赤ちゃんの白湯はいつから?作り方・飲ませ方は?便秘に効果がある?

一昔前なら、新生児の赤ちゃんにはお風呂上りなどに白湯を飲ませるように言われていましたが、最近では新生児の赤ちゃんへ白湯を飲ませるように言わなくなりました。白湯は新生児の赤ちゃんに飲ませるべきなのでしょうか?!飲ませ方などと合わせてお伝えします。

赤ちゃんの白湯はいつから?作り方・飲ませ方は?便秘に効果がある?のイメージ

目次

  1. 新生児の赤ちゃんに白湯は飲ませた方がいいの?!
  2. 新生児の赤ちゃんに白湯 白湯とは何?
  3. 新生児の赤ちゃんへ白湯は飲ませなくても良いという意見も!
  4. 【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット①】便秘解消に効果が!
  5. 【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット②】水分補給に必要!
  6. 【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット③】混合育児の準備
  7. 【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット④】離乳食の準備
  8. 【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない①】推奨されていない
  9. 【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない②】母乳やミルクで十分
  10. 【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない③】カルキや異物が心配
  11. 【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない④】お金がかかる
  12. 新生児の赤ちゃん 白湯の作り方はどうすればいい?
  13. 新生児の赤ちゃん 白湯はいつから飲ませたらいい?
  14. 新生児の赤ちゃん 白湯の飲ませ方はどうすればいい?
  15. 新生児の赤ちゃん 白湯を飲む量は個人差が!
  16. 新生児の赤ちゃん 白湯は飲み過ぎないように注意を!!
  17. 新生児の赤ちゃんへの白湯は自己判断でお願いします!!

新生児の赤ちゃんに白湯は飲ませた方がいいの?!

初めての子供を産んだお母さんにとっては、初めての子育てというのは、一体どうしたらいいのか全くわからずに戸惑うことばかりですよね。

初めての子供の子育ての時には、おじいちゃん、おばあちゃんに手伝ってもらう場合には、年配者の子育ての知恵を借りることもよくあります。

しかし、中には産褥期の里帰りから帰ってきたら、もし手帳や育児サイトに書いてある情報が子育ての一番の頼りになるという人も多いものです。

そんな初めての子育てをしているママさんたちを悩ませているのが、新生児の赤ちゃんには白湯を飲ませた方がいいのかどうかということです。

新生児の赤ちゃんには、白湯は必要なのでしょうか?!

この記事では赤ちゃんに白湯が必要なのかどうか、メリットと必要ないという意見について、白湯の作り方や飲ませ方、いつから飲ませたらいいのか、といったことについてみていきたいと思います。

■参考記事:産後1ヶ月の過ごし方・注意点は?コチラも参照!

産後1ヵ月の過ごし方の注意点!【生活上の注意】

新生児の赤ちゃんに白湯 白湯とは何?

まず、若い子育て中のママさんの中には、白湯がどのようなものなのかわからない人もいることでしょう。白湯とはいったい何なのでしょうか?!

白湯というのは、水を沸騰させて冷ましたお水になります。

白湯というとちょっと難しそうに感じてしまいますが、作り方は簡単です。しかし作り方は簡単ですが、ちょっと手間がかかります。

私たちは、水道水やミネラルウォーターを何も考えずにガブリと飲んでしまいがちです。

水をただ沸騰させて冷ますだけなら、そのまま水道水でミネラルウォーターを与えても同じでないかと考える人もいるでしょう。

しかし、赤ちゃんには、一度沸騰させてない水やミネラルウォーターを直接飲ませることは危険だと言われています。

一度沸騰させて冷ますことで、温度が水道水やミネラルウオーターよりも少し高い人肌になるので、赤ちゃんにも飲みやすいものになります。

また、一度沸騰させることで殺菌して、カルキを抜くこともできるので、赤ちゃんにとって、水道水やミネラルウォーターよりも安全な水になるのです。

また、一度沸騰させる作り方をすることで口当たりがまろやかになり飲みやすくなる上に、体への吸収率がよくなります。赤ちゃんの体というのは、大人よりも水分の比率が高いので、より飲みやすく安全で吸収性が高い白湯を飲ませるようになったと考えられます。

新生児の赤ちゃんへ白湯は飲ませなくても良いという意見も!

以前は母子手帳や育児書の子育て指南の中でも、風呂上りや夏場に大量の汗をかいて水分が足りなくなりそうな時には、白湯を飲ませるように書かれていました。

そのために、年配のおじいちゃんやおばあちゃんの多くは、子育ての時には赤ちゃんには白湯を飲ませるものだと思っているものです。

しかし、最近の母子手帳には、白湯を飲ませるようにとは書かれていません。

厚生労働省も白湯を飲ませる必要は特にないと言う見解だと言いますが、白湯を飲ませてはいけないというわけでもなさそうです。

赤ちゃんに白湯を飲ませることのメリットと必要ないという意見、それぞれについてちょっと見ていきましょう。

【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット①】便秘解消に効果が!

新生児の赤ちゃんに左右を飲ませるメリットとしては、便秘解消に効果があるということを挙げる人がいます。

大人も便秘になるとお腹が張ってとても辛いものですよね。便秘で辛い思いをするのは、大人だけではなく赤ちゃんも便秘が辛いのは同じです。

しかも赤ちゃんというのは、便秘になっても、自分で体のどこに不調があるのかを言葉にして訴えることができません。そのために便秘でお腹が苦しくてもただ泣いてぐずることしかできないのです。

母乳やミルクを飲んでいるうちは、あまり便秘にはなりにくいものですが、離乳食を始めると水分の量が減るために便秘になりやすくなります。

便秘の時に不足する水分の量を補う程度の白湯を飲ませると、便秘の解消に役立つといわれています。

【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット②】水分補給に必要!

新生児の赤ちゃんに白湯を飲ませるメリットとして、水分補給として必要だという意見もあります。

大人でも、お風呂上りや夏の暑くて汗をかく時期には、喉が渇きやすいものです。

お風呂上りや汗をたっぷりとかく夏の暑い時期に、体の中の水分が足りなくなって喉が渇きやすいのは赤ちゃんも同じです。

そんなときに、母乳やミルクだけではなく、汗で出てしまう分、白湯を飲ませて水分をたっぷり補給した方がいいという意見もあります。

ただし、水分補給のつもりで白湯を飲ませたら、量を飲ませすぎてしまい、ミルクや母乳を飲まなくなってしまうこともあります。

ミルクや母乳の量が足りなくなると、赤ちゃんは栄養が足りなくなってしまう恐れがあります。

水分補給のために白湯を飲ませるときには、ミルクや母乳の量に響かない程度の量を加減して飲ませることが大切です。

【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット③】混合育児の準備

赤ちゃんに白湯を飲ませるメリットには、混合育児の準備のために哺乳瓶に慣れさせるという意味もあります。

母乳育児が推奨されていますが、母乳だけではどうしてもママ以外の人が赤ちゃんの面倒を見ることができなくなり、ママ1人に育児の負担が大きくのしかかってしまいます。

また、育休を取らずに産休だけで仕事に復帰する場合には、たとえ仕事の合間に搾乳できたとしても、保育園でミルクを飲ませてもらう時には、哺乳瓶を使うしかありません。

ずっと母乳で育っていた赤ちゃんだと、いつから哺乳瓶になるのかわかっていても、突然哺乳瓶からミルクや母乳を飲めないこともあります。

哺乳瓶の練習をさせるために、生後2ヶ月ぐらいから少しずつ白湯を哺乳瓶で飲ませた方がいいという意見もあります。

【新生児の赤ちゃんへの白湯のメリット④】離乳食の準備

赤ちゃんに白湯を飲ませるメリットとして、離乳食を始める準備のために母乳やミルク以外のものの、味を覚えさせることをあげる人もいます。

母乳やミルクの味しか知らないと、初めて食べた離乳食を嫌がって、なかなか食べてくれない赤ちゃんも多いものです。

離乳食の最初のものは、水分の多いペースト状のものからとなります。

離乳食を始める前から白湯の味に慣れさせておくことで、母乳やミルク以外の食べ物があるのだということを覚えさせておくと、離乳食がスムーズに始められると言われています。

■参考記事:母乳はいつまであげるもの?コチラもチェック!

母乳はいつまであげるべき?理想は?

【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない①】推奨されていない

次に、新生児の赤ちゃんに白湯は必要ないという意見についてみていきましょう。

まず、赤ちゃんに左右は必要ないという人の中には、今は厚生労働省から赤ちゃんに白湯を飲ませることを推奨していないということをあげている人がいます。

以前は、母子手帳にお風呂上がりや夏場に汗をかきやすい時期には、赤ちゃんの水分補給として白湯を飲ませるようにと書かれていました。

その理由の一つには、一昔前まではミルクの成分にミネラルやタンパク質が多くて、赤ちゃんの体に負担をかけるものだったために、ミルクの成分を薄めて赤ちゃんの体の負担を軽減させるために水分を与える必要があったからです。

しかし、現在のミルクは、栄養バランスがとてもよく、赤ちゃんの体に負担はほとんどかけないものになっています。

そのためにもし手帳には赤ちゃんの水分補給について、母乳やミルクを欲しがるだけ飲ませるようにと書かれているだけで、白湯については触れていません。

【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない②】母乳やミルクで十分

新生児の赤ちゃんへ白湯を与える必要はないという意見には、赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクだけで十分だと現在は言われていることがあります。

前の項でもお伝えしたように、現在の母子手帳では赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクを飲みたいだけ飲ませればいいと書かれています。

離乳食が始まる前の赤ちゃんにとっては、現在は母乳やミルクだけで十分な水分が取れると考えられています。

また、却って白湯で余分な水分を与えてしまうことで、母乳やミルクの量が減って、栄養不足になってしまうことを懸念する人もいます。

母乳やミルクの飲みが悪い時に、水分補給として白湯を与えるのはいいかもしれませんが、普段から母乳やミルクを水分補給の手段として考える必要はないと考えられています。

【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない③】カルキや異物が心配

新生児の赤ちゃんへ白湯を与える必要はないという人の中には、水道水に入っているカルキや異物が赤ちゃんの体に負担をかけるという人がいます。

水道水には消毒のために塩素が添加されています。そのために水道水を沸騰させると、塩素と水に含まれている有機物が反応してトリハロメタンという物質が増えてしまいます。

このトリハロメタンは沸騰させると2倍にも3倍にも増えてしまい、完全に取り除くためには15分以上沸騰させる必要があり、とても手間がかかります。

ミネラルウオーターならいいだろうという人もいますが、ミネラルウォーターにはミネラル分が豊富に含まれています。このミネラル分が赤ちゃんの未成熟な腎臓や肝臓に負担をかけることもあるので、注意が必要です。

【新生児の赤ちゃんへの白湯は必要ない④】お金がかかる

赤ちゃんに白湯を飲ませる時には、水道水のカルキが心配なご家庭では、ミネラルウォータを購入したり、ウォーターサーバを設置したりすることでしょう。

母乳ではなく、ミルク育児をしているために、そういったことが必要であればまだ構わないでしょう。

母乳だけで済んでいるのに、白湯を飲ませるためにミネラルウォーターやウォーターサーバーを購入したりすると、余計なお金がかかってしまいます。

離乳食が始まる前の赤ちゃんにとって、その出費がどうしても必要なものなのかどうかは正直なところわかりません。

新生児の赤ちゃん 白湯の作り方はどうすればいい?

赤ちゃんに白湯を飲ませた方がいいのかどうかというのは、どちらの意見もあることがわかりました。

赤ちゃんに白湯を飲ませる必要はないという意見もありますが、禁止されていることではないので、飲ませたほうがいいと思うのならばちゃんとした作り方で作って飲ませてもいいでしょう。

ところで、白湯の作り方はどうしたらいいのでしょうか。

白湯の作り方は白湯は基本的にやかんで水を沸かして作る作り方になります。

白湯の作り方は水をやかんで沸騰させて、そのまま15分から20分間弱火で火にかけておきます。

15分から20分沸騰させたら、そのまま人肌まで冷まします。

白湯は飲ませるたびに作った方がいいのですが、手間もかかるので保存しておきたいという人もいるでしょう。

保存する場合には、哺乳瓶を消毒する時と同じようにしてしっかりと消毒した容器に移して、冷蔵庫で保存しましょう。

一度しっかりと沸騰させた白湯は、再び沸騰させる必要はないので、使うたびに電子レンジで人肌まで温めるようにするといいでしょう。

一度作った白湯は、その日のうちに使い切るようにしましょう。

白湯の作り方は簡単ですが、沸騰させるのに時間がかかるので、ちょっと作り方には手間がかかりますね!

新生児の赤ちゃん 白湯はいつから飲ませたらいい?

離乳食が始まるまでは、白湯は飲ませても飲ませなくてもいいことがわかりました。

白湯を飲ませるのであれば、いつから飲ませて大丈夫なのでしょうか。

いつから白湯を飲ませるのか考えるときには、まず飲ませるのはやめておいた方がいい時期があります。

いつから白湯を飲ませるのか考えた時に、生まれた直後の生後1ヶ月の時期に飲ませることは、内臓にどのような負担がかかるのかわからないので、やめておきましょう。

いつから白湯を飲ませるのか考える時には、白湯を飲ませる目的が判断の基準になります。

白湯を飲ませる目的が水分補給であるならば、いつから飲ませても大丈夫かというと、生後2ヶ月から飲ませて大丈夫でしょう。

それでは白湯を飲ませる目的が、離乳食の準備だった場合にはいつから飲ませているのでしょうか。離乳食が始まるのは、生後5ヶ月から6ヶ月ぐらいからになるので、白湯はいつから飲ませればいいかというと、生後4ヶ月から5ヶ月ぐらいから白湯の味に慣れさせるようにしていくといいでしょう。

新生児の赤ちゃん 白湯の飲ませ方はどうすればいい?

赤ちゃんに白湯を飲ませる時には飲ませ方はどうしたらいいのでしょうか。

赤ちゃんへの白湯の飲ませ方は、徐々に左右に慣れさせていくような飲ませ方をするようにしましょう。

新生児の赤ちゃんへ白湯を飲ませる時には、哺乳瓶やスプーンは、ミルクをあげる時と同じようにしっかりと消毒をしておきましょう。

一番最初に赤ちゃんへ白湯を飲ませるときの飲ませ方は、まず、赤ちゃんの唇に白湯をつけて湿らせることから、始めます。

その飲ませ方で嫌がるようなら、その日の白湯の飲ませ方の練習はおしまいにします。

唇につけた白湯の味に慣れてきて嫌がらなくなってきたら、白湯の飲ませ方は少しずつ口の中へ入れていくようにして慣らしていきましょう。

新生児の赤ちゃん 白湯を飲む量は個人差が!

赤ちゃんに白湯を飲ませ始めた時には、飲ませ方にもなかなか慣れないので、飲む量が本当になめる程度でしかない赤ちゃんも多いものです。

赤ちゃんが白湯を飲む量というのは、個人差が大きいものです。

基本的に、離乳食が進まないうちは白湯は水分補給の手段としてはそれほど必要ないものです。

離乳食を進めていく中で、断乳に向けて徐々に量を増やしていければいいので、最初のうちからそれほど飲んでくれないからといって気にする事ではないでしょう。

新生児の赤ちゃん 白湯は飲み過ぎないように注意を!!

赤ちゃんに白湯を飲ませる時には、飲み過ぎないように気をつけるようにしましょう。

特に、離乳食を始めていない、母乳やミルクだけの赤ちゃんの場合には、白湯の飲みすぎには気をつけましょう。

母乳やミルクがメインの赤ちゃんには水分過多になってしまい、体調が悪くなってしまう場合もあります。

新生児の赤ちゃんへの白湯は自己判断でお願いします!!

赤ちゃんに白湯を飲ませた方がいいのかどうかというのは、結局のところどちらとも言えません。

子育てををしていると、いろいろと判断に迷うこともありますが、白湯を飲ませることに問題があったとしても、普通に子育ての中で白湯を飲ませていた時代に、赤ちゃん時代に白湯を飲んだことで病気になったという話もあまり聞きません。

離乳食が始まる前には、現在の子育ての状況なら、母乳でもミルクでも、白湯は飲ませても飲ませなくてもどちらでも大丈夫だと言って構わないでしょう。

白湯を飲ませた方がいいのかどうか、いつからの必要なのかというのは、子育てする中での自己判断でお願いします。

白湯を飲ませる時には、水分不足が気になる時の水分補給と、離乳食への準備を主に考えてあげるといいのではないでしょうか。

新生児の子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説
新生児が熱を出した!38度以上なら病院にいくべき?発熱の原因は?
新生児の低血糖とは?原因と症状は?どう治療すればいいの?
新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ