行動力のある人に共通する17の特徴!行動力をつける方法とは?

行動力のある人って、傍から見ていると何だか凄いなって思いますよね。行動力とはどんな意味か?実行力とどう違うのか?また行動力のある人の特徴や共通点や心理状態、行動力をつけるにはどうしたら良いか等々、詳しく解説していきたいと思います。

行動力のある人に共通する17の特徴!行動力をつける方法とは?のイメージ

目次

  1. 行動力のある人の共通点:はじめに
  2. 行動力のある人の共通点:①自分の性格を知っている
  3. 行動力のある人の共通点:②やる前に考えすぎない
  4. 行動力のある人の共通点:③優先順位がハッキリしている
  5. 行動力のある人の共通点:④迷ったらDo
  6. 行動力のある人の共通点:⑤内省ができる
  7. 行動力のある人の共通点:⑥PDCAサイクルが回せる
  8. 行動力のある人の共通点:⑦ポジティブ思考
  9. 行動力のある人の共通点:⑧失敗をプラスに変える
  10. 行動力のある人の共通点:⑨スケジュール管理がしっかりしている
  11. 行動力のある人の共通点:⑩基本的に孤独
  12. 行動力のある人の共通点:⑪創始者
  13. 行動力のある人の共通点:⑫物事を客観的に見ることができる
  14. 行動力のある人の共通点:⑬ついてくる人・ついてこない人
  15. 行動力のある人の共通点:⑭井戸端会議を嫌う
  16. 行動力のある人の共通点:⑮太っている人が少ない
  17. 行動力のある人の共通点:⑯行動力のある女性は美しい
  18. 行動力のある人の共通点:⑰異性から注目を浴びることが多い
  19. 行動力をつける方法とは?
  20. 行動力のある人の共通点と方法:まとめ

行動力のある人の共通点:はじめに

あの人は行動力がある、行動力のあるリーダーなど、行動力という表現を使ったりします。

では、行動力とは細かくいえば、どんな意味でしょうか。
まず、辞典からみた「行動力」とはどういう意味を含んでいるか、簡単に解説します。

行動力とは

行動力とは、
実際に動いたり、試したりすることであって、また、その行動に対して度胸や勇気のあること
として、百科事典で実用語として取り上げられています。

一見、行動力とは何も考えずに動き回ることのようにも思えたりします。実際に悪く言ったりする人もいます。
でも行動力とは、思った以上にそれをつける方法は緻密で、頭の回転を要したりもします。

実行力とは

では、行動力と対比して使われる実行力とはどんな意味でしょうか。

実行力とは、
実際に行うこと、です。
実行力とは、実行の前に計画が存在します。

行動力とは計画が全く存在しないのかというと、そういう意味でもありません。

行動力のある人は、実行力も兼ね添えている場合が多いです。

では行動力や実行力の意味を踏まえた上で、行動力のある人の共通点や特徴とその心理などを17項目紹介していきます。

行動力のある人の共通点:①自分の性格を知っている

まず、行動力のある人の共通点として「自分の性格を知っている」ことです。

長所も短所もちゃんと把握しています。
行動力のある人に、自分の長所と短所は?と尋ねたら、即座に答えてくれます。

長所

ところで、長所は?言われたとき、謙遜して少なく言う人がいますよね。
あれって逆効果みたいです。

自分を悪く言ったりするのは、低姿勢と思われるかもしれませんが、時と場合により、長所などはきちんと言えた方が好感度は上がります。

行動力のある人は、誰に聞かれても大丈夫なように、長所を5個は言えるように用意している傾向が多いです。
長所は?と聞かれて「う~ん…」と答えるよりも、ハッキリ言える態勢を整えている人の方が、自分のことをちゃんと分かっているんだなという印象を受けます。

また、長所を述べるときの心理は、最初は何となく恥ずかしい感じもするかもしれませんが、慣れたら大丈夫です。
行動力をつける方法として、自分の長所をいつでもどこでも5個は言えるようにしてみると良いです。

短所

行動力のある人は、短所も長所と同じ数くらいに言います。考えずに長所と短所を、ちゃんと用意しています。

"長所短所"だと、自信過剰と思われます。
基本的に長所と短所を述べる個数は同じがバランスが良いと思われます。

行動力のある人は、人に媚びるニュアンスのある短所は言いません。
あくまでも客観的に自分を分析して出た、短所を淡々と述べることができます。

行動力をつける方法として、まず自身の長所と短所が即座に言える準備をしておくと、良いです。
個数としては、長所と短所それぞれ5個ずつがおすすめです。

行動力のある人の共通点:②やる前に考えすぎない

人は何か行動を起こそうとしたときに、それが上手くいく結果よりも上手くいかなかった時の結果ばかりを懸念するという心理が働きます。
これが「不安」という心理状態になるのですが、不安に駆られてばかりで"はじめの一歩"がなかなか出なくなってしまいます。

行動力をつけるなら、その意味をもう一度思い出してみて欲しいと思います。
行動力とは、その行動に対して勇気や度胸があることを指したりもします。

つまり、行動力のある人は、何かを始めるとき、"はじめの一歩"を踏む勇気や度胸のある人です。

ある程度の計画はしますが、もちろんそれが上手くいかなった時のことも考えたりしますが、あまり考えすぎないというところが特徴的です。

行動力のある人の共通点:③優先順位がハッキリしている

日々、忙しく過ごしている中、あれもしなければならない、これもしなければならない、何から手を付けていけば良いのか…
という人も多数いらっしゃるかと思います。

でも行動力のある人は、優先順位がハッキリしています。

行動力のある人は、緊急性のある事と重要性のある事を区別しており、どれから手を付ければいちばん良いかをちゃんと把握しています。

因みに、緊急性と重要性の優先順位はこのような順位になっていますので、参考にしてみてください。

1.緊急性高×重要性高

2.緊急性低×重要性高(今すぐではないけれども、後で緊急性が高くなる可能性が高い事)

3.緊急性高×重要性低(もしかしたらやらなくても良い事かもしれない事)

4.緊急性低×重要性低


行動力のある人の共通点:④迷ったらDo

行動力のある人は実行力のある人でもあります。

まず最初に計画ありき、そこから行動・実行に移していきますが、必ずしも計画通りに事が進むとは限りません。
ここで、行動力のある人の本領が発揮されます。

行動力のある人の大きな特徴として、"迷ったらDo"です。

計画とは違った何かが起こったとき、どうしようと悩むばかりではなく、迷ったら行うという心理が働きます。
もちろんそれが上手くいくかどうかは分かりません。

行動力をつける方法で、いちばん大事かもしれません。
迷ったらDoです!

行動力とは、その勇気や度胸も意味として含まれていますので、迷うという心理をまずかき捨てて、行動あるのみ!でやってみてください。

行動力のある人の共通点:⑤内省ができる

「内省」とはどういう意味かというと、簡単に言えば、
自分自身を振り返ること
です。

「反省」とも類義語として挙げられていますが、反省はマイナス要素に対して返り見る意味合いが大きいのに対して、内省は返り見る内容がマイナス要素ばかりではありません。

行動力のある人は、自分の長所や短所を的確に言えるくらい自身を客観視することができます。
それと同じで、内省とは自分自身を客観視する必要があります。

例えば、今日あったことを振り返ることも内省のひとつです。

行動力のある人の共通点:⑥PDCAサイクルが回せる

⑤で、自分自身を振り返ることができると書きましたが、ただ単に振り返るだけで終わりません。
"PDCAサイクルを回す"という作業をします。

PDCAサイクルとは、
P=plan(プラン)
D=do(ドゥ)
C=check(チェック)
A=action(アクション)
と言われ、その略語として、PDCAと言われるようになりました。

PDCAの具体的な意味としては、plan計画を立て、Do実行し、check内省をして、action修正して再稼働するという流れです。

行動力のある人になる方法で、特に大事なのが
"迷ったらDo"と、この"PDCAサイクルを回す"です。

行動力のある人の共通点:⑦ポジティブ思考

そして、行動力のある人の共通点として、殆どの人がポジティブ思考です。

②で行動力のある人はやる前に考えすぎないと解説しましたが、何かをやる前に考えすぎるのは、ネガティブ思考を伴います。
つまり、考えれば考えるほど、人はネガティブな心理状態になってしまいます。

もちろん行動力のある人も、計画を実行に移す前に、ある程度は良い結果も悪い結果も考えますが、考えれば考えるほど、悪い結果ばかりを想像し、ネガティブな心理状態に陥ってしまうことを知っているので、深く考え過ぎないようにしています。

ですので、行動力のある人はポジティブ思考の人が多い、という共通点を持っています。

行動力のある人の共通点:⑧失敗をプラスに変える

行動力のある人も人間です。失敗することだってあります!

でも、失敗をプラスに変える能力があるのも行動力のある人の特徴です。

自分の失敗から学ぶ

まず、自分の失敗から学びます。

⑥の"PDCAサイクルを回す"になぞらえると、C(内省)の部分です。
内省するだけでなく、その後にA(修正して再稼働)という行動をする意味合いのものが含まれているので、自分の失敗を反省・内省して、修正する力が備わっています。

つまり、行動力とは、失敗しても諦めないことです!

人の失敗に寛容

そして、行動力のある人の特徴として、人の失敗に寛容なところがあります。

計画の時点で考えすぎ、悪い結果ばかりを考えてしまうネガティブな人に限って、人の失敗に対して責める傾向があります。
何故かというと、行動力の無い人は失敗を避ける癖があるので、失敗を失態と捉えてしまうからです。

行動力のある人は、人の失敗に対して、その失敗自体の指摘よりもその先どうすれば修正できるか、という提案をします。

行動力のある人の共通点:⑨スケジュール管理がしっかりしている

実行力・行動力のある人は、スケジュール管理がしっかりしているのも特徴です。

PDCAでいうと、P(計画)の部分と、優先順位を立てるのに、スケジュール管理をちゃんとしています。

スケジュール管理をきちんとするということは、これから行う事に対して客観的にシミュレーションをすることもできるという意味を含んでいます。

行動力とは、行動のみならず計画とスケジュール管理も、重要事項になっていきます。

行動力のある人の共通点:⑩基本的に孤独

実は、行動力のある人は悪いイメージで言われる場合もあります。

鉄砲玉
猪突猛進
何も考えてなさそう
協調性がない
…等々。

特に、女性の多い環境ではこう言われる場合があります。

でもよく考えてみると、歴史に名前が残るような人は、基本的に孤独な人が多いです。
発明など、まだ誰もしたことのないことに挑んでいるわけですから、周りからのネガティブは酷かったと思います。

そして、実行力と行動力を以て、成し遂げているので、孤独に打ち勝っているのです。
行動力とは、勇気や度胸という意味以外に、「孤独」という意味も付けて欲しいくらいに孤独を伴います。

みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったからよ

CHANELの創始者、ココ・シャネルの名言です。
シャネルの名言には孤独を思わせることばが数多くあります。
同時に、行動力のある女性だったんだなと思わせる名言も多数あります。

行動力をつける方法とは、孤独に打ち勝つ精神力も必要です。

行動力のある人の共通点:⑪創始者

創始者、つまり何かを初めて成し遂げた人は行動力のある人です。

どうして行動力のある人が創始者かというと、やる前に考えすぎないことやPDCAサイクルを上手く回せたり、優先順位を立てるのが上手だったり、というところにあると思います。

また、人からの誹謗中傷に負けない精神力や、信念を持つ力が強かったり。

他の人がまだチャンレンジしていないことに、これからやってみようかなと思っている方がいたら、ぜひチャレンジしてみて欲しいと思います!

それこそが、実行力であり行動力であると思います。

行動力のある人の共通点:⑫物事を客観的に見ることができる

また、行動力のある人の特徴として、良い事も悪い事も物事を客観的に見ることができる能力が備わっているところがあります。

例えば、何か失敗をして精神的にダメージを受けたとしても、それを客観的に捉えて次に生かそうとする能力が自然と身に付いているところがあると思います。
もちろん、人間なので、失敗の度合いによっては大きなショックを受けることもあるかと思いますが、今後同じようなことにならないように、修正するという方法を客観視します。

いきなり、物事を客観的に見る力を備えましょうと言われても、なかなか難しいと思います。

行動力をつける方法として、客観視する力を備える方法は、まず、自分自身の長所と短所を5個ずつ言えるようになることが、その入り口になるかと思います。

行動力のある人の共通点:⑬ついてくる人・ついてこない人

計画を実行し、行動力のある人は、色んな人に慕われているかと思いますが、必ずしもそうでないです。
特に何かを成しえようと発展途上の場合、その人についてくる人とついてこない人が二分化されます。

どういう人がついてくるのか、また、どういった人がついてこないのかを簡単に紹介します。

行動力のある人についてくる人とは

何かを実行し、行動する人についてくる人とは、同じ志を持った人です。
また、行動力のある人についてくる人は、基本的にポジティブ思考で行動力のある人たちです。

類は友を呼ぶ
ということわざの通りです。

行動力のある人についてこない人とは

では、行動力のある人についてこない人とは、ついてくる人と真逆でネガティブ思考の人です。
また、ついてこない人は、行動力のある人に対して妬みなどの心理が働いたりします。

実行力だったり行動力だったり自分に持っていないものを持っている、ということでネガティブな心理が働き、結果、行動力のある人を慕わなくなります。

でも、行動力のある人は、去る者追わずなので、あまり気にしません。

行動力のある人の共通点:⑭井戸端会議を嫌う

行動力のある人は、⑨で紹介したようにスケジュール管理をしっかりしていたり、③優先順位がハッキリしています。
特に、緊急性も重要性も低い事柄に対しては後回しにします。

そういった意味で、行動力のある人は井戸端会議を嫌います。

井戸端会議は何の益も生み出しません。
特に、女性の多い環境では井戸端会議が発生する傾向があります。

そういう環境の中で、行動力のある女性は、協調性がないなどと悪く言われる事も…

また、特に女性同士の井戸端会議は、計画性がなくダラダラとしており、結果的にネガティブな話になりがちです。
行動力のある人はネガティブな事を嫌います。
どうしてかというと、ネガティブ事を吐けば吐くほど、本当にそういう道筋になってしまうからです。

ですので、何の得も益もない井戸端会議を嫌います。

行動力のある人の共通点:⑮太っている人が少ない

実行力・行動力のある人って、よく考えると太っている人が少ないと思いませんか?

逆に実行力も行動力もない人に限って、太っていたり短所ばかりが目立つ人のような気がします。

何か行動するのにもエネルギーが要ります。
ましてや、行動力がある人は普通の人の倍以上行動しているので、その分エネルギーを使っているはずです。

そういった意味で、行動力のある人は、太っている人が少ないです。

行動力をつける方法として、迷ったらDoがいちばん重要と④で紹介しましたが、する?しない?の分岐点に立たされたとき、する(Do)の方を選んだ方が、その分エネルギーを使ってくれますので、太らなくて済みます。
ダイエットにもなるので、一石二鳥です!

行動力のある人の共通点:⑯行動力のある女性は美しい

実行力や行動力のある人、特に女性は皆キラキラしています。
体型も含め、美しい人が多いです。

それはどうしてでしょうか?

行動力とは、実際に動いたり、勇気や度胸を表したりする意味を含みます。

実際に動くだけでなく、勇気や度胸も兼ね添えており、ただ単にか弱い女性という印象ではなくなります。
また、行動していく中で、数々の失敗など幾多の窮地に立たされたこともあるかと思います。
それを乗り越えたからこそ、凛とした美しい女性になるのではないでしょうか。

また、行動力のある人は、ネガティブな事を嫌います。
基本的に皆ポジティブなので、行く先もポジティブな道になるのと同時に、ポジティブオーラがついて、美しく映えます。

■関連記事:美しい女性ってどんな人?こちらもチェック!

綺麗になりたい人がすべき11のこと!キレイになる方法教えます
美人とは?可愛いとの違いって?どうすれば美人になる?
美人の定義!男性と女性で違う?9つの共通点公開!

行動力のある人の共通点:⑰異性から注目を浴びることが多い

実行力や行動力のある人は、同性よりも異性から注目を浴びることが多いです。
なぜかというと、キラキラしているオーラがあるので、異性から見ると気になる存在になるからです。

男性の場合でも、女性の場合でも、所属している環境にもよると思いますが、同性から慕われるというよりも異性からの注目を浴びることが多いです。

同性同士ではなぜか、妬みなどの心理が働くのでしょうか?
自分に持っていないものを嫉妬する心理が優先されるのです。

行動力のある人は、異性から注目を浴びるので、モテます
ただ、本人にはその意識がないので、恋愛になることがない場合も。

もしかしたら、優先順位という意味では恋愛は後回しになっているのかもしれません。

行動力をつける方法とは?

①から⑰で、行動力のある人の共通点や特徴を紹介してきました。
その中で、行動力をつける方法も少しずつ解説してきましたが、改めて、行動力をつける方法とは?ということで、紹介していきたいと思います。

もちろん、行動力のある人の共通点①から⑰まで全てを網羅できたらいちばん良いのかもしれませんが、これだけは!という項目を解説したいと思います。

・①の【自分の性格を知っている】
まず自分の長所と短所は?と聞かれたときに、即座に答えられるようにしておいてください。
とりあえずこう言っておけば良いとかそういったものを準備しておくのではなく、年齢や状況によって更新していってくださいね。
長所・短所を知ることが、自分や物事を客観的に見ることにも繋がります。

・②の【やる前に考えすぎない】
計画を練って、あれやこれやと色々考えすぎてしまうと、マイナス心理が働き行動できなくなってしまいます。
行動力をつけるためには、何かを始める前に、今まで考えていた半分以下で良いと思います。懸念や心配していたことの殆どは起こりません。

・③の【優先順位がハッキリしている】
実は緊急性と重要性の関係は、とても重要であり、それを参考にしていけば、無駄がない仕事や実行ができると思います。
いつも優先順位がハッキリしないといった方は、緊急性・重要性このふたつを思い出してみてください。

・④の【迷ったらDo】
これは本当にいちばん大事な方法です。
するかしないか?という岐路に立たされたときは、「する」の方を選ぶ癖をつけると自然と行動力のある人になれます。

・⑥の【PDCAサイクルを回す】
この方法ができるようになれば、行動力をつけることもできたも同然です。
最初は聞きなれないことばですが、そんなに難しくないので、ぜひ覚えていてください。

・⑦の【ポジティブ思考】
行動力とは、行動する勇気や度胸という意味も含まれています。不安になる心理をまずは頑張って捨ててみて、前向きになってみてください。

・⑩の【基本的に孤独】
行動力をつけるために日々頑張ってみても、周りはなかなかそれを認めてくれません。
でも、そんなときこう思ってみると良いと思います。
行動力のある人は、どんな偉人でも皆孤独だと。孤独に打ち勝つ精神力も行動力をつける修行だと思うと良いかもしれません。

行動力のある人の共通点と方法:まとめ

行動力とは、計画ももちろんありますが、行動ありきです。
基本的に行動力のある人は、実行力も兼ね備えています。
行動力のある人は常に、心理状態も安定しているかといえば、必ずしもそうでないと思います。
いくら優先順位を立てるのが上手でも、PDCAサイクルを上手く回せても、必ずしも計画通りにいかないことも多々あるかと思います。

しかし、諦めないという精神・心理が彼らを良い意味で支配してくれているので、どんな困難でも打ち勝てるのかもしれません。

先程、行動力をつける方法を7項目紹介しました。
どれがいちばん大事かというと、やっぱり"迷ったらDo"だと思います。

少しずつ行動力のある人になって、たくさんの異性から注目を浴びてもらう人になって欲しいと思います。

行動力をつけてモテる人になろう!こちらもチェック!

笑顔が可愛い女性がモテる理由って?素敵な笑顔の作り方解説!
キモい女からモテる女子に変わる方法5選!キモい女を抜け出そう
一匹狼の性格・特徴13選!男も女もモテる?仕事の仕方は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ