指示待ち人間の特徴と原因!脱却方法は?

あなたの仕事場にも指示待ち人間っていませんか? 人から指示をされないと自ら動くことができないような人。 もしかしたら、ご自身がそうなってしまって悩んでいる人もいるかもしれませんね。 今回は、指示待ち人間の特徴と、脱却方法まで紹介させていただきます。

 指示待ち人間の特徴と原因!脱却方法は?のイメージ

目次

  1. 指示待ち人間とはいったいどんな人たち?!
  2. 指示待ち人間の特徴①物事を深く考えていない
  3. 指示待ち人間の特徴②仕事の本質をつかんでいない
  4. 指示待ち人間の特徴③仕事の全体像を理解していない
  5. 指示待ち人間の特徴④向上心がない
  6. 指示待ち人間の特徴⑤決断力や判断力がない
  7. 指示待ち人間になってしまう原因は?
  8. 指示待ち人間になってしまう原因①なんとなく仕事をしている
  9. 指示待ち人間になってしまう原因②仕事に対する情熱がない
  10. 指示待ち人間になってしまう原因③適職が他にあると感じている
  11. 指示待ち人間からの脱却方法はある?
  12. 指示待ち人間からの脱却方法①仕事の流れを意識する
  13. 指示待ち人間からの脱却方法②指示を受けながら自分でも考える
  14. 指示待ち人間からの脱却方法③責任感を養う
  15. 指示待ち人間は自分で考えるのが苦手…そこから始めよう!

指示待ち人間とはいったいどんな人たち?!

指示待ち人間という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
指示待ち人間とは、主に仕事の場で上司や先輩など周りからの指示をひたすら待っている人のことを言います。
仕事に来ているにも関わらず、自分から進んで仕事を見つけるのではなく、人から指示をされるのを待ち、人から指示を受けて初めて仕事を始めるのが指示待ち人間の大きな特徴です。
残念ながら、最近の現代社会ではこういった指示待ち人間が増えているということも社会問題となっていますよね。

では、そんな仕事場に存在する指示待ち人間たちには、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。
一言で「指示待ち人間」と言っても、その特徴をもっと掘り下げて観察すると、いろんな指示待ち人間の心理が見えてきます。
指示待ち人間を部下に抱えて悩んでいる人や、自分が指示待ち人間になってしまっているような気がする人はぜひ参考にしてください。
まずは、具体的な指示待ち人間の特徴を5つ紹介させていただきますね。

■参考記事:自分で考えない人、どうしたらいい?コチラも参照!

考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法!

指示待ち人間の特徴①物事を深く考えていない

指示待ち人間の特徴として、物事を深く考えていないということが挙げられます。
あまり物事を言及する癖がついていなくて、とりあえず言われたことに「はい」とか「そうなんだ」とそのまま受け入れてしまうのです。
だから、人の指示を先回りすることもできないし、指示を受けないと何をしていいのかわかりません。

こういった特徴のある指示待ち人間は、「この資料、こうなっていたけど、こうしてほしかった」などと訂正依頼をされても、自分で考えて仕事を遂行していないため、何がだめでなんでこれならいいのかというのが理解できません。
そのため、ミスが多いとか、言ったことを理解してくれないという評価を受けることも多くあります。

■参考記事:仕事で必要な想像力を鍛えるには?コチラもチェック!

想像力を鍛える方法!想像力が欠如している人と豊かな人の違いって?

指示待ち人間の特徴②仕事の本質をつかんでいない

指示待ち人間の特徴として、仕事の本質をつかんでいないということも挙げられます。
仕事の表面上しか見ておらず、その本質や本当の目的を考えることができないのです。
例えば、自分の仕事はこの資料を作ること、と思ったらひたすらその資料を作ることに尽力はしますが、その資料が一体何に使われて、その資料があることでこれからどんなプロジェクトが展開されていくのかなどは一切考えません。

指示待ち人間は、目先の自分の担当する仕事にばかり気を取られて、その先にある本質や本来の目的については発想すらしていないことも多くあります。
まったく根底から意識していないのです。

指示待ち人間の特徴③仕事の全体像を理解していない

同じように、指示待ち人間の特徴としてもう一つ挙げられるのが仕事の全体像を理解していないということです。
仕事の流れを理解せず、自分の担当以外の部分は興味がないため、知識がとぎれとぎれになってしまうのも特徴的です。

そのため、自分が何かの仕事をしてそれをそのあと受け取る人がやりやすいように自分なりに工夫するなどの発想も一切なく、とりあえず言われた仕事を終わらせるという行動を毎日繰り返すのです。

指示待ち人間の特徴④向上心がない

指示待ち人間の特徴として、向上心がないということも挙げられます。
向上心がある人は、「自分でできるようになりたい」とか「もっと責任のある仕事を任せてほしい」などという心理から、自分が頼まれた仕事以上のことをこなせるようになれるよう行動します。

逆に、向上心がない人は、そういったことには一切興味がないため、「自分で判断できるようになりたい」とも思わず、今のままでまったく構わないのです。
だから、自分で動けるようになろうとせず、ひたすら人からの指示を待ってしまうのです。

指示待ち人間の特徴⑤決断力や判断力がない

指示待ち人間の特徴として、決断力や判断力がないということも挙げられます。
仕事をしていくにあたって、本来であれば、一つの仕事をどのように進めていくか、だれがどの仕事のどれくらいのペースでこなしていけば納期に間に合うか、など細かい決断をしていかなければいけませんよね。

性格が優柔不断な人や、責任を負うことに恐怖を感じている人などは特に、こういった決断力や判断力に欠け、だれか自分以外のほかの人が決断してくれるのをとにかく待っているという傾向があります。

指示待ち人間になってしまう原因は?

仕事場の指示待ち人間の特徴について、紹介させていただきましたがいかがでしたか?
仕事においてひたすら指示待ちをしているというのは、若いころのアルバイトなどではまだいいにせよ、成人して正社員として働くのであれば、本来はあってはならないことです。
もしご自身やご自身の部下などが指示待ち人間の特徴をもっているのであれば、その状態から脱却し改善させていく必要があります。

では次に、指示待ち人間になってしまう原因についても詳しく考えていきましょう。
指示待ち人間はどのような原因で指示待ち人間になってしまうのでしょうか。
誰もが、指示待ち人間が仕事ができる人間だと思っているわけないのに、どうして指示待ち人間が生まれるのか、その原因を探っていくことが、指示待ち人間を脱却し改善する方法を探し出す糸口にもなります。
これから紹介する指示待ち人間になる原因についてもぜひ参考にしてください。

指示待ち人間になってしまう原因①なんとなく仕事をしている

指示待ち人間になってしまう原因として、「なんとなく仕事をしている」ということが挙げられます。
現代の社会人に多いのが、お金のために働いていて、特にやりたかった仕事でもなく、やりがいを感じているわけでもないため、とりあえず出勤してなんとなく仕事をして帰宅して、お給料日にお給料がもらえたらそれでいいという考え方の人です。
こういった人は特に会社での評価が欲しいわけでもありませんし、とりあえず何事もなくお給料をもらえたらそれでいいわけです。

だから自分の頭で考えず、なんとなく仕事をする癖がついてしまっているのです。
「この仕事をしておいて」と言われても、その仕事をする理由や、その仕事の後に待っているイベントなどを考える発想もありません。
そんな状態では、仕事のステップアップも望めませんし、当然ですが部下をもって指示をする立場になるなんて不可能です。

指示待ち人間になってしまう原因②仕事に対する情熱がない

指示待ち人間になってしまう原因として、仕事に対する情熱がないということも挙げられます。
今の50代くらいの管理職の人たちが新入社員だったころは、ちょうどモーレツ社員という言葉がはやったくらいに、「仕事に生活すべてをささげてこそ男である」とか「休日出勤が当たり前」「仕事中心の生活が美徳」という風に過ごしていきます。
そういった年代の人たちと相反するように、今は「ワークライフバランス」を大きく唱えられていて、「できれば提示で帰宅し、プライベートを大切にしたい」という気持ちを持っている人も多くいます。

仕事は仕事としてメリハリをつけてワークライフバランスを取ろうとしても、モーレツ社員だった人たちが新入社員にたいして「何がワークライフバランスだ、新入社員は終電逃してでも仕事をするべきだ」なんて押し付けるような仕事の風土が残っている会社もまだまだ存在します。
そんな職場になってしまうと、せっかく熱意をもって入社してきた社員たちも、情熱がどんどん薄れてしまうのは当然といえば当然ですよね。
こういった背景から転職率もどんどん増え、雇用や教育にかかるお金や時間の問題も発生し、教育に時間を割いてもらえずさらに指示待ち人間を増やす…という悪循環があるのです。

■参考記事:職場のゆとり世代とどう接するべき?コチラも参照!

ゆとり世代の特徴13選!ゆとりの新入社員を教育するには?

指示待ち人間になってしまう原因③適職が他にあると感じている

指示待ち人間になってしまう原因として、前述のような今の仕事に情熱を持っていない人たちは、「適職がほかにあるのではないか」と感じてしまうということも挙げられます。
適職は今の仕事ではない、ほかに適職があるはずだと感じてしまうと、人は今の仕事に対してどうしても情熱を持つことができず、まだ見ぬ適職のことばかり考えてしまうようになります。
その適職につくために、自分の適職を探したり、適職への転職活動を始めてしまうこともありますよね。

そうなると、実は非常に優れた能力を持っているのに発揮されず、適職を求めて退職されてしまうというケースもあるのです。
適職がほかにあると感じだした人は、その職場ではできる限り自分の力をセーブして、今後担う適職に対する自己研鑽ばかりするようになります。
そのため、適職がほかにあると感じているような人も、指示待ち人間になってしまう要素を持っているのです。

指示待ち人間からの脱却方法はある?

指示待ち人間になる原因について3つ紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
ご自身やご自身の部下に当てはまりそうな原因ンは見つかりましたか?
原因がわからないと、そこから脱却する方法や改善する方法もなかなか見つかりにくいため、まずは原因を探ることが非常に大切です。
逆に言えば、指示待ち人間になってしまった原因を知ることで、脱却して改善するための方法が見つかりやすいということなのです。

では、ここからは指示待ち人間から脱却し、その状態から改善していく方法について紹介していきます。
自分が指示待ち人間で、仕事をしている意味が見いだせないと悩んでいる人もぜひ参考にしてみてください。
もちろん、自分自身のことではなく、自分の部下や後輩が指示待ち人間で、対応に困っているという人も、この指示待ち人間からの脱却、改善方法をぜひ試してみて下さいね。

指示待ち人間からの脱却方法①仕事の流れを意識する

指示待ち人間からの脱却方法として、仕事の流れを意識するということが挙げられます。
どんな仕事でも、自分の後に続けてパスを受ける人がいるわけですよね。
自分がそれをして終わり、という仕事はほぼないはず。
例えば上司から「この資料を明日までに作っておいて」と言われたとして、その資料をあなたは作って終わりだったとしても、作った資料を受け取った上司が会議に持って行ったり、プレゼンしたりするわけですよね。
そういう風に、仕事はどんどんと流れていきます。

この仕事の流れを意識することで、自分自身の行動も大きく変わるということを覚えておきましょう。
自分の担当の作業をしながらも「次にパスする人がやりやすいように、自分はどうしたらいいかな」ということを意識するだけで、仕事の質というのは大きく変わってきます。
その心遣いや意識に気が付いた人たちからの信頼度も大きく変わりますから、その意識一つでその職場での仕事人生が大きく変わるといっても過言ではないんですよ。

指示待ち人間からの脱却方法②指示を受けながら自分でも考える

指示待ち人間かららの脱却方法として、指示を受けながらも自分でも考える癖をつけるようにしましょう。
例えば、指示を受けながら仕事をしていたとしても、指示をされる前に「今の状況であれば、これをしたらいいかな」というのを自分で考えてみるのです。
それを決断するのにはまだ勇気がいる…というのであれば、自分の中で指示された後に答え合わせをしてみましょう。
自分が考えていたことと、上司からの指示が一致するようになってきたら自分の中でも自信を持てるようになります。

その自信がついてきたら、少しずつ上司からの指示を待つのではなく、「これしておきましょうか」という風に自分から動くことができる人間に変わり、そこからステップアップすれば「これしておきましたよ」に変わります。
指示を出すまでぼーっと座っていた人間が、言ってもないのに「しておきましたよ」と言ってくれるまで成長すれば、それは大きな改善で、脱却成功と言えるでしょう。

指示待ち人間からの脱却方法③責任感を養う

指示待ち人間からの脱却方法として、責任感を養うということも大切です。
ミスをしても大した問題にならないような仕事ばかりこなしていたり、ミスをしても誰かが常に知らないところでカバーしてくれているような環境では、自分の頭で考えることも仕事の本質を考えることもできません。
自分の仕事に責任を持てるようになるためには、ある程度その環境も大切です。

もし部下が指示待ち人間で悩んでいるという場合であれば、あえて何かのプロジェクトのオブザーバーなどちょっと責任のある仕事を任せてみましょう。
いきなりだと相手も戸惑うかもしれませんが、自分で考え、責任を感じる環境をあえて作り出すのです。
そうすることで、仕事の一つ一つの大切さやそれをミスした時に、小さなミスがどれだけ大きなミスにつながるのか、ということにも気が付くはず。
そうなれば、視野が広がり、指示待ち人間を脱却する第一歩になりますよ。

■参考記事:責任感が強い人にはどんな特徴が?コチラもチェック!

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

指示待ち人間は自分で考えるのが苦手…そこから始めよう!

指示待ち人間からの脱却方法や、改善の方法について紹介指摘kましたがいかがでしたか?
指示待ち人間を改善するには、ほんの少しの意識の違いや、仕事の与え方の違いで改善することができます。
その小さなきっかけで指示待ち人間が改善されるのであれば、ぜひ意識して取り入れてみたいと思いませんか?
ご自身が指示待ち人間で悩んでいる人も、ちょっとした意識で改善されると知っていただいて少しは心が楽になったのではないでしょうか。

指示待ち人間は基本的に自分で物事を考えたり、最終決断を下すことが苦手です。
その背景には、今回紹介してきたような特徴があるから。
それを脱却し、改善していくためには、日ごろ自分の頭で考えることが大切です。
上司から何か指示された時でも、どうしてこの仕事をするのかな?という意識を持つことで今後の仕事の姿勢が大きく変わります。
指示待ち人間を脱却するためにも、まずは自分の頭で考えてみるということから始めていきましょう。

デキる仕事の仕方についてもっと情報を知りたいアナタに!

段取り力を高める方法9選!仕事の効率を上げるポイントとは!
仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ