産後は妊娠しやすい?時期はいつからいつまで?産後の妊娠兆候は?

産後は妊娠しやすいと言われていますが、いつからいつまでかが気になるママは多いのではないでしょうか? ここでは産後妊娠しやすいのは本当かどうか、検査薬のこと、妊娠の兆候や初期症状についてお話します。 生理不順や体調が気になるママもチェックしましょう。

産後は妊娠しやすい?時期はいつからいつまで?産後の妊娠兆候は?のイメージ

目次

  1. 産後のママは妊娠しやすい?兆候や初期症状は?
  2. 【産後妊娠】1 妊娠しやすいのは本当?母乳で育てている時は?
  3. 【産後妊娠】2 排卵と生理はいつから?
  4. 【産後妊娠】3 生理不順のときは
  5. 【産後妊娠】4 こんな兆候が
  6. 【産後妊娠】5 初期症状はいつから?
  7. 【産後妊娠】6 早期妊娠検査薬は知っていますか?
  8. 【産後妊娠】7 ストレスを和らげる方法は?
  9. 【産後妊娠】8 高血圧を予防しよう
  10. 【産後妊娠】9 糖尿病を予防しよう
  11. 【産後妊娠】10 お腹だけじゃない妊娠線
  12. 【産後妊娠】11 体重管理はどうする
  13. 【産後妊娠】12 夫の気持ちが変化?
  14. 葉酸が多く妊婦さんに摂ってもらいたい食材は?
  15. 働く女性が産後妊娠した場合
  16. おわりに

産後のママは妊娠しやすい?兆候や初期症状は?

産後のママは、悪露が終わっても女性ホルモンが乱れているので体調が崩れやすいです。
産後は妊娠しやすいと言われていますが、いつからいつまでなのか?
妊娠の兆候や初期症状を知りたい方も、多いのではないでしょうか?
育児で疲れているので、吐き気やだるさがあっても初期症状を見逃すママがいるのはご存知ですか?
ここでは、そんなママの不安を緩和するための情報や糖尿病や高血圧対策をお話しします。
生理不順や肩こり腰痛があるときは、無理はしないでくださいね。

【産後妊娠】1 妊娠しやすいのは本当?母乳で育てている時は?

産後は子宮のなかの余分ものが外に出て、着床しやすくなると言われます。
いつからいつまで妊娠しやすいのかが、わからないというママも多いですね。
産後に授乳をすると、プラクチンというホルモンが分泌されるのは知っていますか?
子宮収縮を促して、ママの体の回復をサポートしてくれますが排卵は抑えられます。
妊娠しやすいというのは、母乳の時期が終わってからと考えていいでしょう。

授乳中は排卵は起きにくいですが、いつからいつまで続くかというと個人差があるので排卵する場合もあります。
産後のママは、生理不順になることが多く2人目の計画は立てにくくなります。
そのため妊娠を希望していないママは、しっかりと避妊が必要になります。
産後は精神的にも不安定な時期なので、夫とのコミュニケーションが大事です。
夫と話していてリラックスできるママは、産後の回復が早かったり妊娠中のトラブルが少ないです。

【産後妊娠】2 排卵と生理はいつから?

ミルクを赤ちゃんに与えているママのアンケートによると、6割の方が産後2ヵ月で生理が始まっています。
生理が遅いのが母乳で育てているママで、いつからかというと半年から1年で再開したというのが平均です。
生理が始まっても、排卵がないというケースも3割はあります。
早めに妊娠を知りたいママは、妊娠検査薬の購入を考えてもいいですね。

産後の生理の再開について、育児雑誌やネットの情報から遅くなっていると感じていませんか?
ママの中には、1年以上生理がなかったという方もいます。
他のママのことを気にして、いつまでこの状態が続くかと悩んでいるとストレスが溜まるのでくよくよするはやめましょう。

【産後妊娠】3 生理不順のときは

産後は悪露がしばらく続き、生理が始まっても生理不順になりやすいです。
生理不順はいつまで続くかというと、個人差はありますが初期のころに感じるママが多いです。
出産直後は、排卵を抑えるホルモンが分泌され母乳をやめたあとに生理が始まります。
そのため体の急激な変化に自律神経が乱れて、生理不順や冷え性肩こりになりやすいのです。

生理不順の時期に、排卵しているかどうかチェックできるのが基礎体温表です。
低温期と高温期が、グラフに現れるかどうか確認します。
産後は、不安定になりがちなので3か月くらいは様子を見る必要があります。
体温が安定していないと無排卵月経になりますが、産後のママはよく見られる兆候です。

【産後妊娠】4 こんな兆候が

産後の妊娠では、いろいろな兆候があります。
授乳中で生理が再開していなくても、排卵が起こることがあります。
先輩ママに兆候を聞くと、胸やお腹が張ったり気分が悪くなったりしたようです。
このような不快な兆候が出るママは多いですが、個人差があるので何も出ない場合もあります。

育児に熱中しているママは、体調が毎日変わるので兆候が出ても妊娠とは気づきにくいです。
風邪のように熱っぽかったり疲れやすくなって、見逃すこともあります。
風邪だと思って、市販の薬を使うことは避けることが必要です。
ママの中には、母乳が出にくくなって検査をしたら妊娠だと初めてわかったという方もいます。

【産後妊娠】5 初期症状はいつから?

妊娠の初期症状は、いつから現われるかというと一般的には生理が始める1週間前です。
ところが、産後は悪露が長引いたり生理不順になったりとわかりにくいです。
最初の妊娠と同じように吐き気やだるさを感じる方もいますが、ほかの初期症状が出てくるママもいます。

ママの中には、思った以上に初期症状が強く頭が痛くなったリお腹が痛かったりだるく感じることがあります。
不快な症状が強い場合は、無理をしないで病院に相談してみてくださいね。
体調が悪いときは、掃除や料理は外部のサービスを頼るという方法もあるので利用しましょう。

【産後妊娠】6 早期妊娠検査薬は知っていますか?

産後の妊娠の兆候には、いろいろな初期症状があります。
産婦人科に行く前に、妊娠検査薬で確認してみようというママは増えていますね。
妊娠するとhCGというホルモンが、増えるのが特徴です。
妊娠検査薬は、レベルが50mIU/mになると反応します。
生理予定日の1週間後に使うように指導されますが、産後の妊娠では生理不順で予想ができないママが多いです。
1回では反応がわからないときのために、検査薬は、何個か買っておくと便利です。

生理の予定日がわかりにくいという産後のママに、好評なのが早期妊娠検査薬です。
産後の体調の変化で妊娠の兆候や初期症状なのかどうかわからなくて、悩んでいませんか?
早期妊娠検査薬は、一般の検査薬よりも早い段階でhCGが25mIU/mlで反応します。
ドラッグストアでは売っていない場合が多く、通販で販売されています。

【産後妊娠】7 ストレスを和らげる方法は?

産後に、妊娠の兆候や初期症状があればそれが不安でストレスが溜まるママは多いです。
先輩ママも、妊娠の兆候があるときは結果がわからなくても精神的に落ち込んだという方も多いです。
早めに診断してもらうことは大切ですが、その前にママたちのストレス解消法を調べました。

便秘の改善はすっきりする(30代女性)

産後はしばらく生理不順が続いて、便秘になることも多かったです。
私が気を付けたのが食事で、なめこやまいたけ、しいたけを蒸して食べました。
テレビでヨーグルトに玉ねぎを入れると便秘に効果がいいので卵にかけて食べました。
いつまで続くのかと悩んだ便秘ですが、食事を変えて2週間程度でよくなってきました。

趣味のHPやフェイスブックを(20代女性)

最初の妊娠では、初期症状で吐き気や腹痛が出て困りました。
妊娠検査薬で確認前に、気分転換のためにフェイスブックを見て参加しました。
それも、育児ではなく自分が好きなアーティストのHPでした。
妊娠の兆候や初期症状で不安になる方は多いと聞きますが、好きなことをしているとストレスが和らぎますよ。

夫に子供を預けてカフェに(30代女性)

毎日子育てて忙しいですが、日曜日に夫に子供を預けてカフェに行きました。
最近では、ノンカフェインのコーヒーも飲めるのでうれしいです。
デザートは、いつも食べないレアーチーズケーキを頼みました。
赤ちゃんができてから読むことが少なくなった、ファッション雑誌も読みました。
カフェは昔から大好きだったので、ストレス解消ができたかなと思っています。

【産後妊娠】8 高血圧を予防しよう

出産後早い段階で妊娠すると食事や睡眠不足、ストレスから高血圧になることも。
高血圧の症状として、めまいやむくみがありますが兆候や症状がなく血圧が上がる場合がほとんどです。
気になる方は、検診の時だけチェックするのではなく家庭に置いて測りましょう。
妊娠中に高血圧になっていた方は、産後にもいつまでも続くことがありますので医師に相談しましょう。

病院を受診したときに、いつから血圧が上がったかいつまで続いているかできるだけ詳しく先生に話しましょう。
また、塩分が多い食事は血圧が上がる原因になるので調理で塩分を少なくすることが大切です。
料理の味付けに注意するだけでなく、塩分が外に出る成分カリウムが入った食品を使いましょう。

■参考記事:産後の高血圧についてはコチラも参照!

産後の高血圧の原因と症状は?治療法も解説!【必見】

【産後妊娠】9 糖尿病を予防しよう

妊娠しているときは、インスリンの働きが弱くなるので血糖値に影響を与えます。
産後に妊娠すると、育児や睡眠不足が原因で悪化しする場合も多いです。
体重が急に増えた妊婦さんは、妊娠糖尿病を予防をしましょう。
まずは、血液検査で正しい血糖値を知ってから対策することが大切です。

妊娠糖尿病を予防するためにも、食事に注意しましょう。
食事を減らすのではなく、バランスよく野菜、肉や魚、卵、ごはんを食べることが大切です。
パンやお菓子スイーツなど炭水化物は、食べ過ぎないようにするのがこつです。
安定期に入ったら、散歩などをして軽く体を動かすことも妊娠糖尿病の予防になります。

【産後妊娠】10 お腹だけじゃない妊娠線

出産後に妊娠した場合は、妊娠線ができないようにすることが大切です。
妊娠線はお腹だけにできると思っている方が多いですが、腕や太ももにもできます。
急に太った人や、中性脂肪の値から以前から高い方が妊娠線ができやすいです。

妊娠線がいつからできやすいかというと、妊娠中期に多いです。
お腹が大きくなるときに、皮膚が伸びて妊娠中いつまでも治らないというケースがあります。
妊娠中はターンオーバーが抑制され、弾力が下がってくるので予防のためにマッサージクリームの使用が効果的です。
ママの中にはオイルのほうがいいという方もいますが、併用して使っている方もたくさんいますよ。
妊娠中は、肌が敏感になっているので低刺激の商品を選びましょう。

■参考記事:産後に妊娠線は消せる?コチラも参照!

妊娠線は消える?産後に妊娠線を消す方法5選!

【産後妊娠】11 体重管理はどうする

産後の妊娠は、最初の妊娠よりは体重管理が必要になります。
育児で睡眠不足になっているときは、つわりがおさまると食べ過ぎる妊婦さんもいます。
赤ちゃんのお世話で忙しく、早食いになると満腹感が感じられなくて食べる量が増えていきます。

赤ちゃんと一緒に食事をするときも、ゆっくりと噛んで食べることが必要です。
根野菜や固い食品を増やして、自然に噛む回数を増やしていくのが一番です。
タニタの食堂のメニューは本も発売されていますが、妊婦さんの食事に適しています。
塩分も少なめになっているので、妊婦さんのむくみ対策もできます。
ちょっと手間はかかるかもしれませんが、体調がいいときには挑戦してみましょう。

【産後妊娠】12 夫の気持ちが変化?

母乳の時期が終わり、妊娠しやすい時期になると夫と話し合いは必要です。
2人目は早いと思っているママは、上手に避妊がしたいことを伝えておく必要があります。
産後は精神的にいらいらして、きつい言葉になってしまうこともあるでしょう。
言いたいことをメールに打ってみて、落ち着いてから話してもいいでしょう。

2人目が早めにほしいママも、夫の気持ちを聞いておくことは大切です。
育児に忙しいママを見て、まだ早いと思っている男性も多くいます。
ママの体調によって、夫の考えが変わることもあると思っておきましょう。

■参考記事:「産後クライシス」を回避するには?コチラも参照!

産後クライシスとは?産後離婚の原因と解決方法解説!

葉酸が多く妊婦さんに摂ってもらいたい食材は?

葉酸は、妊婦さん摂取してほしい成分です。
ビタミンBの1種で造血作用があり、自律神経を安定させて老廃物を外に出してくれます。
初期段階で葉酸を摂ることで、子供の神経管欠損症のリスクを下げることができます。
いつから気を付けるのがいいかというと、妊娠がわかってすぐにスタートしましょう。

妊婦さんは、1日480μgの葉酸をとってほしいと厚生労働省は伝えていますね。
レバーやほうれんそうが、苦手な方も多いのではないでしょうか?
低カロリーで、葉酸が入っている食材がのりです。
妊娠初期の12週くらいまでに食べるのが理想ですが、いつからいつまでという決まりはないので好きな人は継続しましょう。

■参考記事:妊婦が摂るべき葉酸についてはコチラも参照!

妊婦は葉酸をいつからいつまで摂るべき?おすすめサプリや食べ物は?

働く女性が産後妊娠した場合

働く女性が、産後の育児休業をとっているときに妊娠するというケースもあります。
このようなときは、すぐに勤め先に連絡しましょう。
会社の就業規則によって、休業が伸びる場合もあります。
いつからいつまで休業できるかは、会社によってかなり差があります。

そしてママを悩ましているのが、子供の保育園の問題です。
先輩ママは、早い段階で保育園探しをしている方が多いです。
自治体に相談して、申し込みは考えておきましょう。
また、公立の保育園だけでなく私立を申し込んだり住んでいる場所を変えたりするママもいます。

おわりに

ここでは、産後のママの妊娠しやすい時期について母乳と深い関係があることをお話しました。
また、悪露や生理不順で排卵日がわからないので、2人目を考えている方は注意が必要ということもわかりましたね。
産後の妊娠は心も体も負担が大きいということをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
現在、妊娠検査薬を使ったり産婦人科に行ってみようと思っているママもいるでしょう。
早期妊娠検査薬を使うと、通常より早めに確認ができます。
体調が悪いときは無理をしないで、家事がしやすい状況になるまで外部のサービスを利用しましょう。
自治体の保健師さんには、産後ケアの相談がしやすいのでしんどいときは電話をかけてみましょうね。

産後からの妊娠についてもっと情報を知りたいアナタに!

産後の生理再開はいつから?量や再開の兆候は?【2人目が欲しい】
産後に生理がこない原因は?2年以上こないなら要注意!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ