妊娠初期に気をつけること一覧!食事などの注意点まとめ!

妊娠初期は気をつけることがたくさん。妊娠初期は特に流産の危険性が高い時期、安定期に入るまでは行動や食事に気をつけることが大切です。健康な赤ちゃんを生めるように妊娠中の運動の注意点、食事の注意点を細かくチェック!健やかな妊娠生活を送りましょう。

妊娠初期に気をつけること一覧!食事などの注意点まとめ!のイメージ

目次

  1. 【妊娠初期の注意一覧】妊娠初期に気をつけることとは?
  2. 【妊娠初期の注意一覧】妊娠初期の期間ってどのくらい?
  3. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること①禁酒
  4. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること②禁煙
  5. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること③カフェイン
  6. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること④貧血
  7. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑤ビタミンA
  8. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑥トキソプラズマ
  9. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑦リステリア菌
  10. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑧水銀中毒
  11. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑨つわり
  12. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑩締め付けない服装が◎
  13. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑪負荷の高い運動
  14. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑫性交渉は清潔に
  15. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑬葉酸を摂取しよう
  16. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑭少量の出血
  17. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑮仕事
  18. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑯2人目妊娠の場合
  19. 【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑰産婦人科で相談
  20. 【妊娠初期の注意一覧】まとめ

【妊娠初期の注意一覧】妊娠初期に気をつけることとは?

妊娠が判明したときから、約9か月大切に大切に赤ちゃんをお腹で育てていくママ。
それは幸せだけど、大変な事だと思います。
妊娠中は1人1人が全く違う。

ずっと楽に問題なく出産を迎えられるママ。
妊娠初期からひどいつわりに悩まされて出産するころにはヘロヘロのママ。

それこそまさに十人十色です。

でも、一つだけ絶対的な共通点が...
それは

「妊娠初期は一番大切な時期である」

ということ。
いつも何気なくしている体勢や行動も、実は妊娠初期の体には負担になっていたり、知らず知らずのうちに、いつもの食事がお腹の赤ちゃんをリスクにさらしている事だってあります。

妊娠初期の赤ちゃんはまだまだ人の形をしていません。
細胞分裂をして信じられないスピードで心臓を作り、内臓を作り、人間になっていきます。
そんな妊娠初期は、赤ちゃんが体を作る最重要な時期。
安定期に入るまでは特に、食事にも行動にも気をつけることがあります。

そんな妊娠初期~妊娠全期間において注意したいことを一つにまとめたので、ぜひ参考にしてください。

【妊娠初期の注意一覧】妊娠初期の期間ってどのくらい?

赤ちゃんにとって一番大切な妊娠初期の期間。
「妊娠初期」は妊娠4週間~15週間を指します。

つまり、妊娠初期は妊娠4か月までの事を指します。
ちなみに、妊娠4週間未満は「妊娠超初期」と呼ばれます。
妊娠0日は最終月経がはじまった日を表しますから、まだ妊娠していない状態です。
そこから受精し、着床し、妊娠にいたるまでの期間を、医学上ではすべて妊娠期間に含めるので、実際赤ちゃんがお腹にいないときから妊娠日数を数えることになります。

ちょっと面白いですね。

出産するまでの期間を日本では「十月十日(とつきとおか)」とよく言います。
これは妊娠超初期の0日目から表す言葉ですから、実際の体感としては妊娠期間は9か月と考えた方が良いでしょう。
実際、海外では妊娠期間は「9か月」と言い、妊娠から出産までのドタバタを描いた「9か月」というタイトルの映画もあります。

妊娠5か月に入ると一般に「安定期」といい、何も問題がない妊婦さんはこれで一安心。
安産祈願詣でに行き、腹帯をもらう運びになります。
ここで、ようやく周りの人に妊娠したことを伝える人も多いようです。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること①禁酒

それでは、妊娠したらお腹の赤ちゃんのために、何をどう気をつければよいのでしょうか?
一つ一つ、具体的に見ていきましょう。

まず、妊娠が分かったら気を付けてほしいのが「飲酒」
お酒が好きな妊婦さんなら、美味しい食事には美味しいお酒を飲みたくなるのではないですか?
でも、そのお酒がもし、お腹の赤ちゃんに危害を与えているとしたら?

妊娠初期は赤ちゃんに酸素と栄養を送る胎盤が形成される頃。
胎盤を通じて母体から赤ちゃんに栄養を送るのですが、アルコールも例外なく送られます。
アルコールを分解できる内臓機能もまだ発達していないため、「胎児性アルコール症候群」になり、発育不良や流産のリスクがあがります。

日本産婦人科学会では一日に350mlのビール1缶なら問題ないとしていますが、しっかりした基準や、信頼できるデータが存在しないのが現状。
というのも、アルコールに対する分解能力が人によってまちまちなように、胎児によっても違うと考えられるからです。
妊娠中はアルコールは控えた方が賢明でしょう。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること②禁煙

タバコのニコチンは吸う人にとっても有害ですが、ニコチンもまた、胎児に多大な影響を与えるものの一つです。
1日に1杯程度なら許容範囲と曖昧ながら、完全禁止する必要のないアルコールと違い、タバコは絶対悪。
赤ちゃんにも「百害あって一利なし」です。

妊娠を機にぜひやめてほしいところですが、せめて妊娠期間中は喫煙行動を控えましょう。

妊娠期間にタバコを吸うと流産のリスクが2倍に跳ね上がります。
また、低体重や死産の危険性もあり、胎盤を通じて胎児にニコチンが運ばれるので、非喫煙者の子宮の中の環境と比べて喫煙者の子宮の環境は悪いと言わざるを得ません。

生まれてからも喘息や、乳児突然死症候群、ADHDとの関連性がささやかれています。
パパが喫煙者のママも要注意。
副流煙だって胎児に影響が出ます。

赤ちゃんにはきれいな住環境(子宮)の中伸び伸びと育ってほしいですよね。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること③カフェイン

妊娠したらコーヒーをやめる!

それはコーヒーに含まれるカフェインが胎児に影響するためです。
カフェインは脳の血管を収縮させ、低酸素状態を作ります。
そのため、低酸素脳症で生まれるリスクや、妊娠初期には流産の関連性も叫ばれています。

ただ、カフェインはコーヒーだけに含まれているわけではなく、緑茶や紅茶、コーラや栄養ドリンクなど、いろいろな物に入っていますから、少し食事にも気を付けてください。
食事中にはカフェインフリーのルイボスティーや麦茶に替えてみるなど、ちょっとした工夫でOK。

ただ、カフェインも1日100mgくらいなら心配ないようですから、コーヒー好きのママさんは、緑茶をルイボスティに替えるなどして他のカフェインをやめ、1日1杯のコーヒーを楽しむという考えもあります。
ストレスをためすぎることもよくないので、無理にやめることはありません。

■参考記事:妊娠中にコーヒーはダメ?コチラも参照!

妊娠初期のカフェインの影響は?妊婦はコーヒーに注意すべき?

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること④貧血

妊娠初期からお腹の中では赤ちゃんのために大工事が行われています。
子宮は大きくなり、胎盤が作られ、赤ちゃんが住みやすく、栄養が行きわたるようにママの体もどんどん変わっていきます。
そこで一番必要になるのが「鉄分」

日本人の成人女性はもともと貧血気味の人が多いので、妊娠初期から貧血にならないよう、食事に気をつける事が大切です。

妊娠初期から中期、そして後期になるとどんどん体内の血液量が増えていきます。
これは出産準備のためなのですが、血液量が増えても、鉄分の量が増えなければ、どんどん血液は薄くなっていきます。
「中身のない血液」です。

これが貧血状態。
貧血状態では赤ちゃんに十分な栄養も、酸素も与えられませんから、低体重・低酸素脳症などリスクがあがるうえ、出産時に母体が大出血をおこし命を落とすことにもなりかねません。
妊娠後期には妊娠していないときの2倍以上の鉄分が必要になります。
貧血は妊娠初期のうちからしっかり対策することが大切。
しかも、貧血は体力を奪いますから、疲れたら楽な体勢で休むことも大切。立ち眩みしてこけてしまったら危ないですからね。

また妊娠後期になって貧血が治らなければ鉄剤の注射や点滴に通院することになります(下手したら入院)

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑤ビタミンA

さて、貧血の話が出ましたが、貧血予防に真っ先に頭に浮かぶ食事は何でしょう?
多くの人が

「貧血にはレバーを食べる」

と答えると思います。
でもこれは、妊娠期間中に関しては間違いです。
確かにレバーには豊富な鉄分が含まれており、優秀な貧血予防の食事ですが、レバーの中にはこれまた豊富に「ビタミンA」が含まれています。

ビタミンAは足りないと夜盲症になるなど、いろいろな弊害が起きますが、妊娠中に多く摂ると奇形の胎児が生まれます。
特に妊娠初期は胎児が体の器官を作っている大切な時。
ビタミンAの影響をもろに受けてしまいます。

妊娠していない人が、普段の食事でビタミンAを過剰摂取することはあまり考えられませんが、妊婦で、しかも貧血対策の食事中心にすると危険です。
動物性鉄分はビタミンAも多く含まれるので、植物性の鉄分を多く摂りましょう。

ちなみにビタミンAの摂取量上限は2500μg以上です。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑥トキソプラズマ

愛猫家のママさんはちょっと注意が必要です。
猫は「トキソプラズマ」という寄生虫を持っている場合が多いのですが、そのトキソプラズマに妊婦が感染すると、胎児に影響が出ます。

妊娠初期には流産のリスクも高まりますし、中期から後期になると胎児がトキソプラズマの感染リスクにさらされます。
胎児が感染すると「先天性トキソプラズマ症」といって低体重、水頭症、頭蓋内石灰化、精神機能・運動機能に障害が出ると言われています。

トキソプラズマは猫だけでなく、火が十分通っていない肉を食べる、もしくは触った手で口に触れることで感染することもあります。
ただ、犬などネコ科以外の動物から人にはなぜか感染しにくいようです。

産婦人科の検診でトキソプラズマの抗体をついでに調べることもできますから、もし、抗体を持っていないのであれば、飼い猫と距離を置く、猫の餌に火の通っていないものはあげない、外に出さないなどの行動をとりましょう。

一度感染していて抗体のある妊婦さんは大丈夫です。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑦リステリア菌

食中毒の「リステリア菌」にも要注意です。
リステリア菌は主に生肉についている菌で、しっかりと火を通さないと食中毒を起こします。
特に妊婦はリステリア菌に感染するリスクが高く、胎盤を通して胎児にリステリア菌を引き起こします。

胎児にリステリア菌が感染してしまうと、流産や死産、また髄膜炎、肺血症などを発症し、大変危険です。

リステリア菌を予防するには、肉にしっかり火を通すことは必須ですが、肉だけでなくチーズや生ハム、スモークサーモンにもついている場合があります。
妊娠中は火が通った食品だけを食べる方が良いでしょう。

また食事だけではなく、土にもリステリア菌が潜んでいます。
ガーデニングが好きな人は必ず手袋をする、手をよく洗うなどしっかりと対策しましょう。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑧水銀中毒

食事に関してもう一つ、注意点があります。
魚は栄養価が高く、妊婦にはおすすめしたい食品なのですが、大きな魚、例えばマグロやマカジキなど食物連鎖の頂点にいる魚は水銀汚染が高く、食事の際は避けた方が良いとされています。

厚生労働省から妊婦が魚を食べるときの注意がパンフレットになって出ているので、チェックしてみましょう。
HPからPDFを開くこともできます。

魚による水銀中毒のリスクは妊婦ではなく、胎児です。
水銀は神経系が影響を受けるので、胎児の発達にもかかわってきます。
胎児は体内に取り込んだ水銀を輩出することができないので、母親が食事に気をつけるしかありません。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑨つわり

妊娠中はいろいろな心配や不安がありますよね。
つわりもそのうちの一つ。
つわりだけは、ママの体質や、1人目はつわりがなかったけど、2人目はつわりがひどいなど、なかなか予測ができず、また予防策もありません。
しかもいつ気分が悪くなるか分からないので、行動が制限されます。

ただ、つわりが始まると胃のむかつきや疲労感に襲われますから、なるべく行動的にならず、ストレスをかけないようにゆっくりと過ごすことが大切です。

胃のむかつきのため、食欲が落ちる、嘔吐のために脱水症状になることがありますから、つわりの間はなるべく多めに水を飲みましょう。
また、貧血を起こすことも考えられますから、なるべく鉄分の多い食事を心がけること。

つわりで気持ち悪くなったら横になる、椅子に座るなど楽な体勢をとりましょう。
少し体勢を変えて一番自分が楽な体勢を探すことです。
楽な体勢が分かると、気分が悪くなるときにその体勢をとることで過ごしやすくなります。

妊娠初期は行動派女子も、行動派を封印してちょっと家でゆっくり体を休ませるほうがよいですね。

■参考記事:妊娠初期のつわりについてはコチラも参照!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑩締め付けない服装が◎

妊娠初期はまだまだお腹の大きさは目立ちません。
お腹のふくらみがはた目から見て分かり始めるのは、妊娠中期に入ってから。
お腹がふくらんでいないので、マタニティ服を着る必要はありませんが、妊娠すると体が過敏になっている上、つわりもあります。

お腹は大きくないとはいえ、お腹の中の胎児は日々大きく成長していきます。
普通の下着に普通の服も問題ありませんが、スキニーデニムやコルセットなどお腹周りを締め付ける服装選ぶ行動はやめておきましょう。

血流が悪くなって、つわりがひどくなったり、締め付け感でゆっくりとした体勢を取ることができず、疲労が増すことも考えられます。
妊娠が分かったら少しお腹周りがゆっくりしているものを選んで身に着けましょう。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑪負荷の高い運動

ちょっと注意してほしいのは、日頃から負荷の高い運動をしている人。
マラソンや激しいエアロビクスのような運動、器具を使ってのトレーニングなどの運動は妊娠初期には流産のリスクが高まります。
健康な妊娠状態の場合、運動に関してはそこまで自制することはありませんが、運動でお腹に負荷がかかると、赤ちゃんに負担をかけるのはやめた方が賢明です。

それでも日頃から運動をたしなんでいる人にとって、妊娠したからと言って運動ができない状態が続くとストレスでかえって母体、子供両方のためによくありません。

妊娠中におすすめの運動はウォーキングです。
有酸素運動で体に良い運動ですが、赤ちゃんへの負荷は少なくて済みます。
ウォーキングと同じようにヨガやスイミングは有酸素運動ですが、ヨガやスイミングは安定期に入ってから、運動してよいのかお医者様と相談してください。
ただし、運動中はこまめな水分補給を忘れずに。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑫性交渉は清潔に

妊娠したら性生活はお休み?
という疑問ですが、性交渉自体は妊娠に影響ありません。
むしろ、子供を迎えるパパとママの間が良好な事はとても良い事です。

ただ、妊娠初期の間は性交渉もあまりアクロバティックな事はせず、女性の体が楽な体勢で行いましょう。

妊娠すると、体が敏感になっていますから、胸がはって痛い、違和感があるや、感じ方の違いもあるので、夫の理解と、無理な体勢を取らない事が原則です。
性交渉中に気分が悪くなることも十分考えられますから、我慢をせず、夫婦できちんと話し合い、気分が悪くなるようであれば、その時は少し性交渉をお休みしましょう。

また、妊娠中は体が過敏なうえ、免疫力もおちてしまうので、感染症には要注意です。
妊娠しているからゴムは使わなくていいという考えもありますが、それよりも衛生面を考えてゴムを使用してもらう方が良いでしょう。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑬葉酸を摂取しよう

妊娠期間中、胎児の成長に欠かせない栄養素が「葉酸」です。
葉酸は赤ちゃんにとってとても大切な栄養度。
特に、赤ちゃんが臓器を作っている期間にはなくてはならない栄養素です。

もともと葉酸が不足気味の食生活をしているひとは、特に妊娠した段階でしっかり葉酸を摂っておく必要があります。
葉酸が足りなくなると、しっかりと体の機能を作ることができずに「神経管閉鎖障害」を引き起こしてしまいます。
これは脳、または脊椎の未発達の事で、「無脳症」になれば流産や死産になってしまいます。

食事で十分な葉酸を摂ることが難しいのであれば、葉酸サプリを活用することで、胎児の健康を守ることができます。

■参考記事:葉酸はいつからいつまで摂るべき?コチラもチェック!

妊婦は葉酸をいつからいつまで摂るべき?おすすめサプリや食べ物は?

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑭少量の出血

妊娠初期には少量の出血を伴うことが良くあります。
少しでも血がついていると、流産の危険を疑って怖くなってしまいますが、少量の出血であれば全く問題ありません。
というのも、妊娠初期の段階では出血することがよくあるからです。

妊娠初期は少し下着に赤く血がついているという事は当たり前。
それよりも気にしないといけないのはお腹のハリです。
出血があって、下腹部にハリ、もしくは痛みを感じる場合は流産の危険がありますから、お医者様に受信しましょう。
心配するよりも、行動して診察してもらう方が気が楽になりますよね。 

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑮仕事

仕事をしている女性にとって妊娠初期はリスクが高くなる状況が多いですよね。
例えば仕事に使う通勤電車や、仕事中のつわりなど。
妊婦さんが仕事をこなすのは大変です。
そのため、仕事環境での周りのサポートはなくてはならない物。

妊娠してからも仕事を続ける人は、上司や同僚に妊娠したことを報告し、仕事をするスタイルに理解を求めましょう。
特に

妊娠初期は疲れやすいため、仕事中も体が硬くならないように体勢を変え血流をよくする。
仕事中につわりを感じないためにいつでも口に入れられる小さなチョコや飴、ガムなどを用意しておく。
疲れたら楽な体勢で少し休む。
仕事は通勤時間を避け、フレックスに変えてもらう(できるなら)

などは仕事の仲間の理解が必要ですよね。
つわり対策として仕事中にマスクをつけて匂いを遮ることや、仕事のお昼休みは楽な体勢になって少しお昼寝をするなども、仕事中に体を休める良い方法です。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑯2人目妊娠の場合

初めての妊娠で右も左も分からない状態も大変ですが、実は2人目妊娠も大変です。
特に2人目妊娠が年子など年が近い場合は、子育てをしながら2人目を妊娠中ということになります。
まだ、妊娠初期では2人目の存在にヤキモチを焼くことはないかもしれませんが、お腹が大きくなるにつれて1人目の子が2人目にヤキモチを焼き、赤ちゃん返りしてしまうこともよく聞きます。

そういった意味では2人目の妊娠が大変というよりも、育児の仕事に手がかかるので、ママはとても疲れると思います。
2人目妊娠では、上の子供がいるのであまり体を休めることも楽な体勢で横になることもままなりません。
2人目妊娠は実は1人目よりも育児とセットで大変なのです。

2人目妊娠では上の子どもを抱っこすることもよくありますよね。
重いものを持っちゃいけないと言われる妊娠初期も、2人目になるとそうも言っていられません。
ただ2人目妊娠中は、夫からのサポートがとても重要。
2人目妊娠中に無理してしまって、ママが入院!ということにもなりかねません。
それだけ子育て中の2人目妊娠は大変なのです。
2人目妊娠中は上の子が寝ている時に一緒に寝るなど、少しでも横になって楽な体勢で休むことがとても大切です。

【妊娠初期の注意一覧】気をつけること⑰産婦人科で相談

ここまでいろいろと妊娠中の行動&食事の注意をまとめてきました。
でも一番の基本は、何か心配事があったときには「産婦人科でちゃんと相談」することです。

分からない事だらけの妊娠期間。
妊娠すると、最低4週間に1回は健診に行くのですから、その時にお医者様に質問することが一番です。

産婦人科の受診のポイントとしては、体調が悪くなった時に

・いつ
・どこで
・何をしている時に体調が悪くなったのか

など具体的な方が先生も状況を把握しやすいので、きちんと頭の中でまとめておきましょう。

【妊娠初期の注意一覧】まとめ

妊娠初期の注意点は細かく見ていくとこんなにたくさんあります。
でも、注意点ばかりに目が行くと、つい不安になってしまいますが、注意もストレスになっては意味がありません。
妊娠初期に一番大切な事は、体が疲れたときに「楽な体勢で休む」こと。

妊娠する前よりも行動は制限されてしまいますが、行動制限もみんな生まれてくる赤ちゃんのため。
後悔先に立たず。

赤ちゃんや母体に優しい行動をとって、自分にあまり無理をさせないこと。
妊娠したら一度食生活も見直して、葉酸や鉄分を多めに摂るようにしてください。
一つ一つのこういう行動が、健やかな赤ちゃんの出産につながるのです。

妊娠初期の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠初期の過ごし方!生活や仕事での注意点まとめ!
妊娠初期におすすめのストレッチは?運動の影響も解説!
妊娠初期の胃痛がキリキリする!原因と対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ