる?
妊娠超初期の飲酒・アルコールの胎児への影響は?【要注意】

妊娠2週目以後に起こる妊娠超初期症状(1)腹痛

妊娠超初期症状=つわりは、生理前の症状と区別が付きにくいと説明しました。なぜなら、妊娠5週目くらいならまだしも、生理が終わって1~2週目ごろの体は、妊娠していなくても不調が続きがちだからです。

しかし、不調のメカニズムはまったく違います。生理前の症状は、体内の余分なものを排出しようとして起こります。対して、つわりは、子宮を大きく成長させるために起こるのです。

その症状の最もたる例が「腹痛」です。
妊娠すると子宮が拡張し、周囲の血管や臓器、筋肉にも影響を及ぼして、痛みの症状となって現れます。
妊娠2週目以後の腹痛は、重い生理中の時のような我慢できない痛みではありません。チクチクと針で刺されるような腹痛、引っ張られるような腹痛など、「なんとなく違和感があるかも?」というくらいの軽い痛みであることがほとんどです。

妊娠2週目以後に起こる妊娠超初期症状(2)出血

妊娠2週目以後に腹痛が起きると同時に、出血がある場合もあります。出血=流産というイメージがありますが、出血の量が微量であれば「着床出血」の可能性が高く、妊娠に問題はありません。

「着床出血」とは、受精卵が子宮に着床するとき、子宮内膜を傷つけることによって起こる出血のことです。出血量はほんのわずかで、分泌されるおりものにほんの少し色が付く程度です。出血は、水っぽいピンク色や茶色をしていることが多く、期間も長く続きません。
もしも、出血の期間が長く続き、量も多い場合は医師に相談しましょう。

妊娠2週目以後に起こる妊娠超初期症状(3)吐き気

本来ならば妊娠5週目くらいから起きる吐き気の症状が、早い人ならば妊娠2週目以後から起きることもあります。これも、着床が完了して体内のホルモンバランスが崩れることが原因の、つわりの症状です。

始めは軽い吐き気だったものがどんどん悪化し、合わせて胃腸の働きも弱くなる可能性があります。吐き気があると、食事も満足に取ることができません。
中には、吐き気と同時に便秘や下痢が併発することもあります。吐き気の症状は、長い人だと妊娠2週目~妊娠16週目まで続くこともあり、早くからの対策が必要です。

まとめ(1)妊娠2週目には、つわりの症状は起きない

ここまで、妊娠2週目以後に起こる妊娠超初期症状についてご紹介しました。
まとめると、妊娠2週目には、まだ着床も終わっていないために、女性の体調が大きく変化することはありません。吐き気や腹痛のような症状が現れるのは、早くても妊娠3週目以後になります。

妊娠2週目ごろに何か体の不調があるときは、妊娠とは関係ないところに原因があるのかもしれません。
妊娠を強く希望する女性であればあるほど、自分の体の変化には敏感になるでしょう。しかし、すべての症状を妊娠と結びつけるのは短絡的というものです。
正確な判断をするためにも、妊娠2週目ごろに体の異変があるときは医師に相談するようにしましょう。

妊娠2週目のエコー写真には、何が写る?

妊娠2週目は、大きく成長した卵胞(卵子の入れ物)が排卵した状態を、エコー写真で写すことができます。それでも、卵胞の大きさはまだ1.5~2cmほどです。
この頃に卵子と精子が出会い、受精が行われます。受精卵の大きさは、直径0.1~0.2mmほどです。卵胞の大きさよりも小さくなってしまうため、エコーで写すことはできません。
この時点から妊娠3週目の終わりまでは、子宮内の赤ちゃんの姿をエコーで確認することはできません。しかし、「胎嚢」と呼ばれる袋の中で確実に赤ちゃんが育っています。

妊娠2ヶ月のエコー写真では、この胎嚢と、そのなかの赤ちゃんのモトである「胎芽」がちゃんとあるか、そしてそれらが子宮内にあるか。まずはこの2点を確認します。
さらに、赤ちゃんの心拍が確認されて始めて、妊娠していることが確定となります。

エコー写真を撮るときは、同時に子宮に異常が無いかもチェックされます。妊娠2週目では、赤ちゃんの姿を見ることはできません。しかし、赤ちゃんの成長のためにできることはあるようです。

妊娠2週目に検査薬を使ってもOK?

妊娠超初期にあたる妊娠2週目に、妊娠検査薬を使っても正しい結果は得られるのでしょうか?
結論から言うと、それは「NO」です。

もっとも早い時期から検査できる「早期妊娠検査薬」でも、利用できるのは「生理開始予定日から」となっています。つまり、生理が終わって1週間しか経っていない妊娠2週目には、どのような検査薬でも正確な検査結果を出すことはできないのです。

妊娠が確定した人のアンケートでは、生理開始予定日の3日前に検査薬を使ったところ、50%の確率で陽性反応が出た、というデータがあります。
つまり、他の50%の人は、妊娠しているにも拘らず、検査薬の結果は陰性だった、ということです。
生理開始予定日3日前、つまり妊娠3週目以後に検査薬を使ったとしてもこの結果なのです。妊娠2週目ごろに検査薬を使用しても、正確な結果が出る可能性はきわめて低いでしょう。

妊娠2週目に中絶手術はできる?

やむを得ない理由で中絶手術をするとき、妊娠2週目ごろのタイミングは不適当なのでしょうか?

そもそも、妊娠初期は妊娠が分かって間もないタイミングのため、まずは婦人科で正常な妊娠かどうかを診断する必要があります。
エコー写真の項でも説明したとおり、妊娠2週目には赤ちゃんのモトである胎嚢が確認できる場合があります。その時点で中絶を決めたとしても、一般的な医療機関では、妊娠4週目以降の中絶手術を勧めるところがほとんどです。

妊娠検査薬で陽性反応を自分で確認した後、医師の診察を受け、手術に問題がないと判断されて初めて、同意書や手術日決定の手続きに入ります。

妊娠2週目以後の中絶手術の方法とは?

手術当日は麻酔をかけるため、手術の前日から飲食を断つ必要があります。
手術は、最初に子宮の入り口に細い棒を入れて広げ、その後に麻酔をかけて、以下に紹介する2つの方法のどちらかによって行われます。

妊娠2週目以後の中絶手術の方法(1)掻爬(そうは)法

特別な器具を使って子宮の入り口を開き、そこからトングに似た器具と、スプーン状の器具を挿入して、子宮内のものを取り出す手術です。
手術自体は10~15分程度で終わり、体調は悪くなければ日帰りも可能です。

妊娠2週目以後の中絶手術の方法(2)吸引法

子宮の入り口を開くまでは掻爬法と同じです。こちらの手術で挿入するのは掃除機のような器具で、子宮の中のものを吸い取る方法をとります。

いずれにしても、妊娠初期の中絶手術は難しいものではありません。麻酔も効いているため、痛みも無く、体に負担がかかることは無いでしょう。しかし、点滴で麻酔が注入されるときや、麻酔が切れた後に一時的に腹痛が起きることはあるようです。

妊娠2週目以後の中絶手術、その後の対応は?

中絶手術後の数日は安静にし、医師から処方された薬を飲む必要があります。また、1週間ほどはお風呂で湯船に入れなくなるので、注意が必要です。

また、妊娠初期ごろの中絶手術が難しくないと入っても、合併症の危険は免れません。子宮の中のものを取り残してしまったり、子宮内についた傷口から感染症にかかることもあります。さらには、子宮に穴が開いたり、中絶手術中や手術後に大量に出血したりすることもあるのです。

すくなくとも中絶手術後の1週間は体に気を配り、通院を続けるようにしましょう。

終わりに・妊娠2週目は普段通りの生活をおくろう

妊娠2週目は、排卵が終わり、エコー検査で赤ちゃんのモトが写る時期です。しかし、着床しているわけではないため、妊娠初期症状=つわりのような症状が起きることはまず無いと考えてよいでしょう。女性の体が変化するのは、もう少し後のことになります。

妊娠を希望している人にとっては、この頃から妊娠検査薬を使いたくてたまらなくなっているかもしれません。しかし、この時点でいかなる検査薬を使っても、正確な検査結果は出ません。陰性結果を見て落胆するよりも、早期妊娠検査薬を使える生理開始予定日まで気長に待つほうが、よほど精神が安定すると思います。

妊娠2週目ごろは、ただでさえ心が不安定になりがちです。自分の体の調子を気にかけるのは良いことですが、必要以上に神経過敏になることは控えたいものです。
元気な赤ちゃんの姿がエコーで見られるまであと少しです。今は、普段どおりの生活を心がけて、ストレスフリーで過ごしましょう。

もっと「妊娠初期」について知りたいアナタへ!

妊娠初期は食欲が増す?減る?食欲旺盛・不振の原因と対策を各々解説
鼻水が止まらないのは妊娠初期症状?風邪との違いは?妊娠性鼻炎とは
妊娠初期の頻尿の原因と対策は?残尿感が強くて大変?
妊娠初期の動悸・息切れの原因は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ