• lovely
妊娠初期のげっぷとつわりは関係してる?げっぷがひどい時の対処法は?

妊娠初期のげっぷとつわりは関係してる?げっぷがひどい時の対処法は?

妊娠すると、なぜかげっぷが増えるという妊婦さんも多いようですね。妊娠初期にげっぷが増えるのはつわりと何か関係しているのでしょうか?!げっぷがひどい時にはどんな風に対処したらいいのでしょうか?!この記事では妊娠初期のげっぷの原因と対処法についてお伝えします。

記事の目次

  1. 1.妊娠初期にげっぷが増える妊婦さんがいます!!
  2. 2.そもそもげっぷとはどんなもの?
  3. 3.【げっぷの原因①】食べ物の消化の時に出るガス
  4. 4.【げっぷの原因②】空気を飲み込む呑気症
  5. 5.【げっぷの原因③】歯ぎしり
  6. 6.げっぷが出やすくなるとおならも出る?!
  7. 7.妊娠初期のげっぷの原因とは?
  8. 8.【妊娠初期のげっぷの原因①】黄体ホルモンの働き
  9. 9.【妊娠初期のげっぷの原因②】胃腸の機能低下
  10. 10.【妊娠初期のげっぷの原因③】自律神経の乱れ
  11. 11.【妊娠初期のげっぷの原因④】ストレス
  12. 12.【妊娠初期のげっぷの原因⑤】食べつわり
  13. 13.【妊娠初期のげっぷの原因⑥】よだれつわり
  14. 14.妊娠後期にもげっぷが出やすい?!
  15. 15.妊娠初期のげっぷにはどんな対処法が?!
  16. 16.【妊娠初期のげっぷの対処法①】消化のいいものを食べる
  17. 17.【妊娠初期のげっぷの対処法②】食事の回数を増やす
  18. 18.【妊娠初期のげっぷの対処法③】炭酸飲料を控える
  19. 19.【妊娠初期のげっぷの対処法④】乳酸菌で腸内環境改善!
  20. 20.【妊娠初期のげっぷの対処法⑤】姿勢を良くする
  21. 21.【妊娠初期のげっぷの対処法⑥】ストレス溜めずにリラックス!
  22. 22.【妊娠初期のげっぷの対処法⑦】病院で受診する
  23. 23.妊娠初期のげっぷには落ち着いて対処を!!

妊娠初期にげっぷが増える妊婦さんがいます!!

妊娠すると、妊娠初期からつわりで様々症状が体に出るものですよね。

吐き気や胃のムカつき、下痢など、つわりによる症状にはいろいろなものがありますが、中にはひどいげっぷに悩む妊娠初期の妊婦さんもいます。

もともと胃腸機能が弱い人の中には、妊娠前からげっぷが多い、という人もいるのは当然ですが、妊娠したら一気にげっぷがひどくなった、という人がたくさんいるのも事実。

家で一人でいる時ならまだいいのですが、外出した時にひどいげっぷをしていたらみっともないですよね…

そもそもげっぷとはどんなもの?

まず妊娠初期のげっぷについてみていく前に、げっぷとはどんな原因でおこる症状なのか、ということを見ていきましょう。

げっぷというのは、あなたも経験したことがありますよね。

胃の中から空気が上がってきて、口からゲポッと出てしまうことです。

同じ空気を吐き出すのでも、肺でしている自然な呼吸とは違って、食べ物や胃酸の匂いがすることもあって、正直なところあまり気分のいいものではありません。

げっぷの原因には主に3つあります。

【げっぷの原因①】食べ物の消化の時に出るガス

げっぷが出る1つ目の理由は、胃で食べ物が消化される際に出るガスが口から出てしまうことです。胃で食べ物が消化される時には、胃酸の化学反応によってガスも出ています。

通常はガスも消化された食べ物と一緒に小腸の方へ回ってしまいますが、ガスがいつもよりも多く発生したり、胃と食道の間が緩んでいたり、便秘が続いていたりするとげっぷとして排出します。

【げっぷの原因②】空気を飲み込む呑気症

げっぷが出る2つ目の理由は空気を飲みこんでしまうことです。私たちは空気は肺呼吸で身体に取り込んでいますが、時々胃の方へ飲み込んでしまうことがあります。これが多くなる過ぎると呑気症という病名が付くことがあります。

飲みこんだ空気は胃にたまった後で、げっぷやおならとなって排出されます。お腹が張る原因にもなります。基本的に飲み込んだ空気は普通の空気なので、げっぷも無味無臭です。


◆関連記事:つわりについて気になる方はこちら

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】 | Lovely[ラブリー]
妊娠初期の主な症状というと、つわりですよね。ドラマなどでは、つわりの症状で妊娠に気づくというシーンも多いです。では、妊娠初期のつわりの症状はいつからいつまで続くのでしょう?また、吐くだけがつわりの症状なのでしょうか?つわりについて見ていきたいと思います。

【げっぷの原因③】歯ぎしり


3つ目の理由は歯をかみしめすぎて歯ぎしりしてしまうことです。呑気症の原因にもなっていると言われています。歯ぎしりをし過ぎると唾液が分泌されて、飲みこむことが多くなります。この時に一緒に空気も飲み込んでしまうのです。

歯ぎしりや呑気症の一番の原因はストレスだと言われています。胃腸が弱いわけではないのに、げっぷやおならが多い、という場合には、ストレスで空気を飲みこんでいないか考えてみる必要があるようです。

げっぷが出やすくなるとおならも出る?!

ここでちょっと気になるのが、げっぷとおならの関係です。

げっぷが多くなるとおならも多くなるのでしょうか?!

げっぷとおならはどちらも胃腸にたまったガスが原因で出るものです。

おならで出るガスには2種類あります。

1つ目は呑気症で飲みこんだ空気がげっぷにはならずに腸の方まで回ってしまった場合には、おならとして排出されます。

2つ目は腸の中にたまった食べ物が発酵した時に出るガスもおならとして排出されます。

胃にたまったガスを排出したいときにはげっぷになって、腸にたまったガスを排出したいときにはおならになる、と考えていいようですね。

おならもげっぷも適度な回数と量なら、通常の生理現象の一種なので全く心配はいりません。

却って恥ずかしいからとおならやげっぷを我慢し過ぎると、体の中にたまったガスの行き場所がなくなってしまいます。

おならやげっぷを我慢し過ぎると体調が悪くなるというのはそういった理由からです。

しかし、おならやげっぷの回数が多かったり、匂いがおかしい場合には、内臓の不調や病気の可能性があります。

おならやげっぷのことをお医者さんに相談するのは恥ずかしいことですが、おならやげっぷに異常を感じる時にはお医者さんに相談することが大切です。

次のページ

妊娠初期のげっぷの原因とは?

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely