ベビー布団はいつまで使う?ベビー布団は必要なの?デメリットは?

これから出産を迎えて、本格的に子育てを始めようとしている人の中には、ベビー布団を買った方がいいのか迷っている人もいることでしょう。ベビー布団は必要なのでしょうか?いつまで使うものなのでしょうか?この記事ではベビー布団はいつまでいるのかなどについてお伝えします。

ベビー布団はいつまで使う?ベビー布団は必要なの?デメリットは?のイメージ

目次

  1. ベビー布団を購入しようか迷っている人へ!いつまで必要なの?
  2. ベビー布団の赤ちゃんの身体への影響は?背骨が?いつまで?
  3. ベビー布団はいつまで?!メリットとデメリットは?
  4. 【ベビー布団のメリット①】洗いやすい【いつまで】
  5. 【ベビー布団のメリット②】体温調節しやすい【いつまで】
  6. 【ベビー布団のメリット③】簡単に移動できる【いつまで】
  7. 【ベビー布団のメリット④】簡単に干せる【いつまで】
  8. 【ベビー布団のデメリット①】すぐに小さくなる【いつまで】
  9. 【ベビー布団のデメリット②】掛け布団が軽すぎる【いつまで】
  10. 【ベビー布団のデメリット③】処分が面倒【いつまで】
  11. ベビー布団はいつまで使える?
  12. 【ベビー布団いつまで①】ミニサイズはいつまで使える?
  13. 【ベビー布団いつまで②】通常サイズはいつまで使える?
  14. ベビー布団を選ぶ時の注意とは【いつまで】
  15. 【ベビー布団の選び方①】敷布団は硬め【いつまで】
  16. 【ベビー布団の選び方②】掛け布団は軽いもの【いつまで】
  17. 【ベビー布団の選び方③】手入れが簡単【いつまで】
  18. 【ベビー布団の選び方④】ベビーベッドのサイズ【いつまで】
  19. ベビー布団はいらない?!添い寝の注意点は?
  20. 【ベビー布団いらない!添い寝の注意点①】窒息に注意!
  21. 【ベビー布団いらない!添い寝の注意点②】転落に注意!
  22. ベビー布団が必要かいらないのかは、住宅事情なども考えて!

ベビー布団を購入しようか迷っている人へ!いつまで必要なの?

これから出産を控えているという子育て開始間近なご夫婦の中には、ベビー布団が必要かどうか、迷っている人もいるのではないでしょうか。

ベビー布団はいらないという人の中には、ベビーベッドやベビー布団をそろえたものの、ほとんど使うことはなくて、ほとんど新品同然のまま子供が大きくなったので処分した、という声もよく聞きます。

実際のところは子育てをする上で一体どうなのでしょうか。ベビー布団は必要なのでしょうか。それともいらないのでしょうか。

また、ベビー布団を購入したとしたら、いつまで使えるものなのでしょうか。

この記事では、ベビー布団を購入しようかどうか迷っている人に、ベビー布団が必要なのかいらないのか、ベビー布団のメリットやデメリット、選ぶときの注意などについていろいろとお伝えしたいと思います。

ベビー布団の赤ちゃんの身体への影響は?背骨が?いつまで?

ベビー布団を購入したほうがいいという人の意見として、まず押さえておかなければならないことは、新生児の赤ちゃんの背骨の問題です。

赤ちゃんには添い寝ではなくてベビー布団を使うべきだという人の中には、赤ちゃんの背骨の発達をサポートするためには、背骨が沈み込まない固めのベビー布団のほうがいいという意見があります。

新生児の赤ちゃんの背骨というのは、とてもやわらかいものです。

お母さんの狭い産道を通って生まれてきているので、背骨も未発達です。

大人用のやわらかい布団に寝かせてしまうと、赤ちゃんの背骨が落ち込んでしまい、背骨が曲がって成長してまうという意見もあります。

やはり背骨というのは、生涯にわたって体を支えてくれる一番大切な身体の大黒柱となる骨ですよね。

背骨が曲がってしまったら、生涯にわたって影響が出ます。

背骨が曲がらないようにするためには、やはり大人の布団で一緒に添い寝をするよりも、ベビー布団を使ったほうがいいのでしょうか。

硬い床に直接布団を敷いて添い寝をする時には、よほどふかふかで厚くてやわらかい敷布団を使っていなければ、赤ちゃんの背骨が曲がるほどの影響はありません。

しかし、大人のベッドで添い寝をするときには、マットレスがやわらかいとどうしても背骨が沈み込んでしまいます。

ただ、硬めのマットレスにしたり、赤ちゃんが寝るところだけでも硬くするように工夫をすることで、背骨が曲がるほどの沈み込みは防ぐことができます。

子育てをする上でベビー布団を使わなければ赤ちゃんの背骨が絶対に曲がってしまうというわけではありません。

ベビー布団はいつまで?!メリットとデメリットは?

赤ちゃんの背骨の影響を考えると、お母さんと一緒に大人の布団で添い寝をする時でも、大人の布団やベッドにしっかりと背骨が沈み込みにくい工夫をすれば、大丈夫そうだということがわかりました。

それでは、背骨の問題は抜きにした時に、子育ての上でベビー布団を使うことのメリットとデメリットにはそれぞれどのようなものがあるのでしょうか。

いろいろな口コミを見ていると、ベビー布団を購入してとても便利でよかったという声もあれば、ほとんど使わずにもったいないことした、いらないものだったという声と両極端な声が上がっているのが現状です。

子育てを始めるにあたって、ベビー布団は本当に必要なのかいらないのか、一体どのようなメリットとデメリットがあるのか、ここからみていきましょう。

【ベビー布団のメリット①】洗いやすい【いつまで】

ベビー布団のメリットには洗いやすいというのがあります。

赤ちゃんというのは、何かと布団を汚しがちなものですよね。

母乳やミルクを飲んだ後に、ちゃんとゲップをさせたはずなのに、なぜか寝かせた後で吐いてしまうこともよくあります。

おむつを替えている途中で、なぜかおしっこしてしまうこともあり、布団を汚してしまうこともあります。

そんなときに、大人用の布団に寝かせていると、シーツを取り替えたり、場合によっては布団を干すために取り替えなくちゃいけないこともあります。

これって結構面倒くさいことですよね。

その点、ベビー布団ならシーツの取りかえはとても簡単にできる上に、最近ではマットレスが丸洗いできるものも販売されています。

あまりにも汚れがひどい時には、マットレス事洗ってしまえるというのはとても助かることですよね。

汚した時の洗いやすさという点では、ベビー布団を使った方がメリットがありますね!

【ベビー布団のメリット②】体温調節しやすい【いつまで】

赤ちゃんにベビー布団を使うことのメリットには、赤ちゃんが体温調節がしやすくなるというのがあります。

赤ちゃんの体温というのは、大人の体温よりもかなり高いものです。

お母さんの体温が低めだと、1度近く体温が違うこともあります。

たかが1度の違いと思う人もいるかもしれませんが、体温が36度と37度と38度と、一度違うだけでどれだけ体調が変わってくるかということを考えれば、赤ちゃんとお母さんの体温の違いというのは、とても大きいことがわかります。

添い寝をしていると、お母さんの掛け布団と赤ちゃんの掛け布団を同じものを使うことがあります。

そうすると、赤ちゃんにとっては暑すぎてしまい汗をかきすぎて脱水症状を起こしてしまうこともあります。

その点、ベビー布団でお母さんとは違う掛け布団を使っていると、赤ちゃんも体温調節をしやすくなって快適に過ごせるようになるというメリットがあります。

【ベビー布団のメリット③】簡単に移動できる【いつまで】

ベビー布団を使うことのメリットとして、移動させるのが簡単だということを挙げる人もいます。

ベビー布団を夜寝ている時だけではなくて、昼間、リビングに寝かせておくために使っているご家庭もあります。

寝室からリビングへ、小さくて軽いベビー布団だと簡単に持っていくことができるので、便利だという人も多いものです。

【ベビー布団のメリット④】簡単に干せる【いつまで】

ベビー布団を使うことのメリットとして、小さくて軽いので干すのも簡単だということを挙げる人もいます。

赤ちゃんは、よく母乳やミルクを吐いたりします。

大人からは考えられないほどの大量の汗もかきます。

赤ちゃんが寝ているところというのは、大人の布団よりも早くジメジメしやすいものです。

ベビー布団は軽くて小さいので、大人の布団と違って、天気がよければすぐに簡単に干すことができます。

大人の布団に添い寝をしている場合には、ベビー布団のようにすぐに干すわけにはいきません。

いつでも乾いた快適なお布団を用意してあげられるのもベビー布団のいいところですね。

【ベビー布団のデメリット①】すぐに小さくなる【いつまで】

次にベビー布団のデメリットについてみていきましょう。

まずベビー布団はいらないという人がデメリットとして挙げるのは、すぐに小さくなってしまって使えなくなってしまうということです。

生後5ヶ月ぐらいになると、赤ちゃんは寝返りが始まります。そうすると、小さいベビー布団では狭すぎて布団からすぐにはみ出してしまうようになります。

寝返りができるようになると、添い寝をしても窒息の危険も少なくなってくるので、ベビー布団を使っていた人でも添い寝を始める人が多くなります。

ベビー布団を使っていた人でも、後から新生児から添い寝をしても構わないのだということを知ると、後悔する人も多くデメリットと感じるようです。

【ベビー布団のデメリット②】掛け布団が軽すぎる【いつまで】

ベビー布団はいらないという人は、デメリットとして、掛け布団が軽すぎるということを挙げる人もいます。

ベビー布団の掛け布団というのは、赤ちゃんに負担にならずに、なおかつ体温調節がしやすいように軽くできているものですが、手足の動きが活発なってくると、寝返りが始まる前の赤ちゃんでも簡単に蹴っ飛ばしてしまうようになります。

暖かい時期ならいいのですが、冬の寒い時期に掛け布団をすぐに蹴っ飛ばしてしまうようになると、何度もかけ直すのに起きなければならず、寝不足がますますひどくなるということをデメリットに感じている人も多くいます。

【ベビー布団のデメリット③】処分が面倒【いつまで】

ベビー布団はいらないとデメリットに感じている人には、いずれ使わなくなった時の処分が面倒くさいと感じている人もいます。

リサイクルショップに持っていったり、人に譲ったりする事を考えても、何度も赤ちゃんが吐いたりおねしょをした布団を他の人に譲るのは忍びないと感じる人もいます。

自治体によっては、ベビー布団の処分に面倒くさい手続きが必要なところもあるので、常に使わなくなることがわかっているベビー布団をわざわざ購入することにデメリットを感じている人も多くいるものです。

ベビー布団はいつまで使える?

ベビー布団には、メリットとデメリットがいろいろとあることがわかりました。

ベビー布団を購入するときには、子育てを続ける中でいつまで使えるのかということが気になってる人もいます。

やはり、子育てにはコスパも大切です。コスパを考えると、どのくらいの期間でコストを消化できるのか、気になるものですよね。

実際にベビー布団を活用できた人というのは、一体いつまでベビー布団を使っていたものなのでしょうか。

ベビー布団はいつまで使えるものなのか見ていきましょう。

ミニサイズと通常サイズ、それぞれ見ていきましょう。

【ベビー布団いつまで①】ミニサイズはいつまで使える?

ベビー布団のミニサイズは、掛け布団が80cm×100cm、敷布団が60cm×90cmとなっています。

このミニサイズのベビー布団は、小さすぎるので、まだ寝返りができない新生児の頃だけ使うのに適しています。

添い寝をしても窒息の危険性がなくなったら、添い寝を始めようと思っている人には、このサイズで充分でしょう。

寝返りが始まってしまったら、一度転がっただけですぐに布団の外に出てしまうので、長く使いたい人にはおすすめしません。

ただ、小さくて子育てをする上で持ち運びに便利なので、2歳から3歳くらいまではお昼寝布団として活用した、という人もいます。

【ベビー布団いつまで②】通常サイズはいつまで使える?

通常サイズのベビー布団は掛け布団も敷布団もともに、100cm×130cmとなっています。

大人の布団でも、シングルの敷布団の幅は100cmなので、通常サイズのベビー布団であれば、寝返りを打っても布団の外へ転がっていってしまう心配が少なくなります。

身長も、おおよそ100cmくらいまで使うことができるので、子育て期間を長く使いたい場合には、3歳から4歳くらいまで使うことができます。

ベビー布団を選ぶ時の注意とは【いつまで】

ベビー布団を購入することを決めたら、子育てをする上で一体どのような観点からベビー布団を選ぶべきなのでしょうか。

お母さんや周りにいる大人にだっこされている時以外は、赤ちゃんというのはベビー布団にほぼ一日中寝たきりになります。

ということは、お母さんの腕の中と同じぐらい大切な、赤ちゃんの健康を支える根本となるのがベビー布団ということができるでしょう。

ここからは子育てをする上でベビー布団を選ぶときの注意点についていろいろと見ていきたいと思います。

【ベビー布団の選び方①】敷布団は硬め【いつまで】

ベビー布団を選ぶ時には、敷布団は硬めのものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの背骨というのはまだとてもやわらかいものです。

成長している途中にあるために、たまにやわらかいふかふかな布団の上に寝かせていると、背骨が沈み込んでしまいます。


赤ちゃんはずっと布団に寝ているので、背骨が曲がった状態でずっと長い時間いたら、そのまま背骨が固まってしまうこともあります。

また、赤ちゃんの窒息事故の理由には、やわらかい敷布団の上で寝ていたために、頭が重さで沈み込んでしまったことが原因となっていることもあります。

背骨が曲がったり、窒息事故を起こさないためにも、赤ちゃんのベビー布団を選ぶ時には、固めの敷布団を選ぶことが必要です。

【ベビー布団の選び方②】掛け布団は軽いもの【いつまで】

ベビー布団を選ぶ時には、掛け布団は軽いものを選ぶようにしましょう。

大人用の布団では、布団が重すぎるために、ずっと寝ていると自由に手足を動かすことができなくなり、赤ちゃんの手足の運動を妨げてしまうことがあります。

また、大人用の軽い羽毛布団は重さは大丈夫なのですが、体温の高い赤ちゃんにとっては温度が高くなってしまい、汗をかいてしまいがちなります。

赤ちゃん用の掛け布団というのは、赤ちゃんの手足が自由に動かせて、なおかつ赤ちゃんの体温にちょうどいい温かさを維持できるように作られています。

添い寝をするときも、掛け布団はお母さんとは別に赤ちゃん用のモノを掛けた方がいいという人もいます。

赤ちゃんの成長や健康を守るためにも、掛け布団は赤ちゃん専用の軽いものを使うようにしましょう。

【ベビー布団の選び方③】手入れが簡単【いつまで】

ベビー布団を選ぶ時には、手入れが簡単なものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんはとにかく、よく布団やシーツを汚すものです。

布団は頻繁に干して、シーツもこまめに替える必要があります。

シーツの取り外しが簡単なものや、できればマットレスも洗濯できるものがいいでしょう。

マットレスの洗濯ができない場合には、おねしょや吐いたミルクで布団を汚さないために、防水シートを使うことをおすすめします。

ただ、防水シートだけだと赤ちゃんがかいた汗を吸収できないので、吸水用のマットなども合わせて使う必要があります。

【ベビー布団の選び方④】ベビーベッドのサイズ【いつまで】

ベビー布団を選ぶ時には、ベビーベッドを使うのなら、ベビーベッドのサイズに合ったものを選ぶことも大切です。

ベビーベットにはベビー布団がついていません。

直接ベビーベッドの上に寝かせるわけにはいかないので、もちろんベビー布団が必要なのですが、別々に用意した場合には、サイズが合わずにベビー布団を買いなおさなければならないこともよくあるようです。

ベビー布団はベビーベットよりも大きすぎても小さすぎてもいけません。

赤ちゃんの寝心地と安全を守るためにも、ぴったりしたサイズのものを選ぶことが必要です。

ベビー布団はいらない?!添い寝の注意点は?

ベビー布団を購入することを決めた人がいる一方で、ベビー布団は購入せずに、産婦人科や助産院から退院したらすぐに添い寝を始めることを決める人もいます。

近年、子育ての中で添い寝の良さというのが世界的に見直されてきて、伝統的に新生児の頃から親と別の部屋で1人で寝ることが当たり前だった欧米でも、積極的に添い寝をする家庭が増えているといいます。

しかし、その一方で添い寝をしたことが原因による赤ちゃんの悲しい死亡事故というのが全世界的に起きていることも事実です。

悲しい事故を防ぐためには、添い寝をする時にはどのようなことに気をつけたらいいのかここからみていきましょう。

■関連記事:添い寝について気になる方はこちらもチェック!

赤ちゃんと添い寝はいつから?新生児と一緒に安全に寝る方法解説!

【ベビー布団いらない!添い寝の注意点①】窒息に注意!

ベビー布団はいらないから最初から添い寝をするという場合には、窒息事故に注意しましょう。

0歳児の死亡事故の原因の実に8割以上が窒息です。

窒息事故の中には、添い寝だけが原因ではなく、喉に異物や吐いたミルクを詰まらせたことが原因のこともありますが、添い寝が原因で起こる窒息事故も多いものです。

添い寝をしている時に赤ちゃんが窒息事故を起こしてしまうのにはいくつか共通した原因があります。

一つは、顔に掛け布団がかかってしまったこと。

一つは、枕元に置いてあったタオルなどが顔にかかってしまったこと。

一つは、川の字で寝ている親や兄弟が寝返りを打って赤ちゃんの上に、覆いかぶさってしまったこと。

添い寝が原因になる赤ちゃんの窒息事故というのは、そのほとんどがこの3つの中のどれかが原因となっています。


これを防ぐためには、次のような対策が必要になります。

掛け布団が赤ちゃんの顔にかかってしまうのを防ぐためには、親とは掛布団は別にして、赤ちゃん専用の掛け布団をかけてあげることです。

赤ちゃん専用の掛け布団なら、親の重い布団が赤ちゃんの上にかぶってしまうことを防げます。

床の上に布団を敷いて寝ている場合には、枕元にタオルやティッシュを置いてしまうものですが、何らかの拍子にそういったものが赤ちゃんの顔にかかるのを防ぐために、枕元に物は置かないようにしましょう。

親子で川の字になっている時には、赤ちゃんを真ん中に寝かせるのではなくて、お母さんの外側に寝かせるようにしましょう。

お母さんが壁になって、お父さんや兄弟が赤ちゃんに覆いかぶさるのを防ぐことが大切です。

こういった対策をきちんと取っていれば、悲しい事故を防ぐことができる確率はかなり高くなります。

またベッドで添い寝をする時には、マットレスを固めのモノを使い、沈み込みを防ぐことが大切です。

【ベビー布団いらない!添い寝の注意点②】転落に注意!

ベビー布団はいらないから、ベッドで添い寝をするという時には、転落を防ぐことも大切です。

赤ちゃんの死亡事故には、転落事故も少なくありません。

特に、自分で動くことができない赤ちゃんが、ベットから落ちてしまったら、打ち所が悪ければベッドから床程度の高さであってもん死亡事故に繋がってしまうことがあるので注意が必要です。

ベッドを壁に付けて、赤ちゃんを壁際に寝かせることが転落事故を防ぐためには一番確実でしょう。

柵をつけることも転落を防ぐためには効果的ですが、柵の中には赤ちゃんが通り抜けられてしまうものもあります。

赤ちゃんの体が通り抜けてしまう柵であれば、転落事故を起こす可能性があります。

その場合にはネットをつけるなどして、何らかの拍子で赤ちゃんが柵の方に移動してしまっても、転落事故を起こさないように対策を施しましょう。

ベビー布団が必要かいらないのかは、住宅事情なども考えて!

ベビー布団が必要なのかいらないのか、子育てを始めるにあたって、いろいろな情報についつい振り回されてしまうものですよね。

ベビー布団が必要なのかいらないのかというのは、最終的には親御さんの判断にお任せするということになります。


ベビー布団は子育てをする上で、うまく活用できればとても便利なものですが、反面、添い寝ですべてが済んでしまったというご家庭があるのも事実です。

ベビー布団を敷くスペースがあるのかどうかという住宅事情もあると思います。

そういったことも併せて考えながら、どうするのが赤ちゃんを迎えて子育てを始める上で一番良い選択肢なのかをよく話し合って決めてください。

もっと子育てに関する情報について知りたいあなたへ!

赤ちゃんの風邪の症状!鼻水や咳が出るなら病院に行くべき?
新生児・赤ちゃんのうんちが出ない原因は?綿棒で便秘を解消できる?
赤ちゃんの目やにが多い!原因は?新生児の片目だけにでることも?
赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ