妊婦は緑茶を飲んで良い?お茶のカフェイン量や影響を解説!

妊娠中妊婦さんの飲み物って結構気を使いますよね。 中でも日本人にゆかりのある緑茶にはカフェインが含まれているのか?もし含まれているとしたらどんな影響があるのか気になりますよね。 この記事では妊婦さんと緑茶の関係について徹底的にまとめています。

妊婦は緑茶を飲んで良い?お茶のカフェイン量や影響を解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】妊婦中の妊婦さんと緑茶について
  2. 緑茶とは?緑茶についての簡単なまとめ
  3. 一言に緑茶とは言ってもその種類は様々
  4. 緑茶に含まれる成分
  5. 緑茶とカフェインについて
  6. カフェインが妊婦さんに与える影響とは?
  7. 妊婦さんは毎日緑茶を飲むのはOK?
  8. 妊婦さんが気をつけておきたいカフェインを含む飲み物とは?
  9. 妊婦さんが安心して毎日飲めるカフェインレスのお茶とは?
  10. 【まとめ】妊娠中の妊婦さんと緑茶について

【はじめに】妊婦中の妊婦さんと緑茶について

待望の赤ちゃんを授かり、毎日幸せな妊婦生活を過ごしている方も多いのではないでしょうか?

ですが、そんな妊娠中にどのような食生活を送るのがベストなのか、よく知らない方も多いことでしょう。

今回この記事では、妊婦さんは緑茶を飲んでもいいのか、飲んでも良い場合毎日摂取しても良いのか、そしてお茶のカフェイン量や影響などについてまとめています。
記事の後半では、カフェインを含む飲料・ノンカフェインの飲料についてもまとめています。

これを読んで、妊婦のあなたも楽しくお茶ライフを送ってみましょう。

緑茶とは?緑茶についての簡単なまとめ

緑茶と言えば、昔から日本人に馴染みの深いお茶ですよね。
毎日・毎食飲んでいるという人も多いかもしれません。

昔は急須にお湯を注いで湯呑で飲むのが一般的でしたが、近年はペットボトルでも販売されていて、気軽に飲むことができます。

カロリーゼロで、ある種の癌にも効果的とのことで、積極的に摂取することは健康にも良いとされています。


◆関連記事:妊婦とうなぎの関係は!?

妊婦がうなぎやレバーを食べても大丈夫?妊娠中の胎児への影響は?

一言に緑茶とは言ってもその種類は様々

一言に緑茶とは言っても、その種類は様々です。

緑茶は、大きく分けると煎茶・抹茶に分類されます。
さらに煎茶には、玉露茶やかぶせ茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶などに分けられ、それぞれ味わいも異なります。

緑茶に含まれる成分

そもそも緑茶にはどういった成分が含まれているのでしょうか?

緑茶には、カテキンやカフェイン、テアニン、ビタミン、サポニンなどが含まれます。
それぞれの効果は以下の通りです。


カテキン・・・ポリフェノールの一種。殺菌作用・抗がん作用・インフルエンザにも効果があると言われている。

カフェイン・・・覚醒作用、利尿作用がある。

テアニン・・・ストレス緩和やリラックス作用、睡眠の質を改善させてくれるなどの効果がある。

ビタミン・・・美肌効果がある。

サポニン・・・冷え性の改善や、免疫力UP、コレステロールを下げる効果がある。

緑茶とカフェインについて

前述の通り、緑茶の成分の中にはカフェインが含まれています。
カフェインと聞くとあまりいいイメージを持たない方もいるかもしれないですが、カフェインを摂取するところには良いところもあります。

それは、覚醒作用(眠気を防ぐ)による勉強や運動などのやる気アップ、それに尿の排出を促す利尿作用、それから二日酔いにも効果的だと言われています。

ですが、妊娠中の妊婦さんがカフェインを摂取することはあまり推奨されていません。


◆関連記事:カフェインと言えばコーヒー!コーヒーはOK?

妊娠初期のカフェインの影響は?妊婦はコーヒーに注意すべき?

カフェインが妊婦さんに与える影響とは?

では、カフェインが妊婦さんに与える影響とは一体どのようなことなのでしょうか?

それは、妊娠期間中は妊婦さんがカフェインを摂取することによってカフェインが胎盤を通って赤ちゃんへ行き渡りやすく、赤ちゃんの体にカフェインが溜まると流産や早産、発育不良を起こす可能性があると言われているからです。

そのため、カフェインを多く含むコーヒーの過剰摂取は避けるべきだと言われています。

妊婦さんは毎日緑茶を飲むのはOK?

妊娠中の妊婦さんがカフェインを摂取する場合、その摂取量は1日100mgが妥当だと言われています。

そのため、一杯あたりに30mgカフェインを含む緑茶は、一日に3杯くらいまでにしておきましょう。
毎食1杯にすると目安量を超えることはありません。

一日の摂取量を超えなければ、緑茶を毎日飲んでも問題ないと言えるでしょう。


ただし、注意したいのは抹茶と玉露茶です。
抹茶・玉露茶は茶葉の若い芽を使用しています。
カフェインは茶葉の若い芽にたくさん含まれているので、摂取量に注意しましょう。

抹茶には1杯あたり45mg、玉露茶には1杯あたり150mgのカフェインが含まれているそうです。
抹茶であれば1日2杯程度までにし、玉露茶の場合は摂取を控えたほうが良さそうです。

少量でも緑茶のカフェイン量が気になるという妊婦さんもいるかもしれません。

KIRINの生茶にはカフェインの含まないデカフェタイプのものも販売されています。
気になる方は是非試してみてください。

妊婦さんが気をつけておきたいカフェインを含む飲み物とは?

緑茶には、多少なりともカフェインが含まれているということがお分かりいただけたかと思いますが、そのほかにもカフェインを含む飲み物が多数あります。

どの飲み物にカフェインが含まれているのかしっかり熟知して、一日のカフェイン量を超えないように気をつけましょう。

ここではどのような飲み物にどのくらいカフェインが含まれているのかをまとめています。

妊婦さん要注意!カフェインを含む飲み物!:コーヒー

コーヒーにはたくさんのカフェインが含まれていますが、妊娠前は毎日の習慣でコーヒーを飲んでいたという妊婦さんも多いのではないでしょうか?

特にエスプレッソコーヒーはカフェインの濃度が濃く、1杯あたり140mgも含まれているので1日の目安量を大幅に超えてしまいます。
妊娠中の妊婦さんがエスプレッソコーヒーを飲むことは避けたほうが良いと言えます。

市販のドリップコーヒーやインスタントコーヒーなどは1日1杯までにするのが良さそうです。

ですが、妊婦さんの中にはコーヒーが好きでコーヒー断ちするのはちょっと厳しい・・・という人もいるかもしれません。

市販のものでも、ノンカフェインのコーヒーは売られていますし、スターバックスコーヒーでもノンカフェインコーヒーを注文することができるので、どうしてもコーヒーを飲みたくなってしまったら、そういうものを利用してみましょう。

妊婦さん要注意!カフェインを含む飲み物!:紅茶

紅茶には1杯あたり30mgのカフェインが含まれています。
そのため、1日のカフェイン摂取量目安である100mgを超えないように、1日3杯以下にすればお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えることはないでしょう。

ですが、最近ではカフェインを含まないデカフェの紅茶も市販で見かけます。
味は普通の紅茶とさほど変わりはありませんので、カフェインの気になる妊婦さんにおすすめです。

妊婦さん要注意!カフェインを含む飲み物!:ほうじ茶

ほうじ茶には1杯あたり30mgのカフェインが含まれています。
そのため、1日に3杯程度におさえておくのが良いでしょう。

最近では、ほうじ茶を抹茶のように「ラテ」として飲むことも流行ってきています。

妊婦さん要注意!カフェインを含む飲み物!:烏龍茶

脂肪を燃焼しやすいなど健康的なイメージの強いウーロン茶ですが、実は少量ではありますがカフェインを含んでいます。

ウーロン茶1杯に対して30mgのカフェインが含まれているので、1日の摂取量は3杯くらいが良いでしょう。

妊婦さんが安心して毎日飲めるカフェインレスのお茶とは?

前述の通り、緑茶にはカフェインが含まれていて、1日3杯程度であれば飲んでも影響がないことがわかっていただけたかと思いますが、中には妊娠中に飲むのならカフェイン量のことを気にせずにお茶ライフを楽しみたいという方もいるかもしれません。

そういう方には、カフェインを含まないカフェインレスのお茶がおすすめです。
ここでは、よく妊婦さんに飲まれているカフェインレスのお茶について紹介していきます。

妊婦さんにおすすめ!カフェインレスのお茶:コーン茶

韓国ではお馴染みのお茶であるコーン茶。
香ばしい香りが魅力なカフェインレスのお茶なので、妊娠中でも安心して毎日飲むことができます。
ホットでもアイスでも美味しく飲めます。

妊婦さんにおすすめ!カフェインレスのお茶:ルイボスティー

ルイボスティーは南アフリカでしか生産されていないお茶です。

カフェインレスでカロリーもゼロなので妊婦さんが積極的に摂取したいお茶として人気があります。

妊婦さんにおすすめ!カフェインレスのお茶:麦茶

麦茶もカフェインレスのお茶としてよく知られています。
赤ちゃん用の麦茶も売られているくらいですので、妊婦さんでも安心して飲むことができます。

出産後の授乳期にも水分補給として毎日飲んでいる方も多いようです。

妊婦さんにおすすめ!カフェインレスのお茶:ローズヒップティー

ローズヒップティーは、バラ科の植物の実の部分から抽出されたもので、ノンカフェインなだけではなくビタミンCも豊富に含まれているお茶です。

すっきりとした酸味が魅力のハーブティーです。

【まとめ】妊娠中の妊婦さんと緑茶について

ここまで妊婦さんが緑茶を飲むことによる影響や、カフェインを含む飲料・ノンカフェインの飲料についてまとめてきました。

緑茶にはカフェインが含まれていますが、必ずしも絶対に飲んではいけない飲み物だというわけではありません。
ですが、病院ではカフェインの摂取について詳しい説明のないところもあります。
心配な場合は、かかりつけの医師に相談してみましょう。

一日の摂取量を守り、楽しい妊婦生活を送ってください。

もっと「妊婦」についての情報が知りたいあなたへ!

妊婦が胃腸炎になった時の対処法!胎児への影響は?薬は飲む?
妊婦の便秘解消法とは?妊娠初期になりやすい原因は?妊娠中の女性必見
妊娠初期におなら出るのが多い?臭くなりやすい原因は?【妊婦必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ