印象に残る人の特徴とは?印象に残る言葉や自己紹介を解説!

印象に残る人が羨ましいと思う人も多いでしょう。なぜかいつも印象に残らず、存在感がないという人は、印象に残る人のことを羨ましいと思ってしまいます。いったい、印象に残る人にはどのような特徴があるものなのでしょうか。印象に残らない人はしっかりと読んでおきましょう。

印象に残る人の特徴とは?印象に残る言葉や自己紹介を解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】印象に残る人になりたい
  2. 印象に残る人の特徴を知ろう
  3. 【印象に残る人の特徴①】面白い
  4. 【印象に残る人の特徴②】話しやすい
  5. 【印象に残る人の特徴③】見た目
  6. 【印象に残る人の特徴④】ステータス
  7. 【印象に残る人の特徴⑤】ギャップ
  8. 【印象に残る人の特徴⑥】自分の意見を持っている
  9. 印象に残る方法を知ろう
  10. 【印象に残る方法①】態度や姿勢
  11. 【印象に残る方法②】差別化する
  12. 【印象に残る方法③】自虐の笑い
  13. 【印象に残る方法④】ネガティブな言葉はNG
  14. 【印象に残る方法⑤】最低限容姿を整える
  15. 【まとめ】印象に残るためには個性が必要

【はじめに】印象に残る人になりたい

女性でも男性でも、印象に残らないという人がいるものです。みんなの前でしっかりと自己紹介をしたにも関わらず、なぜか自分だけが存在を忘れられていたり、覚えられていなかったりするのです。第一印象で印象に残る人になれなかったわけですから、それ以降も、印象に残るような存在にはなかなかなれないでしょう。

同じような自己紹介をしたにも関わらず、なぜかその人だけは印象に残り、会社の先輩や友達などと仲良くできるという人も世の中にはいるものです。いわゆる印象に残る人、ということになるのですが、同じ場所で同じように自己紹介したにも関わらず、なぜこのような差が出てしまうのでしょうか。

自己紹介で印象を残せないというのは、男性にとっても女性にとってもかなり大きな悩みとなります。就職する際には、自己紹介でどれだけ印象を残すことができるかというのが、採用になるかどうかの大きなポイントとなります。また、合コンなどでは、自己紹介によって、異性にどれだけモテるかどうかということが変わってくるものです。

様々な面で自己紹介でどれだけ印象に残ることができるかというのが大切なこととなってきます。なかなか印象に残る自己紹介ができないという人は、どうすれば印象に残ることができるのかと悩んでしまうものでしょう。いったいどうすれば良いのでしょうか。

印象に残る人の特徴を知ろう

印象に残る人になりたいと思うのは男性も女性同じですが、印象に残る人には、その人なりの特徴があるものです。そこでここからは、印象に残る人の特徴を紹介していきたいと思います。

印象に残る人の特徴を知ることができれば、印象に残らないことで悩んでいる男性や女性は、それを真似することで、印象に残る自己紹介を行うことができるでしょう。印象に残るためには、やはり印象に残る人から習うのが一番良いため、これが一番効果的な方法となるのです。

印象に残る人の特徴には様々な特徴がありますが、このいずれかの特徴が一つでもあれば、印象に残る人になることができます。そして、当てはまる特徴が多ければ多いほど、さらに印象に残る人になるため、印象に残る人になりたい男性や女性はしっかりと読んでおきましょう。

ではさっそく印象に残る人が持つ特徴を紹介していきたいと思います。自己紹介にこの特徴を取り入れることで、印象に残る人になることができるため、しっかり勉強しておきましょう。

【印象に残る人の特徴①】面白い

印象に残る人の特徴としては、面白いという特徴があることが多いです。

自己紹介の際に、その場にいる人が思わず笑ってしまうような言葉で自己紹介をしたら、当然のように印象に残るものです。面白い人というのは、その場にいるだけで雰囲気を良いものにしてくれますし、場が明るくなります。人としても重宝されるため、面白い自己紹介ができる人は、印象に残るのです。

印象に残る自己紹介とは、その場にいる人が感情を動かされる自己紹介のことを言います。怒りという感情などを沸かせたら、悪い印象が残ってしまうため、それはそれでNGな自己紹介なのですが、笑わせることができれば、良い風に感情を動かすことができるため、良い自己紹介をすることができるのです。

言葉だけで笑いを取るというのは、なかなか難しいですし、自己紹介で笑わせる言葉を入れるとなると、もっとハードルは高くなります。場合によっては、面白い言葉を言おうとして、滑ってしまうこともあるでしょう。大きなリスクもありますが、成功すれば印象に残る人になることができるため、自信のある人は試してみてください。

■参考記事:面白い人になるには?

面白い人の特徴19選!面白い人になるにはどうすればいい?

【印象に残る人の特徴②】話しやすい

印象に残る人の特徴としては、話しやすいという特徴があることも多いです。

印象に残るということを考えた場合、何かこちら側から発信しなければ印象に残らないと思ってしまいがちですが、必ずしもそうだということはありません。何かを発信しなくても、相手が良い印象を持てば、しっかりと印象に残る人になることができます。

話しやすい人とは、聞き上手の人です。相手から様々な言葉を引出すのがうまく、その人の前で話をしていると、ついつい余計な言葉まで言ってしまうような人のことを言います。このような人は言葉を多く発するわけではありませんが、少ない言葉で相手を喋らせるため、相手は良い印象を持ち、印象に残る人となります。

これは面接などでは使えませんが、飲み会などでは話しやすい人は重宝されるものです。男性も女性も、聞き上手だと異性にモテるようになるため、プライベートで役に立つ、印象に残る技ということになります。

【印象に残る人の特徴③】見た目

印象に残る人の特徴としては、見た目に特徴があるという場合も多いです。

言葉などでも人に印象を与えることができますが、男性も女性も、やはり見た目というものは重要で、そこで印象を与えることができる場合もあります。かわいい女性だったり、イケメンの男性だったり、おしゃれ、ハーフというような部分です。

かわいい女性やイケメンの男性だと、相手はその容姿に見惚れてしまい、何も言葉がなくても印象に残る人になるものです。おしゃれな人も同じように、男性も女性も印象に残ります。やはり見た目が普通の人と違うと、人は感情を動かされるため、印象に残るのです。

顔立ちなどは生まれ持ったものですので、どう足掻いても変えることはできませんが、おしゃれという部分であれば、誰でも変えることができるものです。それを考えれば、努力すれば印象に残る人になれるということですので、印象に残らずに悩んでいる人は、そのような部分で努力をしてみましょう。

【印象に残る人の特徴④】ステータス

印象に残る人の特徴としては、ステータスに特徴があるという場合もあります。

印象に残る人は、男性も女性も経歴が特殊なものであったりというように、ステータスに特徴がある場合もあります。やはり、普通の高校を卒業しているよりは、有名な大学を卒業していたほうが、印象に残るものでしょう。

他にも、趣味や特技が特徴的なものだと印象に残りやすいです。野球をしていた、と言ってもそれほど印象には残りませんが、日本舞踊を習っていたといわれたら、やはり印象に残るでしょう。思わず、ちょっとやってみて、と言いたくなってしまいます。

このような変わった習い事でも、人は特徴を持つことができます。そしてそれを長くやっていたということは、それだけ努力をしたということですので、相手に好印象を持たれやすいのです。そのような特徴がある人は、それを自己紹介などで言うようにしましょう。

【印象に残る人の特徴⑤】ギャップ

印象に残る人の特徴としては、ギャップがある人、というものもあります。

見た目で人はある程度、この人はどういう人だということを判断するものです。しかしその見た目とは違い、中身が意外なものだと人は驚きます。その時、感情を動かされるため、印象に残る人となるのです。

イケメンなのにアニメが好きということになると、やはり印象に残るものでしょう。また、見た目はおとなしい感じなのに、格闘技をしていたり、ダンスをしていたということになると、やはり印象は強くなります。

特に見た目としてそれほど好感を得られないという人ほど、ギャップがあると、印象は強くなるものです。それほど言葉でアピールをしなくても、そのギャップを言葉にするだけで、相手は食いつくようになるため、このような部分をうまく利用するということも大切なこととなります。

【印象に残る人の特徴⑥】自分の意見を持っている

印象に残る人の特徴としては、自分の意見を持っているという特徴があることも多いです。

人は心理の中で、新しいものに感情を動かされるという心理があります。つまりは、人の心理は誰しもが、飽きっぽい心理だということです。人からの言葉がどこかで聞いたことのあるような言葉だと、人はそれだけで興味を失ってしまったりするものです。

しかしその人の言葉が他の誰からも聞いたことがない、新しい言葉だとしたら、飽きっぽい心理に新鮮さを与えることにより、うまく興味を持ってもらえるようになります。つまりは、自分の意見を持っている人は、印象に残る人だということです。

人の心理にはこのような部分があるため、人と同じことをしていても、印象に残る人にはなりません。自分の心理自体を独特なものにすることにより、印象に残る人間になることができるため、自分の心理や内面の部分を鍛えるということを意識しておきましょう。

印象に残る方法を知ろう

印象に残る人の特徴を紹介してきましたが、ここからは印象に残る人になりたいという人が、実際に行うべき方法について紹介していきたいと思います。

男性で女性でも、印象に残る人であったほうが、様々な場面で有利になるものです。印象に残る方法で印象に残る人になることができれば、人の心理を掴み、様々な場所で人気者となることができるでしょう。恋人を作るのにも、一役買えるかもしれません。

印象に残る方法には様々な方法がありますが、これらはできるだけ多くのことを実行したほうが、より人の心理を掴むことができる、印象に残る人になることができます。逆に1個しか実行しないと、それほど強い印象を与えることはできないため、複数の方法を実行するようにしましょう。

ではさっそく印象に残らない人に、印象に残る人になるための方法を紹介していきたいと思います。

【印象に残る方法①】態度や姿勢

印象に残らない人が印象に残る方法としては、態度や姿勢をしっかりと考えるということが大切です。

初対面の時に、態度や姿勢が悪い人は、相手の心理に悪い印象を残してしまいます。印象に残るという意味では間違っていないですが、悪い印象が残ってしまっては意味がありません。良い印象を残さなければ、印象に残す意味がないため、態度や姿勢に注意するということが大切になってくるのです。

声が小さすぎる、姿勢が悪い、目を見て話さない、笑顔がないというようなことは、相手の心理に悪い印象を残してしまうため、このようなことはしないようにしましょう。

男性でも女性でもこのようなことがあると、印象が悪くなってしまいます。意識しておけば誰でもできることですので、相手の心理に悪い印象を残さないためにも、面接や合コンを成功させるためにも、意識しておくようにしてください。

【印象に残る方法②】差別化する

印象に残らない人が印象に残る方法としては、差別化をするということも大切です。

印象に残るためには、他の人と違うということをアピールする必要があります。そのため、世間一般的に使われているような当たり前の言葉などを言わないということが大切です。

どこかで聞いたことがあるような言葉や、ネットで拾ってきた自己紹介などを言ったとしても、やはりそれはどこかで聞いたことがあるものになってしまいます。

そのため、自己紹介する際には、その内容をしっかりと自分の頭で考えて、他の人とは差別化を図るということが大切です。覚えておきましょう。

【印象に残る方法③】自虐の笑い

印象に残らない人が印象に残る方法としては、自虐の笑いを取るという方法があります。

自己紹介のときなどに、相手を笑わせる言葉を言うことができれば、印象に残るものです。しかし自己紹介で笑いを取るというのは、なかなか難しいでしょう。

こんな時に便利なのが、自虐の笑いです。自己紹介の際に、自分を卑下する言葉とユーモアをいれて笑いを取れば、簡単で誰も傷つけず、笑いを取ることができます。

笑いを取ろうとするあまり、毒舌を入れたりすると、周りが引いてしまうこともあります。そのためこのような時には、自虐的な言葉を笑いを取るというのがベストな選択となるのです。

【印象に残る方法④】ネガティブな言葉はNG

印象に残らない人が印象に残る方法としては、ネガティブな言葉を言わないということも大切です。

自己紹介の際などに、ネガティブな言葉を言ってしまうと、暗い人だと思われてしまうことになります。

人は明るい話を聞けば明るい気分になりますし、暗い話を聞けば暗い気分になるものです。

そのためできるだけネガティブな言葉は言わないようにしましょう。悪い印象だけを残してしまう恐れがあります。

【印象に残る方法⑤】最低限容姿を整える

印象に残らない人が印象に残る方法としては、最低限、容姿を整えるということも大切です。

顔などを変えることはできませんが、オシャレなどを最低限行い、清潔感のある格好や髪型をするようにしましょう。

そうしないと、見た目だけの印象で、相手に悪い印象を与えてしまいます。

服装や髪型で人のイメージはだいぶ変わるため、外見にも気を使うようにしましょう。

■参考記事:自分に似合う髪型を診断してみよう♪

自分に似合う髪型を診断しよう!顔型で似合うヘアスタイルがわかる!

【まとめ】印象に残るためには個性が必要

印象に残るということについて紹介してきましたが、印象に残るためには、自分自身が一人の人間として個性がなければなりません。つまり、印象に残らないということは、個性がないということです。自分を鍛えることで、印象にも残るようになるため、意識しておきましょう。

もっと印象に関する情報を知りたいアナタへ!

就活メイク講座!好印象を与えるメイクのポイントは?
証明写真でのメイクのコツは?就活で好印象を与える!
就活中の前髪は?女子必見の好印象を与える髪型まとめ!
第一印象を良くする方法!人生は見た目で八割決まる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ