• lovely
ニードルでのピアスの開け方!注意点やケア方法も解説します!

ニードルでのピアスの開け方!注意点やケア方法も解説します!

みなさんはピアスを開ける時に「ニードル」という器具を使ったことはありますか?
このピアスを開ける時に使うニードルですが、開け方や注意点、アフターケアにポイントがあります。
今回はそんなニードルを使ったピアスの開け方をご紹介していきたいと思います。

記事の目次

  1. 1.【ピアス×ニードル】初めに
  2. 2.【ピアス×ニードル】ニードルとは?
  3. 3.【ピアス×ニードル】メリット
  4. 4.【ピアス×ニードル】デメリット
  5. 5.【ピアス×ニードル】病院で
  6. 6.【ピアス×ニードル】用意するもの
  7. 7.【ピアス×ニードル】開け方①下準備
  8. 8.【ピアス×ニードル】開け方②刺し方
  9. 9.【ピアス×ニードル】開け方③ファーストピアス
  10. 10.【ピアス×ニードル】アフターケア
  11. 11.【ピアス×ニードル】注意点
  12. 12.【ピアス×ニードル】おすすめアクセサリー
  13. 13.【ピアス×ニードル】おすすめのニードル
  14. 14.【ピアス×ニードル】開ける場所
  15. 15.【ピアス×ニードル】最後に

【ピアス×ニードル】初めに

みなさんは、ピアスを開ける時にどのようなものを使ってピアスの穴を開けていますか?
耳たぶピアスの穴を開ける場合、ほとんどの人は「ピアッサー」という器具を使って、ピアスの穴を開けているのではないでしょうか。
しかし、ピアッサーはバネの力を利用してファーストピアスとなるピアスを、無理やり耳たぶに貫通させます。
耳たぶならこのピアッサーでもピアスの穴を開けれるほどです。
しかし軟骨の部分やトラガス、ヘリックスそのほか舌のピアスや口のピアスなどの”ボディピアス”と呼ばれてるピアスを開ける場合は「ニードル」という、注射針の太いバージョンのようなものがあるのでそのニードルで開けないと、上手くピアスの穴が開かなかったりトラガスなどの軟骨部分を、ピアッサーで開けてしまうと軟骨にうまくファーストピアスが刺さらなくて、ヒビが入ってしまう場合があるので注意が必要です。
今回はそんなボディピアスを開ける時によく使われている「ニードル」についてご紹介していきたいと思います。

【ピアス×ニードル】ニードルとは?

今回ご紹介させていただく「ニードル」とはどんなものなのでしょうか。
「ニードル」とは、さきほどもご説明したようにピアスの穴を開けることのできる器具です。
なので、用途としてはピアッサーと同じ役目をしています。
また、ニードルを例えるのなら”太い注射針”というところでしょうか。
注射針ならあまり痛くはありませんが、ピアスの穴を開ける用のニードルは自分のつけたいサイズ(ゲージ)に合った、ニードルで穴を開けることになります。
なので、ピアッサーよりも痛みを伴うことがあります。
また、ニードルはピアッサーのようにバネの力を利用していないので、自分の力でピアスの穴を開ける必要があります。

よって、ニードルを押し込んでいる時間が長ければ長いほど、痛みを感じている時間も長くなってしまいます。
そのほかにも、ニードルでピアスを開けた場合にはファーストピアスをつけるのが困難な場合があります。
なぜかというと、ニードルでピアスの穴を空ける場合はピアッサーのファーストピアスでピアスの穴を開けるのとは違って、ニードルで開けた穴の上からファーストピアスを差し込むことになります。
なので、ファーストピアスをなかなかうまく差し込めない人も多くいるようです。

【ピアス×ニードル】メリット

普通のピアスやボディピアスを開ける時に、ニードルを使うメリットをご紹介していきたいと思います。
ピアスを開ける時にニードルを使うメリットとは、まず初めに”穴の安定が早い”ということです。
これは、ピアスを開けたことのある人ならわかると思います。
ピアスの穴が安定するまでは、ファーストピアスを外すことができません。
なので、自分の好きなピアスを早く付けたいときにはピアスの穴を早く安定させたいですよね。
そんな時には、ピアスの穴の安定するスピードの速いニードルで開けるのがおすすめです。

また、ホールの綺麗さがピアッサーと比べると綺麗なのがよくわかります。
これは、耳たぶならあまり影響はありませんがトラガスやヘリックスなどの、軟骨の入っている部分なら軟骨にヒビが入ってしまうなどのデメリットを解決することができます。

【ピアス×ニードル】デメリット

さきほどは、ピアスの穴を開ける時のメリットについてご紹介させていただきました。
次に、ニードルを使う際のデメリットについてご紹介していきたいと思います。
ニードルを使う際のデメリットとして、自分の力の加減で痛みが異なることです。
例えば、初めてニードルでピアスの穴を空ける場合によくみられるパターンで、痛くて最後までニードルを貫通させられないという例です。
これは、痛みを伴う時間を長くしてしまうのに対して、スムーズに穴を開けることもできません。
なので、ニードルを初めて使う人は伴う痛みが大きかったりします。

そして、初めにもご説明しましたがニードルにはファーストピアスをつける作業があります。
この作業がかなり難しくて、初めてニードルを使う人には困難な作業かもしれません。
しかし、コツを掴んでしまえばスムーズにファーストピアスを通すことができます。
また、やはり全体的なイメージとしては難易度が高いということです。
ピアッサーと比べて難易度も高いので、自分で開けるのではなく人に開けてもらう方が成功するかもしれませんね。

【ピアス×ニードル】病院で

実は、難易度の高いと言われているニードルですが病院でも開けることができるようです。
しかし、結果から言ってしまえば病院でピアスを開ける場合は、ニードルの持ち込みがダメな場合があります。
ニードルの持ち込みがダメな病院なら、病院の専用の器具を使ってピアスを開けることになります。
なので、病院でニードルを使ったピアスの穴のあけ方が良い場合は事前に病院側に確認してみましょう。
もしも、病院に持ち込みができる場合は、あらかじめニードルを買っておいて病院へ行くときには副rを開けずに持ち込んでください。

そして、病院でピアスの穴を開けてもらう時によく言われているのがその相場についてです。
セルフで開ける場合にかかる費用は、500円から2,000円ほどで穴をあけることができます。
一方の病院で開ける場合の費用は、両耳を開ける場合5,000円から10,000円ほどとかなりセルフで開ける時よりも、高額になってしまいます。
ただし、費用が掛かるのに対して安全性やピアスの穴を開けた後の、トラブルでも医師に相談できるのがかなり大きいメリットです。
特に初めてボディピアスを開ける人ならば、安全性が大事ですよね。
なので、開け方の分からない初めての人には病院で開けることをおすすめします。

【ピアス×ニードル】用意するもの

次のページ

【ピアス×ニードル】開け方①下準備

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely