無理しないでねという言葉は負担になる?気を付けたい使い方や代わりになる言葉

無理しないでねという言葉は負担になる?気を付けたい使い方や代わりになる言葉

頑張っている人や落ち込んでいる人に対して「無理しないでね!」と言うことは多々ありますよね。しかし、時には「無理しないでね」が相手にとって負担になることがあります。相手を励ましたい、応援したいというときにはどんな言葉を使うといいのか見ていきましょう!

記事の目次

  1. 1.「無理しないでね」という言葉
  2. 2.無理しないでねという言葉を使う心理とは?
  3. 3.無理しないでねと言われたら嬉しい状況って?
  4. 4.無理しないでねが逆効果なことがある?
  5. 5.無理しないでねより相手に負担の少ない効果的な言葉
  6. 6.無理しないでねは状況に応じて使おう!

「無理しないでね」という言葉

日常的に「無理しないでね」という言葉を人にかけることがありますよね。無理しないでねには様々な気持ちが織り込まれており、受け取る相手によっては解釈も様々です。今回は「無理しないでね」という言葉について見ていきましょう。

頑張っている相手に「頑張って」という言葉は使いにくい

一生懸命に頑張っている人に対して「頑張ってね!」と言うのはなんとなく違うと思いませんか?既に頑張っているので、さらに追い打ちをかけるように頑張ってねなんて言えないこともあるものです。

そんな時に使いやすいのが「無理しないでね」になるでしょう。「頑張ってねは言いづらいけど無理しないでねなら相手も軽く受け止めてくれるのでは?」とも思いますよね。

無理しないでねは英語で「Take it easy」

Take it easyと言うと、英語で無理しないでねの意味になり、海外の友人にも伝えることができますね。Take it easyは「気楽にね!」「落ち着いてね…」「のんきにいこうね!」などのニュアンスも含まれています。

日本語で「無理しないでね」と伝えるのがちょっと重いかな?と思ったときに「Take it easyだよ!」と言うのもいいでしょう。

無理しないでねという言葉を使う心理とは?

Photo byAgzam

誰かに対して「無理しないでね!」と言う人は、どんな心理でこの言葉を使っているのでしょうか。使う人の心理は様々です。心理を知ることで本当に心配してくれる人の存在も知れるでしょう。

相手を気にかけて心配している

頑張りすぎている人や気負い過ぎている人、落ち込んでいる人のことが心配で気になってしまって「無理しないでね」と伝える人がいます。体調不良の中で無理している人に対しても心配して「無理しないでね」と伝えることがあるでしょう。

心配の気持ちからの「無理しないでね」には、思いやりも含まれているため言われた方も嬉しいでしょう。

社交辞令

かける言葉がないけど、何か言わないといけないという社交辞令で「無理しないでね」を使う人もいます。本当は何とも思っていないし、心配するのも面倒だと感じているものの、一応声ぐらいかけておかないといけないかな?という空気の中で言っているだけです。

相手が上司のように気を遣う相手にならなおさら社交辞令で「無理しないでください」と伝えることがあるでしょう。

相手の気持ちを軽くするため

追い詰めている相手を見ていると、どうにか気持ちを楽にさせてあげたい、自分でよければ支えになれたらという気持ちから「無理しないでね」と伝えることもあるでしょう。

何かに悩んでいる姿、仕事で切羽詰まっている姿を相手が見せてきていると、本当に無理しないで欲しいという気持ちが溢れて「無理しないでね」と言うこともあるものです。

ストレスを軽減してほしい

相手がイライラしていたり、ストレスをためている様子が見えたりすると、少しでも力になりたい、少しでもストレスがなくなればという気持ちから「無理しないでね」と言う場合もありますね。

ストレスを抱えている相手のことを心配し、何か気を利かせた言葉を伝えたいものの、何が適切なのか分からないこともあるでしょう。そんなとき「無理しないでね」が最初に出てきませんか?

相手に対して好意がある

好意がある相手に対して「無理しないでね」を伝えるときは、常に相手のことを考えていることから出てくる言葉でもありますよね。「気が利くと思われたい」「自分の言葉で救われてほしい」という思いも含まれています。

好意がある人のことは常に見ているため、「無理しないでね」を伝えるタイミングも何度も訪れるでしょう。

次のページ

無理しないでねと言われたら嬉しい状況って?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely