洞察力が鋭い人の特徴7選と洞察力の鍛え方を解説

洞察力が鋭い人はどんな特徴があるのでしょうか。そもそも観察力と洞察力の違いは何なのか。基本的な洞察力の説明の他にも洞察力がある人の特徴や洞察力の鍛え方もご紹介。 更に、洞察力が鋭い人の心構え等もご紹介致します。仕事や生活に役立てたい人は必見です!

洞察力が鋭い人の特徴7選と洞察力の鍛え方を解説のイメージ

目次

  1. 洞察力の鋭い人ってどんな人?
  2. 洞察力と観察力の違いとは?
  3. 洞察力の鋭い人の特徴①常に理由を考える
  4. 洞察力の鋭い人の特徴②物事の目的を意識する
  5. 洞察力の鋭い人の特徴③疑問を持ち続ける
  6. 洞察力の鋭い人の特徴④物事を多角的に見る
  7. 洞察力の鋭い人の特徴⑤「今」に括らない
  8. 洞察力の鋭い人の特徴⑥博識
  9. 洞察力の鋭い人の特徴⑦客観視を忘れない
  10. 人の心理を理解して洞察力を高めよう
  11. 洞察力を鍛えるとこんな時に便利!
  12. 洞察力を鍛える方法①考察する時間を自分から作る
  13. 洞察力を鍛える方法②情報を常に仕入れる
  14. 洞察力を鍛える方法③噂を信じない
  15. 洞察力を鍛える方法④故人・偉人に学ぶ
  16. 洞察力を鍛える方法⑤睡眠を取る
  17. 洞察力が鋭い人の心構え①流されない
  18. 洞察力が鋭い人の心構え②感情で動かない
  19. 洞察力が鋭い人の心構え③立ち止まる勇気を持つ
  20. 洞察力を磨いて他人の先を歩こう

洞察力の鋭い人ってどんな人?

洞察力の鋭い人、と言われるとどんな人が思い浮かぶでしょうか。
キレ者、人より先回りする人、先見の目がある人…など人によって様々でしょう。
しかし、そのどのイメージにも共通する事が聡明な人、先を見据える力を持っている人であるということ。
この記事ではそんな高い洞察力を持つ人の特徴を解説していきます。

洞察力と観察力の違いは何か、洞察力のある人の特徴は何かといった基本的な部分だけではなく、自分が持つ洞察力を磨き、さらに鍛えるにはどうしたらよいのか。
さらに、洞察力が鋭い人の心構えなどもひも解いていきます。

洞察力を持っている人と持っていない人とでは今後の人生に大きな差が出てきます。
他の人と差をつけて情報社会に踊らされない自分を鍛えることで、豊かな人生を作り上げていきましょう!

洞察力と観察力の違いとは?

そもそも、洞察力とはどのような能力の事を指しているのでしょうか。
それは「物事の本質を見抜く力」です。
物事を深く熟考し、様々な角度から物事を眺めて本質を見極める力。それが洞察力です。
しかしこの洞察力は一長一短で身につくものではありません。

もちろん先天的に生まれ持った性格で好奇心旺盛な人や物事を掘り下げて深く深く考える人はいます。
ですが“考え抜く技術”は日頃から意識していないとなかなか洗練されにくい技術です。
日常の生活の中や仕事の合間でこういった洞察する癖をつけている人は、全く意識をしていない人よりもずっと物事を深く考え、熟考する事ができるのです。

では、洞察力と観察力の違いは何でしょう?
この観察力は洞察力を鍛える上では欠かせないものなのですが、意味合いが少し違います。

洞察力は先程述べたとおり「物事の本質を見抜く力」です。
一方、観察力は「物事の表面の機微を読み取る力」と言えます。「状態」「表情」「違い」を発見する能力が観察力なのです。
この観察力が豊かな人は、人の様々な動作から読み取れる心理、物事の変化を発見することが非常に得意です。

ですので、この観察力を持って「変化」や「心理」を発見し、その発見したことを洞察力をもって深く推測する。
この「観察力」と「洞察力」の連係プレーが何よりも肝心なのです。

■参考記事:仕事ができる人の特徴は?コチラも参照!

仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】

洞察力の鋭い人の特徴①常に理由を考える

洞察力が長けていて且つ鋭い人の特徴としては、まず「何故」や「どうして?」という理由や原因・根本的な要因を考えること。
この理由を考えるということが洞察力を鍛える第一歩です。
仕事においても「どうしてこのプロセスが必要なのか?」という理由を考えたり、「なぜこの人はこういった発言をするのか」という原因を考えることが物事の本質を見抜くためのスタートラインです。

さらに深く掘り下げると観察力を駆使して、本人の意図をくみ取ろうとします。
その人がこういった発言をするにはどういった心理が働いているのだろう、どういった利点があるのだろうと考えます。
仕事上であれば、自分が現在行っている、もしくは上司からの指示で請け負っている仕事の本質は何なのかを熟考することが大切です。
洞察ある人はそういった物事の理由をまず考えてみるということを癖づいていることが特徴の一つとしてあげられるのです。

洞察力の鋭い人の特徴②物事の目的を意識する

洞察力が鋭い人の特徴として次にあげられるのは物事の目的を意識する事。
理由を考えることと少々近い意味がありますが、最終到達地点がいったい何処なのかを意識できるかどうかも洞察力が鋭い人や物事の先を見極められる人の特徴です。

目的や、達成地点を意識していると物事を俯瞰的に見ることができる為、自分の立ち位置を把握できます。
仕事においても、自分のプライベートにおいても自分が今全体のどの位置にいるのかということを知ることは洞察力を磨く上でも大切なプロセスなのです。

洞察力を鍛えることで、目的をしっかりと認識できるようになると、他人の言葉に踊らされる事がなくなります。
他人の言葉に右往左往することなく、本来の目的にむかって邁進出来る事も、洞察力が鋭い人の特徴です。

洞察力を日頃から鍛えることで物事の本質を素早く見抜けるような技術を持つと、他人の余計な情報や必要のない仕事に踊らされる事を回避できます。
物事の目的や到着地点にいかに最短で到達できるか。こういったことをしっかり計算して行動に移せる事も洞察力が鋭い人には欠くことが出来ない要素と言えるでしょう。

洞察力の鋭い人の特徴③疑問を持ち続ける

洞察力が鋭い人は、誰かや何かに対して疑問を持ち続けるという特徴があります。
現在手元にある情報は本当に確かなものなのか。自分が選んだ道は正しいのかどうか。
周囲が口をそろえて話している評価は本当なのか、といった「真偽」を常に自分に問いかけることができるというのが洞察力がある人の特徴です。

洞察力がある人は常に周りの意見や常識に対して「本当にそうか?」という疑問を自分に投げかけることが出来ます。そして必要があれば修正をし、自分の足で情報収集することも怠りません。

そのため、他人から寄せられた「~らしいよ。」などというソース(情報源)がはっきりしない噂にもまずは疑問を投げかけるという癖が付いています。

そして、たとえ他人と意見が違えようとも、自分の洞察力を信じて行動の指針とするのです。

洞察力の鋭い人の特徴④物事を多角的に見る

人間は、大人になってくると今までの経験則などから「偏見」というものを持ち始めます。
しかし洞察力が鋭い人はその偏見という一遍だけの見方を改める特徴があるのです。

洞察力の鋭い人は仕事に置いても、プライベートに置いても物事を多角的に見ることが出来る人が多いです。
物事に対して、あるいは人に対してどんな長所や短所があっていろんな面から分析をする事が出来る特徴を持っています。

そして大切なことが「常識」や「色眼鏡」を捨てること。
他人と同じ目線でいたり同じ色眼鏡を掛けていては、物事の本質が見えずにその他の人間と同様に見せかけに騙されてしまいます。

大衆心理として、その他大勢の人が「右」と言えば「右」だと思ってしまう事が特に日本人は多い傾向にあります。
しかし、そういった大衆心理に誤魔化されることなく「本当に右なのか?本当は左が正しいのではないのか?」と冷静に物事を分析できる能力がある人は、洞察力が長けていて、且つ鋭い人。さらに観察力にもたけている為情報の変化に気づきやすい、識別能力が高い人と言えるでしょう。

洞察力が鋭い人は、自分の観察力を以って変化に気づくことや、他人が気付いていないことにフォーカスしてみることができるという力を持っているのです。

洞察力の鋭い人の特徴⑤「今」に括らない

洞察力の鋭い人の特徴としては「今」だけの視点に括らないことが大切です。
確かに現在だけの価値として見ると、さして評価するに値しないものかもしれません。
しかし「過去」はどうだったのか、さらに「未来」ではどうなっていくのか等を現実的な視点からもっと飛躍して考えられるのが洞察力の鋭い人が出来ることです。

少し昔に遡ると空を飛べる事すらも笑われた時代がありました。もっと遡ると太陽が地球の周りを回っているという天動説が常識だった時代に「回っているのは太陽ではなく地球だ」という地動説を唱えた人が笑われた時代もあったのです。
それくらい「過去」と「現在」が違うのですから、「現在」と「未来」も当たり前のように違います。
なので現代の常識という物差しで物を考える必要はないのです。

洞察力が鋭い人は他人の物差しなどもろともしませんし、将来の可能性に希望を抱き続けるのです。
常に進化し続ける技術や時代に対して不可能なことなどありえない、という精神で様々な物事を受け入れていきます。

さらに仕事においても自分が今担っている仕事が将来どんな発展を遂げていくのか、将来性があるのか等も過去から現在の変化を考察し、現在から未来の姿を思い描くのです。

「これからどうなるか」、「現在の常識が常識でなくなるかもしれない」という様々な変化に対しての想像力や観察力を持っている。それが洞察力が鋭い人の特徴なのです。

■参考記事:仕事が遅いのは何が原因?コチラも参照!

仕事が遅い人の特徴は?原因と改善策11選!

洞察力の鋭い人の特徴⑥博識

洞察力が鋭い人の特徴の一つとして博識であることがあげられます。
それは自分の仕事などによる専門分野だけではなく、様々な分野に対して幅広い知識を持っているという特徴があるのです。

自分が関わっている分野だけに限らず、様々な物事や時勢に興味を持って知識を深めている人は洞察力を常に磨いている人といえるでしょう。

知識を深める・知識を広げるということは自分が許容できる器を広げるということ。
洞察力が鋭い人は様々なケースやパターンを自ら知り得ようとします。さらにそういった知識を自分の中に蓄積させておくことで様々な憶測や様々な予測が出来ます。

その為、物事を考えたり本質を見抜くための考察をする時も、蓄えた知識を参考にして多くの視点から多くのパターンを考察でき、その中から自分が思う「本質」を選び抜くことが出来るのです。
そのために、洞察力に長けている人は物事の本質を鋭く見抜くために、様々な知識を蓄えていける人ということも特徴と言えるでしょう。

洞察力の鋭い人の特徴⑦客観視を忘れない

洞察力が鋭い人は人の心理を理解しなくては、独りよがりの考え方になってしまうということをよく知っています。
その為、自分が可能な限り物事を客観的に見るように努めるという特徴があります。

何事も、自分一人だけの感性や感覚だけせすべてを推し量ることが出来ないということを知っているのです。
ですので、他人の心理を見抜く観察力も身に着けることを疎かにすることはありません。
洞察力が鋭い人は、自分以外の人間がその物事を見た時にどんな感情を抱くのか、何を考えるのかということも熟考することが出来るのです。

現在の物事において、大抵のことは人間が動かしています。
経済・科学・技術。様々な目に見えない奇跡やスピリチュアルなものに導かれることもあるでしょうが、物事を進めるうえで欠くことが出来ないのが、人を介することです。

洞察力鋭い人はこの「人」の視点・「人」の感情、「人」の欲求が多種多様にあることを知っている為、出来る限り多くのケースに分けて物事を思索し、熟考し、何が本質化を見抜いて行くことができるのです。

人の心理を理解して洞察力を高めよう

洞察力の根幹は「本質を見抜く力」ですが、言い換えると「人の感情を見抜く力」と言い換えることもできます。
感情とはある意味「欲」を綺麗に言い換えた言葉です。
洞察力が鋭い人はその人の「欲」さえも見抜いて物事の先を見据えることが出来ます。

では、その洞察力を鋭くするために意識したら良いことは何か。それは人の心理を見ることです。

人の願いや欲。これらがいい意味でも悪い意味でも物事の本質になるケースが多いです。
「もっと世の中を便利にしたい」という欲。「もっとあの人に愛されたい」という欲。「仕事(会社)をもっと発展させたい」という欲。
更にはもっと純粋な「人類に新たな文明を残したい」という欲もあるでしょう。

物事の本質は意外と人間の心理や感情と大きく関わっていることが多いです。
それらを見抜くための洞察力を鍛える為にはまず、人の心理を学んでみる。考察してみるというプロセスも大切なことであると心得ましょう。

洞察力を鍛えるとこんな時に便利!

洞察力を鍛えると、人の一歩先を見据えて行動が出来ます。
その為、洞察力の鋭さを身につけると様々な場面で役に立つのです。

例えば仕事。物事の本質を見抜き優先順位を考えて動けば他のライバルに大きく差をつけることができます。
さらに、家庭においてもパートナーの心理や感情を様々な視点で考察出来れば、大きな喧嘩やトラブルになる前に堅実的な話し合いができ、良好な関係を維持できます。

更に、子育てにおいても「こうでなくてはいけない!」「これが常識!」といった枠にとらわれる事がなくなります。
そして子供が興味を示したものに対して、才能を幼いうちから見つけ出してあげることもできるでしょう。

そして博識で見分が広ければ広いほど、子供の個性を叩きつぶすことなくのびのびと成長させて上げることが出来る親になれるかもしれません。

洞察力を鍛える方法①考察する時間を自分から作る

では、洞察力を鍛えるためにどうしたらよいのか。

まずは、物事を考察する時間を「あえて」作ること。
現代人は何かと忙しく、目まぐるしい毎日をすごしています。気が付けば体はバタバタと忙しく動いているのにしっかりと物事を理解しているのかと問われると不安になる…と言う人も多いでしょう。

さらに、「考える事が大切なこと位わかってる!」と憤る人もいるかもしれませんが、自分の生活の中で「考えるだけ」の時間を進んで作っているのと作っていないのとでは熟考の深さが異なるのです。

洞察力を鍛える為に時間を「あえて」作る。この作業をするためには、まずは時間を決めること。
朝一番。夜眠る前。一日15分でも構いません。まずは「考える事」に集中できる環境を整えましょう。

気になった物事、本質を知りたい物事、心につっかえている物事をただひたすらに思案し思索するのです。
出来るだけペンと紙を用いて見える化すると良いでしょう。自分が今心で考えていることを視覚的にとらえることが出来るようになります。

そうして洞察力を鍛えるために、「考える」という時間を自ら作り出していくのです。

洞察力を鍛える方法②情報を常に仕入れる

さらに、洞察力を鍛えるために、常に情報の収集を忘れないようにしましょう。
以前学んだ知識や仕入れた情報ですら、既に新しくなっている可能性もあります。様々な事柄は常に新しく変化していることを忘れてはいけません。

以前仕入れた情報と新しい情報を比べるうえで重要な技術は観察力です。その「変化」を意識して物事を見ると様々な発見をすることが出来ます。

洞察力を鍛える上で同じように磨かれていくのがこの観察力。物事は表面上で様々な変化を遂げています。同じように、内部でも様々な変化や進化、そして人の利害関係も大きく絡んでいるのです。
そういった内部からにじみ出てくる情報を汲み取るためには観察力が何よりも大切。

仕事上でももちろんのこと、洞察力を鍛えることで表面上では見えないものまで見据えることが出来るようになるのです。
そのために、情報収集や情報のアップデートは欠かさないで生活をしましょう。

洞察力を鍛える方法③噂を信じない

人の大衆心理とは非常に怖いものがあります。噂には必ず尾びれが付きものです。
しかし洞察力を鍛える為には、そういった人の大衆心理すらもスルーしてしまう精神力が必要です。

人が心動かされる時は「希望」や「不安」など様々ですが、その感情の揺らぎを担うのが噂です。
これほどに人の心理を上手に操る物は存在しないといっても過言ではないでしょう。

しかし、洞察力が鋭い人はそういった確証もない他人の噂というものは取るに足らないものであるということを理解しているのです。
洞察力を鍛える為には、まずは他人の噂話に踊らされないということを意識すると良いでしょう。

洞察力を鍛える為には、人の噂話に耳を傾けずにまずは自分の足で動いて確認をしてみること。
物事の本質を見抜くためには、人の話よりも自分の直感や観察力が物を言うケースが往々にしてあります。

仕事においても同様です。取引先、同僚、上司、景気状況等様々な噂話が飛び交いますが、何が本当で何か嘘なのかを見抜くためには、リアルの声を聞くほかないということを洞察力が鋭い人は知っているのです。

物事の本質を見極める洞察力を鍛える為には、他人の噂話よりも自分の集めた確証で勝負できる人間になることが大切なのです。

洞察力を鍛える方法④故人・偉人に学ぶ

洞察力を鍛える方法の一つとして、故人や偉人に教えを乞うということも大切です。
歴史に名を残してきた人達は皆未来に挑戦し希望を見出し、今までの常識を覆してきた人たちばかり。
つまり洞察力に優れた人たちばかりと言い換えることが出来るのです。

その為、伝記を読んでその人柄や考え方から洞察力のヒントを得る、偉人の名言から物事の見方を考えてみるということが方法の一つとしてあげられます。

近年では、ビジネスで功績を遺した偉人たちの仕事術などが流行になることもありました。
ビジネスにおいても同様に、洞察力に優れ先見の目があったからこそ最先端の会社を作り上げた人たちが沢山いらっしゃいます。
そういったもうこの世にはいない偉人の人たちも洞察力を生かして生涯を生き抜いてきました。
彼らの洞察力を知る術は今や書物だけです。洞察力を鍛える為に、ぜひ故人や偉人の軌跡をたどってみましょう。

■参考記事:偉人のかっこいい名言はコチラも参照!

かっこいい言葉・名言まとめ!短い言葉から英語まで!

洞察力を鍛える方法⑤睡眠を取る

洞察力を鍛える上で意外と盲点なのが「睡眠をとる」ということ。
洞察力を鍛えるには物事を深く熟考し、本質を見極める必要があります。
しかしその熟考する為には脳が過労なく動く必要があるのです。
もちろん観察力や情報収集力・記憶力・集中力なども同様に脳が疲弊してしまっては上手く機能できません。
睡眠が足りてないということは、洞察力を衰退させているのと同じ意味なのです。

洞察力は起伏のない穏やかな心理状況と、疲弊していない肉体、さらに聡明な判断力が必要です。
これらを養う為にはまずは脳を休ませる事。つまり睡眠をとることが何よりも大切な事なのです。

集中力が足りない、物事を観察できない、なんだか疲れている。
そういう時は洞察力を鍛える事を意識する前に、まず睡眠をとりましょう。
「睡眠」という動作をしている間に肉体は回復し、脳内の情報は整理され、健全な心理状態へと導いてくれます。

洞察力は観察力・集中力・判断力のどれも欠かす事が出来ません。
それらをしっかりと活躍させるためにも、まずは体と脳をゆっくりと休ませましょう。

洞察力が鋭い人の心構え①流されない

高い洞察力を維持するために、大切なことは流されないことです。

人の噂話はもちろん。情報が錯綜しているインターネット、SNSなども同様です。
さらに、不用意に煽られる不安という感情にも流されないようにしましょう。
自分が確たる証拠と自信をつかんだ時に、動くということが大切なのです。

高い洞察力を維持するためには、不要な雑音(ノイズ)はシャットダウンしてしまうことが良いでしょう。

さらに、洞察力が高い人がいると不都合な人も実際に存在します。
本質に気づかれたくない人、仕組みに気づかれたくない人が存在するのです。
それはなぜか。自分が損をして害を被ってしまうからです。

そのような“本質を見抜かれては困る人”たちは危険因子を排除するために洞察力がある人に多くの情報という雑音(ノイズ)を与えることがあります。
しかし、そういった他者からの干渉も受けないほどに高い洞察力を身に着けて、他人に踊らされない自分を作っていきましょう。

洞察力が鋭い人の心構え②感情で動かない

高い洞察力を維持するために、大切な物ごとの判断をするときは感情で動かないことが大切です。
人の心理としても感情が大きく振れている時は正常な判断が出来ない時があります。
しかしそれは人間ですので致し方のないことです。

ですので、感情のみで物事を見極めたり大切な決定をするということを止める事を心がけましょう。

感情が大きく振れている時は洞察力が著しく低下している時であるということを知っているだけでも、物事の判断を延期したり、再考する気持ちが芽生えます。

感情的になることはいけないことではありません。しかし、洞察力が低下している状態で物事の決定を下すよりも、洞察力がいつも通りの冷静な状態になってから、行動を再開することが賢明といえるでしょう。

洞察力が鋭い人の心構え③立ち止まる勇気を持つ

洞察力が高い人の中でも、常に何か考えていないと気が済まない、不安になるという人もいます。
しかし、一度立ち止まって見るということも高い洞察力を維持するうえでは大切な事なのです。

脳が常にフル回転していると、疲弊してきます。そして、オーバーシュートしてしまうこともあるのです。
多角的に物事を見れない、近視眼的な物の見方しかできないという状況の時は一度立ち止まって洞察力の回復の為にリセットをかけるチャンスなのです。

立ち止まるということは他人に追い抜かれてしまうという恐怖に駆られることもあるかもしれませんが、実は後ろから追いかけてきているのは自分自身です。

鋭い洞察力を身に着けて、その状態を維持するためにも一度立ち止まって振り返り、自分自身や選択してきた事柄をゆっくりと確認して休養を取ることも大切であるということを忘れないようにしましょう。

洞察力を磨いて他人の先を歩こう

いかがでしたでしょうか。洞察力とは本質を見抜く力。
危険を回避し、他人から一歩先を歩いて様々なことに挑戦できる力でもあるのです。

様々な情報が次から次へと流れていく現代において、洞察力は大切な技術となってくるでしょう。
しかし洞察力は身に着けようと努力しない限り、中々自分自身の技術にすることはできません。
思い立ったが吉日とはよく言いますが、洞察力を鍛えたいと思った時がスタートするタイミングなのです。

自分の身を守るために。
仕事においてより活躍するために。
更には自分の守るべき人たちを守ることが出来るように。
洞察力を鍛えてこの情報社会の荒波を乗り越えていきましょう!

洞察力アップへ、もっと情報を知りたいアナタに!

感受性が強い人の11の特徴!
思いやりのある人の特徴9つ!思いやりの心を持つには?
励ます言葉9選!【仕事・病気】落ち込んだ時にNGの言葉は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ