赤ちゃんの風邪の症状!鼻水や咳が出るなら病院に行くべき?

まだ喋れない新生児の赤ちゃんが風邪を引いてしまうとなかなか厄介です。どこが痛いのか何がツライのか聞くことができず、ママやパパは赤ちゃんの様子を見て判断するしかありません。当記事では新生児の赤ちゃんの風邪の症状や病院に行くべきタイミングなどをご紹介します!

赤ちゃんの風邪の症状!鼻水や咳が出るなら病院に行くべき?のイメージ

目次

  1. 新生児も風邪をひく?免疫力と風邪の関係
  2. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状とは?
  3. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(1)鼻水がでる
  4. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(2)咳をする
  5. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(3)熱がでる
  6. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(4)目がうるんだり涙がでる
  7. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(5)呼吸が荒くなる
  8. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(6)下痢になる
  9. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(7)母乳等を飲まなくなる
  10. 新生児の赤ちゃんの風邪の症状(8)機嫌が悪くなる
  11. 新生児の赤ちゃんが風邪を引くのはどうして?その原因とは?
  12. 新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(1)家族からうつる
  13. 新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(2)病院でうつる
  14. 新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(3)室内の空気の乾燥
  15. 新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(4)室内の寒さ
  16. 新生児の赤ちゃんが風邪で病院へ行くべきタイミングとは?
  17. 新生児の赤ちゃんが病院に行く時(1)高熱が出た時
  18. 新生児の赤ちゃんが病院に行く時(2)眠れない時
  19. 新生児の赤ちゃんが病院に行く時(3)おっぱい等が飲めない時
  20. 新生児の赤ちゃんが病院に行く時(4)呼吸ができない時
  21. 新生児の赤ちゃんが病院に行く時(5)複数の風邪症状が出た時
  22. まとめ

新生児も風邪をひく?免疫力と風邪の関係

皆さんは新生児の赤ちゃんは風邪をひかないと思っていませんか?生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんからもらった免疫力があるため風邪をひくことはないと思っている人も多いのですが、実際は新生児の赤ちゃんも風邪をひくことがあります。

生まれたばかりの体の小さな赤ちゃんが風邪をひくと、ママやパパは可哀相で思わずその症状を代わってあげたいと思うこともあるでしょう。

新生児の赤ちゃんの免疫力は母乳で育てるかミルクで育てるかによって多少変わってきますが、現在のミルクは栄養面でもとても優秀なためそこまで大きく違いがあるわけではありません。

母乳が出なかったりフルタイムで仕事をしているママは、赤ちゃんにミルクを飲ませて育てている人も多いと思いますが、赤ちゃんの風邪は母乳やミルクだけが関係しているわけではありません。

風邪はどれだけしっかり予防策を施していてもかかってしまう事があります。赤ちゃんを母乳ではなくミルクで育てているママも、母乳との違いにそれほど悩む必要はありません。

■参考記事:新生児の嘔吐、病院へ行くべき?コチラもチェック!

新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について

新生児の赤ちゃんの風邪の症状とは?

それではさっそく新生児の赤ちゃんの風邪の症状についてご紹介していきます。

新生児の赤ちゃんは自分の症状をお母さんに訴えることはできませんが、毎日注意深く赤ちゃんを観察していれば普段とは違う様子に気付くことができます。

赤ちゃんに対してお母さんが違和感を感じる時は、その勘はたいてい当たっていることが結構あります。

赤ちゃんの風邪に気付くことができれば早めに対処したり、それ以上悪化することを予防することもできますので、子育て中のお母さんやお父さんはぜひ以下の赤ちゃんの風邪の症状8つをご覧いただき、覚えておくようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(1)鼻水がでる

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の1つめは、鼻水がでることです。鼻水は風邪の症状の中でも特に分かりやすい症状の1つです。

新生児の赤ちゃんの鼻水が出ている時は、その鼻水が透明か色がついているかどうかをチェックしなければなりません。鼻水が透明の時はそれほど心配はいりませんが、もし鼻水が黄色い色をしていたり緑色をしている時は細菌に感染している場合があります。

鼻水は放置しておくと慢性の鼻炎や中耳炎を併発することもあり、そうなれば赤ちゃんは非常にツライ思いをすることになります。

またいつも鼻水が出ている赤ちゃんは、成長するにつれて鼻呼吸ではなく口呼吸が癖になってしまうこともあります。口呼吸は口内の衛生環境に悪いだけでなく、風邪をひきやすくなるなどデメリットがたくさんあります。

鼻水を長く放置しておくのは赤ちゃんの健康にはあまり良いとはいえません。口呼吸を予防するためにも赤ちゃんの鼻水は甘く考えず、風邪が悪化しないように注意してあげましょう。

ただし市販の薬を新生児の赤ちゃんに安易に与えるのは控えてなくてはいけません。薬を与えたい時は小児科で診察を受けて医師から処方してもらったものを与えるようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(2)咳をする

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の2つめは、咳をすることです。赤ちゃんの咳はコホコホという軽い咳から、体全体を使って大きく息を吐きだす重い咳までいろいろあります。

赤ちゃんは体の機能が発達していないため、少しの刺激で咳が出ることもあります。ミルクや母乳がつまって咳が出てしまったり、冷たい空気を吸い込むことが原因で咳が出る事もあります。また空気中のほこりや布団の綿、ペットの毛などが原因になって咳がでることもあります。

まれに咳をして息を吸い込む時にヒューヒューというすきま風のような音がすることがありますが、その時は喘息を発症しているケースもあります。

お父さんやお母さんがアレルギー体質である場合などは、赤ちゃんも何らかのアレルギーを持っている場合もありますので、気になる場合は病院で診察を受けたり薬をもらったりして対処するようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(3)熱がでる

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の3つめは、熱がでることです。

体の中に風邪のウィルスが入り込んでしまうと熱がでるのは皆さんご存知の通りですが、免疫を持っている新生児の赤ちゃんでも当然熱が出ることがあります。

いつもより赤ちゃんの頬が赤みを増している時や、手足を触った時に熱を持っているような場合は、体温計で熱を計ると驚くほど熱が出ている場合があります。

幼い赤ちゃんの熱は急激に上がってしまうことがあり、今までご機嫌で笑っていたのに次の瞬間には真っ赤な顔をして熱が上がっていることもよくあります。

最近の体温計は短時間で熱を計れるものや、おでこや耳で熱が計れるものなど色々と便利な物が販売されていて、小児科などの病院でも使われるようになりました。

このような最新式の体温計であれば、熱がある赤ちゃんに寒い思いをさせることなく熱が計れますので大変重宝します。気になる方はドラッグストアや通信販売などで購入し試してみると良いでしょう。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(4)目がうるんだり涙がでる

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の3つめは、目がうるんだり涙がでるということです。

赤ちゃんはだいたいの子が熱を出すと目がうるんだり涙が出ることがあります。赤ちゃんの体はとても敏感であるため、風邪のウィルスや細菌が体内に入ると目元まで影響が出ることもあるのです。

また新生児の赤ちゃんは涙が出ても自分で拭うことができないため、涙が固まったりなどして目やにが出やすくなります。

あまり関連性がないように思える目のうるみや涙も、新生児の赤ちゃんの風邪の症状になる場合があることはあまり知られていません。咳や鼻水が出ていない場合も体はとてもしんどい状態になっていることもあります。

他に何か気になる症状がない時は病院に行く前にしばらく様子を見ても良いですが、明らかに赤ちゃんの元気がなくなっている場合は病院で診察を受けるようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(5)呼吸が荒くなる

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の5めは、呼吸が荒くなることです。

風邪でつらい時や熱が高い時などは大人でも呼吸が早く荒くなることがありますが、赤ちゃんも一緒です。鼻がつまっていたり喉の奥にタンが絡んでいると息が苦しくなり、胸が激しく上下に波打ったりゼイゼイと何かがひっかかったような呼吸を繰り返ることがあります。

また赤ちゃんは熱が高くなっている時や咳がひどい時も呼吸が荒くなることがあります。

真っ赤な顔で荒い呼吸をしている時は風邪の症状がひどくなっている場合がありますので、お母さんやお父さんは赤ちゃんが痙攣などを起こしていないかしっかりと見守る必要があります。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(6)下痢になる

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の6つめは、下痢になることです。新生児の赤ちゃんは体がまだまだ成長していないため、すぐに下痢を起こします。

新生児の間は口に入れているものが母乳やミルクなど液体のものばかりなので、特に下痢になりやすいという特徴もあります。

普段の便がゆるい場合は下痢との区別がつきにくいかもしれませんが、下痢の場合は酸っぱい匂いがしたり普段の便の色とは違うこともあるのでよく見れば分かります。

風邪が長引いて下痢が続くと赤ちゃんは体力がどんどん無くなってしまいます。赤ちゃんに薬を飲ませるのは少し心配かもしれませんが、下痢はとても体に負担を与えるためなるべく早く治してあげた方が良い場合もあります。

下痢を治してあげたい時は病院で診察を受け、医師の指導のもとで適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(7)母乳等を飲まなくなる

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の7つめはおっぱい等を飲まなくなるというものもあります。

大人も体調が悪い時は食欲がなくなりますが、赤ちゃんも風邪をひいて熱があったり鼻水や咳がでて体がしんどい時は母乳やミルクを飲まなくなることがよくあります。

母乳の場合は赤ちゃんがどれだけの量の母乳を飲んでいるのか分かりづらいものですが、飲み始めてすぐにおっぱいから口を離してしまうような時は体調が悪い可能性があります。ミルクであれば哺乳瓶の目盛りなどで飲む量は一目瞭然で分かりますので、このような時にはとても便利です。

母乳やミルクを飲まなくなってしまうとお母さんはとても心配してしまいますが、それ以外に特に目立った症状が無い場合はすぐに病院に行かなければならないということはないでしょう。風邪の症状が悪化しないかしばらく安静にして経過を観察しましょう。

新生児の赤ちゃんの風邪の症状(8)機嫌が悪くなる

新生児の赤ちゃんの風邪の症状の8つめは、機嫌が悪くなるということです。

新生児の赤ちゃんは泣くことで意思表示をします。おむつを替えてもらったりお腹がいっぱいで気持ちいい時は可愛らしい顔で熟睡しますが、どこか痛かったり不快な場合は泣いてお母さんやお父さんに訴えかけてきます。

おむつを変えたりおっぱいやミルクをあげても泣きやまない場合や夜泣きがひどい時は、風邪をひいて体の調子がおかしいのかもしれません。

熱をはかったり体を調べたりして風邪の兆候がないか調べてみることをおすすめします。

新生児の赤ちゃんが風邪を引くのはどうして?その原因とは?

まだ家からあまり出ないはずの新生児の赤ちゃんが風邪を引くのはいったいどうしてなのでしょうか?

まだ人ごみに連れ出すことができない新生児の赤ちゃんが風邪を引くときは、人からうつる場合と室内の環境が原因だと考えられます。

次は新生児の赤ちゃんが風邪を引いてしまう原因について4つご紹介致します。風邪を引く原因が分かれば予防策を考えることもできます。

自分の家庭環境に当てはまるものはないか確認しながらご覧ください!

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(1)家族からうつる

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因の1つめは、やはり家族からうつるのが一番多いと言われています。会社へ通勤するときに満員電車に乗るお父さん、混み合ったスーパーなどへ買い物へ行くお母さんなどが風邪を引いてしまうと、それが赤ちゃんにうつる原因になります。

また赤ちゃんに兄弟がいる場合はさらに風邪がうつる可能性が高くなります。保育園や幼稚園、小学校などでは1年を通して常に誰かが風邪を引いているといっても過言ではありません。

集団生活では一度風邪が流行すると次から次へと他の子にうつることがありますので、その菌を家に持ち帰ってしまうと赤ちゃんにうつる原因になってしまいます。

自宅に新生児の赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんに風邪がうつるのを予防するためには外から菌を持ち帰らないようにすることが大切です。

赤ちゃんに風邪がうつるのを予防するためには、冬場のお出かけや大勢の人が込み合う場所に行く時はマスクを着用し、外出先から帰ってきた後は玄関前で上着についたほこりなどをサッとはらうのも効果的です。家族みんなで赤ちゃんを守るために予防策を徹底しましょう。

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(2)病院でうつる

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因の2つめは、病院でうつることも考えられます。新生児の赤ちゃんは1ヵ月の間は外出するのを控えるようにしなければなりませんが、その間に赤ちゃんの体調が悪くなって小児科に連れて行くことがあります。

しかし病院には具合が悪い子供がたくさん来院しています。感染力が強い風邪ウィルスを持っている子がいた場合、そこから赤ちゃんにうつるということも考えられます。

病院で赤ちゃんに風邪がうつるのが不安な場合や風邪を予防するためには、なるべく診察が混み合う時間帯を避けて受診をするのがおすすめです。

また診察をインターネットなどから予約できる小児科であれば、風邪のウィルスが蔓延する待合室で過ごす時間を極力減らすことができます。

そして赤ちゃんの診察が終わった後は出来れば一度自宅に帰り、パパや他の家族に赤ちゃんを見てもらっている間に薬局に薬を取りに行くようにすれば、他人からうつる風邪をかなり予防することができます。

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(3)室内の空気の乾燥

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因の3つめは、室内の空気の乾燥も大きな原因になります。

風邪のウィルスは乾燥している環境で活発に動き回ります。冬は室内の空気が乾燥していることもあり、夏に比べて風邪をひきやすい状況になります。

室内の空気が乾燥していると喉や鼻の粘膜も乾燥し、咳が出やすくなったり鼻水が出る原因にもなります。

室内の乾燥を予防するためには、加湿器を使ったり洗濯物を室内干しすると簡単に湿度を上げることができます。また赤ちゃんの寝ている部屋に観葉植物や植木などを置くのも乾燥予防に効果があると言われています。

室内の湿度を上げることで怖いインフルエンザや風邪のウィルスなどの感染症を予防することができますので、ぜひお試しください。

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因(4)室内の寒さ

新生児の赤ちゃんが風邪を引く原因の4つめは、室内の寒さが原因になることもあります。

室内が寒くなるのは何も冬だけではありません。夏もクーラーを使いすぎたりすると赤ちゃんにとっては風邪を引く原因になる場合もあります。身体機能がまだ未熟な新生児の赤ちゃんは、ママやパパが快適に感じる室温でも寒すぎることがあるのです。

赤ちゃんは室温が寒くても自分で服の調整などをすることはできませんので、室温は大人ではなく赤ちゃんに合わせて少し高めに調節することが大切です。

赤ちゃんの風邪を予防するために、電化製品などを使って大人が上手に対処していきましょう。

新生児の赤ちゃんが風邪で病院へ行くべきタイミングとは?

それでは新生児の赤ちゃんが風邪を引いてしまった場合、病院へ行くべきタイミングはどう判断すれば良いのでしょうか?

赤ちゃんの風邪が咳や熱を伴う種類のものである場合、病院へ行くべきタイミングは症状の具合によって判断しなければなりません。

大人にとってはただの風邪でも、新生児の赤ちゃんにとっては生まれて初めての試練かもしれません。

風邪が長引くと他の兄弟にうつる可能性も出てきますので、ママやパパは下記のまとめを参考に赤ちゃんが病院へ行くべきタイミングをしっかりと把握しておきましょう。

新生児の赤ちゃんが病院に行く時(1)高熱が出た時

新生児の赤ちゃんが病院に行く時のタイミングの1つめは、高熱が出た時です。

赤ちゃんはすぐに熱が上がりやすいと上記でご紹介しましたが、人は体温が高くなりすぎると深刻な脳症などを発症して非常に危険な状態になってしまうことがあります。

通常36度から37度前後の赤ちゃんの体温は、39度を超えて40度を上回ってしまうようになると意識がもうろうとして呼びかけなどの反応も鈍くなってきてしまいます。

後遺症を残さずそれ以上の悪化を予防することを考えると、赤ちゃんが風邪で病院に行くべきタイミングは熱が40度近くまで上がってしまった時だと言えるでしょう。

病院では熱が高い時は一時的に熱を下げる解熱剤などの薬を処方してもらえますので、その薬を使って赤ちゃんの熱が上がり過ぎないように調整してあげましょう。

■参考記事:新生児の高熱、どうすればいい?コチラも参照!

新生児が熱を出した!38度以上なら病院にいくべき?発熱の原因は?

新生児の赤ちゃんが病院に行く時(2)眠れない時

新生児の赤ちゃんが病院に行く時のタイミングの2つめは、しっかりと眠れなくなった時です。

赤ちゃんはしっかりと眠れなくなってしまうと体力や免疫力が低下し、どんどん風邪の症状が悪化していくことになりますので、赤ちゃんが眠れなくなってしまった時は速やかに病院で診察を受け薬の処方を受けましょう。


咳がひどかったり鼻づまりがあったりすると、赤ちゃんはぐずることが多く頻繁に夜泣きをするようになります。

ひどい夜泣きが続くとママやパパも寝不足になり、赤ちゃんの風邪がうつる可能性もありますので注意しましょう。

新生児の赤ちゃんが病院に行く時(3)おっぱい等が飲めない時

新生児の赤ちゃんが病院に行く時のタイミングの3つめは、おっぱいやミルクが飲めなくなった時です。

しかし予防策をしていても赤ちゃんが風邪をひくことはあります。風邪が悪化すると赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲む元気も無くなってしまいますので、そのような場合は医師に一度診察してもらった方が安心です。

薬を使うと高い熱を下げたり鼻水や咳を少し改善することができますので、その間に赤ちゃんもおっぱいやミルクで栄養を取ってウィルスをやっつけることができるようになります。

赤ちゃんに薬を使いたくないというママも、薬は上手に使えば赤ちゃんの辛い症状を楽にさせてあげることができるということを良く考えて検討してみましょう。

新生児の赤ちゃんが病院に行く時(4)呼吸ができない時

新生児の赤ちゃんが病院に行く時のタイミングの4つめは、呼吸ができない時です。

赤ちゃんが風邪をひいてひどい咳がでている時や鼻がつまっている時は、呼吸が苦しくなっていることがあります。呼吸ができない状態が続くとチアノーゼが出ることもありますので、そのような時はすぐに病院で診察を受け薬の処方や鼻の吸引処置を受ける必要があります。

大人でも鼻がつまっている時や咳が出ている時は苦しいものです。鼻の吸引は最初は嫌がる赤ちゃんもたくさんいますが、体を楽にするためには必要な措置です。

可哀相だからという理由で呼吸ができない赤ちゃんに診察を受けさせないということがないようにしましょう。

新生児の赤ちゃんが病院に行く時(5)複数の風邪症状が出た時

新生児の赤ちゃんが病院に行く時のタイミングの5つめは、複数の風邪症状が出た時です。

上記でご紹介した風邪の症状が複数同時に見られる時は、赤ちゃんの体にとても負担がかかっている状態です。赤ちゃんにそれ以上ツライ思いをさせないためには、薬などを与えて悪化するのを予防しなければなりません。

あまりに風邪が長引くときは、他の病気が隠れている可能性もあります。赤ちゃんが咳、熱、鼻水などたくさんの風邪の症状が見られる時は、早めに医師の診察を受けて薬を飲ませるようにしましょう。

まとめ

新生児の赤ちゃんの風邪の症状や病院に行くべきタイミングなどをご紹介しましたが、いかがでしたか?

可愛い赤ちゃんにはなるべくツライ思いはさせたくないものです。上記を参考に赤ちゃんの風邪対策はしっかりと行い、病院に行くべきタイミングを逃さないようにしましょう!

新生児の病気や子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

赤ちゃんの痙攣の症状と原因、対処法解説!新生児のひきつけに要注意
新生児の低血糖とは?原因と症状は?どう治療すればいいの?
新生児の授乳時間・間隔の目安は?時間が長い・短い原因と対処法は?
新生児は夜泣きをしない?夜泣きの原因と対処法を解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ