逆恨みする人の心理・特徴13個!逆恨みされた時の対処法は?

逆恨みされたことがありますか?逆恨みとは、本当なら恨まれるはずの人が、逆にその相手を恨むこと。あるいは、いわれのない恨みを受けること、という意味です。逆恨みはとてもネガティブな感情なのです。今回は、逆恨みする人の心理・特徴、対処法をご紹介します!

逆恨みする人の心理・特徴13個!逆恨みされた時の対処法は?のイメージ

目次

  1. 怖い逆恨み
  2. 逆恨みする人の心理・特徴13個をご紹介!
  3. 逆恨みする人の心理・特徴①被害妄想が強い
  4. 逆恨みする人の心理・特徴②マイナス思考である
  5. 逆恨みする人の心理・特徴③人間の器が小さい
  6. 逆恨みする人の心理・特徴④自分の人生に満足していない
  7. 逆恨みする人の心理・特徴⑤人の悪口が好き
  8. 逆恨みする人の心理・特徴⑥頑固である
  9. 逆恨みする人の心理・特徴⑦責任転嫁
  10. 逆恨みする人の心理・特徴⑧ねちっこい性格
  11. 逆恨みする人の心理・特徴⑨高齢者である
  12. 逆恨みする人の心理・特徴⑩自分の非を認めない
  13. 逆恨みする人の心理・特徴⑪自分を客観視できない
  14. 逆恨みする人の心理・特徴⑫思い込みが激しい
  15. 逆恨みする人の心理・特徴⑬勘違いかも?
  16. 逆恨みされた時の対処法をご紹介!
  17. 逆恨みされた時の対処法①相手の言い分を聞く
  18. 逆恨みされた時の対処法②毅然とした態度をとる
  19. 逆恨みされた時の対処法③周囲を味方につける
  20. 逆恨みされた時の対処法④相手にしない
  21. 逆恨みされた時の対処法⑤遠ざかる
  22. 逆恨みされた時の対処法⑥警察に相談する
  23. 【まとめ】誰かに相談しましょう!

怖い逆恨み

逆恨みは、とても厄介な心理です。
逆恨みのターゲットになってしまうと、面倒なトラブルに巻き込まれたり、理不尽な攻撃を受けたり、ひどい時にはストーカーの被害者にすらなってしまうこともあるのです。
良かれと思ってやったことが、どういう巡り合わせか、相手にひどい誤解を与え、逆恨みの対象になることもあります。

逆恨みは、正当な理由がない分、とても怖い行動です。
うまい対策が考えられず、悩んでいる人も多いかもしれません。
よく新聞で見かけるストーカー事件など、典型的な逆恨みからの犯行であることが多いですね。
警察も事件になってから動くということもありましたが、最近では警察もきちんとストーカーの件で怖い事件になる前に幾らかは動いてくれるようになりました。

逆恨みする人の心理・特徴13個をご紹介!

一歩間違えば、ストーカーなどの犯罪へと発展しかけない逆恨み。
逆恨みする人は、基本的に心の弱い人間です。
現実にきちんと向き合うことができず、自分の心の負担を軽くするために、他人を無意味に恨むのです。
それでは、逆恨みする人は何を考えてそういう行動に出るのでしょう?
その心理と特徴に迫ってみましょう!

■参考記事:ストーカーになりやすい人の心理・特徴は?コチラも参照!

ストーカー気質のある男性の特徴7選!あなたの周りは大丈夫?

逆恨みする人の心理・特徴①被害妄想が強い

逆恨みする人は、被害妄想が強いという特徴があります。
誰かに責められているわけでも、嫌がらせをされたわけでもないのに、まるで自分が大きな被害にあったかのように思ってしまう傾向があります。

また、自分に非があったとしても、それを認めることができず、逆にひどいことをされたと感じてしまいます。
例えば、仕事で少し注意されただけで、「この人は自分のことを嫌っているんだ。」という被害妄想に陥ってしまいます。
ミスをしたのは自分なのに、そのことは棚に上げ、自分だけがひどい目に遭わされたと感じてしまうのです。

逆恨みする人の心理・特徴②マイナス思考である

逆恨みする人は、マイナス思考の持ち主ということが多いようです。
物事をネガティブな方向にしか考えることができず、前向きに捉えることができないということを意味します。
そこまで考える必要はないのに、というくらい悪い方へ悪い方へと考えてしまうのです。

例えば、電車に中で、誰かの肘がぶつかったとします。
相手はわざとぶつかったわけではないのに、「わざとぶつかった。ひどいことをされた。」と感じてしまうのです。
相手はまったく知らない人で、ただの偶然なのに勝手にひどいことをされたと思い込んでしまうのです。
普通であれば、「あ、ぶつかった。」とそれだけで終わるはずですが、逆恨みする人はそうではないのです。

逆恨みする人の心理・特徴③人間の器が小さい

逆恨みする人は、人間としての器が小さく、大きな心で物事を受け入れることができません。
例えば何か失敗をしたとしても、そのことを素直に受け入れ、対処しようとする心のキャパシティーが狭く、誰かに責任転嫁しようとします。
誰かのせいにして、失敗から発生するであろう負担を抱え込む勇気や、手痛い叱責などを受け入れる心の隙間がまったくないのです。

周りからすると迷惑千万な人ですが、逆恨みする人は、そうやって責任転嫁し、辛いことや苦しいことから逃れようとするのです。

逆恨みするということは、心が狭く物事を受け入れるキャパシティが小さいといことを意味するのです。

逆恨みする人の心理・特徴④自分の人生に満足していない

逆恨みする人は、自分の人生に満足して生きていないのでしょう。
いつも文句が多く、不満ばかり漏らして生きているため、小さなことでもブツブツ文句を言ったり、逆恨みしてしまうのです。
少なくとも、そこまで自分の人生に不平不満がなければ、いちいちイライラしたり、誰かを恨んだりすることはないはずです。

人生楽しいことばかりではなく、辛く苦しいことも多いでしょう。しかし、それが人生です。
辛いことや苦しいことばかりをぼやいていては先に進めません。
逆恨みしやすい人は、そのことが理解できていないため、自分の人生を幸せに生きていくことができていないのです。

逆恨みは、人生を幸福に生きていないということを意味しています。

逆恨みする人の心理・特徴⑤人の悪口が好き

逆恨みする人は、人の悪口が大好きという特徴があります。
しょっちゅう誰かを逆恨みしているので、悪口が常習化しているのです。
被害妄想が強く、いろんな人に対して恨みつらみが多いので、どうしてもマイナスな心理が口に出てしまいます。
人の悪口を言うことは、自分のはけ口を求めていると言うことを意味します。
悪口を言うことで、それに同調してくれる人間を求め、逆恨みの気持ちを満足させているのです。
悪口をいう相手もいない孤独な逆恨みする人は、誰にも鬱憤を晴らすことができず、ストーカーになってしまうこともあります。

■参考記事:女のストーカーもいる!コチラも参照

女ストーカーは怖い!男性を震え上がらせる恐さの特徴と対策!

逆恨みする人の心理・特徴⑥頑固である

逆恨みをする人は、とても頑固という特徴があります。
自分の意見や考えに固執し、他人の意見を聞こうとする気持ちがまるでありません。
良かれと思って意見しても、余計なお世話であると言った感じで、決して受け入れようとしないのです。
考えが、凝り固まっており、柔軟性がありません。
そのため、「自分は悪くない。悪いのは相手なのだ。」という逆恨みに発展してしまうのです。
逆恨みは、頑固であるがゆえに、他人の意見をはねつけるということを意味するのです。

逆恨みする人の心理・特徴⑦責任転嫁

逆恨みする人は、責任転嫁ばかりするという特徴があります。
自分が明らかに悪い場合でも、責任転嫁して自分を正当化しようとします。
自分は絶対的に正しいのだから、悪いのは相手であるという頑固な考えで、責任転嫁しようとします。
結果的に、自分に非があるようになったのは、相手が悪いのだという悲劇のヒロインのような心境になり、逆恨みに発展します。
無責任で自己中心的な性格ゆえ、相手の気持ちもわかりません。

逆恨みする人の心理・特徴⑧ねちっこい性格

逆恨みする人は、基本的に粘着質な性格の人が多いようです。
ねちっこい性格の人は、プライドも高く、頑固であり、ネチネチと自分の主義主張にこだわります。
ストーカーに多い怖いタイプです。
例えば、彼女に振られたり、好きな人に相手にされないのは、自分に非があるのではなく、相手が悪いのだという考えに凝り固まります。
いつまでもネチネチ考え、やがてそれが相手に対する怖いストーカー心理へと変貌するのです。
逆恨みのもっとも怖い典型です。

逆恨みする人の心理・特徴⑨高齢者である

逆恨みする人は、高齢者にも多く見られます。
高齢者の中には、歳を重ねていくにつれ、柔軟性のある考えが失われ、自分の考えに固執してしまう人もいます。
自分の信じてきたこと、経験してきたことを頑固に信じ、それを変えようとしたり、それに反する考えの人を逆恨みするのです。
それが怒りへと変わり、キレてしまう高齢者もたくさんいます。
自分は今までこれだけの経験を積んできたのだという強い自負がゆえなのです。
これは、ある意味高齢者のわがままのようなものかもしれませんね。

■参考記事:最近よく聞く「老害」って?コチラも参照!

老害とは?老害の特徴7選!

逆恨みする人の心理・特徴⑩自分の非を認めない

逆恨みする人の心理は、自分の非を認めないというところにあります。
人間は間違いを犯す生き物です。
どんな人間であれ、間違った判断を下したり、間違った行動をとるものです。
そして、そこから教訓を得たり、反省して、後の人生の役に立てるのです。
逆恨みは、そこから何の教訓も得ないということを意味します。
自分を非を認めないということは、自分以外の人間に非があるということばかりを考えるのです。

逆恨みする人の心理・特徴⑪自分を客観視できない

自分を客観的に見ることができる人は、決して逆恨みなどしないものです。

自分を客観的に見れない人は、自己評価がとても高い人であると言えるかもしれません。
「自分には素晴らしい能力がある、周りは自分より劣っている。」
「自分は失敗などしない。悪いのは、周りの人間である。」
そういった思い込みが責任転嫁につながり、他人を責め、逆恨みに発展するのかもしれません。
逆恨みは、自分に甘く自己の欠点を直視できないということを意味するのです。

逆恨みする人の心理・特徴⑫思い込みが激しい

逆恨みする人は、思い込みが激しいという特徴もあります。
相手の善意の言葉も、逆恨みする人にとっては悪意を意味するのです。
自分の優れた点ばかりを自己評価し、それに関係のない点を他人に指摘され、非難されたら、それだけで逆恨みしてしまうのです。
相手の言葉を素直に受け入れることができません。
「自分を見下している。」「バカにしている。」「自分に嫉妬している。」
そんな被害妄想が積もり積もって逆恨みに発展してしまうのです。

逆恨みする人の心理・特徴⑬勘違いかも?

まったく違う観点から、相手の被害妄想は、あなたの勘違いから生まれているかもしれないという考えもあります。
または、逆恨みしている人が、意思の疎通ができていなくて勘違いしている可能性もあります。
お互いの思い違いが原因で、「逆恨みされた。」「逆恨みされているかも?」という変なループが出来上がっているのかもしれません。

その原因は、きちんと話し合いをしていないせいです。
相手はあなたを誤解し、あなたも相手を誤解している可能性があります。
相手の逆恨みは、あなた自身の心が生み出している、ということを意味しているのかもしれません。

逆恨みされた時の対処法をご紹介!

逆恨みしている、逆恨みされている。
そこには様々な原因があります。そこをきちんと理解し、対処することによって、逆恨みからの被害をなくすこともできるでしょう。
逆恨みされた時の対処法をご紹介します!

逆恨みされた時の対処法①相手の言い分を聞く

逆恨みされた時の対策としては、相手の言い分を聞き、お互いの誤解を解くことです。
逆恨みの原因が、もしかしたら相手の思い違いとか勘違いである可能性もあるからです。
もっと公平で公正な対策かもしれません。
逆恨みしている人の意見をきちんと聞くこと、そして、自分の意見を率直に話し、お互いのわだかまりを取り除くのです。
決して感情的にならず、落ち着いて話を聞きましょう。
案外、大したことのないことが原因かもしれませんよ。

逆恨みされた時の対処法②毅然とした態度をとる

毅然とした態度をとる、という対策によって相手を萎縮させるということもできるかもしれません。
逆恨みに屈しない態度、自分は何も悪いことはしていない、という堂々とした態度でいれば、相手も物怖じして撃退できるかもしれません。
逆恨みしている相手は、あなたをナメているのかもしれません。
あなたが気弱な態度を取り続けると、向こうの思うつぼです。
ただし、毅然とした態度をとるという対策が、相手をさらに逆上させる可能性もあるので注意が必要です。

逆恨みされた時の対処法③周囲を味方につける

逆恨みされた時の対策として、周囲の人の話、第三者からの意見を聞いてみるというものがあります。
こちらに非がなく、明らかに相手が勝手に逆恨みしている場合、周囲の人間に味方になってもらうという対策によって、自分を守るのです。
もしかしたら、第三者が橋渡しとなって、逆恨みしている相手も冷静に物事を考え、頭を冷やしてくれるかもしれません。
しかし、この場合、逆恨みしている人が、「誰かにチクった。」などと思い込むかもしれません。
怖い結果にならないよう十分気をつけましょう。

逆恨みされた時の対処法④相手にしない

逆恨みされている時の対策として、相手にしないという考えもあります。
逆恨みを勝手にさせておいて、ひたすら無視するのです。
あなたが気にして相手にしているから、向こうもさらに感情がエスカレートしているのかもしれません。
感情がエスカレートすると、怖いストーカーへと変貌する可能性もあります。
もし、それでもわけのわからない逆恨みで、あなたに被害が及ぶようであれば、誰かに相談するか、ことが大きくなる前に警察か専門機関に相談に乗ってもらうようにしましょう。
怖い結果になる前に、状況を沈めておくことが大事です。

逆恨みされた時の対処法⑤遠ざかる

逆恨みしている相手は、あなたが目につくところにいるから、あなたを見るたびに気持ちが揺れ動くのです。
対策としては、なるべく逆恨みしている人から遠ざかり、目のつかないところへ逃げ込むことです。
あなたに非がないことはわかりますが、逆恨みの激しい人間は、あなたを見るたびに、腹が煮え繰り返るような気持ちになるかもしれません。
相手から離れ、相手を刺激しないことが大事です。
大きな怖いストーカーのような事件にならないようなるべく遠ざかりましょう。
時間が経つと、逆恨みしていることを少しづつ忘れてくれるかもしれません。

逆恨みされた時の対処法⑥警察に相談する

逆恨みがエスカレートし、あなたが怖いと感じたら、警察に相談するという対策も考えられます。
ストーカーのように怖い存在になってきたら、迷わず警察に相談しましょう。
大きな怖い事件になる前に、警察に助けを求めるのです。
ストーカーはしつこく、さらに頭の良い人も多いです。
太刀打ちできないこともあるので、対策は慎重にすることが必要ですね。

警察にはストーカーなどに対処してくれる課があると思います。
思い切って警察に駆け込むことも最優先のひとつかもしれません。
警察に行くのは勇気が必要ですが、ここは勇気を持って警察に駆け込みましょう!

【まとめ】誰かに相談しましょう!

逆恨みというものは、相手の病的な心理が原因です。
逆恨みの対策はなかなか難しいものです。
「そんなことで?」ということが原因の時も多く、下手をすると、ストーカーなどの大きな問題へと発展しかねません。
十分気をつけて、周囲に相談するなり、警察に相談するなりして、逆恨みから身を守ることが大事です。

逆恨み・ストーカーについてもっと情報を知りたいアナタに!

ストーカーになる心理と被害にあいやすい人の11の特徴とは?
ストーカーの対策方法!効果的な対策・NGな対策を解説!
ストーカー女の特徴9選!【恐怖】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ