イギリスで農業をやるってどんな感じ?海外移住者が語ります。

イギリスで農業をやるってどんな感じ?海外移住者が語ります。

私は現在イギリスのプレストンという田舎街に住んでおり、農家として働き1年8ヶ月が経ち、今も現役です。 我が社は家族経営にて、中国広東野菜の生産~配達まで行う小さな会社で、 チンゲン菜パクチョイチョイサムガイチョイガイラン などを年中生産して

記事の目次

  1. 1.仕事内容ってどんな感じ?
  2. 2.農家のワークスケジュール
  3. 3.やりがいや魅力は?
  4. 4.無理に頑張らなくてもできる仕事
  5. 5.日本の会社員時代との違い(メリットデメリット含め)
  6. 6.まとめ

私は現在イギリスのプレストンという田舎街に住んでおり、農家として働き1年8ヶ月が経ち、今も現役です。

我が社は家族経営にて、中国広東野菜の生産~配達まで行う小さな会社で、

  • チンゲン菜
  • パクチョイ
  • チョイサム
  • ガイチョイ
  • ガイラン

などを年中生産しています。

野菜の卸先は、サッカーで有名なマンチェスターにある、アジアンスーパーマーケットや、レストランやショップです。

個人経営(家族経営)ということで、共に働いているメンバーは義両親、旦那、私の4人。(たまに義弟も)

まだまだ農業初心者ですが、初心者目線で“イギリスでのFarmer’s life style”についてご紹介します。

仕事内容ってどんな感じ?

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/vegges.jpg

仕事量や体力面の問題で、永遠に作業が終わらないように感じる時がありますが、それが農家の仕事。

しかしシンプルな作業工程が多いので、黙々と作業に集中することができ、今の仕事が気に入っています。

それでは以下にて具体的に仕事内容を紹介します。

収穫作業

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/pakchoy.jpg

収穫作業は機械を使わずに、全て手作業で行っています。

大体朝7時頃から起きて作業を行いますが、夏は温室内が暑くなることから朝5時頃に起床し、作業開始しています。

気温が30度を超える暑い日は、ファームの室内はさらに気温が上がるので、働き方の工夫が必要。

イギリスの夏は21時頃まで明るくなるので、暑い時間帯の昼間は避けて、涼しくなってきた夕方から20時頃まで働く日も。

また、イギリスの冬季は15時台から暗くなり始めるので、遅くても16時頃には仕事終了です。

冬には野菜の成長ペースが遅くなり、野菜のサイズも夏より小さめなことから、収穫の時間がかかってきます。

次のページ

農家のワークスケジュール

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely