寝相が悪い?大人・子ども別に原因と対策解説!

恋人や旦那、子ども…一緒に暮らしていると悪い寝相にビックリすることがありますよね。寝相アートが流行っているように子どもの寝相はなんだか可愛くてほっこりしますが、大人の寝相は改善する方が良いのでしょうか。大人・子ども別に悪い寝相の原因と改善策をご紹介します。

寝相が悪い?大人・子ども別に原因と対策解説!のイメージ

目次

  1. どのような姿勢で眠っていますか?
  2. どんな寝方が寝相が悪いっていうの?
  3. 寝相が悪いとどのような影響があるの?
  4. 大人の寝相が悪い原因って?
  5. 【大人の寝相が悪い原因】睡眠環境
  6. 【大人の寝相が悪い原因】自律神経の乱れ
  7. 子どもの寝相が悪い原因って?
  8. 【子どもの寝相が悪い原因】レム睡眠とノンレム睡眠
  9. 【子どもの寝相が悪い原因】成長ホルモン
  10. 子どもの悪い寝相は改善する方が良いの?
  11. 子どもの睡眠を妨げずにママの安眠を確保する対策は?
  12. 寝相で性格や疲労している箇所が分かるってホント?その心理は?
  13. 【大人の悪い寝相の改善方法】睡眠環境
  14. 【大人の悪い寝相の改善方法】自律神経を安定させる
  15. 悪い寝相を改善して良い暮らしをしよう!

どのような姿勢で眠っていますか?

あなたは普段どのような姿勢で寝ていますか?

恋人や旦那、子どもと一緒に暮らしていると、ハッとするような悪い寝相をみることもあるのではないでしょうか。私は子どもと旦那がどちらも寝相が悪いのに同じポーズで寝ていたときは、ほっこりしたことがあります。

相手の寝相は分かっていても自分の寝相は自分では把握できないですよね。もし寝相が悪くても気にせずに、良くする方法を考えようなんて思わないことでしょう。

しかし、寝相が悪いことは体にとっていくつものデメリットがあることをご存知でしょうか。
今回は、そんな〝悪い寝相〟についてご紹介したいと思います。

どんな寝方が寝相が悪いっていうの?

そもそも寝相が悪いとは、どのような寝相をいうのでしょうか。

自分の寝相が良いか分からなければ、対策もしようがありませんよね。まずは自分の寝相が悪いのかを知ることから始めましょう。

次のような寝相をしていると、寝相が悪く、体への負担があると言われています。

●寝た方向とは別の方向を向いて起きることがある

●枕が頭から外れている

●起きると布団をかぶって寝ていない

●うつ伏せで寝ている

●バンザイをして寝ている

●膝を曲げて寝ている

●仰向けで膝を立てて寝ている


うつ伏せや膝を曲げて寝ている方は多いのではないでしょうか。このような寝方をしている方は寝相が悪いために、睡眠が浅くなっている可能性があります。暮らしの中でしっかり改善していきましょう。

寝相が悪いとどのような影響があるの?

寝相が悪いということは、体や心にトラブルをかかえている!という証拠でもあります。
では、そのまま放置しているとどのような影響があるのでしょうか。


●睡眠不足

●肩こり

●腰痛

●血行不良

●集中力の低下

●いびき

●無呼吸症候群

●免疫力の低下

●肌荒れ

●自立神経失調症

このように寝相を良くする対策をしなければ、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。

その他にも、寝相が悪いことで寝違えてしまう確率が高くなるともいわれています。寝ている人は無意識なので、回避することは中々難しいですよね。寝違えによる痛みは、日中の動作も制限されてしまうので、できれば寝相を良くする対策をして、そのような状況はさけたいものです。

また寝相の悪さによる血行不良は、肩こりやむくみにもつながり、朝目が覚めても体の疲れがとれていないということにもなりかねません。症状がひどい場合は病院で治療しなければいけない場合もあるので、早めに良くする方法を考える必要があります。

大人の寝相が悪い原因って?

寝相が悪いと日常的にも影響を及ぼしてしまうことが多いということが分かりました。このようなリスクを減らすためにも悪い寝相を良くする方法を考えていく必要があります。

まずは寝相が悪くなってしまう原因を把握しましょう。寝相が悪くなる原因は、大人と子どもでは大きく異なります。まずは大人の寝相が悪い原因をみていきましょう。

【大人の寝相が悪い原因】睡眠環境

大人の寝相が悪い原因の一つとして〝睡眠環境〟があげられます。

睡眠環境と言ってもパッと何が原因か分からない方もいるかもしれません。ほとんどの方に当てはまる原因といえるのが「枕」です。枕の高さは寝ているときの呼吸と関係しています。寝ている間に息苦しくなると無意識に寝る体勢を変えるので、寝相が悪くなってしまうのです。

枕の高さは人によってあう高さが変わってきますが、寝相の悪い人は、高い枕を使用しがちです。枕が高いと首がもちあげられます。長時間その体勢でいると呼吸がしづらくなり、寝相の悪さの原因に繋がるのです。

また、敷布団やベッドの硬さとも関連があります。寝具があわないとしっくりいく場所を求めて、寝返りの回数も増えます。その結果いつの間にか寝た方向とは別の方向を向いて寝ていた!なんてことになるんですね。

また部屋の温度や湿度が適切でない場合も寝相が悪くなります。

大人の体は基本的に寝ている間、体温が下がります。特に夏場は寝る前に快適な温度に設定したつもりでも、冷房がききすぎてしまい、気づくと身体が冷え切ってしまっていたという経験をされた方もいらっしゃることでしょう。

季節によって異なりますが、夏は26~28度、冬は18度前後、湿度は50%程度が適当と言われています。一見湿度は関係ないように思いますが、乾燥しすぎていると喉に影響するので、渇いて咳き込み、その結果睡眠を妨げる原因となるのです。



人によって真っ暗な部屋では寝れないという人もいますが、実は、人間は暗闇で無音の方が一番快眠できるといわれています。

日常の騒音やテレビの音に慣れてしまい、就寝時にも音や光がないと落ち着かないような気がするだけで、本来は眠るための暗さや静けさは必要です。

テレビを見ているとよくうとうとしてしまい、テレビの音が心地よいオルゴールのように聞こえて熟睡できそうな気がしていました。しかしテレビをつけっぱなしで寝ているということは、眼球はテレビの閃光を感じているわけですから、目に良くない環境でもありますよね。

このように温度・湿度、光、音、寝具など睡眠環境が悪いと眠りが浅くなり、寝相が悪くなる原因となります。

【大人の寝相が悪い原因】自律神経の乱れ

人間の体内には無数の神経があります。その中でも内臓の働きなどを調整してくれるのが「自律神経」です。自律神経が乱れると心と体にさまざまな支障がでると言われています。

自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントールするために、24時間働き続けています。自律神経には、昼間や活動しているときに活発になり、心と体のバランス状態を保つ「交感神経」と夜間やリラックスしているときに活発になる、心と体を休ませる「副交感神経」の2種類があります。

「交感神経」と「副交感神経」がうまくバランスをとりあうことで、私たちの健康が保たれているわけですが、このバランスが崩れると心身に支障をきたします。これが「自律神経の乱れ」といわれる状態です。

ストレス社会の現代。人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレス、過労による肉体疲労、不規則な生活など、自律神経が乱れることで寝つきが悪くなったり、夜中に目を覚ましてしまいます。そうすると当然眠りが浅くなってしまい、寝相が悪くなる原因となります。

また眠りが浅いため、十分な睡眠がとれず、ますます自律神経が乱れるという悪循環が生まれてしまいます。

子どもの寝相が悪い原因って?

大人の寝相が悪い原因は、多くが睡眠環境にあることが分かりましたが、子どもの寝相はどうなのでしょうか。

一緒に暮らしていると「本当に寝ているの?」と疑ってしまうような寝方をしていたり、一緒に寝ていると蹴られ叩かれ…夜中に痛みで飛び起きることもしばしばですよね。

半回転していたり、「どうしてそんな姿勢で寝れるの?」と思うくらい、ほとんどの子どもが寝相が悪いイメージですが、原因は何なんでしょうか。

【子どもの寝相が悪い原因】レム睡眠とノンレム睡眠

子どもの寝相が悪い原因は、レム睡眠とノンレム睡眠に関係しているといわれています。

人間の睡眠は、眠りが浅く、脳が起きている状態で、身体を休ませる眠りのレム睡眠と、深い眠りで熟睡した状態で、脳も活動を低下させ、休息状態であるノンレム睡眠の2種類があります。

一般的に眠りについた直後はノンレム睡眠で、その後ノンレム睡眠とレム睡眠を約90~120分周期で交互に繰り返します。日中に運動量や精神的負担が増えるとノンレム睡眠が長く、深くなると言われています。

深い眠りの状態である「徐波睡眠」は大脳が休んでいる状態のため、体の位置や姿勢を保つことができなくなります。子どもは特にこの「徐波睡眠」が大人より長いので、よく動いてベッドから落ちてしまったり、布団から出てしまうのです。寝相が悪いということは、脳がしっかり休んでいるという証拠なので、寝相が悪い方がむしろ安心であるとも言えますね。

【子どもの寝相が悪い原因】成長ホルモン

夜中寝ている間に分泌される成長ホルモンは、昼間受けた体のダメージを癒し、子どもの体を成長させるホルモンです。

この成長ホルモンが分泌するためには、体の深部体温(体の内部の温度)を下げる必要があります。そのため、寝ている子どもは深部体温を体外に発散させようとし、寝返りが多くなって寝相が悪くなってしまうのです。

ただでさえ子どもの体温は高いので、睡眠時はより体が熱く感じるようです。そのため、少しでも熱を発散しようとあちこち転がって体勢を変えているのですね。

また睡眠中に寝返りをうつことで、日中の体の歪みや筋肉などの疲れをとっているともいわれています。

子どもの悪い寝相は改善する方が良いの?

大人と違って子どもの寝相の悪さは自然なものなので、あまり心配する必要がありません。一緒に寝ている大人は夜中に起こされて大変ではありますが、成長過程の子どもにとって、寝相が悪いのは当たり前のことなのです。

寝相が悪い=元気に成長している証拠ともいえるので、無理に寝相を良くする対策はせずに、子どもの睡眠を邪魔しないことが大切です。睡眠の質が落ちているように感じる場合は、睡眠前にジュースを飲ませたり、テレビを見せたりしたいようにするなど、ベッドに入る前から神経を敏感にさせないようにしましょう。

また子どものうちから敏感に寝相を良くする対策をする必要はありませんが、多くの人は寝相を気にする機会を逃したまま大人になります。高校生になる15~16歳前後の体ができあがった頃に枕を購入したり、睡眠環境を改善してあげると良いでしょう。

子どもの睡眠を妨げずにママの安眠を確保する対策は?

子どもの寝相が悪くても安心ということは分かりましたが、布団をかけてもすぐに蹴り上げてしまい、体調を崩してしまわないか不安にもなりますよね。それに家事に育児に忙しい日々を過ごすママにとっては、睡眠は大切です。毎日パンチとキックをされては睡眠不足でママの方が寝相が悪くなってしまうかもしれません。

人間は体が温まると体の深部体温が下がって眠くなります。また成長ホルモンは体の深部体温が下がるとたくさんでる仕組みなっています。体の深部体温が下がるということは、深部からの放熱によって、体の表面の温度(体温)が上がるということでもあるので、子どもは暑いと感じているのです。そこで温度を下げようと、布団をはぎ、蹴飛ばし、寝返りを打つというわけです。


子どもの睡眠を妨げずにママの安眠を確保する対策として、寝室の温度や掛けている布団を見直してあげましょう。冷え対策として腹巻を活用し、かけ布団も軽くてなるべく体にまとわりつかないものが良いですよ。

寝相で性格や疲労している箇所が分かるってホント?その心理は?

単純に寝やすいからと思っている寝相ですが、寝相で性格分析や疲れている箇所が分かるという深層心理もあります。一緒に暮らしているとふっと気になるのが相手の本音や性格。自分やパートナーの寝相で心理テストしてみましょう。

●うつぶせ型の心理
神経質な人に多い寝相で、周囲にも気を使い、気配りする几帳面なタイプ。胃の調子が悪い時や肺・心臓に負担がかかっている場合にうつぶせで寝ることが増えます。

●胎児型の心理
内向的で自分の殻に閉じこもりがちです。甘えん坊な性格で、深層心理はいつも誰かに頼っていたい依存心が強いタイプ。眠っても自分を解放できていないため、強い心理的ストレスにさらされている場合があります。

●横向き型の心理
手を脚の方に伸ばしている人は社交的で見知らぬ人でもすぐに信用してしまう傾向があります。手を前にして寝る人は開放的な性格で疑い深いタイプです。さらにひじやひざを抱えている場合は呼吸器官の調子が悪く、心配事や不安がある場合が多いようです。

●仰向け型の心理
大の字で寝ている場合はのびのびと育った自分に自信を持っている人が多く、寛大で人の話を聞くのが上手な人が多い寝相です。両手を挙げた状態の場合、首や頭が疲れている場合があります。また肩がこっている場合も肩甲骨が緊張しているため、両手をあげて寝ることが多くなります。

寝相で心理テストができるのは面白いですよね。

悪い寝相はやはりストレスや疲れからくることが多いようですね。枕などを抱いて寝る人や膝を立てたまま寝る人、胸の上に手を置いて寝る人もいるので、他にもいろんな心理があると思います。寝相&性格&深層心理でもっと調べてみると面白いかもしれないですね。

■関連記事:心理テストについて知りたい方はこちらもチェック!

カップルの寝方・寝相で相性がわかる!診断11選!【深層心理】
【心理テスト】指や手を使って相手の気持ちがわかる!

【大人の悪い寝相の改善方法】睡眠環境

暮らしの中で悪い寝相を良くする方法としてあげられるのが「睡眠環境」です。
「睡眠環境」を良くすることでほとんどの寝相が改善します。では早速、ご紹介していきましょう。

●寝具
寝苦しいと寝相が悪くなるので、快適に眠ることのできる寝具選びは重要です。快適に眠れる寝具の条件は以下の通りです。

①体の一部だけ沈み込まない
②寝返りがうちやすい
③頭部と首が安定している
④頭部と首がフィットしている枕
⑤保湿性が高い

●照明
通常が30ルクス程度の光であれば、睡眠に影響ないと言われています。自然に目が覚めるように太陽光が入る薄手のカーテンがお勧めです。

●温度・湿度
夏は26~28度、冬は18度前後、湿度は50%程度が快適と感じる理想の温度と湿度です。暖房・冷房のかけすぎに注意しましょう。


このように「睡眠環境」をちょっと良くするだけで悪い寝相が改善する場合が多いので、ぜひ試してみてくださいね。

【大人の悪い寝相の改善方法】自律神経を安定させる

自律神経が不安定だと寝ていても力が入ってしまい、苦しい状態になり寝相が悪くなります。自律神経が不安定になる原因は「ストレス」です。ストレスを改善する方法が一番ですが、ストレス社会の中でストレスなしで暮らしていくというのも難しいですよね。

そのため、自律神経を安定させる方法として、寝る前にリラックスさせてくれる方法で対策するのはいかがでしょうか。

●心地よく感じる音楽
脳をリラックスさせてくれるような、川の流れや波の音、クラシックなどがお勧めです。寝つきを良くするだけではなく、熟睡しやすいといわれています。

●アロマ
アロマの香りは、心を落ち着かせて安眠効果をもたらすといわれています。アロマキャンドルやアロマポット、アロマランプ、お香などの方法もあります。ラベンダーやマンダリンの香りはリラックス効果が高く、オレンジ・スイートの香りは安眠効果が高いといわれています。自分好みの癒されるエッセンシャルオイルを選んでみましょう。

●ドリンク
寝る前にお酒を飲むと入眠効果があるといわれていますが、体内でアルコールが分解され始めると眠りを妨げてしまいます。寝る前にリラックスさせてくれるお勧めのドリンクはホットミルクです。ホットミルクは、あらゆる栄養素が含まれているので、興奮をおさえて、自律神経のバランスを整えてくれます。また深部体温を上昇させる作用もあるので、眠気を生じやすくなります。

その他にも適度な運動で汗をかいたり、熱中できる趣味を見つける、マッサージやエステに行く、愚痴を言い合える友達と定期的に食事する…など暮らしの中でストレスを解消する方法はたくさんあります。コレをすればスッキリするという方法を見つけて、寝相を良くする対策をしていきましょう。

悪い寝相を改善して良い暮らしをしよう!

寝相が悪い?大人・子ども別に原因と対策解説!はいかがでしたか?

人間は人生の1/3を寝て過ごしているといわれています。寝相が悪いことで良質な睡眠がとれず、暮らしの中でも支障をきたしてしまう場合もあります。暮らしの中で寝相を良くする方法をいくつか紹介しましたが、あまりにも寝相が悪いという方は、一度専門のカウンセラーに相談するのも良いでしょう。

寝相が悪いということは、体調不良のサインである場合もあります。寝相なんて…とは思わず、美容や健康にも繋がってくるので、良い暮らしのためにもできることから改善していきましょう。

もっと睡眠に関する情報について知りたいあなたへ!

早く寝るには?早く寝る方法とコツ11選!
分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?
よく夢を見る理由・原因とは?睡眠との関係は?
赤ちゃんと添い寝はいつから?新生児と一緒に安全に寝る方法解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ