八つ当たりする人の心理とは?八つ当たりされやすい7の特徴とは?

自分に非がないのに降りかかる八つ当たりという名の災難。職場の上司や同僚、家族、果ては彼氏にしばしば八つ当たりをされやすい、という人の多くには共通する特徴があるとも言われています。そこで八つ当たりされることを回避するための対処法と併せてその特徴をご紹介します。

八つ当たりする人の心理とは?八つ当たりされやすい7の特徴とは?のイメージ

目次

  1. 理不尽な八つ当たり、これって甘え?それとも我がまま?
  2. 八つ当たりされやすい特徴①上司に逆らわない
  3. 八つ当たりされやすい特徴②彼氏を常に立てる
  4. 八つ当たりされやすい特徴③感情的にならない
  5. 八つ当たりされやすい特徴④優等生と見なされている
  6. 八つ当たりされやすい特徴⑤甘えるより甘えられる事が多い
  7. 八つ当たりされやすい特徴⑥長男長女として生まれた
  8. 八つ当たりされやすい特徴⑦何事にも忍耐強い
  9. 「こんなの無理!」八つ当たりされる側の対処法とは
  10. 八つ当たりされる側の対処法①3度に1度はピシっと言う
  11. 八つ当たりされる側の対処法②相手の心理の斜め上に出る
  12. 八つ当たりされる側の対処法③SNSでのつながりを一旦切る
  13. 八つ当たりされる側の対処法④周囲を味方につける
  14. 八つ当たりされる側の対処法⑤改善がないなら縁切りをする
  15. 八つ当たりばかりする人との距離をきちんと計ろう

理不尽な八つ当たり、これって甘え?それとも我がまま?

仕事での失敗や、恋人同士の間のちょっとした行き違いによるいさかいなど、自分に非があるという時ならまだしも、自分に全く関係のないことに原因があるのにも関わらず、時に降りかかってくる「八つ当たり」という名の火の粉。痛い思いをした、という経験のある人も多いのでは。

特に自分が尊敬する上司や、心を許した彼氏、自分を理解してくれていると思っている友達に八つ当たりされると、いくら「生身の人間で完璧な人はいない」と割り切ろうとしても難しいというのも事実です。

さらによくよく観察していると、同じ場にいても「八つ当たりされやすい」人と「八つ当たりされにくい」人がいるということも。そこでそうした「八つ当たりされやすい」人の特徴や「八つ当たりされる」という行為の意味や「八つ当たりする」人の主だった心理状態をまずご紹介していきます。

八つ当たりされやすい特徴①上司に逆らわない

八つ当たりされる側として辛いシチュエーションの1つが逆らいにくい立場の人、例えば上司などに何かにつけ八つ当たりされるという事態があります。実はこういった時の上司などの心理状態に多く見受けられる特徴が、「この部下ならこれぐらいのことは許してくれる(だろう)」という甘えの姿勢です。

ではなぜ上司がたくさんいる部下の中で特定の人にそうした「甘え」の心理状態になってしまうのかといえば、得てしてそうした「八つ当たりされやすい」部下は真面目でおとなしく、礼儀正しい「良い部下」が多いというところにその理由があります。

それというのも少なからずの「八つ当たり」する上司が、内心では「コレは理不尽な八つ当たりだ」と承知して行っているケースが多く、後々八つ当たりされたことを根に持つタイプの部下や自分より権限が上級クラスの上司などに直談判に行きかねないような部下は無意識に避ける傾向があるためと言われています。

同じ部署に何人も人員がいる中で何かと言うと自分が八つ当たりの槍玉に挙げられるという人は、1度じっくり周囲を観察して、八つ当たりされない人と自分との差が何なのかを見極めてみるのも大切でしょう。

八つ当たりされやすい特徴②彼氏を常に立てる

ではもっと個人的に親しい関係、例えば彼氏などに何かにつけ八つ当たりされる、という人に多く見受けられる特徴はというと、俗に言われる大和なでしこタイプ、つまり男性を常に立て、その面子をつぶすような行為はしない女子に多いといわれています。

その意味はというと、男性には意識的あるいは無意識的のどちらにしても自分の身近な女性には母性的なものを求める傾向が強いせいとも言われており、「何であろうとも」自分を受け止めて欲しい、自分を許して欲しいという甘えの気持ちの裏返し、ということもよくあるそうです。

八つ当たりされやすい特徴③感情的にならない

理由もなく一方的に怒りなどの負のパワーをぶつけられるのが八つ当たりですが、そうした甘えからくる理不尽な行動や言動に対して、オロオロおたおたしないタイプも実は八つ当たりされやすいという傾向があります。そうした感情的にならない態度はむしろ八つ当たりなどされにくいのでは?と一見思われがちなのですが、八つ当たりをする側の心理としては、「超然としている」イコール「感情をぶつけても許される」となりがち。

相手にしない、という態度をとっているにも関わらず、なぜか八つ当たりされやすいという人は、上司や彼氏、友達といったような相手から、ある意味「打たれ強いからコレぐらい平気」と侮られていると考えた方がいいでしょう。

八つ当たりされやすい特徴④優等生と見なされている

ある意味では八つ当たりという理不尽な行為に対してすぐカッとなったり、負けずに言い返せるメンタルであれば、一方的に被害者の立場に立たされるということも少ないはずですが、実際に相手側の甘えた意識下で行われる八つ当たりという行為の矛先が向きやすいのは、短絡的な態度に出ることのない「優等生」タイプとも言われます。

こうした「優等生」タイプにありがちな心理としての忍耐強いだけでなく「もしかして八つ当たりされるこちらにも非があるのでは?」といったん退いて考える慎重な態度が、相手を余計につけあがらせ甘えさせる構図へと結びつきがちなのかもしれません。

八つ当たりされやすい特徴⑤甘えるより甘えられる事が多い

彼氏彼女の間柄でなくても一般的に姉御肌とされるサバサバ系女子は、内心では甘えたくても周囲のキャラ設定によってなかなか本心が表に出せず心理的に甘える行為を封印することが多い傾向にあります。そうした自制心に富み、かつ頼りがいのある態度が、ますます相手からの不条理な甘えを引き出してしまうという負のループに陥ってしまう要因となってしまうのかもしれません。

実際、こうした心理的に頼りがいのあるとされる女子と精神的に甘えが見られる彼氏という組み合わせは1つ間違うと共依存などといったより深刻な心理的問題を引き起こすこともあるので、思い当たる節があるという人は要注意です。

八つ当たりされやすい特徴⑥長男長女として生まれた

職場や友人などのグループ、親戚、家族内などシチュエーションが違うのになぜかいつも八つ当たりの対象になりやすい、という人に多く見受けられる特徴に「長男長女である」ということが挙げられます。これは自分の育った家庭内だけではなく、結婚して新たに築いた家庭でも起こりがちなことで、次男と長女、といったような組み合わせのカップルによく起こりがちなこと。

ではその原因は?というと、一般的に長男長女として育った人は幼少時から弟妹を前に、「あれもこれも」一方的に我慢させられることが多く、ある意味「理不尽に扱われる」ことへの耐性が出来ているからと言われています。


◆関連記事:長男の恋愛傾向はこちら!

長男の恋愛傾向と性格の特徴9選!長女との相性はいい?

八つ当たりされやすい特徴⑦何事にも忍耐強い

最近多く言われる「自己承認欲求」の強い人には、その欲求が満たされないとイライラが募り、のべつ周囲に八つ当たりする人も多く、そうしたイライラがSNSなどでの炎上騒ぎを引き起こす遠因とも言われています。こうした自分大好き、自分を全部受け止めて系の彼氏や友達、兄弟姉妹からの八つ当たりを受けやすい人は、当然その理不尽で始終繰り返される八つ当たりを受け止めてくれる忍耐強い人が多い傾向にあります。

さらに受け止めるだけでなく、相手の自己承認欲求不足に対して一緒になって怒ったり、イライラしてくれるなどの心理的共感姿勢を示してくれる場合は、ますます八つ当たりの対象となるという悪循環に巻き込まれやすいということも。

「こんなの無理!」八つ当たりされる側の対処法とは

ここまで「八つ当たりされる」側の特徴と彼氏、友人、上司といった「八つ当たりする」側の心理的意味合いをご紹介してきましたが、どのケースであっても一方的かつ理不尽に「八つ当たり」されてばかりいては、豆腐メンタルであろうとなかろうとこちらの受けるダメージも相当なものになってしまいます。

そこでここからは「八つ当たりされる」側として、上司や友人、家族、彼氏などからのそうした意味のない八つ当たりをされた時の対処法をケース別にご紹介します。

八つ当たりされる側の対処法①3度に1度はピシっと言う

昨今の「#Me too」ムーブメントではありませんが、これまで八つ当たりに甘んじていた相手に対して、八つ当たりばかりしてきた側は「どうせ自分に逆らってこない」「これぐらいどうってことない」と相手の立場に立つという感覚が麻痺してしまっている可能性があります。

そこでそうしたある意味他人の痛みに鈍感な相手への対処法としては八つ当たり1つ1つに対してではなくても、3度に1度程度は「そうした八つ当たりで自分は傷ついている」「自分は怒っている」と態度で示すことも大切です。

なぜなら特に体育会系のノリの上司や彼氏などに自分の八つ当たりを「愛のムチ」などと都合よく自分の中ですりかえている人が少なからずいるからです。そうしたタイプにはきちんと「嫌なものは嫌」という態度で示さない限り、自分の行為がどれだけ相手を傷つけているか全く無自覚である鈍感な人も多いので、自分に明らかに非がない場合は正々堂々自分の意見を言うことがターニングポイントとなるからに他なりません。

しかしそこでこちらもこれまでの怒りやフラストレーションに任せて感情的に言い返してしまうと、元のもくあみ。下手をするとこちらが「ヒステリー」と片付けられてしまいかねませんので注意が必要。あくまで冷静に理詰めで「八つ当たりされる筋合いはない」ことを主張しましょう。

八つ当たりされる側の対処法②相手の心理の斜め上に出る

八つ当たりをしてくる相手の多くが、八つ当たりする相手を選ぶ際に色々と姑息な手を使ってくるのは、「八つ当たりされやすい特徴」で述べたとおりですが、そうした相手の共通認識として挙げられるのが、八つ当たりをぶつける相手のことを侮っているということが言えます。

それは逆に言えば「八つ当たりする」相手の中のテンプレを壊すような態度、つまりこちらが心理戦で相手より上手に出るとは思ってもいない、ということ。そこで相手の想定を1つ1つ崩すような態度=心理的に斜め上を行く作戦にでるという対処法が有効な場合が多いということになります。

具体例で言えば、いつも黙って八つ当たりを耐え忍んでいたのを、相手が言いたいだけ言って少しクールダウンしたところを見計らって冷静に相手の論理の矛盾を突く、あるいは言うことがいつもだいたい同じような相手には「次はこう言うつもり?」と先に先に相手の言いそうなことをズバズバ言うのもアリでしょう。

ただし逆ギレした相手が八つ当たりどころかもっとひどい態度に出ては元も子もないので、あくまでこうした場合は人目のあるところで決行するか、相手の人となりをじっくり見極めてからにするのが無難です。

八つ当たりされる側の対処法③SNSでのつながりを一旦切る

八つ当たりしてくれる相手が仕事の関係者など毎日顔を突き合わすような相手ではない場合、相手との心理的距離をいったんリセットするという意味からもSNSでのつながりを保留してみるのも1つの対処法です。色々欠点はあっても自分にとってやはりかけがえのない相手、であれば自然とやりとりは復活するものですし、「去るものは」ではありませんが、それで疎遠になるのなら相手にとってもこちらにとってもそれぐらいの意味しかない間柄だったという結論を導き出すきっかけにもなります。


◆関連記事:こんな人には気をつけて!

自分勝手な人の特徴11選と対処法!上手な付き合い方とは?

八つ当たりされる側の対処法④周囲を味方につける

相手がのべつまくなし周囲に「八つ当たりする」タイプの人であれば、こちらがそれに対して思い切ってSOSを発することができれば、周囲からの理解や手助けを得ることはカンタンですが、ある意味隠れDVや隠れモラハラ、パワハラに近い八つ当たりの場合、よほどこちらが性根を据えてSOSを発しない限り、周囲に気付いてもらうことも難しいというケースも多いようです。

特に周囲にはそんな八つ当たりをするなどという意味のない態度に出るワケがない、と見られているような二面性のある相手の場合は、こちらが被害を訴えてもすぐに受け入れられることはない場合がほとんど。そういった場合の対処法としては八つ当たりの客観的証拠となるようなメールやLINEなどのメッセージ、写真や音声などはなるべくきちんと保存しておくことが大切。

さらにできるだけ早く周囲に被害の実態を打ち明けて、いざというときに自分の味方になってくれる人を一人でも多く作ることがポイントになってくることも。

八つ当たりされる側の対処法⑤改善がないなら縁切りをする

確かに人間誰しも弱い部分、甘えの部分がないわけではありませんが、それで全て言い訳ができるものでもないのは明らか。それがどんなに好きな彼氏やパートナーであっても、こちらの心まで砕いてくるような「八つ当たり」はもはや言葉の暴力であり、メンタル破壊以外の何物でもありません。

自分に出来る対処法を1つ1つこなした上で、それでも相手が態度を改めてくれないようであれば、「自分を大切にする」といった意味からも相手との付き合いそのものを見直した方がよいのかもしれません。

八つ当たりばかりする人との距離をきちんと計ろう

いかがでしたか? それが毎日のことではなくて時折であっても「八つ当たりをされる」側にしてみれば、そのことによって受ける心理的ダメージは相当なもの。ましてそれが毎日否が応でも顔を突き合わさなくてはいけない上司や同僚、先輩といった人や家族、彼氏といったより自分に身近な人からであれば、その心の傷の意味合いもより深いものになってしまいます。

自分もハッピーでなければ相手もハッピーではない、という原理原則からすれば一方通行の八つ当たりは何も生み出さないばかりかこちらのメンタルを破壊するだけのもの。こちらがどんな対処法に出ても態度を改めようとしない相手である場合は、それが彼氏であれ家族であれ、友人知人であれ相手との心理的距離感を見直す時期なのかもしれません。

もっと怒りについて知りたい方はこちら

怒りが収まらない時の対処法9選!イライラした時に見て!
怒らない人の心理と特徴!怒らない人になるには?怒らない人が怒ると?
怒りっぽい人の特徴と性格!原因と治す方法も解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ