妊娠8週目の身体の変化!胎児の様子も解説!

妊娠8週目になりました。つわりが一番苦しい時期ですよね!妊婦さんの体調はどんな感じなのでしょうか?!妊娠8週目というのは流産の危険性も高い時期ですが、エコーに映る赤ちゃんの様子はどんな感じでしょう?出血や腹痛など心配な症状についてもお伝えします!

妊娠8週目の身体の変化!胎児の様子も解説!のイメージ

目次

  1. 妊娠8週目!赤ちゃんとママはどんな感じ?!
  2. 妊娠8週目の赤ちゃんの様子は?
  3. 【妊娠8週目の赤ちゃん①】大きさは?
  4. 【妊娠8週目の赤ちゃん②】成長スピードは驚くほど!大きさが!
  5. 【妊娠8週目の赤ちゃん③】二頭身がエコーで確認できます!
  6. 【妊娠8週目の赤ちゃん④】顔のパーツの形成!
  7. 【妊娠8週目の赤ちゃん⑤】手足の指がわかるように!
  8. 【妊娠8週目の赤ちゃん⑥】心拍がわかる!
  9. 【妊娠8週目の赤ちゃん⑦】脳や神経系が機能する様に!動きも!
  10. 【妊娠8週目の赤ちゃん⑧】排泄が始まる!
  11. 妊娠8週目のママの様子は?
  12. 【妊娠8週目のママの様子①】お腹の大きさは?
  13. 【妊娠8週目のママの様子②】つわりがピーク!
  14. 【妊娠8週目のママの様子③】胸が張ってくる!
  15. 【妊娠8週目のママの様子④】頻尿に…
  16. 【妊娠8週目のママの様子⑤】静脈瘤ができやすい!
  17. 【妊娠8週目のママの様子⑥】立ちくらみやめまいが!
  18. 【妊娠8週目のママの様子⑦】足腰の痛みが!
  19. 【妊娠8週目のママの様子⑧】腹痛や下痢が…
  20. 妊娠8週目のママの過ごし方は?
  21. 【妊娠8週目目のママの過ごし方①】つわり対策を!
  22. 【妊娠8週目目のママの過ごし方②】食事は食べたいものを!
  23. 【妊娠8週目目のママの過ごし方③】マタニティマークを!
  24. 妊娠8週目の出血や激しい腹痛!流産の危険性は?!
  25. 妊娠8週目の出血の原因は?
  26. 妊娠8週目は体調最悪!頑張って乗り切って!!

妊娠8週目!赤ちゃんとママはどんな感じ?!

妊娠3ヵ月目の第1週目となる妊娠8週目に入りました。

この時期には、つわりの症状が最もピークを迎える時期になります。

毎日、吐き気や眠気などのつわりの辛い症状と戦っているママも少なくないことでしょう。

妊娠8週目の赤ちゃんの様子は、どのくらいの大きさまで育ち、どのような様子をしているんでしょうか。

また、ママの体調や様子はどのような変化が見られるのでしょうか。

この記事では、妊娠中で最もつわりがん辛い時期になる、妊娠8週目の気になるあれこれについてお伝えします。

妊娠8週目の赤ちゃんの様子は?

まずは、妊娠8週目の頃の赤ちゃんの様子についてみていきましょう。

この時期は、ママはつわりで戦っている時期になりますが、エコーで確認できる赤ちゃんにはどのような成長が見られるのでしょうか。

妊娠8週目の頃の赤ちゃんの発達の様子について、エコー写真を交えながらみていきましょう。

【妊娠8週目の赤ちゃん①】大きさは?

まずは、妊娠8週目の頃の赤ちゃんの大きさについてみていきましょう。

エコーでも確認できる妊娠8週目の頃の赤ちゃんの大きさは、胎芽の大きさは約2cmほど、胎芽が入っている袋の胎嚢は約3cmほどとなります。

まだまだ小さいのですが、6週間ほど前には0.1mm程度しかなかった受精卵だったことを考えると、驚くべき成長を遂げていることがわかりますね!

【妊娠8週目の赤ちゃん②】成長スピードは驚くほど!大きさが!

この時期の妊婦健診は2週間に1回しかなく、妊婦さんはエコーでお腹の赤ちゃんの様子を2週間に1回しか確認することができません。

だから、赤ちゃんの成長の様子を妊婦さんは、なかなか実感することが出来ないのですが、妊娠8週目の頃の赤ちゃんというのは、驚くべきスピードで成長をしています。



妊娠8週目の頃の赤ちゃんの大きさが成長するスピードというのは、1日に1mmというペースで大きくなっているのです。

赤ちゃんの体自体はまだまだとても小さなものなのですが、赤ちゃんの体の中では、エコーでもわかるように、様々な器官の形成が着々と進んでいる時期になり、赤ちゃんの成長にとってはとても大切な時期になるのです。

【妊娠8週目の赤ちゃん③】二頭身がエコーで確認できます!

妊娠7週目には、エコーで二頭身になった赤ちゃんの体が確認されましたが、妊娠8週目には更にはっきりと二頭身の体が確認できるようになります。

お尻に入ってた尻尾は完全になくなり、頭と胴体と足がそれぞれエコーでも確認できるようになっていきます。

【妊娠8週目の赤ちゃん④】顔のパーツの形成!

妊娠8週目の頃の赤ちゃんの頭の大きさというのは、まだまだとても小さなものですが、この時期にはすでに顔のパーツの形成が始まっていることがエコーでも確認できることがあります。

妊娠8週目の頃には、まぶたと鼻と唇の形成が始まり、歯茎の下には乳歯の元になる歯胚も作られ始めます。

乳歯は生後半年ほどしなければ生えてこないものなのに、自然に妊娠8週目にはその元が出来始めているなんて驚きですね!

【妊娠8週目の赤ちゃん⑤】手足の指がわかるように!

エコーでも確認できるかと思いますが、妊娠8週目の頃になると、手足の先に指の形が出来始めたことが分かります。

まだ手の形は水かきのような形をしていますが、それでも、徐々に指が一本一本形成されるようになっていくのが、妊娠8週目では確認することが出来ます。


◆関連記事:9週目にはどんな変化があるの?

妊娠9週目!胎児の大きさは?出血や腹痛が大変?

【妊娠8週目の赤ちゃん⑥】心拍がわかる!

お腹の赤ちゃんの心拍というのは、妊娠7週目ではすでに確認されているかと思いますが、妊娠8週目ではよりはっきりと確認することが出来ます。

妊娠8週目の検診で初めて赤ちゃんの心拍をエコー検査で確認する妊婦さんも少なくないことでしょう。

まだ、産婦人科の特殊なエコーの機械を使わなければお腹の赤ちゃんの心拍を確認することはできませんが、それでも小さな体でも一生懸命心拍を打っていることがわかるのは、妊婦さんにとってはこの上ない喜びと感じることでしょう。

【妊娠8週目の赤ちゃん⑦】脳や神経系が機能する様に!動きも!

妊娠8週目になると、神経系統が発達して、赤ちゃんが自発的に動き始めるようになります。

まだ動き始めるとは言っても、赤ちゃんの大きさはとても小さく、骨や筋肉も発達していないので、ママが胎動を感じるほどの動きをすることはできません。

しかし、ママの子宮の中を自分の力で動くことができるようになるのが、この妊娠8週目の時期になります。

【妊娠8週目の赤ちゃん⑧】排泄が始まる!

妊娠8週目の頃になると、エコーでは見せませんが、赤ちゃんの体の中には、 胃と肝臓と腎臓が作られます。

まだ、細かい機能などはこれから発達していくのですが、この時期になると赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこができるようになります。

おしっことは言っても、羊水は完全に無菌状態なので、羊水を飲んでおしっことして排出していても何の問題もありません。

おしっこをしている様子をエコーで捉えることはちょっと難しいのですが、まだまだ大きさも小さな体なのに、もう体の機能が動き始めているなんて、ちょっと不思議な気もしませんか?

妊娠8週目のママの様子は?

妊娠8週目の頃のお腹の赤ちゃんが、エコーで見える大きさは小さいながらも驚くべき発達を遂げていることがわかりましたね。

次は、妊娠8週目の頃のママの体調や様子についてみていきましょう。

妊娠8週目の頃というのは、妊婦さんにとってはつわりが一番大変な、妊娠期間中では一番辛い時期に当たります。

この、辛い時期の妊婦さんの様子についていろいろと見ていきましょう。

【妊娠8週目のママの様子①】お腹の大きさは?

まずは、妊娠8週目の頃のママのお腹の大きさについてみていきましょう。

この頃のママのお腹の大きさというのはどのくらいの大きさなのでしょうか?!

妊娠8週目の頃の子宮の大きさというのは、にわとりの卵の2倍ぐらいの大きさになっています。

妊娠前の子宮の大きさというのはにわとりの卵程度の大きさなので、子宮の大きさは一回りほど大きくなったと言えるでしょう。

しかし、まだ見た目でわかるほどお腹の大きさには変化は起きていません。

自分で触ったときに、下腹が多少ふっくらとしてきたかなと感じる程度で、お腹の大きさの見た目から妊娠していることは周りからはわからないでしょう。

【妊娠8週目のママの様子②】つわりがピーク!

妊娠8週目の頃のママの様子を見ていくのに、外すことが出来ない点が、つわりが一番のピークを迎える時期だということです。

つわりによる吐き気や胃のムカつきなどの胃腸症状や、よだれつわり、眠りつわり、食べつわりなど、つわりに関する様々な妊婦さんの症状のピークは、妊娠7週目から8週目にやってくると言われています。

妊婦さんにとっては妊娠期間中で最も体調がきつい時期になるのですが、これはお腹の中で赤ちゃんが元気に育っている証拠でもあります。

つわりの症状がきつ過ぎる場合には、こまめに休憩を入れるなどして、無理を過ぎずに体をいたわりながら、何とか頑張ってこの時期の症状を乗り切ってください。


◆関連記事:13週目にもなればつわりは終わり?13週目についてはこちら

妊娠13週目!お腹の大きさは?つわりは終わってる?流産の可能性は?

【妊娠8週目のママの様子③】胸が張ってくる!

妊娠8週目になると、胸の張りの症状を強く感じるようになる人が増えてきます。

妊娠すると、母乳を出す準備を始めるために、乳腺が発達してくるので、胸が張って大きくなっていきます。

妊娠8週目の頃には、胸の張りの症状が強く出始めるために、妊娠前からつけていてブラジャーではきついと感じるようになる人も少なくありません。

今までは、妊娠前のブラジャーで大丈夫だった人でも、きついと感じ始めたらサイズの大きいものに変えましょう。

できれば授乳する時まで使えるんマタニティー用のブラジャーを購入すると、出産後まで長く使うことができて便利ですよ!

【妊娠8週目のママの様子④】頻尿に…

妊娠8週目では、まだまだ妊婦さんのお腹の大きさもそれほど大きくはなっていません。

しかし、妊娠前と比べるとやはり子宮の大きさが一回り大きくなっていることから、膀胱や腸を圧迫するようになるために、下腹部に様々な症状が出るようになります。

そんな症状の1つが、頻尿です。


膀胱や尿道が子宮に圧迫されてしまうことで、この時期から尿意を感じやすくなってしまうようになってしまいます。

尿漏れまではいかないまでも、トイレが近いと感じることでしょう。

トイレを我慢すると膀胱炎になってしまうこともありますので、我慢せずにこまめに行くことと、トイレを気にして水分を控え過ぎるようなことはないようにす気をつけましょう。

【妊娠8週目のママの様子⑤】静脈瘤ができやすい!

妊娠8週目の頃は、静脈瘤が出来やすい時期なので、気をつける必要があります。

静脈瘤というのは、静脈の中にある弁に問題があって、脚の静脈の血管の一部が盛り上がってしまう症状になります。

静脈瘤そのものは特に悪さをするものではないのですが、静脈瘤があると血管を詰まらせて、死に至る病や症状を引き起こすこともある血栓ができやすくなるので、注意が必要です。

特に、立ち仕事の人や家族に静脈瘤を持っている人がいると、妊婦さんにも静脈瘤が出来やすくなるので注意しましょう。

静脈瘤を予防するためには、脚のむくみを予防するための着圧ソックスや着圧タイツが効果的です。特に足のむくみが気になる人は、活用してみてください!

【妊娠8週目のママの様子⑥】立ちくらみやめまいが!

妊娠8週目の頃の妊婦さんには、目まいや立ちくらみ、耳鳴りの症状を訴える人もいます。

つわりの症状で目まいや耳鳴りが起きてしまうこともありますが、妊娠中は貧血になりやすいので、貧血の症状で目まいや立ちくらみを起こし人も少なくありません。

特に、立ち仕事をしている人などには、妊娠中に目まいを起こし熱くなる人が多いので、妊娠中は上司に相談をして、こまめに休憩を取るなど、体調に気をつけながら働くようにしましょう。

また、貧血を改善するためには、鉄分の多い食事や鉄分補給のためのサプリメントの活用なども考えましょう。

【妊娠8週目のママの様子⑦】足腰の痛みが!

妊娠すると、骨盤周りの筋肉や靭帯を緩めるホルモンが分泌されます。

そのために、特に筋力がない妊婦さんは、普段腰周りを支えてくれている骨盤の力が弱くなってしまうために、腰痛や足の痛みが起きやすくなってしまいます。

時には、歩けないほどの痛みを感じてしまう妊婦さんもいるといわれています。

これから先、子宮が大きくなってくると、骨盤周りが子宮に圧迫されることでも足腰の痛みがひどくなっていきます。

今は体に無理をかけることは出来ない時期なので腰痛や足の痛みの改善策と言えば、お風呂に入ってゆっくりと温めてほぐすぐらいのことしか出来ないのですが、安定期に入ったら、足腰に筋肉をつけてたり、ストレッチをして、足腰の筋力や柔軟性をつけることが大切になります。

【妊娠8週目のママの様子⑧】腹痛や下痢が…

妊娠8週目の頃の妊婦さんの中には、下痢や腹痛に悩む人もいます。

また、便秘に悩む妊婦さんも少なくありません。

下痢や腹痛などの症状が、つわりの胃腸症状のこともありますが、つわりとは別に、妊娠初期に大量に分泌される、お腹周りの筋力を読める働きのあるホルモンが関係している場合もあります。

妊娠初期には、流産しないように子宮の収縮を防いぐために、お腹周りの筋肉を弱めるホルモンが分泌されます。

そのために、つわりの症状とは別に、胃腸の働きが弱くなってしまい、下痢や便秘が起きやすくなってしまいます。

下痢や便秘が起きやすいことで、腹痛も起きやすくなってしまうのです。

この時期には、腹痛があっても胃腸薬などは飲まないほうがいいので、下痢や腹痛の対策としては、温かい消化の良いものをゆっくりと食べるようにして、お腹を刺激しないようにして、腹痛が改善するのを待ちましょう!

妊娠8週目のママの過ごし方は?

つわりで苦しい思いをしている人が多い妊娠8週目ですが、妊娠8週目のママはどのような過ごし方をしたらいいのでしょうか。

ここからは、妊娠8週目のママにお勧めの過ごし方についてお伝えします。

【妊娠8週目目のママの過ごし方①】つわり対策を!

妊娠8週目のママにぜひ行って欲しいことは、つわり対策です。

この時期のつわりの症状というのは、どうしても避けることが出来ない症状になります。

吐き気や胃のむかつきなどの胃腸症状がひどくて食べられない場合には、消化がよくて食べやすいものを用意しましょう。

また眠りつわりで眠気が酷い人は、こまめに休憩を取ったり、昼寝ができる時間を作るようにしましょう。

食べつわりで食べていないといられなくなってしまった人が心配なのは体重オーバーです。何か胃に入れていないと気持ち悪くなってしまうでしょうが、何も考えずに食べわかっていたら、カロリーオーバーで体重オーバーしてしまいます。カロリーの少ないこんにゃくゼリーや寒天ゼリーなどを食べてカロリー制限しましょう。

つわりの症状というのは人それぞれです。自分に合った対策を見つけて、少しでも気分よくこの時期を乗り切れるように工夫しましょう。

【妊娠8週目目のママの過ごし方②】食事は食べたいものを!

この時期は、つわりがひどくて食べられないという人も少なくないでしょう。

食べることが出来ないと、お腹の赤ちゃんが栄養不足になって発達不全を起こしてしまうのではないかと心配するママも少なくありません。

しかし、この時期の赤ちゃんの体というのはまだまだ小さいので、つわりで食べられなくても何の問題もありません。

何も食べないでいると、ママの体が参ってしまうので、食べられるものを食べられだけ食べるようにしましょう。

今の時期はまだ栄養バランスを考える必要はそれほどないので、ママの体に最低限必要なカロリーと栄養を摂れるように、食べられるものを食べるようにしましょう。

【妊娠8週目目のママの過ごし方③】マタニティマークを!

妊娠8週目の頃というのは、つわりで体調が最悪なのに、まだ体型が妊婦さんのような体型になっていないので、電車やバスお腹で座りたくても、なかなか席を譲ってもらえなくて辛い思いをすることもありますよね。

そんなときに便利なのがマタニティマークです。

かばんや洋服にマタニティーマークをつけて、周囲の人に妊婦であるということをさりげなくアピールすると、気づかってもらえることもあります。

電車やバスで通勤していて、体調が辛い人はぜひ活用してみましょう。

ただ、マタニティマークについては、嫌がらせをされるという報道もあります。付けたほうがいいのか、付けないほうがいいのかというのは、地域性なども考えて判断してください。

妊娠8週目の出血や激しい腹痛!流産の危険性は?!

妊娠8週目の頃というのは、初期流産を起こしやすい時期になります。

この時期に、出血や激しい腹痛に見舞われてしまったときには、流産してしまったのではないかと思ってしまう人もいますよね。

確かに、出血や胃腸症状を原因としない腹痛というのは、流産の兆候である場合も多いものです。

しかし、出血や腹痛があったからと言って、必ずしも全員が流産してしまうわけではありません。

腹痛の原因は、胃腸症状から来ている事もあるので、腹痛の原因となりそうな下痢や便秘などの胃腸症状が何か起きていないか、腹痛が起きた時には体調を点検してみることも大切でしょう。

万が一妊娠8週目の頃に出血や腹痛があった場合には、まずは病院で診察をしてもらい、その原因を特定してもらうことが大切です。

もしも、流産してしまっていても、妊娠12週未満の初期流産の原因は、母体に原因があるのではなくて、胎児の染色体異常による流産になります。

初期流産はママの責任ではないので、妊娠8週目の流産で必要以上に自分を責めることはやめましょう。

妊娠8週目の出血の原因は?

妊娠8週目に出血してしまったら、出血の原因というのはどのようなものが考えられるのでしょうか。

妊娠8週目の頃の出血でまず考えられる原因は、流産や切迫流産の兆候としての出血です。

流産の場合にはお腹の赤ちゃんの命が失われてしまっていますが、切迫流産というのは、流産しかかっているけれども、まだ妊娠が継続している状態です。

すぐに安静を保てば妊娠をこのまま継続できる場合もあるので、まずは病院で診察をすることが大切です。

このほかには、妊娠8週目の頃に見られる出血には、絨毛膜下血腫もあります。胎盤の元となる絨毛膜が子宮内膜から剥がれかけた状態になり、出血してしまう症状です。これは出血が見られても、安静を保つことで改善することが多いので、病院の先生の指示に従うようにしましょう。



このほかにも心配のいらない出血には、子宮頸管ポリープと子宮膣部びらんがあります。

子宮頸管ポリープは子宮頸管にできた小さなこぶが、ちょっとした刺激で出血しやすくなっている状態です。

子宮膣部びらんは膣から子宮頸管にかけて、内側の粘膜がただれているような状態で、充血しているので、こちらもちょっとした刺激で出血しやすくなってしまっています。

子宮頸管ポリープと子宮膣部びらんは特に問題がない症状なので、出血量が多くなければ経過観察で様子を見ます。

流産の可能性が高い出血なのか、流産の心配はほとんどいらない出血なのかは、病院で診察してもらい判断してもらう必要があります。

妊娠8週目の頃に出血したらまずは病院で診察をしてもらうことが大切です。

妊娠8週目は体調最悪!頑張って乗り切って!!

ここまで、妊娠8週目のお腹の赤ちゃんの様子や、ママの体調についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

1割から2割の妊婦さんにはつわりの症状が起きないと言われていますが、妊娠8週目の頃にはほとんどの妊婦さんがつわりに悩まされている時期になります。

ママにとっては、流産の危険性も高く、体調もつわりによって最悪で、あまり良い気持ちがしない時期が妊娠8週目になりますね。

しかし、どんなにつわりがきつくても、お腹の赤ちゃんも、流産しないように一生懸命お腹の中で頑張って育っているのだと思えば、辛いつわりも頑張って乗り切ることが出来ますよね。

本当に辛い症状というのは、あと1ヵ月ほど続きますが、人によってはあと2週間ほど乗り切れば徐々につわりの症状が軽減されていく人もいます。

つわりの辛さもいつまでも続くものではありません。とにかくお腹の赤ちゃんと一緒に頑張って乗り切っていきましょう!

もっと妊娠について知りたいアナタはこちら

妊娠18週目の身体の変化と過ごし方の注意点!
妊娠19週目の胎児やお腹の大きさは?胎動が強くなる?エコーはどう?
妊娠15週目!お腹の大きさや体重の変化は?性別がエコーでわかる?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ