妊娠初期のカフェインの影響は?妊婦はコーヒーに注意すべき?

コーヒー好きの妊婦必読!妊娠初期のカフェイン摂取が妊婦とベビーにどんな影響を及ぼすのか調べてみました。妊婦にコーヒーのカフェインは悪いのか、カフェインを避けるのは妊娠初期だけでよいのか気になるところを検証。カフェインはコーヒー以外にも入ってるので要注意です。

妊娠初期のカフェインの影響は?妊婦はコーヒーに注意すべき?のイメージ

目次

  1. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦はカフェインは避けるべき?
  2. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響
  3. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響=ママ編=
  4. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響①不眠
  5. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響②胸やけ
  6. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響③不整脈
  7. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響④血圧上昇
  8. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響=ベビー編=
  9. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響①低体重
  10. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響②低酸素
  11. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響③自然流産
  12. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦は妊娠中カフェインを避けるべき
  13. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦の一日カフェイン摂取量
  14. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦が気を付けるべきカフェイン飲料
  15. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦の貧血とカフェインの関係
  16. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦はカフェインフリー飲料を
  17. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦にはカフェインフリーの緑茶
  18. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦はハーブティで体のケア
  19. 【妊娠初期とコーヒー】妊婦だけじゃない!授乳中も注意
  20. 【妊娠初期とコーヒー】危ない橋は渡らない!

【妊娠初期とコーヒー】妊婦はカフェインは避けるべき?

初めての妊娠。
妊娠してから、出産までわからない事だらけで無事にベビーが生まれてくるまで不安もたくさんありますよね。

例えば
運動はしてもいいの?
妊娠中にしてはいけない事は?
お酒は控えるべき?
などなど...

質問は泉のように湧き出てきます。
出産準備ブックを読んだって疑問は尽きません。

ここでは妊婦さんのカフェイン摂取について考えていきます。

コーヒー好きの妊婦さんも多いので、コーヒーを妊娠中は控えるべきなのか。
また、もしコーヒーを飲んでも大丈夫なら、どれくらいの量が許容範囲の摂取量なのか。
コーヒー以外のドリンクや、カフェインの胎児への影響もいろいろまとめてみました。
ぜひご参考に。

■参考記事:妊娠中は眠い…!コチラも参照

妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響

妊娠中にはコーヒーを飲まない方がいい...

そんな話はよく効きます。
出産準備ブックにも妊婦さん用の「カフェインフリー」コーヒーの宣伝が必ず載っているし、どうやらお腹の赤ちゃんにはよくないのだろう...という事は分かります。

でも、コーヒーを飲むことで具体的にどのような害が胎児に及ぶのか、はっきり答えられない人も多いのではないでしょうか?
コーヒーを飲むことで考えられる母体と、胎児への影響を一つ一つ考えていきましょう。
考えすぎてストレスになるのはよくありませんが、きちんと良くない理由を知るのは良い事です。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響=ママ編=

妊娠中にコーヒーを飲むと妊娠に影響すると言われていますが、まず、母体の影響について考えていきましょう。

コーヒーを1杯飲んだからといって「流産」するのでは?
胎児に「障害」が出たらどうしよう?

と深く悩む必要はありません。
コーヒー1杯程度なら、何の問題もないと一般的には言われています。

事実、コーヒーと妊娠への影響ははっきりした研究結果が出ていないのが現状です。
今はまだ、胎児や母体にどこか悪い所があって

「カフェインの過剰摂取が原因ではないか?」

という憶測の段階です。
しかしWHO(世界保健機関)でも妊婦のコーヒーの上限摂取量が定められていたり、はっきりした因果関係は分かっていないものの、避けるべき飲み物だとされています。
健康な成人でもカフェインの過剰摂取で健康被害が見られますから、因果関係が分からなくても悪影響は及ぼしそうですよね。
まずは母体への影響について見ていきましょう。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響①不眠

皆さんはカフェインにはどのような働きがあると思いますか?
一番皆が知っている効能が

「眠気覚まし」

ではないでしょうか?
徹夜で勉強している時、長時間運転で疲れたとき、コーヒーを飲んで眠気を覚ます。
コーヒーに含まれるカフェインはアドレナリンを放出させて眠気を覚ます効果があります。

コーヒー好きでいつもたくさん飲んでいる人はそこまで効果を感じないかもしれませんが、確かにカフェインには眠気覚ましの効能があります。

妊娠するとカフェインを分解する機能が衰えます。
それによってカフェインが血中にとどまる時間が長くなり、体に負担がかかってしまいます。
ただでさえ、妊娠中は体が過敏になっていますから、カフェインの妊婦への影響は妊娠していないときに比べると高くなります。

そのため、妊婦がコーヒーを取りすぎると(普段飲んでいる量でも)神経が刺激されてイライラしたり、不眠に苦しむことになるのです。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響②胸やけ

カフェインは消化器官に影響を及ぼすと言われています。
例えば、私の自身の話ですが、コーヒーを飲むと激しい胃痛に襲われます。
これは私の体がカフェインに合わないからですが、このようにカフェインは胃痛や胸やけを起こすことがよく確認されています。

妊娠すると体が過剰に反応するようになります。
特に妊娠初期はつわりが始まりますから、コーヒーを飲んで胃痛や胃もたれを感じるのはよくあること。
コーヒーが大好きでいつも飲んでいる妊婦さんでも同じです。

つわりと胸やけが重なる辛さは想像しただけでも分かりますよね。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響③不整脈

カフェインには不整脈を起こす危険性がある!

カフェインは摂取しすぎると「死」の危険性があるというのは知っていますか?
記憶に新しいところで言うとアルバイトの男性がカフェインの摂取りすぎで亡くなったというニュースが2015年に流れました。
カフェインに致死量があるのか?そもそもカフェインって毒だったの?
とかなり衝撃的なニュースでしたよね。

カフェインを摂取すると血中にアドレナリンが増え、一種の興奮状態に陥ります。
するとどうなるのか...

心拍数があがります。

妊婦はカフェイン分解に時間がかかりますから、普通の人よりも少量のカフェインで体が敏感になります。
そのせいで、心臓がどきどきしたり、コーヒーの摂取量によっては不整脈を引き起こすこともあるのです。
不整脈を起こすのは何も妊婦だけではなく一般的な成人でも同じこと。
ただ、妊娠している方が少量でも反応しやすいので、コーヒーを飲む時は一日に飲む量を考えなければいけません。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響④血圧上昇

妊婦がコーヒーを飲むと、心拍数が上がるだけでなく、血圧も上昇します。
妊婦はそれでなくても、妊娠高血圧症候群など、妊娠時特有の高血圧症にかかるリスクがあります。

出産時に妊娠高血圧症候群にかかっていると、母体や胎児に命の危険が及びます。
医療関係者でも妊娠高血圧症候群は大変注意すべき症状だと言われているほど。

妊婦さんは特に血圧が上がってしまうような食べ物・飲み物は避けるべきでしょう。

妊娠高血圧症候群と飲食物の関係はまだ不明ですが、高血圧にならないように日々過ごすことがお腹の赤ちゃんにとっても大切な事です。
気を付けましょう。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響=ベビー編=

ここまで、カフェインに対する妊婦の影響を見てきました。

妊婦だけではなく、健康な成人にも健康被害を及ぼす恐れのあるカフェイン。
大切にお腹の中で育てている赤ちゃんにも影響がないわけはありませんよね。

カフェインはベビーにはどのような影響を及ぼすのでしょうか?

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響①低体重

カフェインはお腹の中のベビーにはどのような影響があるのでしょう?
まず、カフェインは興奮剤、刺激剤ですから、ベビーに良い影響を与えるとは思いません。
カフェインは胎盤を通じて母体からベビーに運ばれます。

胎児はまだ内蔵機能も未熟、特に妊娠初期はまだ内蔵を作っている段階です。
当然カフェインを分解する能力はベビーにはなく、妊娠期間を通じて毎日コーヒーを飲んでいると胎児に影響が出ると考えられます。

ハーバード大学で行った研究結果によると、妊婦のカフェイン摂取によって「低体重児」のリスクが高まるそうです。

まず妊婦をカフェインを取りすぎるグループとそうでないグループに分け、それぞれを観察していきます。
すると、あまりカフェインを摂らないグループと、たくさんカフェインを摂るグループでは38%も低体重児が生まれるリスクが上がったそうです。

これをさらに分析するとカフェイン摂取量100mgに対し、低体重児のリスクは3%ずつ上昇。
100mgといえばコーヒー1杯分。
コーヒー1杯分で3%なら大した事はありませんが、一日に何杯も取りすぎるヘビーユーザーはやはり注意が必要です。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響②低酸素

カフェインは血管収縮作用により胎児に影響があると言われています。

ネットでカフェインと検索すると「血行が良くなる」「血行が悪くなる」と二つ真逆の事が書かれている事に気づくかもしれません。
それもそのはず。

カフェインは「脳」の血管を収縮させ血行を悪く、末端の血管を開き血流をよくするという2極の働きがあるのです。
体の部位で作用が違うのは驚きです。

胎盤を通じて胎児に届くカフェインはそのまま蓄積され、結果血管の収縮作用によって胎児に十分な酸素が運ばれないというリスクが考えられます。

出産時に低酸素状態で生まれてくるベビーは脳障害など、脳の発達過程における障害の恐れが予想されます。
カフェインを取りすぎることのない限り、あまり気にすることはないと言われますが、少しのリスクでも、もし自分のベビーだったら!と思うとぞっとします。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦とカフェインの影響③自然流産

カフェインの血管収縮作用により、自然流産のリスクがあがる可能性も考えられます。
自然流産はまだまだ原因がわからないものではありますが、カフェインの因果関係も可能性の一つとして挙げられています。

そもそも初期の自然流産の場合、遅めの生理かな?
という感じで妊娠に気づいていない女性も多く、それも、自然流産の原因解明の遅れにつながっています。
ただ、子宮の血管収縮作用などを考えるとカフェインの影響もゼロではない気がします。

調べてみても因果関係は分からないものの、カフェインは自然流産にまったく関係していないと考える人は少ないようです。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦は妊娠中カフェインを避けるべき

ここまで読んできてはっきりした因果関係は分からないものの、妊娠中は避けるべきだと分かりました。
医療関係者の間でも、分からないが、何らかの影響はある...という意見がほとんどです。

農林水産省からもカフェイン摂取について(健康な成人に対して)注意喚起がされています。
妊娠中であればなおさらでしょう。

アメリカやカナダ、イギリスなど、妊婦のカフェイン摂取量の上限を提案している国々でも、はっきりとした研究結果が出ていないため一日のカフェイン摂取量は各国でまちまちです。

例えば

妊娠中の1日コーヒー摂取量上限 
アメリカ   200mg
カナダ    400mg
イギリス   200mg
スウェーデン 100mg
WHO    200mg

だいたい100mgから多い国400mgとかなり差はありますが、日本では100mを基準に考えている人が多いようです。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦の一日カフェイン摂取量

一日にカフェインを取りすぎるのは母体にも胎児にもよくありません。
各国でも妊婦の1日の上限摂取量が決められています。

研究機関によっては100mgの摂取量でも胎児に影響が出ると主張するところもありますから、カフェイン100mを基準に妊婦さんがどのくらいコーヒーを摂取していいのか検証しましょう。

同じコーヒーでもドリップと、インスタントではカフェインの含有量が違います。
コーヒー2杯まで!
という風に決めてしまうと、インスタントとドリップのコーヒーで摂取量が変わってくるので、もう少し、細かくカフェインの量を調べてみます。

レギュラーコーヒー  100mg
インスタントコーヒー 65mg
エスピレッソ     77mg
カプチーノ      50mg

カプチーノとレギュラーコーヒーではカフェインの量が2倍ですね。
これは150mlを基準に計算してあります。
だいたいカップ1杯分と考えてもらえれば大丈夫です。
ただし、エスプレッソはデミカップ1杯分ですので、注意してください。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦が気を付けるべきカフェイン飲料

カフェインが入っている飲み物は何もコーヒーだけではありません。
ついコーヒーに目がいきがちですが、結構いろんなドリンクにカフェインは入っています。

そこを気づかずにコーヒーだけ控えていても、総合的にカフェインの取りすぎ...という事態になってしまいますから要注意です!

それではコーヒー以外にカフェインが含まれている飲み物を紹介します。

各種飲料のカフェイン含有量

紅 茶    30mg
緑 茶    30mg
玉 露    180mg
抹 茶    48mg
ほうじ茶   30mg
ウーロン茶  30mg
番 茶    15mg
玄米茶    15mg
ココア   10~50mg

全部コーヒーと同じように150mgで計算しています。
結構、普通に飲んでいる紅茶や緑茶にもカフェインって入っているのですよね。

コーヒー大好き妊婦さんが、コーヒーは1日1杯だけ!と決めて頑張っていたとしても...
食後に500mlのペットボトルで緑茶、またはウーロン茶を飲んだり、おやつと紅茶を一杯...なんてやっているとあっという間に摂取量200mgを超えてしまいます!

これは盲点。
気づかぬうちにに取りすぎているカフェインには気を付けないと!

紅茶が好きな妊婦さんは、簡単な方法で紅茶のカフェインの量を減らすことができます。
紅茶の抽出時間を3分とすると、紅茶の抽出時間を1分以下にする。
これだけでも紅茶カフェインの摂取量をぐんと下げることができるので試してみてください。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦の貧血とカフェインの関係

さて、母体に与えるカフェインの影響はもう一つ。
「貧血」があります。

カフェインを取りすぎて貧血を起こすわけではないのですが、貧血を悪化させる原因には数えられます。
というのも、カフェインには「タンニン」という物質が含まれており、このタンニンが鉄分の吸収を妨げるのです。

鉄分はそもそもたくさん食べても、体内に吸収されにくい栄養素です。
特に妊娠初期には、赤ちゃんのための胎盤を作るために大量の血液が必要で、貧血になりやすい状態です。
また、妊娠後期にかけては出産に向けて血液の量が増え、鉄分が足りないと、血液の量だけ増えて中身のスカスカな薄い血液になり貧血状態を招きます。

妊娠していない女性に比べ、妊娠後期の妊婦さんは鉄分摂取量が2倍に!
もともと日本人女性は貧血気味な人が多く、4人に1人は貧血、もしくは貧血予備軍。
だから、カフェインを取りすぎると、鉄分をとっても吸収されず、結果貧血になってしまうのです。
出産時に貧血だと、胎児にもママにも大変な負荷がかかり、最悪の場合両方の命にかかわります。

日頃から貧血気味の人は、カフェインは摂取量を抑えるというより、口にしない方が良いでしょう。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦はカフェインフリー飲料を

コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶にまで含まれているカフェイン。

1日1杯のコーヒーは大丈夫ですが、コーヒーを飲んだら、緑茶や紅茶を控える必要があります。
そこで、妊婦さんにはカフェインフリー飲料をお勧めします。

カフェインフリー飲料なら、カフェインの量を気にせずに飲むことができますね。

おすすめのカフェインフリー飲料

・そば茶
・ルイボスティー
・黒豆茶
・タンポポコーヒー
・甜茶(てんちゃ)
・杜仲茶(とちゅうちゃ)
・どくだみ茶
・なたまめ茶
・麦茶 などなど

食事の際に緑茶を飲む人は麦茶やルイボスティーに代えるといいですね。
甜茶やルイボスティーはアレルギーにも効くといいますし、緑茶や紅茶の代替品としては優秀なのではないでしょうか?

コンビニでお手軽に買えるドリンクなら
「十六茶」や「爽健美茶」がおすすめです。

■参考記事:妊婦が飲んでいいお茶まとめ!コチラもチェック

妊婦のお茶はこれ!カフェインの少ないおすすめのお茶まとめ!

【妊娠初期とコーヒー】妊婦にはカフェインフリーの緑茶

カフェインフリー(デカフェと呼ぶ)のコーヒーが出始めてから、カフェインを気にする若い人達が増えつつあります。
新しいトレンドといったところでしょうか。

その流れにのって、なんとカフェインフリーの緑茶も最近登場しています。

ペットボトルの緑茶「生茶」からカフェインフリーの緑茶が発売されています。
緑茶が、しかもペットボトルの緑茶がカフェインフリーということで、妊婦さんには心強い味方ですよね。
これなら外出先で緑茶が飲みたくなっても、コンビニに売っているし躊躇することなく緑茶が飲めます。

その他、カフェインフリーの緑茶のティーバッグも販売されています。
結構探すとカフェインフリーの緑茶や紅茶もあるので、妊娠中はカフェインフリーの緑茶・紅茶にシフトしたいですね。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦はハーブティで体のケア

妊娠中、カフェインを気にしてコーヒーや紅茶を控えているのなら、カフェインフリーのコーヒーや紅茶にシフトすればよいですよね。
最近はカフェインフリーのコーヒーや紅茶も続々と開発販売されるようになりました。
でも、この際、体の中から健康になるために、ハーブティにチェンジするのはどうでしょう?

ハーブティはたくさんの効能がありますから、お腹の赤ちゃんにもよさそうですよね。

ママと赤ちゃんにお勧めのハーブティは

・ローズヒップ
・ダンデライオンルート
・ハイビスカス
・ジンジャー
・ペパーミント

です。
お好みでブレンドするとさらに味に深みが増し、紅茶党の妊婦さんも大満足の味になりますよ。
血行がよくなったり、利尿効果で妊婦の浮腫みが取れたりと、何かと効果の期待できるハーブたち。ぜひ紅茶の代わりに試してみて。

ただし、ハーブの中には妊娠中禁忌なものも。
ラズベリーリーフやローズマリー、カモミールなどは妊娠中子宮の収縮を促す作用があるので飲んではいけません。
ハーブティを飲むときは「妊婦さんにお勧め!」なんて書いてあるものから選びましょう。

【妊娠初期とコーヒー】妊婦だけじゃない!授乳中も注意

カフェインの摂取量を気にするのは、出産までではありません。
母親が取り込んだカフェインは母乳を通じてベビーも飲んでしまいます。
ベビーがカフェインを取りすぎてしまったら(母乳に含まれるカフェインは少量でもベビーの体重比にしてみれば多いのです)寝ないし、ぐずるし大変です。

妊娠中ほどのリスクはないものの、授乳中のカフェインの取りすぎには気を付けましょう。

もし、うちの子今日はえらくぐずるな...
どうして泣き止まないの?

という日があるなら、その日コーヒーを取りすぎていないか振り返ってみましょう。
案外コーヒーの飲みすぎでベビーが寝ない...ということもあるようです。
子供がぐずるときほどママが大変なことはありません!

くれぐれも取りすぎには要注意。

【妊娠初期とコーヒー】危ない橋は渡らない!

いかがでしたか?
妊婦とカフェインの取りすぎについて考えてきました。
確かな因果関係ははっきりと確認されているわけではありませんが

「カフェイン取りすぎの影響によるものではないか?」

と考えられるケースはあるようです。

転ばぬ先の杖

万が一にも胎児に影響が出てしまっては、悔やんでも悔やみきれません。
今はカフェインフリーのコーヒーや紅茶がいろいろと手に入ります。

味も昔のようにまずくなくなりましたし、スターバックスなど、外出先でもデカフェが飲めます。
あえてカフェイン入りの飲み物を頼む必要はありませんね。

妊娠中の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠初期の過ごし方!生活や仕事での注意点まとめ!
妊婦がカレーを食べても大丈夫?妊娠初期は要注意?
妊娠中のストレスの赤ちゃんへの影響は?発散法と旦那の注意点も!
妊娠初期の胃痛がキリキリする!原因と対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ