妊娠初期の胃痛がキリキリする!原因と対処法は?

何かと不安なことが多い妊娠初期ですが、胃痛に悩む人もいます。いったい妊娠初期の胃痛の原因というのはどういったものなのでしょうか?!また、どんな対策をすれば胃痛を軽減できるのでしょうか?!この記事では何かと不安になってしまう妊娠初期の胃痛についてお伝えします。

妊娠初期の胃痛がキリキリする!原因と対処法は?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期の胃痛は辛すぎるものです…
  2. 妊娠初期の胃痛の原因は?
  3. 【妊娠初期の胃痛の原因①】胃腸の働きが弱くなる
  4. 【妊娠初期の胃痛の原因②】自律神経の乱れ
  5. 【妊娠初期の胃痛の原因③】これらの症状はホルモンが!!
  6. 妊娠初期の胃痛の症状とは?
  7. 【妊娠初期の胃痛の症状①】食べると痛む
  8. 【妊娠初期の胃痛の症状②】胃が締め付けられるように痛む
  9. 【妊娠初期の胃痛の症状③】吐きすぎて痛む
  10. 【妊娠初期の胃痛の症状④】キリキリと痛む
  11. 妊娠初期の胃痛は流産の兆候?!
  12. 妊娠初期の胃痛の対処法とは?
  13. 【妊娠初期の胃痛の対処法①】消化のいいものをよく噛んで!
  14. 【妊娠初期の胃痛の対処法②】お腹を温める
  15. 【妊娠初期の胃痛の対処法③】食べてすぐに横にならない
  16. 【妊娠初期の胃痛の対処法④】食事の回数を分ける
  17. 【妊娠初期の胃痛の対処法⑤】胃のマッサージ
  18. 【妊娠初期の胃痛の対処法⑥】牛乳で胃酸から胃をガード!
  19. 【妊娠初期の胃痛の対処法⑦】受診する
  20. 妊娠初期の胃痛も頑張って乗り切りましょう!!

妊娠初期の胃痛は辛すぎるものです…

待望の赤ちゃんを授かって、これから優雅にマタニティライフだ!と考えていたのに、妊娠というのは本当につわりや腰痛など、さまざまな体調不良に見舞われるものです。

妊娠が判明してすぐの妊娠初期に、強烈な胃痛に悩まされる妊婦さんがいます。

もともと胃が弱い人もいるでしょうが、妊娠前は特に胃弱や胃痛を感じたことはなかったのに、妊娠してからキリキリと痛む胃痛や、腹痛、吐き気に悩まされる妊婦さんも少なくありません。

妊娠したら吐き気などのつわりに悩むものですが、つわりに胃痛というのはあまり聞いたことがありませんよね。

胃痛や腹痛がして、下痢してしまうこともあるのですが、この原因というのはいったいどういうものなのでしょうか?!

流産の心配はないのでしょうか?!

この記事では妊娠初期に起こりやすい胃痛について、原因や対処法をお伝えしたいと思います。

妊娠初期の胃痛の原因は?

妊娠初期からつわりや腰痛などの体調不良があるのが妊婦生活ですが、まず妊娠初期に胃痛が起りやすくなる原因が気になります。

いったいどのような原因で妊娠初期に胃痛や腹痛が起こりやすくなってしまうのでしょうか?!

妊娠初期の胃痛の原因はズバリ!!

「つわり」です。

つわりというと、吐き気とか胃が空っぽになると我慢できなくて食べ続けてしまう食べづわりなどがありますよね。

つわりで胃痛というのはあまり聞いたことがありません。

しかしつわりの症状というのは千差万別で、人によって症状の出方が変わってきます。

その中には胃痛もあるのです。

妊娠初期というのは、妊娠を継続するために体の中のホルモンバランスが大きく変化するので、本当に体が大きく変化する時期です。

つわりとは関係ありませんが、腰痛に悩む妊婦さんもいます。

腰痛は体型が変化して体の重心が変わることで起こります。

つわりや腰痛など様々な症状が出やすいのが妊娠初期ですよね。

■関連記事:妊娠初期のトラブルについてはこちらもチェック!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】
妊娠初期のめまい・立ちくらみの原因と対処法解説!

【妊娠初期の胃痛の原因①】胃腸の働きが弱くなる

どうしてつわりが原因で胃痛が起こるのか、もっと詳しい原因を探ってみましょう。

まずつわりによって胃痛が起きてしまうのには、つわりによって胃腸の働きが弱くなることが関係しています。

妊娠すると、赤ちゃんが育つために子宮を大きくする必要があります。

子宮の収縮を和らげて、大きくするためにプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されるのですが、このプロゲステロンは胃腸の働きに影響を与えることがわかっています。

プロゲステロンの影響で胃腸の働きが弱まり、そのために食べたものが消化されにくくなってしまいます。

妊娠前よりも食べ物が長く胃腸に留まってしまうことから、消化不良や胃もたれ、胃痛が起きやすくなってしまいます。

食べたものがなかなか消化されにくくなることから、胃痛だけではなく便秘気味になる人もいれば、逆に消化不良による下痢に悩まされる人もいます。

【妊娠初期の胃痛の原因②】自律神経の乱れ

つわりによって胃痛が起きてしまう原因には、自律神経の乱れもあります。

妊娠というのはお母さんの体の中に急激なホルモンバランスの変化が起きたり、短い期間で大きな体系の変化をもたらすものです。

普段は自律神経は昼間起きて活動するときに優位になる交感神経と、夜寝ている時に優位になる副交感神経が微妙なバランスを保っています。

しかし、妊娠による急激な身体の変化に自律神経のバランスがついていくことができなくなってしまいます。

胃の働きというのは、自律神経の働きに大きく影響されるので、キリキリとした胃痛の原因にもなります。


交感神経が優位になると胃液の分泌が低下するので、胃の働きが悪くなってしまい消化不良を起こしやすくなってしまいます。

副交感神経が優位になると、胃液が分泌され過ぎてしまい、胃酸過多になって胃を荒らします。

どちらにせよ、妊娠初期の自律神経の乱れは、キリキリとした胃痛の原因になるのです。

また、妊娠初期には下痢に悩む妊婦さんもいます。

妊娠初期の下痢の原因の1つにも自律神経の乱れが挙げられます。

【妊娠初期の胃痛の原因③】これらの症状はホルモンが!!

黄体ホルモンであるプロゲステロンの働きによる胃腸の機能低下であっても、自律神経の乱れであっても、妊娠初期にキリキリとするような胃痛が起きる大きな原因は、ホルモンバランスの乱れになります。

妊娠前には、身体の中のホルモンバランスは、毎月排卵や月経を起こして、赤ちゃんを迎えられる準備を整えるようにしています。

いざ、卵子が精子と出会って受精を果たした時には、流産しないで無事に子宮に着床して、しっかりと赤ちゃんを体の中で育てることができる様に黄体ホルモンが体の中で働きます。

この黄体ホルモンなどが体の中で大きく変化をするために、妊娠初期には様々なつわりの症状が出るものです。

代表的なものは吐き気がありますよね。
吐き気に悩む妊婦さんはとても多いものです。

この他にも腹痛や下痢に悩む妊婦さんもいます。

ホルモンとは直接関係なくても体系の変化で腰痛も起きるものです。

妊娠初期というのは、キリキリとした胃痛だけではなく、吐き気や腹痛、下痢など様々な症状に悩む時期だと覚えておいた方がいいでしょう。

妊娠初期の胃痛の症状とは?

妊娠初期というのは、吐き気や下痢、腹痛、腰痛など様々な症状に悩まされるものです。

キリキリとした胃痛も辛いものですが、胃痛にもいろいろな種類がありますよね。

妊娠初期の症状として出やすい胃痛にはどのようなものがあるのでしょうか?!

ここからみていきましょう!


【妊娠初期の胃痛の症状①】食べると痛む

妊娠初期の胃痛の症状としては、食べ物を食べると胃が痛みだす、というものがあります。

妊娠初期はホルモンバランスが乱れたことや、吐き気や下痢、腹痛などのつわりの症状が出て、なかなか食べ物が食べられないことがありますよね。

食べ物を食べることができない状態が続いて、胃が空っぽになると、胃酸によって胃が荒れてしまいます。

胃が荒れているところに、吐き気や腹痛をこらえて食べ物を食べても、上手く消化することができなくて、胃痛が起きてしまうことがあります。

これを防ぐためには、消化のいいものを少しずつでもいいので口にして、とにかく胃を空っぽにしないことが大切です。

【妊娠初期の胃痛の症状②】胃が締め付けられるように痛む

妊娠初期の胃痛の症状としては、胃が締め付けられるように痛むこともあります。

どうして妊娠初期の胃痛で胃が締め付けられるように痛むことがあるのかは、原因がよくわかっていません。

しかし、一般的に胃が締め付けられるように痛むときには、ストレスが大きく関係してくると言われています

つわりによって食べられないところに、吐き気や下痢、腹痛、腰痛で身体がストレスを感じているのかもしれません。

あまり無理をしないで身体をいたわって、のんびりと過ごすよう心がけてください。

【妊娠初期の胃痛の症状③】吐きすぎて痛む

妊娠初期の胃痛の症状としては、吐きすぎたことによって痛むこともあります。

つわりによる吐き気が酷すぎる場合には、1日のうちに何回も吐き気に襲われて吐いてしまう、ということがあります。

そうすると、消化のために胃で分泌されている胃酸が何度も食道を通ることで食道が弱ってしまうことがあります。

また何度も吐き気に襲われて吐くことで、胃の中が空っぽになってしまうので、胃が胃酸過多になってしまい、その胃酸によって胃そのものが荒れてしまうこともあります。

吐き気によって胃腸の働き自体が弱ってしまうこともあります。

胃が荒れたり、働きが弱ることで胃痛や腹痛が起きてしまうこともあります。

【妊娠初期の胃痛の症状④】キリキリと痛む

妊娠初期の胃痛の症状としては、キリキリ痛んだりチクチクと痛むこともあります。

キリキリ、チクチク痛む一番の原因は自律神経の乱れになります。

キリキリ、チクチクした胃の痛みから、妊娠したばかりの超初期に自分が妊娠したことに気が付いたという人もいます。

普段、胃がキリキリと痛む、という経験がない人が突然キリキリ、チクチクした痛みを感じることがあったら、妊娠を疑ってもいいかもしれませんね。

妊娠初期の胃痛は流産の兆候?!

妊娠初期に酷いキリキリとした胃痛や腹痛を感じると、赤ちゃんがいる子宮が近いことから、流産するのではないかと心配になる妊婦さんも多くいるようです。

妊娠初期の胃痛というのは流産につながるものなのでしょうか?!

基本的に胃痛や下痢、吐き気といった症状だけであればこれはつわりの症状なので、流産の心配はありません。

流産の心配をしなくてはいけないのは、胃よりも下の子宮の辺りが痛む腹痛を起こした時です。

流産するときには出血するものですが、出血を伴う腹痛などが起きた場合には、流産の危険性があります。

早急に産婦人科を受診することをお勧めします。

また、最近では妊娠検査薬の精度が上がりすぎたために、化学流産の可能性も考えられます。

受精しても、子宮に着床できずに妊娠が成立しない場合や着床してもすぐに流産してしまった場合を化学流産と言います。

このように受精すると、身体は妊娠の準備を始めるためにホルモンバランスが変わり、自律神経の乱れなどで胃痛が起きることがあります。

この段階で妊娠検査薬で検査をして陽性でも、化学流産が起きてしまえば妊娠は成立していないことになります。

流産という言葉はついていますが、化学流産が起きる段階では医学的には妊娠は成立していないと定義されています。

受精しても化学流産する可能性は30%から40%もあると言われています。

妊娠が確定するのは妊娠5週を過ぎてからになりますので、それまでは妊娠検査薬で陽性反応が出ても化学流産の可能性も考えておきましょう。

妊娠初期の胃痛の対処法とは?

妊娠初期に胃痛が起きると、本当に辛いものですよね。

妊婦さんなら誰でも吐き気や下痢、腹痛などのつわりや酷い腰痛に苦しむことはわかっていても、どうしてこんな辛いつわりや腰痛を経験しなくてはいけないのかと思うこともあります。

特にキリキリとする胃痛は痛みを伴うものなので、吐き気や下痢、腹痛と比べても辛い症状ですよね。

そんなつわりの胃痛への対処法にはどんなものがあるのか、ここからみていきたいと思います。

【妊娠初期の胃痛の対処法①】消化のいいものをよく噛んで!

妊娠初期の胃痛への対処法の1つ目は、よく噛んで食べる、というものです。

妊娠初期のつわりによるキリキリとした胃痛でも、ストレスなどが原因の通常の胃痛と同じように、胃の働きが低下したり、胃酸によって胃壁が荒れてしまっています。

胃にできるだけ負担をかけないようにするためには、消化のいいものをよく噛んで食べることが大切なのは、他の胃痛の場合の対処法と同じです。

特にコーヒーなどのカフェインが多いものや、スパイシーで刺激の強い食べ物が好きな人は、妊娠していなくても胃壁を荒らして胃痛を起こしやすいと言われています。

妊娠中は胃痛がなくても、コーヒーや刺激の強いものは控え気味にした方がいいのは言うまでもありませんが、特に胃痛が酷い人は胃壁を荒らすようなものを食べることは控えましょう。

そして胃に優しい食べ物を食べるようにすることで、妊娠に必要な栄養をしっかりと取るように心がけましょう。

【妊娠初期の胃痛の対処法②】お腹を温める

妊娠初期の胃痛への対処法の2つ目は、お腹を温める、というものです。

妊娠していない時でも、どうしてもお腹が冷えると胃腸が冷えてしまい、胃痛や腹痛や下痢の原因にもなりますよね。

妊娠初期の胃痛でも、お腹の周りを温めることで、胃腸の働きを活発にしたり、痛みを和らげたりすることができます。

お腹を温めることができる腹巻をしたりカイロをしたりすると効果的ですよ!!

また腰痛も温めることで軽減することができます。

胃痛や腹痛、下痢だけではなく腰痛に悩んでいる人は、腹巻など腰回りも一緒に温めると良いでしょう!!

またお腹を温めるためには、温かい飲み物や食べ物を食べるのも良いですね。

カフェインや刺激が多いコーヒーやお茶は胃を却って荒らすのでよくありませんが、ホットミルクや温かいスープを飲むと良いでしょう!

妊婦さんには冷えは大敵ですから、しっかりと温めて快適に過ごしましょう!!

【妊娠初期の胃痛の対処法③】食べてすぐに横にならない

妊娠初期の胃痛への対処法の3つ目は、食べてすぐに横にならない、ということです。

お腹いっぱい食べると眠くなるので、ついつい横になりたくなってしまいますよね。

しかも妊娠初期はホルモンバランスが崩れることで、体がだるくなることも多いので、ご飯を食べたら横になって休みたくなるものです。

しかし、妊娠していない時でも食べてすぐに横になるのはNGです。

というのは、食後30分くらいの間は、食べたものを消化するために胃酸がたくさん分泌されています。


食べてすぐに横になると、胃酸が食道に逆流してしまい、食道を荒らしてしまい、胃痛や食道炎の原因となってしまうのです。

食べてすぐに体がだるくなって横になりたい場合には、完全に身体を横たえるのではなくて、クッションや枕などを使って、胃が食道よりも下に来るように身体に角度を付けることが大切です。

胃を食道の下にすることで胃酸の逆流をふせぐことができます。

【妊娠初期の胃痛の対処法④】食事の回数を分ける

妊娠初期の胃痛への対処法の4つ目は、1回の食事の量を減らして、食事の回数を分ける、というものです。

1回の食事で食べる量が多いと、胃酸の量が増えすぎてしまい、胃腸に大きな負担を掛けます。

そして、胃痛や胸やけの原因にもなってしまうのです。

1回の食事の量を減らすことで、胃酸の過度な分泌を抑えて、胃腸にかかる負担を減らすことができます。

特に胃痛が酷くて食事がなかなかとれない時には、1口ずつでもいいので食べられるもの、消化のいいものを食べるようにしましょう。

そして1回に食べる量が少なくても、回数を増やすことで胃が空っぽになることを防ぐことができます。

胃が空っぽにならなければ、胃を荒らすこともなくなり、胃痛を防ぐことにもつながります。

つわりによる胃痛が酷い時には、食事の量を減らして回数を増やすように工夫してみましょう!!

【妊娠初期の胃痛の対処法⑤】胃のマッサージ

妊娠初期の胃痛への対処法の5つ目は、胃のマッサージをしてみることです。

胃が痛くなると胃の辺りを強く抑えてしまいますが、これでは痛みは治まることはありません。

お腹周りを強く抑え過ぎると、流産の危険性も出てきてしまいます。

お腹を強く抑えたくなったら、胃を強く抑えるよりも、マッサージをすることをお勧めします。

胃痛の原因の1つに、自律神経の乱れがありますが、胃のマッサージをすることで、自律神経の働きを穏やかにすることができるので、胃痛の軽減に役立ちます。

胃のマッサージのやり方は、おへその周りに軽く両手で触れて、両手をおへそを中心に円を描くように動かします。

動かす方向は、時計回りに巻いている腸の方向を考えて行います。

胃酸過多で胃痛が酷い時には胃腸の働きを抑えるために反時計回りに、胃に食べ物が滞留して便秘気味で腸の働きを活発にした方が胃が楽になりそうなときには時計回りに動かします。

【妊娠初期の胃痛の対処法⑥】牛乳で胃酸から胃をガード!

妊娠初期の胃痛への対処法の6つ目は、牛乳などの乳製品を食べて、胃酸から胃をガードすることです。

胃酸過多による胃痛に悩んでいる人には、牛乳などの乳製品は救世主ともいえる食品かもしれませんね。

牛乳などの乳製品には、胃酸から胃を守ってくれる働きがあるのです。

よく牛乳は胃に膜を作って胃酸からガードする、という人がいますが、牛乳が実際に胃に膜を張る訳ではありません。

牛乳が胃酸から胃を守る働きがあるという理由は、牛乳がアルカリ性だからです。

胃酸というのは強い酸性ですよね。

食べ物を消化するために、強い酸性で食べ物を溶かしているのですが、過剰に分泌され過ぎると食べ物だけではなく、胃壁も分解し始めてしまいます。

そこに牛乳のアルカリ性が混じることで酸が中和されるので、胃壁を守ることができるのです。

体質的に牛乳を飲むと下痢をしてしまう、という人はチーズやヨーグルトでも同じ効果が望めます。

お好きな乳製品を食べて胃をガードしてください!!

【妊娠初期の胃痛の対処法⑦】受診する

妊娠初期の胃痛への対処法の7つ目は、病院を受診することです。

ここに試した方法をやってみても良くならない時には、思い切って病院を受診したり、妊婦検診の際にお医者さんに相談してみましょう。

妊娠初期の胃痛はつわりが原因のことがほとんどですが、逆流性食道炎や胃炎、胃潰瘍などの病気が隠れている可能性もないわけではありません。

まずは産婦人科のお医者さんに相談してみれば、必要があるとお医者さんが判断すれば、専門医を紹介してくれます。

病気ではないつわりの場合でも、妊婦さんが飲んでも問題がない胃薬を処方してくれることもあります。

胃を荒らしておくと、胃炎から胃潰瘍になってしまうこともありますよね。

薬を飲むリスクよりも、飲まないリスクの方が高いこともあります。

あまり胃痛が酷い時には一度病院で相談してみましょう!!

妊娠初期の胃痛も頑張って乗り切りましょう!!

妊娠初期の胃痛についていろいろと見てきましたがいかがでしたか?

妊娠というのは本当にいろいろなことが起こるものです。

自分とは違う命を、身体の中で育むというドラマチックなことが起こっている訳ですから、それまでとは全く違うのは当たり前なのですが、胃痛だけではなく、下痢や便秘、吐き気に腰痛など、本当に次から次へとたくさんの体調不良が起きてくるものです。

つわりは妊娠5か月に入って安定期になれば収まってくるので、吐き気や胃痛なども改善してきますが、腰痛はそこからが本番です。

どんどんと重くなる身体に腰痛が響いてくるようになります。

しかしそんな胃痛や腰痛などの身体の変化もまた、妊婦生活の醍醐味と言えば醍醐味ですよね!!

あまりひどい胃痛に自己判断は禁物ですが、後からいい思い出にできる様に、今日1日を乗り切ってください!!

もっと妊娠関連の記事を知りたいあなたへ!

妊婦がカレーを食べても大丈夫?妊娠初期は要注意?
妊婦が温泉に入るのは大丈夫?妊娠初期・妊娠中の注意点は?
妊娠初期のくしゃみの胎児への影響は?妊娠中くしゃみで腹痛を感じたら?
妊娠初期の過ごし方!生活や仕事での注意点まとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ