髪の毛を寄付するヘアドネーションの方法と注意点とは?

女優の水野美紀さんや柴崎コウさんが髪の毛を寄付したと公表して注目を集めているヘアドネーションをご存知ですか?寄付した髪の毛は小児がんと闘う子どもたちへの医療用ウィッグに使われます。ここではヘアドネーションの方法や注意点をご紹介します。

髪の毛を寄付するヘアドネーションの方法と注意点とは?のイメージ

目次

  1. へアドネーションとは
  2. 有名人のへアドネーション(髪の毛の寄付)①水野美紀さん
  3. 有名人のヘアドネーション(髪の毛の寄付)②柴崎コウさん
  4. 有名人のヘアドネーション(髪の毛の寄付)③三吉彩花さん
  5. 有名人のヘアドネーション(髪の毛の寄付)④佐々木あさひさん
  6. 有名人のへアドネーション(髪の毛の寄付)⑤紅欄さん
  7. ヘアドネーション(髪の毛の寄付)について知りたい
  8. ヘアドネーション(髪の毛の寄付)団体①JHD&C
  9. ヘアドネーション(髪の毛の寄付)団体②つな髪
  10. へアドネーション(髪の毛の寄付)に必要な髪の毛の長さ
  11. 寄付できる髪の毛の長さの条件①JHD&C(ジャーダック)
  12. 寄付できる髪の毛の長さの条件②つな髪の条件
  13. へアドネーション(髪の毛の寄付)の注意点
  14. 注意点①髪の毛は完全に乾いた状態であること
  15. 注意点②髪の毛の切り口はゴムでまとめる
  16. 注意点③寄付する時の髪の毛は同一人物ごとにまとめる
  17. 注意点④できるだけダメージの少ない髪の毛であること
  18. ヘアドネーション(髪の毛の寄付)髪の毛を切る方法
  19. ヘアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院
  20. ヘアドネーション(髪の毛の寄付)の送り先
  21. ヘアドネーション(髪の毛の寄付)まとめ

へアドネーションとは

ヘア=髪の毛
ドネーション=寄付
ヘアドネーションとは”髪の毛の寄付"の事です。
寄付した髪の毛は小児がんや無毛症の子どもたちへの医療ウィッグに使われます。
最近では、水野美紀さんや柴崎コウさんなどの有名人がヘアドネーション(髪の毛の寄付)した事や乳がんでなくなった小林麻央さんが抗がん剤治療前に髪の毛を切ったときにヘアドネーション(髪の毛の寄付)をしなかったことを公開していると公表し話題になっています。

■関連記事:髪の毛を売る方法について気になる方はこちらもチェック!

髪の毛は売ることができる!値段や販売方法など解説!【小遣い稼ぎ】

有名人のへアドネーション(髪の毛の寄付)①水野美紀さん

ドラマの役作りでロングヘアからショートヘアにヘアスタイルを変えると同時にへアドネーション(髪の毛の寄付)をされたそうです。
芸能人で初めてへアドネーション(髪の毛の寄付)をしたと言われています。
ヘアドネーション(髪の毛の寄付)を美容院でお願いすると自分でハサミを入れさせてくれることが多いんです。
水野美紀さんもブロッキング後自分でハサミを入れていますね♪

有名人のヘアドネーション(髪の毛の寄付)②柴崎コウさん

柴崎コウさんがインスタグラムでヘアドネーション(髪の毛の寄付)をしたことを公表して一気に注目度がUPしました。
トレードマークの長くて艶やかな黒髪を「誰かの役に立てたら・・・」そんな思いでへアドネーション(髪の毛の寄付)をされました。
カット後のショートヘアも似合っていましたよね。
金髪にしたりとヘアスタイルが変わったことで歌手や女優としても幅が広がった気がします。

有名人のヘアドネーション(髪の毛の寄付)③三吉彩花さん

20歳になった時にヘアドネーション(髪の毛の寄付)をしようと決めていたそうです。
三吉さんのように何かの目的(結婚式や成人式など)で伸ばしていた人がヘアスタイルを変えるときにヘアドネーション(髪の毛の寄付)されることも増えています。

有名人のヘアドネーション(髪の毛の寄付)④佐々木あさひさん

YouTuberの佐々木あさひさんです。
9年ほど前に海外のYouTuberが作成したヘアドネーション(髪の毛の寄付)を知ってもらうための動画をみていつか自分も日本でヘアドネーション(髪の毛の寄付)を広める動画を作りたいと思ったそうです。
動画ではカットの様子やヘアドネーション(髪の毛の寄付)の条件やヘアドネーション(髪の毛の寄付)の方法についてわかりやすく解説されています。
すっごく明るくて前向きな動画で自分もヘアドネーション(髪の毛の寄付)したいなと思わせてくれます。

有名人のへアドネーション(髪の毛の寄付)⑤紅欄さん

ヘアードライヤーのイベントで50cmもの髪の毛をバッサリとカット!!
公の場でカットする事に少し抵抗はあったようですが、へアドネーション(髪の毛の寄付)がもっと広がってほしいとの思いから了承されました。
貴重な50cmをへアドネーション(髪の毛の寄付)できて嬉しかったみたいです。
へアドネーション(髪の毛の寄付)どんどん広まってほしいですね!

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)について知りたい

自分の髪の毛が誰かの役に立つヘアドネーション(髪の毛の寄付)
「どうせなら誰かの役に立ちたい」と思っても、どのような団体がこの活動をしていて、どのような流れで自分の髪の毛がウィッグになるのか、どの美容院へ行けばいいのか、何か条件はあるのか・・・方法がわからないと何もできませんよね。
そこで、ヘアドネーション(髪の毛の寄付)を行っている団体やヘアドネーション(髪の毛の寄付)の条件やへアドネーション(髪の毛の寄付)の方法などわかりやすくご紹介いたします!

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)団体①JHD&C

NPO法人 Japan Hair Donation & Charity(通称:ジャーダック)
ヘアドネーション(髪の毛の寄付)や寄付金の受付を日本で初めておこなった団体です。
子どもが小児がんや無毛症などで髪の毛をなくすことによるショックや人目を気にしなければならないストレスを軽減し、ほかの子と同様に日常生活を送れるようにと人毛100%のフルウィッグを18歳までのお子さんに無償で提供されています。
市販されているウィッグの大半は大人の女性用でそれをテープなどで留めて使用するとかぶれの原因にもなりますし、人毛100%のウィッグはとにかく値段が高い!成長していく過程で何度もサイズを変更していかなくてはいけないので金銭的負担も大きくなりますからこのような活動は病気と闘う子どもや親にとってありがたく励みになると思います。
フルオーダーなので自分の頭の大きさにぴったりサイズで、ヘアスタイルもオーダー可能なんです!ウィッグをつけて美容院の鏡の前に座る子どもたちはみんなとびっきりの笑顔です。

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)団体②つな髪

理念や無償で人毛100%のウィッグを提供するのところはJHD&C(ジャーダック)と変わりありません。
もともと医療用のウィッグ専門店で取り扱っているウィッグを子どもサイズで提供されているようで、高い技術が期待できます。
JHD&C(ジャーダック)がフルウィッグのみの取り扱いに対してつな髪では部分ウィッグや髪の毛つきインナーキャップウィッグも扱っているので寄付をする髪の毛の長さの条件がJHD&C(ジャーダック)よりも短くてもできるので気軽にヘアドネーション(髪の毛の寄付)ができます。

へアドネーション(髪の毛の寄付)に必要な髪の毛の長さ

へアドネーション(髪の毛の寄付)にはどれくらいの髪の毛の長さが必要なのでしょうか。
JHD&C(ジャーダック)とつな髪ではへアドネーション(髪の毛の寄付)に必要な髪の毛の長さの条件が違いますので、それぞれご紹介します。

寄付できる髪の毛の長さの条件①JHD&C(ジャーダック)

JHD&C(ジャーダック)では、「髪の毛の長さ31cm以上」からへアドネーション(髪の毛の寄付)が可能です。
頭頂部から31cmだと大人で肩にかかる位の長さですね。
子どもの希望に沿ったヘアスタイルでウィッグを作成してくれるのも嬉しいですね!
今は、ロングヘアを希望する子も多くて50cmの長さの髪の毛が不足しているとのことです。
長ければ長い髪の毛ほど必要とされているのですね。
「ロングヘアがいい」とか「ショートカットがいい」とか好みのヘアスタイルをしたい気持ち、わかります。
50cmの髪の毛の長さがなかなか想像できないし相当ハードルも高いですが、子どもたちの憧れのヘアスタイル叶えてあげたいですね・・・。

髪の毛は1ヶ月で約1cm伸びると言われています。
31cmとなると最短でも2年7か月かかりますね・・・。
この写真がすごく参考になりますが、カット後の自分のヘアスタイルも考えると腰にかかる長さまで伸ばすのがベストですね。
ここまでバッサリカットすると爽快ですね♪

寄付できる髪の毛の長さの条件②つな髪の条件

つな髪は
①部分ウィッグ用で「髪の毛の長さ15cm以上」
②フルウィッグ用で「髪の毛の長さ31cm以上」
からへアドネーション(髪の毛の寄付)が可能です。
JHD&C(ジャーダック)よりも条件が優しいですね。
髪の毛の長さ15cmからなら子どもや男性でも気軽にへアドネーション(髪の毛の寄付)できますね。

カット後のヘアスタイルをここまでのショートヘアにするなら、髪の毛の長さが肩にかかる位でもへアドネーション(髪の毛の寄付)ができるんですね。
カット後のヘアスタイルをボブにしたいなら肩甲骨にかかる位の長さまで伸ばせば大丈夫そうです。
育児や仕事の関係でロングは無理!とあきらめていた方もつな髪ならヘアドネーション(髪の毛の寄付)ができますね♪

つな髪でへアドネーション(髪の毛の寄付)をすると認定書がもらえます。
髪の毛を伸ばすのは大変ですが・・・へアドネーション(髪の毛の寄付)の認定書を見ると次も頑張ろう!と励みになりますね♪

へアドネーション(髪の毛の寄付)の注意点

へアドネーション(髪の毛の寄付)が出来る髪の毛の長さの条件はJHD&C(ジャーダック)とつな髪で異なる部分はありましたが、それ以外の細かな注意点は各団体共通しています。
せっかくのへアドネーション(髪の毛の寄付)を無駄にしないためにも気を付けたいですね。

注意点①髪の毛は完全に乾いた状態であること

美容院ではまずヘアドネーション(髪の毛の寄付)をする髪の毛を乾いた状態でカットしてからヘアスタイルを整えていきます。
前日もしくは当日の予約時間までには、髪の毛を洗ってしっかり乾かしていきましょう。
また、当日は整髪料なども使用しないようにしましょう。

湿っている髪の毛は、カビや雑菌が繁殖する可能性があります。他の方の毛束にも影響する恐れがありますので、完全に乾燥した状態でお送りください。

■関連記事:髪の乾かし方について気になる方はこちらもチェック!

髪の乾かし方次第で美髪を作れる!正しい髪の乾かし方を知ろう

注意点②髪の毛の切り口はゴムでまとめる

ウィッグは切り口側を根元にして作られます。
切り口と毛先がばらけてしまわないようにしっかりとゴムでまとめましょう。
JHD&C(ジャーダック)のサイトには
・細い毛束でまとめる場合には切り口から1cmほど上でしばる
・太い毛束でまとめる場合には切り口から2cmほど上でしばる
とブロッキング方法が記載されています。

賛同美容院だとへドネーション(髪の毛の寄付)やへアドネーション(髪の毛のき寄付)の方法を熟知しているので、なるべく多くの髪の毛がカットできるようにブロッキングしてくれます。
へアドネーション(髪の毛の寄付)するなら少しでも多く役立ててほしいですよね!

注意点③寄付する時の髪の毛は同一人物ごとにまとめる

ブロッキングして切った髪の毛はさらにひとまとめにしてジップロックなどの袋に入れます。
ウィッグを作る際に髪質や髪の毛の色などで髪の毛の選別を行いますので、必ず髪の毛は同一人物ごとに袋に入れてください。
友達や家族と一緒に寄付するときも一人分ずつ袋に分けて入れてからまとめて発送しましょう!

注意点④できるだけダメージの少ない髪の毛であること

「枝毛のないさらさら艶々ロングじゃなきゃだめなの?」
いいえダメージとは”ひっぱっただけで髪の毛が切れてしまう”状態のことです。
ブリーチなどのハードな施術を繰り返し行わない限り”ひっぱただけで髪の毛がきれてしまう”状態にはならないそうなので安心ですね。
ダメージが少なければどんな髪質・髪色でもヘアドネーション(髪の毛の寄付)ができます!

パーマ、癖毛、縮毛矯正、どんな髪質も問いません

ウィッグを作る際に薬剤やヘアカラーで髪の毛を均一にするので問題ないそうです。
ヘアドネーション(髪の毛の寄付)をするからとわざわざパーマへアをストレートに戻すことも縮毛矯正をやり直す必要もありません。

ヘアカラー、もともと髪の色が明るい、白髪大丈夫です

痛みがなければ、どんな髪の毛の色でも大丈夫です!
下の写真、きれいな白髪ですね!美容師さんも憧れるくらいに髪の毛の状態もよいそうです。
幼稚園で働いていて園児に「エルサ」と呼ばれているそうですよ♪
ヘアドネーション(髪の毛の寄付)をされるなんて「エルサ」と同じく素敵な女性ですね♪

年齢、性別、国籍問いません

年齢、性別、国籍はまったく関係ありません!
痛みがなく31cm(もしくは15cm)の髪の毛の長さがあれば条件はクリアです!
最近では、男女問わずキッズのへアドネーション(髪の毛の寄付)も増えているそうです。
男の子の場合は、伸ばすまでの間に「髪の毛切らないの?」と聞かれたり「女の子みたい」とからかわれる事もあるので、本人が意思をしっかり持って取り組まないと難しいと思います。
女の子は七五三が終わってへアドネーション(髪の毛の寄付)をすることが多いみたいです。自分のこだわりもあるでしょうからしっかりと話し合って本人の意思を尊重してあげてください。

「病気の子どもにウィッグを作ってあげるため」とへアドネーション(髪の毛の寄付)についてしっかりと理解して取り組んでくれたそうです。
なんだか誇らしげな笑顔が素敵ですね♪

この方、なんと男性なんです!!!
同じ切るならとヘアドネーション(髪の毛の寄付)をされたようです。
ヘアスタイルとしてロングヘアにされている男性もいますが、最近ではヘアドネーション(髪の毛の寄付)のために髪の毛を伸ばしている男性もいるみたいです。
男性芸能人でも、ロン毛(肩にかかるくらいの長さ)は日本ではなかなか理解されにくいのにヘアドネーション(髪の毛の寄付)の為にここまで伸ばすなんて素敵ですね♪

韓国のへアドネーション(髪の毛の寄付)の認定書です。
世界各国でへアドネーション(髪の毛の寄付)が広まるといいですね♪

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)髪の毛を切る方法

①自分でカット
②いきつけの美容院でお願いする
③ヘアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院でお願いする
大体この3つの方法があります。

①自分でカットする

JHD&C(ジャーダック)やつな髪の定めるヘアドネーション(髪の毛の寄付)の条件やヘアドネーション(髪の毛の寄付)の方法をよく理解していないとできないですね。
ブロッキング方法やカット後のヘアスタイルをどうするかなど色々難しいと思うのですが・・・自分でカットしたワイルドな方もいます。
家でヘアドネーション(髪の毛の寄付)する部分だけカットしてから美容院でヘアスタイルを整えているようですが,その場合は事前に事情を説明しておいたほうがよさそうです。
前髪を自分で切っただけでも「自分できりましたぁ?」なんてチクッと言われちゃうくらいですからね。
カットから郵送まですべて自分でしなくてはいけないので結構大変です。

こちらはブロッキング方法を紹介してくれています。
どうしても、自宅でしかカット出来ない場合は参考に出来ますね。

②いきつけの美容院でお願いする

まだまだ世間でのヘアドネーション(髪の毛の寄付)の認知度は高くありません。
それは美容師、美容院も同じでいきなり行って「ヘアドネーション(髪の毛の寄付)がしたい」と言っても「ヘアドネーション(髪の毛の寄付)て何ですか?」となるケースもあります。
また、SNSをみてもわかるようにヘアドネーション(髪の毛の寄付)をされる方は、髪の毛の写真と撮影することもあって通常の施術よりも時間がかかりますので、断られるケースもあるようです。
JHD&C(ジャーーダック)またはつな髪の賛同美容院でカットしてもらうのがヘアドネーション(髪の毛の寄付)の条件や、ヘアドネーション(髪の毛の寄付)の方法を熟知しているので安心ですが、自宅から遠いなどの理由で賛同美容院以外の美容院にお願いする場合は以下のことに注意しましょう。

・事前にヘアドネーション(髪の毛の寄付)をしたいので協力してもらえるか確認する
・ヘアドネーション(髪の毛の寄付)の方法をJHD&C(ジャーダック)やつな髪のサイトから印刷するなどして美容院にしっかりと理解してもらう
カットしてもらった髪の毛は自分で持ち帰って郵送になります。
ヘアドネーション(髪の毛の寄付)を知らない美容師、美容院に理解してもらうのは大変な事です。
でも、あなたがヘアドネーション(髪の毛の寄付)をしたことで、へアドネーション(髪の毛の寄付)の事が広まり、その美容院がヘアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院になってくれたら嬉しいですね!

③ヘアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院でお願いする

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)の条件やヘアドネーション(髪の毛の寄付)の方法を熟知してるヘアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院にお願いするのが一番失敗もなくて安心です!
カット後のヘアスタイルのカウンセリングもしっかりしてくれて、希望のヘアスタイルに合わせてブロッキングしてくれるのでカット後「思っていたより短い!」なんてことが少ないです。
今の自分の髪の毛の長さがヘアドネーション(髪の毛の寄付)の条件にあっているかなど不安であれば一度ヘアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院へ行きアドバイスをもらうのも良いと思います。
「すいている部分が多いからあと3ヶ月位伸ばした方がいい」など的確なアドバイスをもらえますよ!
へアドネーション(髪の毛の寄付)の郵送までやってくれたり、トリートメント無料など特典がついている美容院もあります!

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院

JHD&C(ジャーダック)のHP
つな髪のHP
でお近くのへアドネーション(髪の毛の寄付)賛同美容院を検索できますので活用してください。

JHD&C(ジャーダック)賛同美容院

つな髪賛同美容院

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)の送り先

JHD&C(ジャーダック)
〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎5-7-11 アベニュー中津803号
「JHD&C ヘアドネーション係」宛
宅配便記載用連絡先 06-6147-5316

つな髪
〒530-0001 
大阪府大阪市北区梅田3丁目3−45 マルイト西梅田ビル2F
(株)グローウィング つな髪係
※事前につな髪HPでのエントリーが必要です。

送付は普通郵便でも大丈夫ですが、料金不足が発生することが多いようなので、きちんと郵便局で計りましょう!
追跡ができる宅急便やレターパックがお勧めです♪

ヘアドネーション(髪の毛の寄付)まとめ

①条件
JHD&C(ジャーダック)/髪の毛の長さ31cm以上
つな髪/髪の毛の長さ15cm以上
②注意点
・完全にかわいた髪の毛であること
・髪の毛の切り口はゴムでまとめる
・人物ごとにわける
・ダメージの少ない髪の毛であること
③その他
・パーマ、くせ毛、縮毛矯正、髪質は問いません
・地毛が明るい、白髪問題ありません
・性別、年齢、国籍問いません
④髪の毛を切る方法
・自分で切る
・行きつけの美容院で切る
・賛同美容院で切る
⑤送り先
JHD&C(ジャーダック)
〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎5-7-11 アベニュー中津803号
「JHD&C ヘアドネーション係」宛
宅配便記載用連絡先 06-6147-5316

つな髪
〒530-0001 
大阪府大阪市北区梅田3丁目3−45 マルイト西梅田ビル2F
(株)グローウィング つな髪係
※事前につな髪HPでのエントリーが必要です。


最近認知されてきたヘアドネーション(髪の毛の寄付)ですが、まだまだウィッグを必要としている子どもはたくさんいます。
1人分のウィッグを作るのに20,30人分の髪の毛が必要です。

JHD&C(ジャーダック)31cm以上、つな髪15cm以上、ダメージの少ない髪の毛であれば誰でもできるヘアドネーション(髪の毛の寄付)
男性でもここまで伸ばして寄付されている人もいます。

男性の長髪はなかなか理解されませんし、男女問わず仕事の関係で長い髪の毛は難しかったりしますよね。
でも、何か力になりたい!と思われる方はJHD&C(ジャーダック)の募金やボランティアに参加することもできます。

美容院へ行ってヘアスタイルを変えると気持ちも明るく前向きになりますよね!
それは きっと病気と闘う子ども達も一緒だと思います。
病気と闘う子ども達が前向きに、明るく、楽しく日常生活を送っていける手助けになるヘアドネーション(髪の毛の寄付)
もっとたくさんの人に広まり、ヘアドネーション(髪の毛の寄付)の輪が広まってほしいですね!

もっとヘアケアについて知りたいあなたへ!

髪の乾燥の原因と対策!パサパサを防ぐ方法15選!【ヘアケア講座】
ヘアオイルの使い方解説!正しい使い方を知ればセットもしやすくなる!
髪の毛を早く伸ばす方法17選!一週間でこんなに伸びる?
トリートメントの正しい使い方!効果的に使ってツヤ髪に!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ