妊娠6週目の症状!出血する?つわりは?赤ちゃんの心拍を確認して!

妊娠6週目に入ると、妊娠していることに気が付くママも増えてきますよね!赤ちゃんはまだまだ小さい妊娠6週目ですが、心拍が確認できたり、ママはつわりが始まったりと、劇的な変化が起こる時期にもなります。この記事では妊娠6週目の気になる症状などについてお伝えします!

妊娠6週目の症状!出血する?つわりは?赤ちゃんの心拍を確認して!のイメージ

目次

  1. 妊娠6週目!赤ちゃんはどんな感じ?!ママの体調は?!
  2. 妊娠6週目!妊娠に気が付く人が増えてきます!!
  3. 妊娠6週目は絶対過敏期!絶対過敏期とは?!
  4. 妊娠6週目の赤ちゃんの様子は?!
  5. 【妊娠6週目の赤ちゃんの様子①】大きさは?!
  6. 【妊娠6週目の赤ちゃんの様子②】胎嚢が確認できます!
  7. 【妊娠6週目の赤ちゃんの様子③】心拍が確認できます!
  8. 【妊娠6週目の赤ちゃんの様子④】器官形成が進みます!
  9. 【妊娠6週目の赤ちゃんの様子⑤】手足が水かきみたいに!!
  10. 妊娠6週目でも心拍と胎嚢が確認できない?!どうして?!
  11. 妊娠6週目のママの気になる症状は?!
  12. 【妊娠6週目のママの症状①】つわりが始まる人も!
  13. 【妊娠6週目のママの症状②】おりものが!おりものが増える!
  14. 【妊娠6週目のママの症状③】妊娠初期症状が強くなってくる!
  15. 妊娠6週目に出血や腹痛!出血や腹痛は流産の兆候?!
  16. 妊娠6週目のママの過ごし方はどうしたらいい?!
  17. 【妊娠6週目のママの過ごし方①】市販薬は控える
  18. 【妊娠6週目のママの過ごし方②】妊娠報告は最低限に!
  19. 【妊娠6週目のママの過ごし方③】出産のあれこれを決める!
  20. 妊娠6週目は不安定な時期!体調に気を付けて!!

妊娠6週目!赤ちゃんはどんな感じ?!ママの体調は?!

妊娠6週目というのは、つわりや妊娠初期症状が本格的に始まったりする頃になります。

まだ妊娠に気がつかない人も中にはいますが、生理が遅れていることが気になったり、体調が大きく変化することで、何かおかしいと思い、妊娠検査薬をやってみたり、病院へ行くことで、多くの人が妊娠に気が付く頃になります。

妊娠6週目のママの体というのは、妊娠期間中で最も体調が悪くなりやすい時期になっていきます。

お腹の中ではまだまだ小さな赤ちゃんが驚くべき発達を遂げていますが、流産の危険性はまだまだ高く、不安定な状態が続いています。

妊娠6週目の頃の赤ちゃんの様子や、ママの体調というのはどのような感じになるのでしょうか。

この記事では、妊娠6週目の頃のあれこれについていろいろとお伝えしたいと思います。

妊娠6週目!妊娠に気が付く人が増えてきます!!

妊娠6週目というのは、生理予定日から約2週間ほど経った頃になります。

数日の生理の遅れならば、それほど気にならないという人も少なくありませんが、さすがに2週間も遅れると、何かおかしいと思い妊娠検査薬を試してみる人も少なくありません。

また、妊娠6週目になると、つわりや妊娠初期症状が始まる人が多く、身体のだるさや吐き気、原因がわからない下痢や便秘に悩まされる人が増えていきます。

妊娠6週目ではまだまだ妊娠に気がつかない人も少なくありませんが、生理の遅れや、体調の変化で徐々に妊娠に気が付く人が増えてくるのが妊娠6週目の頃になります。

妊娠しているかどうかの確定というのは、病院で検査をしてみないと確定は出来ませんが、妊娠検査薬で陽性と出たら、お腹の赤ちゃんのための生活に切り替えるようにしましょう。

飲酒や喫煙をしている人はすぐに辞めることが大切です。

妊娠6週目は絶対過敏期!絶対過敏期とは?!

絶対過敏期という言葉をご存知ですか?!

絶対過敏期というのは、妊娠4週目から妊娠7週目の間の期間のことを言います。

妊娠4週目から妊娠7週目の間の絶対過敏期には、お腹の赤ちゃんの脳や背骨、肺などの生きていく上で最も重要な器官が形成される時期になります。

この絶対過敏期の間に薬などを飲んでしまうと、その成分の影響が赤ちゃんに大きな影響を及ぼしてしまうと言われています。

妊娠すると、妊娠超初期から妊娠初期には風邪っぽいような症状やお腹の風邪のような症状が出ることが多く、市販の風邪薬や胃腸薬を飲んでしまう人も少なくありませんが、妊娠がわかったらすぐに薬はやめましょう。

また、飲酒や喫煙の影響もお腹の赤ちゃんには大きいので、妊娠に気が付いたらすぐにこちらもやめましょう。


◆関連記事:妊娠7週目はどんな感じ?

妊娠7週目の身体の変化!つわり・腹痛がつらい?心拍を確認しよう!

妊娠6週目の赤ちゃんの様子は?!

妊娠6週目の頃の赤ちゃんの様子というのは、どのような肝心なのでしょうか。

妊娠6週目の頃の赤ちゃんの一番のキーワードというのは、胎芽と胎嚢になります。

胎芽と胎嚢というのは、いったいどのようなことを表す言葉になるのでしょうか。

胎芽や胎嚢など、妊娠6週目の頃の赤ちゃんの様子についてみていきましょう。

【妊娠6週目の赤ちゃんの様子①】大きさは?!

まずは妊娠6週目の頃の赤ちゃんの頃の赤ちゃんの大きさについてみていきましょう。

妊娠6週目の頃の赤ちゃんの大きさというのは、頭からお尻の長さまでが約4mmから9mmくらいになっています。

約1ヵ月ほど前に排卵後に妊娠が成立する妊娠3週目の受精卵は0.1mmほどの大きさしかなかったことを考えると、たった1ヵ月ほどで驚くべき成長を遂げていることがわかりますね。

妊娠6週目の頃の赤ちゃんというのは、まだ胎児とは呼ばずに胎芽と呼ばれます。

まだまだヒトの形からはほど遠い形をしていますが、それまでは卵状の形だったのが、妊娠6週目の頃には2頭身に別れたことが確認出来て、徐々にヒトの形に成長しつつあることが分かります。

【妊娠6週目の赤ちゃんの様子②】胎嚢が確認できます!

妊娠6週目の頃になると、胎嚢が確認できるようになります。

胎嚢というのは、胎芽を包んでいる袋になります。

この胎嚢は、妊娠が進んで胎児が成長すると、子宮の中で羊水を包んで赤ちゃんを守る羊膜となります。

胎嚢が確認できることで、妊娠したことが確認出来ます。

妊娠6週目になれば、胎嚢が確実に確認できるはずですが、何らかの理由で胎嚢が確認出来ないこともあります。

ただ妊娠6週目に胎嚢が確認出来ないからと言って、必ずしも妊娠していないわけではないので、もう少し様子を見てみましょう!

【妊娠6週目の赤ちゃんの様子③】心拍が確認できます!

妊娠6週目の頃の赤ちゃんの大きな特徴としては、心拍が確認できるようになります。

心拍を打っている心臓は、まだ四つの部屋には別れておらず、1つの部屋しかありませんが、妊娠6週目にはすでにしっかりとした心拍を打つようになり、確実に成長していることを私たちに伝えてくれます。

胎嚢と胎芽が確認出来て、同時に心拍も確認出来たら、正常な妊娠が成立しているとみなされます。

胎嚢と胎芽、心拍というのは、妊娠6週目には確実に確認できるものなので、妊娠が成立しているかどうかというのは、おおよそ妊娠6週目にははっきりとわかるものです。

妊娠6週目に入っているはずなのに、何らかの原因で心拍や胎嚢、胎芽が確認出来ないこともあります。

その原因については後ほどお伝えします。

【妊娠6週目の赤ちゃんの様子④】器官形成が進みます!

妊娠6週目になると、赤ちゃんの体の中の器官形成がどんどんと進んでいきます。

妊娠6週目に形成が進んでいく器官には次のものがあります。

中胚葉
中胚葉というのは心臓や筋肉、リンパ組織などを総称したものになり、妊娠6週目の頃に形成が進んでいきます。

脳の視床下部
脳も発達をしていくのですが、特に妊娠6週目の頃には、食事や排せつ、生殖行為などを司る自律神経の調節をするのに大切な視床下部が発達していきます。

生殖器
妊娠中のエコー検査でも性別が判別できる外性器の形成はまだ始まりませんが、女の子には卵巣が、男の子には精巣の形成が始まり、性別に分かれた成長がこの時期から見られるようになります。


◆関連記事:妊娠10週目ってどんな感じ?

妊娠10週目!つわりが終わる?お腹の大きさは?【エコー写真あり】

【妊娠6週目の赤ちゃんの様子⑤】手足が水かきみたいに!!

妊娠6週目の頃の赤ちゃんに発達してくる器官の中には、手足の発達も挙げることが出来ます。

それまでは、手や足が生えてくる部分に小さな突起が出ていただけだったのですが、その突起がさらに伸びて、水鳥やカエルの水かきのような形に発達していきます。

妊娠が成立すると、お腹の中の赤ちゃんというのは、生物が魚から人類へと進化を遂げた5億年の歴史を再現すると言われていますが、この水かきのような手足を見ると、それは本当だったのだということがよくわかりますね。

妊娠6週目でも心拍と胎嚢が確認できない?!どうして?!

正常な妊娠の成立というのは、胎嚢と胎芽、心拍の確認がされることになります。

正常な妊娠が成立していれば、胎嚢も胎芽も心拍も、妊娠6週目の頃には確実に確認できるはずのものです。

しかし、妊娠6週に検査をしても、胎嚢も胎芽も心拍も確認出来なかったり、胎嚢だけが確認できているのに、胎芽や心拍が確認できない、という人もいます。

妊娠6週目に、胎嚢と胎芽、心拍の3つが確実に確認出来ない原因には、次のようなものが考えられます。

【胎嚢が確認できない!】最終生理日の勘違い・計算違い

妊娠0週0日は最後の生理日から数えますが、生理の記録をきちんと取っていない人の中には、最終生理日を勘違いしたり、計算違いをしてしまう人もいます。この場合には、あと1週間か2週間してからもう一度検査することをお勧めします。

【胎嚢が確認できない!】排卵日の遅れ

排卵日というのは、最後に生理が来た日からちょうど14日目にやってくるものです。しかし、女性の体というのは、微妙なホルモンバランスの上に成り立っているものなので、ホルモンバランスが微妙に崩れたことで、排卵日が遅れることもよくあります。そのために、妊娠6週目でも、受精してから4週間たっていないこともあり、胎嚢が確認出来ないこともあります。

【胎嚢が確認できない!】既に流産していた…

最近の妊娠検査薬というのは、とても精度が上がっているために、妊娠3週目や4週目でも陽性反応が出ることがあります。それで喜んで妊娠5週目から6週目になり、病院で検査をしてみたところ、すでに流産した後で赤ちゃんが確認出来ないこともあります。胎嚢ができる前に起こる妊娠超初期の化学流産というのは、赤ちゃんの染色体異常が原因で起こるもので、ママのせいではありません。もしも流産という結果になってしまっても、自分を責めないようにしましょう。

【胎嚢が確認できない!】子宮外妊娠

お腹の赤ちゃんの体温が確認出来ない原因には、子宮外妊娠のこともあります。子宮外妊娠というのは、受精卵が卵管から子宮へ移動する途中に何らかのトラブルが起こり、子宮内膜以外の場所で受精してしまったことになります。子宮外妊娠でも妊娠検査薬で感知できるホルモンが分泌されることから、最初は通常の妊娠なのかどうか判別することはできません。子宮外妊娠の場合には、妊娠を継続することはできないので、病院の医者さんの指示に従うようにしましょう。

妊娠6週目のママの気になる症状は?!

妊娠がきちんと成立していれば、赤ちゃんの心拍も確認できるようになり、まだ妊娠している実感が薄かったママでも、徐々にママになるのだという実感がわきあがってくる頃になるのが、この妊娠6週目の頃になるでしょう。赤ちゃんの心拍も確認できる妊娠6週目の頃のママの、気になる症状というのはどのようなものがあるのでしょうか。ここからみていきましょう。

【妊娠6週目のママの症状①】つわりが始まる人も!

妊娠6週目の頃のママの1番気になる症状には、つわりがあります。妊娠6週目の頃になると、つわりが始まる人が増えてきます。

中には、妊娠6週目から7週目の頃が最もつわりがきついという人も少なくありません。

つわりの症状には、よく言われる吐いたり胃のムカつきを感じたりする胃腸症として出るつわりもありますが、他にもつわりの症状にはいろいろとあります。

強い眠気に襲われるのが眠りつわり。

胃が空っぽになると気持ち悪いので何かを食べ続けていないといられなくなる食べつわり。

よだれが止まらなくなるよだれつわり。

人によってつわりの症状というのは大きく違っていき、つわりの程度も変わってきます。

つわりによって気持ち悪くて食事が進まなくても、この時期の赤ちゃんはまだ小さいのであまり食べられなくても大丈夫です。

脱水症状にだけは気をつけて、必要最低限の口にできるものを、口にできるだけ食べるようにしましょう。

【妊娠6週目のママの症状②】おりものが!おりものが増える!

妊娠6週目の頃のママの気になる症状には、おりものが増えることがあります。

妊娠する直前の排卵期には、おりものが増えますが、これは黄体ホルモンであるプロゲステロンが増加するために、ゼリー状のおりものが大量に分泌されるようになります。

受精すると、さらに織物が増えます。というのは、プロゲステロンの量がさらに増加するために、排卵期の頃に大量に分泌されるようになったおりものの量がさらに増加するのです。

プロゲステロンの分泌は、妊娠6週目の頃でもずっと続いているので、おりものの大量な分泌も続いています。

無臭か少し酸っぱい臭いがする、透明か白か淡いクリーム色のおりものであれば、量が多くても正常な状態です。

しかしおりものが多いと局部がかぶれやすくなるので、通気性のよい下着を使ったり、おりものシートを頻繁に替えるなどして、おりものが多くても清潔を保つように気をつけましょう。

おりものの色や匂いに変化があった場合には、注意が必要です。

おりものの色が濃い黄色や黄緑色になり、悪臭を放つようになったら感染症の疑いがあります。

おりものの色がピンクや茶色、鮮血が混じる時には、出血を意味しています。

出血の場合には、出血の原因を特定することが大切です。

おりものは妊娠中の異常を知らせてくれる大切なバロメーターです。

おりものの色や臭いに変化した時には速やかに病院で診察を受けるようにしましょう。

【妊娠6週目のママの症状③】妊娠初期症状が強くなってくる!

受精直後の妊娠超初期の頃から、妊娠初期症状が出始めている人も少なくありませんが、妊娠6週目の頃になると、つわりがひどくなっていくのと同時に、つわり以外の妊娠初期症状も強く出てくるようになります。

妊娠6週目の頃に見られる妊娠初期症状にはどのようなものがあるのか、ここからみていきましょう。

【妊娠初期症状①】風邪っぽい

妊娠すると、基礎体温の高温期が続きます。そのために、体が常に微熱があるような火照ったような状態になるために、風邪っぽいと感じることがよくあります。また、ホルモンバランスの変化によって自律神経が乱れることで、頭痛を感じやすくもなることがあります。

妊娠に気がつかないと、風邪のひきはじめだと思って風邪薬を飲んでしまうこともありますが、市販の弱い薬でも妊娠初期の赤ちゃんには、良くないものもあります。妊娠を疑う時には風邪薬を飲む前に妊娠検査薬を試し詰めることをお勧めします。

【妊娠初期症状②】腰痛

妊娠初期症状には、腰痛もあります。妊娠すると、子宮の収縮を抑えたり、出産の準備を始めるために、骨盤周りの筋肉や関節、靭帯が緩んでしまいます。

そのために、腰周りが妊娠前よりもぐらぐらになりやすく、バランスが取りにくくなり腰痛が起きやすくなります。

【妊娠初期症状③】情緒不安定

妊娠すると、ホルモンバランスが大きく変化します。ホルモンバランスが変化すると、自律神経が大きく乱れるために、情緒不安定になるママも少なくありません。訳がわからないのになぜかイライラしたり、気分が落ち込んだりしやすくなりますが、これは、心理的な原因ではなくて、ホルモンバランスの変化によるものです。あまり辛い時には産婦人科の先生に相談することをお勧めします。

【妊娠初期症状④】下痢・便秘

妊娠初期症状として起こりやすいものには、下痢や便秘もあります。下痢や便秘が起こると腹痛が起こることもあり辛いですよね。でも妊娠初期の腹痛の原因が下痢や便秘だったら心配はいりません。下痢や便秘を伴う腹痛というのは、流産をしないように、子宮の収縮を和らげるために、お腹周りの筋肉の働きを緩めてしまうのですが、その結果胃腸の働きも弱くなり、下痢や便秘を起こしやすくなってしまいます。そして下痢や便秘を起こすことで腹痛も起きやすくなってしまうのです。消化の良い温かいものをゆっくりと食べたり、水分や乳酸菌や食物繊維を充分な量摂取することが大切です。

妊娠6週目に出血や腹痛!出血や腹痛は流産の兆候?!

妊娠6週目に、出血や腹痛が起きてしまうママも少なくありません。出血や腹痛と言えば流産の兆候として知られていますが、妊娠6週目の出血や腹痛というのは、必ずしも流産の原因となるものなのでしょうか。

確かに、妊娠初期に出血や腹痛が起きると、流産や切迫流産の兆候であることが多いのは確かです。

しかし、出血の原因には、様々なものがあります。出血の中でも子宮膣部びらんや子宮頸管ポリープといった特に問題のない出血もあります。

また絨毛膜下血による出血の場合には、安静にしていれば大丈夫です。

妊娠初期に出血や腹痛が起きた時には、まだ病院でその原因を特定することが大切です。

下痢や便秘と言った原因がわかっている腹痛ではなく、原因が分からないのに長く続く腹痛や、だんだんとひどくなっていく腹痛、出血と腹痛が同時に来た場合には、すぐに病院へ行く事をお勧めします。

妊娠6週目のママの過ごし方はどうしたらいい?!

つわりや、腹痛などの妊娠初期症状に悩まされがちな妊娠6週の頃のママですが、いろいろと体調の面で不安定になりがちな妊娠6週の頃の過ごし方というのは、どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。

ここから、妊娠6週の頃の、過ごし方の注意点についてお伝えします。

【妊娠6週目のママの過ごし方①】市販薬は控える

妊娠6週目の頃は、微熱や頭痛、下痢や便秘といった、風邪のような症状が様々に出やすいものです。

普段から病院へ行かずに、市販薬で治してしまうという人も少なくありませんが、絶対過敏期の妊娠6週目の頃は、薬の成分が大きくお腹の赤ちゃんに影響してしまいます。

妊娠が分かったり、妊娠を疑っている状態であれば、市販薬であっても自分の判断で薬を飲むことは絶対にやめておきましょう。

どうしても対象が辛い時には、産婦人科で相談すれば、妊娠中でも飲める薬を処方してもらうことも出来ます。

【妊娠6週目のママの過ごし方②】妊娠報告は最低限に!

妊娠すると、うれしくてついつい周りの人に言いふらしたくなりますよね。

プライベートの人間関係であれば、別に構いませんが、お仕事をしている時には、妊娠報告は安定期に入るまで必要最低限の範囲にとどめておきましょう。

妊娠初期は流産をしやすいので、おめでた報告をしたとしても、万が一のことがあった場合には、周りの人たちに気を使わせてしまうことになりかねません。

ただし、妊娠初期には体調不良になることが多いので、上司には相談をして体調不良の際には配慮してもらうようにお願いをしましょう。

【妊娠6週目のママの過ごし方③】出産のあれこれを決める!

妊娠6週目の頃になったら、出産のことをいろいろと本格的に決めるようにしましょう。

里帰り出産をするのか、病院はどこで産みたいのか、いろいろな情報を集めて、旦那さんとも話し合って、2人ともどうしたいのか、どうするのがママとお腹の赤ちゃんのためになることなのか、決めることが大切です。

病院や助産院も、それぞれに特色を出している病院も多いものです。

生まれてすぐにカンガルーケアをさせてくれるところ、立ち会い出産を推奨している病院、食事がおいしいところ、いろいろとありますよね!

そういったサービスはいまいちでも、総合病院であれば、万が一のことがあった時に他の科とも連携できるので安心感は抜群ですよね!

いろいろなことを考えて、ご家族にとって一番良いと思われる選択肢を選ぶように今からしっかりと考えましょう。

妊娠6週目は不安定な時期!体調に気を付けて!!

つわりが始まったり、下痢や便秘をしやすくて、腹痛も起こりやすくなる妊娠6週目というのは、体調がとても不安定になりがちなので、ママにとってはとても不安で不快な時期になることが多いものです。

本当につわりが辛い場合には、入院しなければならないほどの人がいることも事実です。



でも、それは世界中のほぼ全てのお母さんが経験してきたことです。つわりのつらさもいつまでも続くものではありません。

いつまでも続く苦しみではないということだけを希望にして、この時期をぜひ頑張って乗り切ってください。

もっと妊娠について知りたいアナタはこちら

妊娠8ヶ月の過ごし方!体重の目安は?腹痛や出血に気をつけて!
妊娠7ヶ月目の体重増加の目安とお腹の張りは?腹痛に気をつけて!
妊娠5ヶ月目!体重やお腹の張りは?胎動を感じる?腹痛に要注意!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ