人見知りあるあるまとめ!人見知りなら共感できる!

人見知りあるあるまとめ!人見知りなら共感できる!

多くの人が改善したいと思っている人見知り。でもできれば人付き合いは避けたい!
人間関係で悩むことが多い人見知りですが、同じ人見知りなら共感もできます。そこで人見知りあるあるをまとめてみました。「あるある!」と言いたくなることがあるかも?改善法もご紹介します!

記事の目次

  1. 1.あなたは人見知りですか?
  2. 2.【人見知りあるある】特徴①人と目を合わせるのが苦手
  3. 3.【人見知りあるある】特徴②周りの目が気になる
  4. 4.【人見知りあるある】特徴③友達の友達が苦手
  5. 5.【人見知りあるある】特徴④打ち解けたらよくしゃべる
  6. 6.【人見知りあるある】特徴⑤真面目そうと言われる
  7. 7.【人見知りあるある】特徴⑥初対面の人が苦手
  8. 8.【人見知りあるある】特徴⑦的外れな発言
  9. 9.【人見知りあるある】特徴⑧あまり話しかけられない
  10. 10.人見知りとSNS
  11. 11.人見知りをうまく使おう!
  12. 12.人見知りは改善できる?
  13. 13.人見知りだっていいじゃない

あなたは人見知りですか?

人見知りの心理

人見知りは、人前で話すのが苦手だったり、初対面の人が苦手なのが特徴です。

でも、できれば誰とでも話せるようになりたいし、自分を変えたいという心理なのです。

人間関係で落ち込むことが多いので、恋愛でも仕事でも悩みは尽きません。

ですが、大人の人見知りは「努力したらいいのに」と思われることもしばしば。

人見知りだからといって避け続けることはできませんからね。

とはいえ、人見知りの心理は複雑です。
改善したくてもなかなかできなくていっぱいいっぱいなのです。

今回は同じ人見知り仲間として「わかる!」「あるある!」と頷ける人見知りあるあるをご紹介します。

■関連記事:性格についてこちらもオススメ!

几帳面な性格の短所・長所7つ!自己PRの仕方も解説! | Lovely[ラブリー]のイメージ
几帳面な性格の短所・長所7つ!自己PRの仕方も解説! | Lovely[ラブリー]
几帳面な性格ってよく耳にしますが具体的にはどんな性格なのでしょうか? 短所と長所をそれぞれ7つご紹介したいと思います。 また面接の際に几帳面な性格を自己PRする方法も一緒にお伝えします。 これを見れば自分の几帳面な性格の長所を活かせることができるかも!

【人見知りあるある】特徴①人と目を合わせるのが苦手

基本的に自分に自信がないので、人と目を合わせて話すのが苦手です。

じっと見られるとつい目を逸らしてしまうこともあります。

その場合、相手とどのくらいの仲なのかも重要!

昔からの友人や気の置けない相手なら、ある程度目を合わせることができますが、初対面や数回しか会っていない人が相手だと緊張してしまって挙動不審になってしまいます。

目を合わせないのは人としてあまりいいとはいえないのですが、人見知りにとって目を合わせることは結構苦痛なのです。

【人見知りあるある】特徴②周りの目が気になる

やろうとしていることや、発言しようとしていることが周りから見ておかしくないのか、変だと思われないかを気にしてしまいます。

ただ気にしすぎているだけなのですが、どうしても臆病になりがちです。

周りを気にし過ぎて空回りしてしまうことも多々あります。

でも思ってるほど周りはそこまで気にしていません。

色々考え、思い込んでしまうのが人見知りの心理でしょうか?

【人見知りあるある】特徴③友達の友達が苦手

人見知りは仲のいい友達は大丈夫だけど、友達の友達は苦手なのが特徴です。

できれば2人での行動が気楽で落ち着くので、3人以上になると軽くパニックになることも。

間に知らない人が1人増えるだけで人見知りは発動してしまいます。

友達の友達だから仲良くしておくべきなのでしょうけど、人見知りの心理としては「面倒だな」と思っています。

打ち解けることができれば問題ないと思いますが、あまり積極的に仲良くなろうとしない可能性もあります。

また、LINEの中で特にグループLINEが苦手でトークが盛り上がっていても、その中に入っていくのが苦手です。

LINEとはいえ、会話が続いているのに自分が入っていいのかな、といらぬ心配をしてしまいます。

比較的女子は複数での行動、グループLINEをすることが多いので、人見知り女子にとってなかなか大変!

文章を考えることに時間がかかるので、LINEを既読スルーしてしまうこともあります。
ちなみに私も普通のLINEはいいけれど、グループLINEは苦手で既読スルーすることがあります。

【人見知りあるある】特徴④打ち解けたらよくしゃべる

これも人見知りあるあるではないでしょうか。
打ち解けるまでは話のネタにも悩み、口数は少なめです。

また、好き嫌いがはっきりしており、打ち解けるまで時間がかかりますが仲良くなったら「意外と面白いね」と言われます。

打ち解けたらそれまでと違い、口数が増えたり自分から話すようになるのが特徴。
話のネタにも悩まなくなります。

それまではLINEすら自分から送ることはほとんどしません。

恋愛でも同じで、最初は自分からはしゃべらず聞かれないと答えなかったのに、そのうちよく話すようになります。
そうなったときは、確実に心を開いています。

また、仕事で頑張ってしゃべっているうちに打ち解けた、ということもあります。

ただ、人としての好意は持っていますが、それが必ずしも恋愛に結び付くというわけではありません。

次のページ

【人見知りあるある】特徴⑤真面目そうと言われる

関連記事

人気の記事