コストコは高い?年会費のデメリットは?得か損か徹底調査!

倉庫に並ぶほとんどの商品が大容量でお買い得!そんなイメージを持つコストコですが、商品が大容量な分1つ1つのの値段設定が日本のスーパーよりは高いものもあるのが事実。コストコは実際のところ高いの?安いの?という疑問を解決するのに役立つ情報をご紹介します!

コストコは高い?年会費のデメリットは?得か損か徹底調査!のイメージ

目次

  1. コストコは高い?!結局のところ損か得かどっちなの?
  2. コストコは高い、コスパが悪いって本当?!
  3. コストコは年会費が高いのがデメリット?
  4. コストコは高い?!コストコで損をしてしまう可能性のある人
  5. 暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法①
  6. 暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法②
  7. 暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法③
  8. 暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法④
  9. 暮らしの知恵!コストコの高い年会費を払わない方法がある?!
  10. おわりに

コストコは高い?!結局のところ損か得かどっちなの?

アメリカに本社を構える、アメリカンサイズな大容量の商品たちが特徴の倉庫型ホールセールのお店、コストコ。

「コストコはコスパが良い!」「コストコはお買い得商品がたくさん!」という情報をテレビや雑誌、インターネットではよく目にするかと思います。

しかし!そのような情報が多く出回る一方で、コストコはコスパが悪い!コストコは値段設定が高いのでは?という声もちらほらとあるようですね。

毎日の暮らしに必要な日用品や食料品で、高い買い物をするのは誰だって嫌いです。できれば少しでもコストを抑えたいと考えることでしょう。

そんな時に、コストコは実際のところコスパを重視するという観点からみて損か得かどっちなのか?というのは明確にしておきたいところですよね。

また、コストコでコスパが悪いと言われてしまう原因の1つとも言えるのが、高い年会費です!

会員制であるコストコで買い物をするには、年会費を払ってメンバーズカードを所持している必要があるのですね。

このような高い年会費がコストコにはあるということも含めて、トータルでコストコでお買い物をするのは損か得かどっちなのか?ということを、今回はご紹介していきたいと思います。

コストコを上手く活用したいと考えている方は是非、読んでみて下さいね!


◆関連記事:コストコに行くならこのアプリを!

コストコの好き必見のアプリ!コストコの買い物に持っていきたい!

コストコは高い、コスパが悪いって本当?!

では早速、コストコの商品たちはコスパが良いのか悪いのかという部分を明確にしていきたいと思います。

まず、コストコの商品をコスパが良いのか悪いのかというのを判断するにあたって、あらかじめ理解しておく必要があるのがコストコの商品の特徴です。

コストコの商品は、ほとんどのものが輸入商品です。海外のスーパーでは日本のスーパーで売られている商品の数倍もの容量やサイズのものが平均サイズなのですね。

ですから、日本人からすれば「大きすぎ!」と思ってしまうような商品がコストコにはたくさん並んでいるのです。

容量が増えれば、やはりお値段も高くなってくるのが当然。例えば、いつも500円ほどで購入している魚が、コストコでは1000円以上で売られていたりなんていうのも当たり前。

しかし!この時に注目すべきなのが、内容量にしてのコスパが妥当かどうかです。

コストコに並ぶほとんどの商品は、ほとんどが大容量ですから、普段見慣れないような高い値段が設定されています。この見慣れない高い値段にコスパが悪いと感じてしまう人が多いのですが、実際はそんなことはない場合が多いのです。

コストコの商品の中には、なんと通常のスーパーで買うよりも半額ほどのコスパでゲットできるなんていう商品も多数あるくらいですので!

ですので、コストコ商品がコスパ悪いというのは一概には言えないのが事実ですね。

あとは、コストコは輸入商品が多いということでレートによって値段が変化するという点も理解して買い物をすれば、コスパの悪い商品を知らずに買ってしまうということは防げるでしょう。

コストコは年会費が高いのがデメリット?

コストコは、商品1つ1つのコスパに関しては悪くないものが多いということがお分かりいただけたら、次に理解しておかなければならないのが、恐らく嫌いな人も多いでしょう年会費についてです。

年会費というのは月ごとの計算にすればそれほど大きな出費ではなきかもしれませんが、それでも毎日の暮らしのなかで少しの出費もムダにしたくないという主婦の方々には、この年会費が嫌いだという方も多いでしょう。

この年会費が嫌いでデメリットと捉えている人が多いのですが、果たしてコストコの年会費は本当にデメリットでしかないのでしょうか?

コストコの年会費は、個人の場合4,400円かかります(法人の場合は3,800円です)。

1ヶ月あたりに計算にすれば、コストコの個人の年会費はおよそ370円です。

このように考えると、年会費が嫌いな主婦の方々も少しは気がラクになるのではないでしょうか?

しかし!たかが月々約370円でも、コストコは毎月行くようなお店ではありませんからやはり年会費がデメリットだと感じる方も多いかもしれませんね。

そんな方は、まずは家計簿をつけてみると良いでしょう。1ヶ月あたりの食費などを計算し、そしてコストコで実際に買い物をしてみて1ヶ月あたりの食費がどれほど変化するのかを割り出せれば、自分にとってコストコが損か得かを見極めることができます。

今までよりも370円以上月々の費用を浮かすことができれば、年会費を払ったとしても損か得かで言えば得をしていることになり、デメリットばかりではないというのがお分かりいただけるかと思います。

ですが、もしも自分にとってコストコは得ではないと判断した場合には当日にでも会員を退会することができ、年会費も全額返金してもらえるので※、まずはお試しでコストコでの買い物を楽しんでみては?

(※一度コストコの会員を退会すると、その後1年間は同じ個人情報でコストコの会員になることは出来なくなりますので注意して下さいね!)


◆関連記事:コストコ会員にはどうやってなるの!?

コストコ会員の登録・入会方法やカード1枚で入れる人数を解説!

コストコは高い?!コストコで損をしてしまう可能性のある人

ここまでは、主にコストコのコスパや年会費に注目して、コストコでのお買い物が損か得かということを考えてきました。

しかしここからは、更に個人差の出てくるであろうコストコが損か得かという点について見ていきたいと思います!

コストコというのは、大きな倉庫型のお店です。すなわち、近所のスーパーのようにどこにでもあるお店ではないのですね。

自分の住んでいるところの近くにコストコがある場合には問題ありませんが、コストコが家からかなり離れたところにある場合はコストコに行くまでのガソリン代などがかかってきます。

このような交通費の出費というのも忘れてはいけませんね!

また、コストコは先ほどから何度かご紹介してきました通り、倉庫に並ぶ商品のほとんどが大容量です。

日用品は使用期限に捉われないものがほとんどですので問題ないかと思うのですが、食品に関しては賞味期限というのが付き物です。

この賞味期限を考慮して無駄なく消費できるかというのも、コストコでのお買い物が損か得かに大きく関わってきます。

コストコで実際に支払う出費だけで見れば損が無いようにみえても、このような細々とした出費や暮らしのスタイルによってデメリットになってしまう場合もあるということなのですね。

損が嫌いな方は、このような自分の暮らしの状況によって生まれる損か得かの差も、事前に考慮する必要がありますので注意しましょう!

暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法①

では、コストコの大容量で高い単価を味方にするための賢い利用方法をご紹介したいと思います。

うまく活用できればコストコにはお得がいっぱいありますので、デメリットを出来るだけ排除して賢く利用してみましょう!

コストコを賢く利用する方法の1つめは、目先の値段にとらわれず、”〜gあたりの値段”や”1個あたりの値段”というのを重視してみて下さい。

やはり量が多いので高い値段設定になっているコストコの商品ですが、一見高く見える値段も、例えば食品の場合100gあたりの値段に換算するとスーパーよりもはるかに安くなっていることがあるのです。

ですので普段からスーパーなどで買い物をする際にも、100gあたりの値段や1つあたりの値段というのに注目しておくと、コストコで買い物をする時にも損か得かを即座に判断することができるようになります♪

この判断が正確にできれば、主婦が嫌いな年会費の元もあっという間にとることができますよ!

暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法②

コストコの大容量の食品たちを、スーパーよりもお得な値段でゲットできたとしても、その食品を活用することが出来なればデメリットとなってしまうかもしれませんね。

例えば、コストコで人気の大容量なアメリカンサイズのお肉をお得な値段で購入したとしましょう。

初めはそのお肉を炒めてシンプルに調理をするかと思いますが、たくさんあるお肉をずっと同じ調理方法でいただくのは飽きてしまいますよね。

ですので、コストコで大容量の食品を購入したら、1つの食品でどれだけのアレンジメニューを作れるかというのもポイントになってきますね。

1つのレシピだけではなく、冷蔵庫にある食材を使用したレシピを作れるようになると、よりお得にコストコを活用できますよ!

暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法③

コストコの食品を上手く活用するには、アレンジメニューを試行錯誤するのに加えて、正しい保存方法も実行しなければいけません。

コストコの食品は内容量に対して安い値段設定になっているのですが、賞味期限というのが必ず付いていますし、比較的早い賞味期限が設定されているものも多いのです。

こんなコストコの食品たちを出来るだけ長持ちさせるためには、冷蔵保存を活用しましょう!

そうすれば、例えば購入してから3日後あ賞味期限の商品でも1週間以上その食品をいただくことができます。

量があっても保存が効かなければお得とは言えませんので、こういった冷蔵保存ができるよう冷凍庫の整理整頓が必要ですね。

暮らしの知恵!「コストコは高い」を味方に変える方法④

コストコの大容量の食品を購入しても、「ぶっちゃけこんなに量は要らないな…」というような商品もあるかもしれませんね。

そのような商品を家にストックしていても、消費されずに賞味期限を迎えてしまいますので、結果的に損に繋がってしまいます。

そういった損を防ぐためにおすすめしたいのが、友達と一緒にコストコに行ってシェアできる商品を購入するという方法です!

そうすれば自分が必要なちょうど良い量の商品にのみお金を使うことができますので、ムダを省くことができます。

このようなシェアできる友人を作っておくというのも、コストコをお得に活用するポイントです!

暮らしの知恵!コストコの高い年会費を払わない方法がある?!

コストコのデメリットとして捉えらている主婦が嫌いな年会費ですが、実はこの年会費を支払わずにコストコで買い物を楽しむ方法があるのです!

その方法で一番手軽なのは、コストコのメンバーズカードを持っている友達と一緒に入店するという方法です。

1枚のメンバーズカードで、2人のゲストが同伴できるようになっています。(お会計はカードの所有者のみ行えますので、別会計は出来ません。)

また、コストコ店内で購入できるプリペイドカードを持っていれば、そのカードを使って時間入店が可能です!

しかし、メンバーズ会員でない方はお会計時に5%上乗せした金額となりますので、あらかじめ理解しておく必要がありますね。

あとは文中でもご紹介した、コストコの会員登録を済ませてから買い物を楽しみ、その当日退会するという方法もありますが、ご紹介しました通り1度会員を退会するとその後1年間は新たに会員登録が出来なくなってしまいますので注意してくださいね!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

コストコは高い、コスパが悪い!と思っていた方は、少しでもイメージが変わりましたでしょうか?

損か得かという結論については、コストコは上手く活用できればお得だと言い切っても良いでしょう!

自分の生活環境などもしっかり考慮して、お得にコストコでの買い物を楽しんでみて下さいね!

もっとコストコについて知りたいアナタはこちら

コストコのダノンオイコスヨーグルトが超人気!値段や味は?
コストコのクロワッサンが美味しい!【おすすめ】
コストコピザの焼き方・切り方!保存方法やカロリーも解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ