自虐的な人の心理7選!上手な付き合い方も解説!

あなたの周りに「自虐的な人」はいませんか?謙遜に留まらず、自己否定をくり広げる人達です。謙遜ならともかく、行き過ぎた自虐は周りの人を苛立たせ、疲れさせてしまいます。自虐的な人はなぜ自虐してしまうのでしょうか?自虐的な人との上手な付き合い方も解説しています。

自虐的な人の心理7選!上手な付き合い方も解説!のイメージ

目次

  1. 自虐的な人の心理7選!上手な付き合い方も解説!
  2. 「自虐的」の意味は?「謙遜」との違い
  3. 自虐的な人の心理とは? 7選
  4. 【自虐的な人の心理】①構って欲しい
  5. 【自虐的な人の心理】②笑いを取りたい
  6. 【自虐的な人の心理】③場を和ませたい
  7. 【自虐的な人の心理】④精神的な負担を減らしたい
  8. 【自虐的な人の心理】⑤ナルシスト
  9. 【自虐的な人の心理】⑥自分に自信がない
  10. 【自虐的な人の心理】⑦人並では満足できない
  11. 自虐的な人との上手な付き合い方 タイプ別3選
  12. 【自虐的な人との付き合い方】①ほどほどの距離を保つ
  13. 【自虐的な人との付き合い方】②「自分に厳しい」で褒める
  14. 【自虐的な人との付き合い方】③迷惑であると伝える
  15. 自虐的な人との付き合い方における注意点
  16. 自虐的な人の心理7選!上手な付き合い方も解説!

自虐的な人の心理7選!上手な付き合い方も解説!

あなたの周りに「自虐的な人」はいませんか?

自虐的な人とは、何事もマイナスな性格、特に自分を貶める性格です。
何かと自信を無くし、自分の容姿や性格を否定したり、失敗すればすべて自分の責任だと思いこんだり…。
とにかく自己否定をするという特徴があります。

謙遜は美徳とされるのが特徴の日本ですが、行き過ぎた謙遜は自虐となり、
自虐的な発言を聞かされた相手を困らせます。

たとえ自虐通りであっても「そんなことないよ」と慰めてあげた方が良い場面なのか、
はっきりと真実を伝え、プラス思考ができるように助言するべき場面なのか、

自虐的な人の性格や特徴よって正しい対応は様々。
正しい対応をしなければ、余計に落ち込ませたり、場合によっては逆切れさせてしまい、空気を悪くしてしまうことさえあります。

相手の自虐的な発言の裏にある心理を読み取って、性格や特徴に合わせて正しい対応をしなければならないというのは、正直とても面倒ですよね。

自虐的な人とは距離を置くのが手っ取り早いのです。しかし、仕事関係や学校関係での知り合いであれば、そうはいかないことも多々あります。

どうしても離れられない関係の人が自虐的な人であった場合、
どのような付き合い方をすれば上手くいくのでしょうか?

自虐的な人との上手な付き合い方で大切なのは、
自虐的な人がどのような心理や性格をもってして、自虐的な発言をしているのか、自虐的な発想に至るのかを知ることです。

自虐的な人の心理にも、いくつか特徴やタイプがあります。
あなたの知り合いの自虐的な人がどのタイプに当てはまるかで、おおよその上手な付き合い方が見えてきます。

自虐的な人の心理や性格、特徴とは、基本的に変えようと思っても変えられないものです。

自虐的な人の発言を真に受け続けるのは、あなたにとってもマイナスなこと。

親友でもない人のために心を砕いたり、イライラとストレスが溜めたり、
自虐的な方向へ引きずられて自分まで自虐的な性格になってしまったりするかもしれません。

自虐的な人との上手な付き合い方を身につけて、ほどほどに自虐に付き合い、さらりと受け流せるようになりましょう。

「自虐的」の意味は?「謙遜」との違い

自虐は、「自分を虐める」と書きます。意味をほぼそのままです。

自虐的とは、自分を苦しめたり、自分を責めたり、何かと自分を貶めることを意味しています。物理的に苦しめる意味はもちろん、精神的に苦しめるという意味も含んでいます。

謙遜と少し意味が似ている気がしますね。ちなみに謙遜とは、遜(へりくだ)ること・控えめな態度を意味しています。

意味の部分だけをみると、自虐的も謙遜もどちらも「自分を下げている」という意味で、近しい印象を受けます。

意味はよく似ている自虐と謙遜ですが、この2つには大きな違いがあります。
「どんなときに出るか」「自分下げの度合い」「言葉選び」などです。

自虐的は、失敗したり本人に何か思うところがあったりした時に、あらゆる否定的な言葉で過剰な自分下げをすること。
謙遜は、相手に褒められたときに、自分を過小評価すること。

謙遜は褒めたときにだけ出ますが、自虐はいつ出てくるか分かりません。

「自分下げの度合い」「言葉選び」次第では、謙遜が自虐になってしまうこともあります。

相手に褒められたときに出た謙遜であっても、過小評価におさまらず、あらゆる否定的な言葉で過剰な自分下げをしてしまえば、それは自虐になります。

行き過ぎた謙遜は自虐になるとはこういう意味です。

褒めた相手が「褒めた側の立場がないじゃないか」と思えるほどの謙遜具合であれば、それは自虐になってしまいます。

自虐的な人の心理とは? 7選

自虐的な人との上手な付き合い方で大切なのは、
自虐的な人がどのような心理をもってして、自虐的な発言をしているのか、自虐的な発想に至るのかを知ることです。

自虐的な人の心理にも、いくつか特徴やタイプがあります。
あなたの知り合いの自虐的な人がどのタイプに当てはまるかで、おおよその上手な付き合い方が見えてきます。

自虐的な人の心理のタイプの見分け方は2つ。

自虐的な人の心理タイプ①自分に自信があるかないか

自虐的な人本人の考え方から見分ける方法です。
自分に自信がある人は、自分を自虐的な発言通りだとは思っていないのが特徴です。

「自分は可愛くない」「自分は仕事ができない」という自虐的な発言の裏腹には、「私は結構かわいいほう」「私はあの子よりは仕事ができる」という自己肯定的な心理・性格を隠し持っています。

一方で自分に自信がない人は、何らかのトラウマやコンプレックスを抱えており、心から自分は自虐的な発言通りの人間だと思い悩んでいるのが特徴です。実際に自虐的な発言通りの人間かどうかは関係ありません。

自虐的な人の心理タイプ②人並のポテンシャルがあるかないか

こちらは、他者の評価から見分ける方法です。

人並のポテンシャルがある人は、自分に厳しかったり理想が高かったりするだけで、実際には自虐的な発言通りの人間ではないことがほとんどであるのが特徴です。

「仕事が上手くいかない」と自虐をしていても、世間一般的には十分成功していたり、「私はブスだ」と自虐していても、世間一般的には普通に可愛かったりします。

人並のポテンシャルがない人は、本当に仕事ができないからこそ「私は無能だ」と悩み、その点についての自虐を繰り返しますし、お世辞にも美人ではないからこそ「私はブス」と悩み、やはりその点についての自虐を繰り返すのが特徴です。

【自虐的な人の心理】①構って欲しい

自虐的な人の心理①は「構って欲しい」です。

大抵の人は、自虐的な発言をした相手を気の毒に思い、励まそうとしますよね。相手が自虐した部分を褒めることで、その自虐を一生懸命に否定してあげる方が多いと思います。

「構って欲しい」という心理を持つ自虐的な人は、自虐的な発言をすれば、相手が優しくしてくれる・褒めてくれることが分かっていて言っているのが特徴です。

この心理を持つ自虐的な人は、自虐的な発言をする相手をよく見極めているか、自分に相当な自信があるか、どちらかが心理の根底にあります。

自虐的な発言をする相手をよく見極めている人は、相手が励ましたり慰めたりしてくれる優しい人柄でなければ、自虐的な発言はしません。

自分に相当な自信がある人は、自虐的な発言をしても相手が褒めてくれるのが当然だと思っています。このタイプは、自虐的な発言に「本当にその通りだね!!」と返すと、性格上逆切れしたり拗ねたりしてしまいます。

「私って本当にブス」と言えば、「そんなことないよ、可愛いよ」と返ってくる。
「私はなんて無能なんだろう」と言えば、「あなたはとても頑張ってるよ」と返ってくる。

相手が慰めてくれる・褒めてくれる言葉を引き出すため、つまり相手に構ってもらうために、
相手の同情を引ける自虐的な発言・行為をしているのです。

コンプレックスが根底にある自虐とは違い、「構って欲しい」という心理からの自虐は、そこまで自分が自虐的な発言通りだとは思っていなくても言ってしまいがちです。

時に自虐的な発言・行為にブレが生じることがあります。また、次々に自虐できる部分を探すため、周りにしたらどうでもいい些細なことを持ち出して自虐することもあります。

コンプレックスが根底にある自虐であれば、「また?」と思うことはあっても、比較的親身になって、相談に乗ろうという気になれます。

しかし、「構って欲しい」という心理からの自虐は、自虐に統一性がなく、付き合うのが面倒くさくなってきてします。

「構って欲しい」という心理を持つ自虐的な人は、自己中心的であまり相手の気持ちを考えられません。相手が「面倒くさい」と思っているかもしれないという発想には至らないのです。

■参考記事:かまってちゃんは面倒くさい…?コチラもチェック!

かまってちゃんの心理的特徴21選!

【自虐的な人の心理】②笑いを取りたい

自虐的な人の心理②は「笑いを取りたい」です。

笑いを取りたい自虐とは、女芸人さんがする「自虐ネタ」のようなもの。

女芸人さんの自虐ネタは笑ってもいいものとして見ますが、素人が行う自虐ネタは、笑っていいのかどうかの判断が難しい場合があります。

「この自虐で笑いを取りたいんだろう」と思って笑ってあげたら、「自分に自信がない」という心理で言っている自虐だった!ということもあり得ます。

この場合は相手を深く傷つけてしまうかもしれません。

また、TVであればさすがに放送できないレベルの自虐ネタはありませんが、
素人の場合はフィルターがないため、自虐ネタのレベルの際限がありません。自虐がえぐすぎてドン引きしてしまうこともありえます。

会話のきっかけとして使う自虐ネタならともなく、きっかけ以外にもいたるところで使われる「笑いを取りたい」自虐は相手を困惑させてしまいます。

【自虐的な人の心理】③場を和ませたい

自虐的な人の心理③は「場を和ませたい」です。
自虐的な人の心理の中では、唯一無害かつ善良なものです。

自虐的な人の心理②の「笑いを取りたい」と少し似ていますが、
決定的に違う点は自分の欲求を優先させているのか、周りへの気遣いからなのかという部分。

緊迫した場面では、場を和ませるため、緊張をほぐすために、あえて失敗談のような自虐的な発言をするという人がいます。

「場の和ませたい」という心理を持つ自虐的な人は、よく空気が読めますし、相手からの反応、慰めや励ましは求めません。

「場が和む」「相手の緊張がほぐれる」等の効果さえ現れれば満足です。相手を苛立たせたり面倒くさがらせたりするような自虐的な発言・行為はしません。

■参考記事:不器用な人の心理・性格は?コチラも参照!

不器用な人の特徴9つ!克服方法や向いている仕事は?

【自虐的な人の心理】④精神的な負担を減らしたい

自虐的な人の心理④は「精神的な負担を減らしたい」です。

「精神的な負担を減らしたい」という心理を持つ自虐的な人は、自尊心やプライドがとても強いタイプの人が多いです。仕事や人間関係などで失敗やミスにも敏感です。

自虐的な思考・性格や発言・行為は、仕事や人間関係などで失敗やミスをしても、それに付随する精神的な負担を減らすことにつながることがあります。

「私はどうせ無能だから」と自己催眠のように自虐してハードルを下げることで、仕事や人間関係などで失敗やミスをしても、そのショックを和らげることができます。

また、自虐してハードルを下げておくと、いざ失敗やミスをしても言い訳ができます。周りも始めから過度な期待はしないでしょう。

自尊心やプライドがとても強いタイプの人は、周りの高い期待から、現実での失敗やミスによって下がる評価の落差に耐えられません。

それなら最初から過度な期待をされないよう自虐的な発言・行為をしてハードルを下げておきたいと考えるのです。

■参考記事:仕事でミスが多い人、どう予防すればいい?コチラも参照!

仕事のミスが多い人の原因と習慣9つ!ミスを防ぐには?

【自虐的な人の心理】⑤ナルシスト

自虐的な人の心理⑤は「ナルシスト」であることです。

自虐的な人の心理①の「構って欲しい」という心理を持つ人もある意味ナルシストですが、

自虐的な心理の根底に「ナルシスト」という人格的要素がある人は、自虐的になっている自分に酔っており、云わばかりそめの悲劇のヒロインという立場を作って楽しんでいる節があります。

自虐的な発言・行為が横暴であっても、「ナルシスト」という心理を持つ自虐的な人は、自分が自虐的な発言通りの人間とはもちろん思っていません。

自分でかりそめの悲劇のヒロインを作っておきながら、自虐的な発言・行為に対して「本当にその通りだね!」と同意されると、「あなたに言われる筋合いない」と文句を言ってしまいます。

「ナルシスト」という心理を持つ自虐的な人にとっての自虐とは、あくまで悲劇のヒロインを作り上げるためのエッセンス。他人から自虐と同じことを言われたり、同意されたりするとただの悪口に聞こえます。

【自虐的な人の心理】⑥自分に自信がない

自虐的な人の心理⑥は「自分に自信がない」です。

「自分に自信がない」という心理を持つ自虐的な人は、何らかのトラウマやコンプレックスを抱えている可能性があります。そのため、心から自分は自虐的な発言通りの人間だと思い悩んでいます。

自信がないという心理が自虐として表に出てしまうのです。

実際に自虐的な発言通りの人間かどうかは関係ありません。

本人が自虐的な発言通りの人間と思い込んでいるだけで、世間一般的には全くそんなことはない場合もあれば、まさに自虐的な発言通りの人間でフォローしづらい場合もあります。

【自虐的な人の心理】⑦人並では満足できない

自虐的な人の心理⑦は「人並では満足できない」です。

「人並では満足できない」という心理を持つ自虐的な人には、完璧主義者や高い理想を持っている人が多いです。また自分に厳しくもあり、人並の容姿・人並の成果では、自分に合格点をあげられません。

このタイプの自虐的な人は、多くの場合、視野が狭くなっており、周りが見えなくなっています。

「人並」を知ることで、自分が「人並以上」のポテンシャルを持っているかどうか明確になり、自虐的にならなくても済むかもしれません。

また、「人並以下」のポテンシャルの人が人並以上の理想を持っているなら、まずは「人並」という理想を低く設定できれば、理想との距離が近づくので、自虐する回数も減るでしょう。

自虐的な人との上手な付き合い方 タイプ別3選

自虐的な人によって正しい対応は様々です。

正しい対応をしなければ、余計に落ち込ませたり、場合によっては逆切れさせてしまい、空気を悪くしてしまうことさえあります。

仕事や学校関係の知り合いで、どうしても関係を切ることのできない人が自虐的な人であった場合、どうにかして上手く付き合っていく必要があります。

しかし、相手の自虐的な発言・行為の裏にある心理をいちいち読み取って、正しい対応をしなければならないというのは、正直とても面倒ですよね。

それが親友でもない人であればなおさら、そんな人に心を砕いたり、イライラとストレスが溜まったりするのは、あなたにとって大きな損害です。

自虐的な人との上手な付き合い方で、大切なのは、自虐的な人がどのような心理を持ってして、自虐的な発言・行為をしているのかを知ることです。

自虐的な人の心理のタイプの見分け方は2つ。計4タイプあります。
「自分に自信がある」「自分に自信がない」と、「人並のポテンシャルがある」「人並のポテンシャルがない」の4つです。

あなたが付き合わなければならない自虐的な人は、この4つのタイプのどれに当てはまりますか?どのタイプに当てはまるかで、おおよその上手な付き合い方が見えてきます。

自虐的な人との上手な付き合い方を身につけて、ほどほどに自虐に付き合い、さらりと受け流せるようになりましょう!

【自虐的な人との付き合い方】①ほどほどの距離を保つ

「自分に自信がある」タイプの自虐的な人用の付き合い方です。

自分に自信があるタイプの自虐的な人は、結局のところ誰よりも自分を愛し、認めています。
自虐的になっていることを気の毒がって、過度に励ましたり褒めたりしなくても大丈夫です。立ち直る以前にそもそも落ち込んでさえいません。

そんな「自分に自信がある」タイプの自虐的な人とは、「ほどほどの距離を保つ」という付き合い方をしましょう。褒めすぎれば頻繁に自虐に付き合わされてしまいますし、塩対応すぎれば逆ギレさせてしまいます。

「“私は”そんなことないと思うけどな」とほどほどに本人の承認欲求を満たしてあげると良いでしょう。

ほどほどにしか承認欲求を満たしてくれない相手には、次第に自虐的な発言・行為はしなくなり、きっと新しい標的を探してくれます。

【自虐的な人との付き合い方】②「自分に厳しい」で褒める

「自分に自信がない」タイプの自虐的な人用、「人並のポテンシャルがある」タイプの自虐的な人用の付き合い方です。

自虐的な人の中でも「実際には自虐的な発言通りの人間ではない」というのがポイントです。

見たまま、その人そのもので十分人並であれば、褒めるのはもちろん、その人自身を認めることが大切です。

そのために有効なのは、「自分に厳しい」というある意味ではプラス評価にもなる心理をつつくこと。

自虐的な発言・行為1つ1つに対応した返答をするのは面倒なので、どんな自虐に対しても「自分に厳しくて、向上心まであるなんて尊敬する」と言うような汎用性の高い返答を使いましょう。

特に自分に自信がない人はマイナスな思考な性格でもあります。褒められたり認められたり、分かりやすいプラス評価をもらうことで、マイナス思考な性格が弱まります。次第に自虐的な性格から脱するかもしれません。

【自虐的な人との付き合い方】③迷惑であると伝える

「自分に自信がない」タイプの自虐的な人用、「人並のポテンシャルがない」タイプの自虐的な人用との付き合い方です。

自虐的な人の中でも、「本当に仕事ができない」「お世辞にも美人ではない」といった自虐に「根拠が存在してしまう」というのがポイントです。

このタイプの自虐的な人は、自虐的な発言・行為の部分について心から悩んでいます。せめて誰かに打ち明けることで自分の心のバランスを保とうとしています。

もしあなたに心の余裕があるのなら、好きなだけ吐き出させてあげてください。嘘で褒めるのはその人のためにはならないので、「うんうん、大変だったね。よく頑張ってるね」とひたすら励ます方向でフォローしましょう。

いちいちフォローなんてしてられないという方ももちろんいると思います。

その場合は仕方がありません。迷惑であるという旨ときっちり伝えましょう。

ただしストレートに言うのではなく、「そんなことを言われても困ってしまう」「そういう自虐的な話は苦手」というような聞く側の力不足を理由にして、「力になれなくてごめんね」と自虐的な話題を強制的に終わらせると良いでしょう。

「“私は”とても素敵な人だと思うけどな」と褒め言葉を添えるのも、角が立たずに話題を終わらせるのに有効です。

具体的にどう素敵かは説明しにくいかもしれませんので、もやっとした褒め言葉を使ってください。

自虐的な人との付き合い方における注意点

自虐的な人との付き合い方には、共通する注意点が2つあります。

1つ目は、自虐的な人に親身になり、しっかりと向き合えば向き合うほど起こりうる「自虐的な思考は伝染する」という点。真面目で優しく、自虐的な人を甘えさせてあげる人ほど注意が必要です。

2つ目は、「返答に困る」「面倒くさい」と思うほど、確実に「ストレスが溜まる」という点。自虐的な人に何か思うところがあるという方は注意が必要です。

【自虐的な人との付き合い方】注意点①自虐的な思考は伝染する 

【自虐的な人との付き合い方】②にも書いた通り、自分に自信がない人は基本的にマイナス思考な性格でもあります。

特に自虐に根拠のあるタイプの自虐的な人は、中々自虐的な性格やマイナス思考な性格から抜け出すことができません。自虐に付き合っているうちに、自虐的な性格が自分にまで及んでしまう危険性があります。

自虐的な方向へ引きずられて自分まで自虐的な性格にならないように、「自分は自分」「他人は他人」と線引きをしっかりとして、自虐的な人に親身になりすぎないようにしましょう。

【自虐的な人との付き合い方】注意点②ストレスが溜まる

自虐的な人との付き合い方をしていても、自虐的な発言・行為をやめてくれない、やめられない人もいるでしょう。

自虐的な発言・行為を近くで続けられれば、迷惑・面倒くさい…そんな気持ちがたまりにたまって、最終的にはストレスとなってあなたを襲います。

どうしても自虐的な発言・行為をやめてくれない、でもその自虐的な人との関係は切れない。そんなときは、もはや聞く側の考え方を変えるしかありません。

どうしても自虐をやめてくれなければ、その自虐的な人を

「こんなに自虐する部分があるなんて、なんて可哀想な人なんだろう」

と憐れみを持って、受け流せる心の強さを身に着けてください。あなたがストレスを溜めないことが第一です。

自虐的な人の心理7選!上手な付き合い方も解説!

いかがでしたか?自虐的な人の心理7選と上手な付き合い方の解説でした。
自虐的な人との付き合い方は、「返答に困る」「面倒くさい」など基本的にストレスが溜まるものです。

自虐的な人とは基本的に関わりにならない方が身のためですが、
残念なことに、そうはいかない関係の人であることもあるでしょう。

しかし、自虐的な人の心理をある程度理解しておけば、上手な付き合い方も見えてきます。
自虐的な人との上手な付き合い方を身につけて、あなたの負担にならない付き合い方ができると良いですね。

いろいろな心理・性格についてもっと情報を知りたいアナタに!

不幸自慢をする人の心理と特徴7選!そんな人たちへの対処法も解説
「足を引っ張る」の意味・足を引っ張る人の心理と対処法は?
根に持つタイプの人の心理・性格!根に持つ人への対策も解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ