挨拶の大切さとは?挨拶の効果7つを解説!

暮らしの中で疎かになりがちな挨拶。でも挨拶の大切さや意味を知ると、人間関係や自分に様々な効果やメリットがもたらされます。挨拶は私たちの心理にどんな効果やメリットがあるのでしょうか?この記事で挨拶の大切さや挨拶をする理由を知りましょう。

挨拶の大切さとは?挨拶の効果7つを解説!のイメージ

目次

  1. 挨拶の大切さを知る。挨拶の効果やメリットは?
  2. 挨拶の大切さを伝えてくれる名言集
  3. 挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由1 【人間関係がよくなる】
  4. 挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由2【笑顔になれる】
  5. 挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由3【気分がよくなる】
  6. 挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由4【常識人として】
  7. 挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由5【会話のきっかけに】
  8. 挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由6【気持ちの切り替え】
  9. 挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由7【相手の承認欲求】
  10. 暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法1【イメージトレーニング】
  11. 暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法2【自分から】
  12. 暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法3【笑顔で】
  13. 暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法4【相手の名前を呼ぶ】
  14. 暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法5【ハキハキと】
  15. 暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法6【続ける】
  16. 挨拶の大切さと効果を知ったら、今すぐにも実践しよう!

挨拶の大切さを知る。挨拶の効果やメリットは?

普段の暮らしで何気なく挨拶しているという人は多いでしょう。もしくは、慣れ親しんだ職場や家族の前だと、もはや挨拶すらしなくなったという人もいるかもしれませんね。

挨拶は元々人がコミュニケーションする上での最低限のマナー。挨拶することの意味を謳った著名人の名言もあるくらいです。それくらい挨拶がもたらす心理的効果は絶大なのです。

挨拶をすることで様々なメリットを享受することはできるものの、デメリットは一切ありません。挨拶の大切さや名言が謳われる理由は、まさにこのデメリットのなさにあります。

今回、暮らしの中で挨拶をする理由やメリット、心理的効果についてお話します。挨拶の大切さや意味を知って、挨拶を習慣化しましょう!

>>1年の始まりの挨拶は忘れずに!アプリで簡単『しまうま年賀2020』

挨拶の大切さを伝えてくれる名言集

挨拶の大切さを伝えてくれる著名人の名言を紹介します。

名言1:鈴木健二

挨拶とは何か、それは「心を開いて相手に迫る」ということです。

元NHKアナウンサー鈴木健二氏の名言です。

「気くばりのすすめ」をベストセラーとし、話し方や人間関係に関する幅広い書籍を執筆しました。

お兄さんは「ツィゴイネルワイゼン」などの作品で知られる映画監督:鈴木清順氏。

名言2:デール・カーネギー

人に好感を持たれたければ、誰に対しても挨拶をすることだ。挨拶ほど簡単でたやすいコミュニケーション方法はない

実業家であり、作家でも教師でもあるデール・カーネギーの名言です。

自己啓発やスピーチ、企業トレーニングなどの対人スキルに関する各種コースの開発者で、実業家としての名言も数多く残っています。

著書に「人を動かす」「道は開ける」があります。

名言3:澤田秀雄

暗い人でも日ごろから大きな声で挨拶をし、前向きな言葉を使うようにしていれば、次第に考え方が楽観的になって、性格も明るくなります。実際、私はそうやって変わった人を何人も見てきました。

旅行会社エイチ・アイ・エスの創業者、澤田秀雄氏の名言です。

現在は澤田ホールディングスの代表として、モンゴルAG銀行の取締役会長、ハウステンボス社長など、新規事業にチャレンジし続け、そのたびに数々の名言が生まれています。

挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由1 【人間関係がよくなる】

挨拶をする理由と意味1つ目は、人間関係がよくなることです。

「挨拶ひとつで大げさな…」と思うかもしれませんが、これは挨拶をしてもらえなかった逆の立場で考えればわかります。

ある人が他の人には挨拶しているのに、自分にしてくれなかったとなると、心理的におもしろくないですよね。それは「自分は無視された」ひいては「自分の存在が認められていない」という心理になるからです。

挨拶は自分の心をオープンにし、相手を認める意味があります。挨拶していない、されていないとなると、お互い「この人とうまくやっていけるだろうか?」と疑心が湧いてくるでしょう。

それだけに、挨拶ひとつで相手を認めることになり、人間関係が円滑に回るようになるのは当然と言えるのです。

喧嘩して、険悪なムードになっている人にこそ、積極的に挨拶をしてみましょう。きっと、お互いの空気が変わってきますよ。

挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由2【笑顔になれる】

挨拶をする理由と意味2つ目は、笑顔になれることです。

よほど形式的な挨拶でない限り、大概の人は笑顔を作ろうとするものです。心と体はダイレクトにつながっているので、まずは表面上だけでも笑顔になることで、心理的にも元気になる効果があります。

人の行動と表情・心理は大体一致しています。叱られれば暗い顔になるし、嬉しければ笑顔になる。叱られて喜ぶ人はいないし、嬉しくて悲しそうな顔をする人はいません。

日々の暮らしでは自然に笑顔になる機会はなかなかないかもしれません。ところが、挨拶をすることで心理状態がグッとよくなり、気持ちが少しずつ上向いてきます。

挨拶をすることで笑顔が増え、それにつられて気持ちが昂ぶるのであれば、これほどいいことはありません。ぜひ実践してみましょう。

挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由3【気分がよくなる】

挨拶をする理由と意味3つ目は、自分の気分がよくなることです。

よほど慣れ親しんだ人でない限り、挨拶ひとつするのも結構緊張するものです。挨拶をしてガン無視された…という経験があるならともかく、挨拶したイヤな気分になることはほぼありません。

ここはひとつ、自ら先陣を切って、「おはようございます!」とできるだけ大きな声で挨拶してみましょう。

意外に「気持ちいい!」という感覚が味わえると思います。前の日にイヤなことがあったとしても、大きな声で挨拶することで、陰鬱な気分が吹き飛んでいくこともあります。

最初はそれほど爽快感を味わえなかったとしても、続けるうちにどんどん気持ちが前向きになってくるでしょう。そうすると、まわりの雰囲気も変わったように感じるから不思議です。

挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由4【常識人として】

挨拶をする理由と意味4つ目は、常識人として見られるメリットがあることです。

幼稚園や小学校で、「みんな元気に挨拶しよう!」と言われていたはずなのに、なぜか大人になると挨拶しなくなる…決して珍しいことではないですが、これは社会の常識を無視していることになります。

つまり、挨拶はするのが当然であり、しなければ「あの人、ろくに挨拶もできないのよ。常識のない人ね」なんて言われてしまいます。

裏を返せば、たった一言挨拶するだけで、あっという間に「挨拶がしっかりできる、素晴らしい人ね」「常識のある人ね」という評価に覆るのです。

挨拶に小難しいテクニックは必要ありません。できるだけ大きな声で、ほんの1,2秒ほど時間を費やすだけの簡単なことです。それで自分の評価が上がると考えれば、これほどおいしい話はないですね。

■参考記事:「至らない点」という表現、うまく使えている?コチラも参照!

「至らない点」の意味と使い方!メールでの挨拶の例文など!

挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由5【会話のきっかけに】

挨拶をする理由と意味5つ目は、会話のきっかけができることです。

一言挨拶をしてしまえば、なぜか「何か話さなくちゃ!」という心理に追い立てられるものです。挨拶して、その後何も言わずに素通りというのは、よほど冷めた人間関係でないと難しいと思います。

会話の内容は何でもいいのです。最初のうちは「いい天気ですね」「うん、そうだね」が繰り返されるだけでもOKです。

そのうち、否応でも会話の糸口を見つけることができるようになります。なにせ、毎日相手の様子を観察しているようなものですから。

「髪切りました?」「何かいいことありました?いつもと雰囲気違いますよ」という風に切り出せば、会話はいくらでも発展していきます。

まずはきっかけづくりを始めましょう。

■参考記事:初対面で話題に困ったら…?コチラも参照!

初対面の会話の話題はこれ!絶対盛り上がる25の内容やネタとは!

挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由6【気持ちの切り替え】

挨拶をする理由と意味6つ目は、気持ちの切り替えができることです。

日々の暮らしにおいて、誰しも気分が高揚することもあれば、逆に落ち込むこともあるでしょう。

だからと言って、「自分の気分が高揚しているから、みんなもいっしょに盛り上がれ」また、「自分の気分が落ち込んでるから、みんなもいっしょに落ち込め」なんてことはできないのが社会生活というものです。

気分が高揚している分にはまだいいですが、「いっしょに落ち込め」というのはある意味傲慢です。そこで自分の心理状態をスムーズに切り替えるためにも、挨拶は非常に有効なのです。

できれば、挨拶に「元気になりたい」という気持ちを込めて、相手に届けるようにしましょう。自分の気持ちが切り替わるとともに、相手にも思いが伝わりやすくなりますよ。

挨拶の大切さと効果を知ろう!挨拶をする理由7【相手の承認欲求】

挨拶をする理由と意味7つ目は、相手の承認欲求を満たせることです。

これまで挨拶する側のメリットを述べましたが、挨拶はされる側にもメリットがあります。そのメリットとはずばり、「相手の存在を認める」ことに尽きます。

アメリカの心理学者マズローは、人間の欲求はピラミッドのように5段階から成り立っているという「欲求5段階説」を提唱しました。

第四階層の「尊厳欲求」は「承認欲求」とも呼ばれ、他人から認められたい、尊敬されたいといった心理が芽生えるものです。

挨拶ひとつで自分は「その人がここにいる」と認知でき、相手に「自分の存在が認められた」と感じさせることができるのです。それこそが挨拶されてうれしい、と感じる理由と言えるでしょう。

暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法1【イメージトレーニング】

挨拶効果がわかる方法1つ目は、イメージトレーニングをすることです。

挨拶の大切さがわかったところで、いざ実践しようとすると、意外に言葉が出て来ない…ということは十分あり得ることです。

このように、どうしても緊張したり心理的不安を感じたりする人は、実践前にイメージトレーニングしておきましょう。

鏡に向かって発声練習したり、挨拶の後にどんな会話を繰り広げるかを、自分の頭の中でシミュレーションしてみましょう。

加えて、お店の店員さんに挨拶するようにしてみましょう。ファーストフード店やカフェの店員さんの多くは、笑顔で接客を心がけているはずなので、挨拶のしがいも出てくるというものです。

自信をつけるためにも、またお手本になってもらうためにも、ぜひお店の店員さんに挨拶の練習をさせてもらいましょう。

暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法2【自分から】

挨拶効果がわかる方法2つ目は、自分から挨拶することです。

アドラー心理学では、「他人は簡単に変えられないから、他者を変えようと思うなら、まずは自分が変わるべき」と考えられています。

自分で積極的に着手したことに関しては、人はその意味をちゃんと把握することができます。

いくら学校や会社で挨拶の重要性を説かれても、「何が大切がよくわからないけど、なんとなくやっておこう」という風に、やらされてる感が強くなってしまいます。

自分はもちろん、相手にも快く挨拶してもらうようになるには、強い意思でまず自分から挨拶する習慣を身につけましょう。

暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法3【笑顔で】

挨拶効果がわかる方法3つ目は、笑顔で挨拶することです。

挨拶の時だけでなく、笑顔の効果はあらゆる分野で絶賛されています。不適切と思われる場を除き、笑顔でいることはメリットしかもたらしません。

「メラビアンの法則」によると、人はコミュニケーションの中で、55%ほど視覚情報を受け取っていると言います。

同じ場所で挨拶するのでも、笑顔が加わるだけで相手に伝わる効果は断然違ってきます。それに、口角が上がる分、口調も明るくなります。

笑顔は意識的に作ることができます。「笑顔なんて慣れてないから…」と尻込みすることなく、まずは鏡の前で口角を上げる練習から始めましょう。

暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法4【相手の名前を呼ぶ】

挨拶効果がわかる方法4つ目は、相手の名前を呼ぶことです。

同じように「おはようございます」と挨拶されたとしても、自分の名前を呼ばれるのと呼ばれないのでとは、まるで印象が異なります。

「おはよう、●●さん」と名前を入れるだけで、自分のことをよく知ってくれている感覚になるのでしょう。

それは相手の承認欲求を満たすことにつながります。最初は名前を呼んでいなかった相手に、突然名前を呼んでみるようにすると、あっという間に仲良くなれること請け合いです。

ただし、あまり大きな声で名前を呼ばれると、逆に気持ちが引いてしまう人もいるので、相手のキャラクターや関係性をよく把握してから呼ぶようにしましょう。

暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法5【ハキハキと】

挨拶効果がわかる方法5つ目は、ハキハキと挨拶することです。

たとえその日初めて会って、「挨拶する場面だ」という認識があったとしても、もごもごと小さい声で挨拶されると、思わず「えっ?」と耳を疑ってしまいます。

せっかく挨拶をしても、相手に伝わらなければ意味がありません。相手によっては「何言ったんだろう?」と不信を植え付けてしまいます。

できるだけ大きく口を開けるようにして、ハキハキと挨拶するようにしましょう。

暮らしで挨拶の大切さと効果を知る方法6【続ける】

挨拶効果がわかる方法6つ目は、挨拶を続けることです。

何事にも通じることですが、「継続は力なり」ということわざがあります。挨拶も然りで、1回すればそれで終わり、というわけではありません。

挨拶する相手によっては、怪訝な顔をされたり、無視されたり、また自分が言いよどんでしまったりということもあるでしょう。

それでも毎日挨拶することを心がけましょう。最初から上手な人は誰もいません。うまくなるかならないかは、トレーニング次第なのです。

続けているうちに慣れてきて、程よい声の大きさ、挨拶するタイミング、笑顔の作り方が自然に身についてきます。

何事もまずは第一歩です。挨拶を続けていれば、いろいろなことに自信がついてきます。めげずに日々の暮らしの中で挨拶を定着させていきましょう。

挨拶の大切さと効果を知ったら、今すぐにも実践しよう!

この記事を読んでいる時点で、「そういえば、ちゃんと挨拶できてない気がするなあ…」と思った人は多いと思います。

挨拶は人間関係を潤滑にしたり、自分の気持ちを向上させたり、笑顔にしてくれたりと、メリットしかありません。できてないと思ったら、すぐにでも実践するようにしましょう。

そして、日々継続することが大切です。続けようとする意識が、ステキな挨拶ができる人に変えてくれますよ。

社会人としての挨拶についてもっと情報を知りたいアナタに!

飲み会の締めの挨拶・中締めの挨拶のマナーと例文まとめ!
年末年始の挨拶!メール・書き方例文・英語など完全解説!
彼氏の親に挨拶する時のマナーまとめ!服装・手土産など!【必見】
同棲の時挨拶すべき?相手の親に好印象な服装は?【マナーまとめ】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ