妊娠初期に眠れない!不眠の原因と対策は?どんな影響があるの?

妊娠初期には様々な体調の変化があるものですが、中には不眠や眠れないと言った悩みを持つ人もいます。夜中に起きる回数が増えたりして、なかなか熟睡できない人もいるのですが、妊娠初期に不眠で眠れない原因や対策法にはどんなものがあるのでしょうか?!

妊娠初期に眠れない!不眠の原因と対策は?どんな影響があるの?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期に不眠で眠れないときついですよね…
  2. 妊娠初期の不眠で眠れない症状とは?
  3. 妊娠初期に不眠で眠れない原因とは?
  4. 【妊娠初期に不眠で眠れない原因①】ホルモンバランスの変化
  5. 【妊娠初期に不眠で眠れない原因②】基礎体温の上昇
  6. 【妊娠初期に不眠で眠れない原因③】夜のトイレの回数が増える
  7. 【妊娠初期に不眠で眠れない原因④】不安やうつ状態
  8. 【妊娠初期に不眠で眠れない原因⑤】こむら返り
  9. 【妊娠初期に不眠で眠れない原因⑥】つわり
  10. 【妊娠初期に不眠で眠れない原因⑦】疲れ
  11. 妊娠初期に不眠で眠れないのは流産の原因になるの?!
  12. 妊娠初期に不眠で眠れない時はどんな対策が?!
  13. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策①】無理をしない
  14. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策②】足湯や入浴
  15. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策③】ウォーキング等の運動
  16. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策④】睡眠時間を確保
  17. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑤】ブルーライトをカット
  18. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑥】胃を適度に!
  19. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑦】リラックス
  20. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑧】ストレス解消
  21. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑨】寝付けなくてもOK!
  22. 【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑩】寝不足と割り切る!
  23. あまり気にし過ぎずに体力回復だけ考えましょう!!

妊娠初期に不眠で眠れないときついですよね…

赤ちゃんを授かって、出産後の明るくて楽しい子育て生活に夢と希望にあふれるマタニティライフが始まった!!と思ったら、つわりで様々な体調の変化や体調不良を経験するのが妊娠4か月までの妊娠初期の頃です。

その妊娠初期に襲ってくる体調不良には、眠りに関することもあります。

多くの妊婦さんが激しい眠気に襲われたり、からだがいつもだるくてなんとなく眠気が取れない感じでいたりしますが、その一方で、眠れない不眠に悩む人もいます。

夜、不眠で眠れないことや、何度もトイレで夜中に起きることで熟睡できずに、その結果、昼間眠気に襲われてしまう、という悪循環に陥っている人もいるようです。

一体妊娠初期に不眠で眠れないというのはどういった原因があって、どんな対策が考えられるのでしょうか?!

妊娠初期の不眠で眠れない症状とは?

まず気になるのは、妊娠初期に夜に眠れないと不眠になる症状はどんな感じで出るものなのでしょうか?!

妊娠初期の不眠の症状というのは、人によって様々な症状で出るものです。

寝ようと思ってベッドや布団に入ってもなかなか寝付くことができないという人もいれば、夜中に起きることで熟睡できない、朝早く起きてしまう、といったところが主な症状です。

夜中に起きるという人は、ただ単に目が覚めてしまうという人もいれば、トイレのために何度も夜中に起きる、という人もいます。

また、夜眠れないことで昼間に強烈な眠気を感じてしまい、仕事や日常生活に支障をきたしている人もいます。

人によって症状はいろいろな形で出る不眠で、多くの妊婦さんが悩んでいます。

妊娠初期に不眠で眠れない原因とは?

次に気になるのが、妊娠初期に不眠で眠れない原因ですよね。

妊娠初期に不眠で眠れないのには原因があるのですが、いったいそれはどんなものなのでしょうか!?!

ここからは妊娠初期に眠れない原因についてみていきましょう。

【妊娠初期に不眠で眠れない原因①】ホルモンバランスの変化

妊娠初期に不眠で眠れない原因には、ホルモンバランスが大きく変化することが影響していると考えられます。

妊娠すると、お母さんの体の中には、黄体ホルモンや卵胞ホルモンなどの女性ホルモンが大量に分泌されます。

体の中のホルモンバランスが大きく変化することによって、自律神経が乱されてしまって、夜眠れなくて、昼間に激しいに襲われたりするようになります。

また、黄体ホルモンなどはつわりの原因にもなります。

つわりの症状がひどくて、夜なかなか寝付くことができなくて、睡眠不足で昼間眠気に襲われることもあります。

また、つわりの症状の地に、激しい眠気に襲われるというものもます。

この場合には、強力な睡眠薬と同じ作業を催す物質が体の中に放出されてしまうので、夜ぐっすり眠っていても、昼間激しい眠気に襲われてしまいます。

車の運転や、危険な作業などには気をつけましょう。

【妊娠初期に不眠で眠れない原因②】基礎体温の上昇

妊娠初期に不眠で眠れない原因には、基礎体温が上昇することも挙げられます。

生理の前には、眠れなくなるという人がいますが、この原因は生理前になると排卵期から続く高温期がさらに若干体温が上がるからです。

妊娠すると、基礎体温が高い状態がずっと続くために、夜なかなか眠れなくなる人も出てきます。

夜眠るためには、布団に入る数時間前から体温が徐々に下がる必要があるのですが、高温期が続いていることで、寝る時間になっても体温が下がらないことで、寝付くことができなくなってしまいます。

基礎体温が高い状態は、妊娠5ヶ月に入る頃まで続きます。

人によっては、妊娠初期の間はずっと夜の不眠が続くことがあります。

周囲の理解を求めるなどして、昼間横になれる時間を作ることも大切かもしれません。

【妊娠初期に不眠で眠れない原因③】夜のトイレの回数が増える

妊娠初期に不眠で眠れない原因には、夜のトイレの回数が増えたことで、夜中に起きる回数が増えてしまうことで、熟睡できなくなるということもあります。

妊娠後期になり、お腹が大きくなってくると、子宮が膀胱を圧迫するので、頻尿になり、トイレの回数が増えます。

しかし、人によっては妊娠初期から頻尿で、トイレに夜中に起きる回数が増えてしまう人がいます。


妊娠初期には、子宮がお腹の下のほうに下がっていることから、膀胱を刺激してトイレに行く回数が増えてしまう人もいます。

また、妊娠すると増える黄体ホルモンには、利尿作用があるとも言われていて、それもトイレの回数を増やして何度も夜中に起きる原因になっているとも言われます。

【妊娠初期に不眠で眠れない原因④】不安やうつ状態

妊娠初期に不眠で眠れない原因には、妊娠したことで感じる流産などへの不安や、ホルモンバランスが変化することによって引き起こされるうつ状態など、精神面の原因もあるといわれています。

妊娠4ヶ月までは、どうしても流産の可能性が高くなってしまうので、妊婦さんの中にはせっかく授かった赤ちゃんが流産してしまったらどうしよう、という不安にさいなまれる人もいます。

また、大きなホルモンバランスの変化で、自律神経もかなり乱されることから、精神的に不安定になってしまい、うつ状態になってしまうことがあります。

心配事があると妊娠していない時でもなかなか夜寝付けないことがありますよね。

妊娠初期には特に精神的に不安定になりやすいことから、不眠になってしまったり、何度も夜に起きるようになってしまいます。

【妊娠初期に不眠で眠れない原因⑤】こむら返り

妊娠初期にはあまり見られない現象ですが、妊娠後期になると、不眠の原因にはこむら返りもあります。

何度も足の裏がつることによって、夜中に起きることが何度もあると、寝不足になってしまう人もいます。

何度も夜中に起きるほど、こむら返りが起きてしまう原因は、大きくなった子宮によって、骨盤周りの血管が圧縮されて、足への血流が悪くなることや、必要な栄養素が不足することだと言われています。

【妊娠初期に不眠で眠れない原因⑥】つわり

妊娠初期の不眠の原因にはつわりもあります。

つわりといえば吐き気や胃のムカつきだけだと思っている人もいるようですが、つわりの症状は人によって様々な形で出るものです。

吐き気や嘔吐、胃のムカつきと言った胃腸症状だけではなくて、いつも食べていないといられなくなる食べつわりや、激しい眠気に襲われてしまう眠りつわりといったものもあります。

その中には、症状が不眠として出るつわりもあります。

また、昼間眠りつわりによる激しい眠気に襲われて昼寝を長時間してしまい、夜眠れなくなってしまったり、何度も夜中に起きるようになってしまい、昼夜が逆転してしまう人もいます。

つわりの症状は、多くの人は妊娠4ヶ月くらいでおさまってくるものなので、その間はあまり体に無理をかけないようにしながら、生活すれば大丈夫でしょう。

■参考記事:妊娠初期のつわりについてはコチラも参照!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】

【妊娠初期に不眠で眠れない原因⑦】疲れ

妊娠初期の不眠の原因には、心身ともに疲れ過ぎてしまっていることもあります。

とにかく妊娠中は、体の中のホルモンバランスが前とは大きく変化していることから、心身ともにバランスが取りにくくなっていて、妊娠前と同じような生活をしていたら疲れやすくなってしまうものです。

その上、お腹の中では赤ちゃんも日々育っているので、そのためのエネルギーも余計に必要になります。


また、流産への不安や、仕事で配慮をしてもらうことへの申し訳なさや環境の変化などで、妊娠する前には考えられないようなちょっとした事でも、不安やストレスを感じやすくなっているので、気疲れもしやすいものです。

そのために、妊娠前と同じ時間睡眠を取ったとしても、疲れが取れずに熟睡できていないような気がしてしまうこともあります。

ゆっくりと時間をとって疲れを休めるような余裕を持てるように周りの人にも協力してもらいましょう。

妊娠初期に不眠で眠れないのは流産の原因になるの?!

妊娠初期の不眠に悩む妊婦さんの中には、夜眠れないことや、何度も夜中に起きることが、流産の危険性を増すのではないかということで、さらに不安に感じているとも言えるでしょう。

妊娠初期に不眠で眠れなかったり、何度も夜中に起きるようなことが続くと、流産の原因になるのでしょうか。

直接、不眠や何度も夜中に起きる日が続いて、寝不足になったからと言って、そのことが直接流産の原因になるわけではありません。

しかし、何度も夜中に起きる日が続いたりして、寝不足で彼が溜まっている体で、昼間に無理に家事や仕事を続けてしまうと、切迫流産の危険性が高まってしまうことがあります。

切迫流産というのは、妊娠を継続していると母体が持たないと身体が判断した場合に、お腹の赤ちゃんを外へ排出しようと子宮が収縮を始めてしまうことです。

切迫流産を避けたいのなら、仕事や家事も、ある程度は頑張ることも大切ですが、体が辛すぎるときには、適度に体を休ませながら進めることも大切です。

妊娠初期に不眠で眠れない時はどんな対策が?!

ここまで、妊娠初期に不眠で眠れなかったり、何度も夜中に起きる原因について見てきました。

不眠で眠れない日が続いて、寝不足が続いてしまうと、妊娠していない普通の時でも、体がしんどくてダウン寸前になることもありますね。

ましてや、お腹の中で赤ちゃんを育てている妊娠中のお母さんにとっては、寝不足が続いて、体力が余計に消耗されてしまうのは、切迫流産の可能性も高めてしまう、とても危険なことでもあります。

妊娠初期に不眠で眠れない日が続くときには、いったいどんな対策をすればいいのでしょうか。

ここから、妊娠初期に眠れない時の対策について見ていきたいと思います。

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策①】無理をしない

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の1つ目には、無理をしすぎないということが大切です。

この次から、具体的な様々な対策を挙げていきますが、何をやっても眠れなかったり、いくら寝ても寝不足な感じが抜けなかったりすることは必ずあるかと思います。

そんな時には、無理をしすぎることなく、体を休めることを1番に考えましょう。

熟睡ができなくても、体が辛いときには横になって目をつぶって少しウトウトするだけでも全く違うものです。

特に、妊娠4ヶ月までは少しでも体に無理をかけすぎてしまうと、流産の危険性がとても高い時期になります。

寝不足でつらいときには、周りの人にも協力をしてもらって、少しでも休める時間と場所を確保できるようにしましょう。

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策②】足湯や入浴

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の2つ目には、足湯や入浴で身体の芯をしっかりと温める、というものがあります。

夜、眠るためには、自律神経の副交感神経を交感神経よりも優位にする必要があります。

夜、眠る時間の1時間前までにぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって、身体を芯まで温めることによって、副交感神経が刺激されて、程よい眠りに就くことができるのです。

また、基礎体温の高温期が続くことで、なかなか眠れなくて困っている人は、お風呂でしっかりと身体を芯まで温めて、お風呂から上がった後に身体が冷める温度差を作ることで、眠りに就くこともできます。

お風呂で温まることで、妊娠すると血行が悪くなりがちな腰回りを温めることができますが、普段シャワーでお風呂に入らない人は、足湯をするだけでもお風呂に入るのに近い効果を得ることができるので、ぜひやってみてください。

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策③】ウォーキング等の運動

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の3つ目には、ウォーキングやストレッチ、マタニティヨガなど、妊娠中でも無理なくできる運動をすることによって、夜眠れるようにする、というものもあります。

妊娠するとつわりなどで体が思うように動かせないことで、ついつい運動不足になりがちです。

しかし運動不足に陥ると、体中の血行が悪くなったり、気分転換がうまくいかなくなったりして、睡眠不足の原因にもなってしまいます。

あまり激しい運動すると、特に妊娠初期には流産の原因になってしまいますが、ウォーキングやお腹周りに負担をかけないストレッチ、マタニティヨガなどをすることで、全身の血行を促進することができる上に、程よい気分転換にもなります。

また程よい疲労感を感じることで、身体を動かさなかったときと比べると、眠りに就きやすくなるので、無理をしない程度の適度な運動をすることをお勧めします。

■参考記事:妊娠中にも無理なくできる運動・ストレッチって?コチラも参照!

妊娠初期に運動しても大丈夫?おすすめの方法と注意点は?
妊娠初期におすすめのストレッチは?運動の影響も解説!

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策④】睡眠時間を確保

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の4つ目には、睡眠時間を眠れるときにはとにかく確保する、ということも大切になってきます。

夜、布団に入ってもなかなか眠れないと、昼間に強烈な眠気に襲われてしまうこともあります。

そういう時に、我慢して眠らないで無理をし過ぎてしまうと、身体から全く疲れが取れなくなってしまい、切迫流産の危険性も高まってしまいます。


妊娠初期に眠れない、という状態は妊娠5カ月に入れば改善されることが多いものです。

昼間でも夜でも、眠れそうなときには睡眠時間を少しでも確保して、赤ちゃんを育てるための体力を温存するようにしましょう。

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑤】ブルーライトをカット

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の5つ目には、寝る1時間前にはブルーライトを見ないようにする、というものです。

これは妊娠初期に限らず、現代人特有の不眠に悩む人に共通して言えることですよね。

スマホやパソコン、液晶テレビなどのバックライトに使われているブルーライトには、強い覚醒効果があって、目の中に入れてしまうと、睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌を抑制してしまいます。

ブルーライトそのものは、太陽光にも含まれている、空を青く見せている光線なので、身体に悪いものではありません。

うつ病の人に積極的に昼間に外に出て日に当たるように言うのは、ブルーライトが脳を活性化させる効果がある、という理由もあるのです。

しかし、日が沈んでからは自然界には存在しないものなんですよね…。

夜寝る前にブルーライトを見て脳を目覚めさせてしまうと、寝付けなくなってしまうのは当たり前です。

特に妊娠初期に眠れないことに悩んでいるようであれば、寝る前にはスマホを見るのを我慢するか、我慢できないようなら、ブルーライトカットのメガネやフィルターを使ってみるようにしましょう。

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑥】胃を適度に!

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の6つ目には、胃の中を適度に空っぽにしておくことも大切です。

完全にお腹全体が空っぽになってしまい、お腹が空いた状態ではなかなか寝付くことができなくなります。

しかし、胃に食べ物が入っていると、胃のぜんどう運動はかなり激しいので、消化されるまでなかなか寝付くことができなくなります。


布団に入ってから寝付けないと、イライラしてしまい、余計に眠れなくなってしまうので、食事は遅くとも寝る1時間前までには終わらせて、胃の中を適度に空にしてから眠るようにしましょう。

食べつわりで胃の中に何か入っていないと居られない、という場合には、ホットミルクやホットココアなど、消化が良くて体が温まり、よく眠れる効果が高いものを飲むようにしましょう。

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑦】リラックス

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の7つ目には、リラックスできる音楽やアロマなどを活用して、寝る前にリラックスできるようにする、ということです。

妊娠中には流産の不安など、さまざまなことを不安に感じて、なかなか寝付けなくなってしまうものです。

そこで、寝る前にリラックスできるように工夫することで、不安を鎮めて眠れるようにしてみましょう。

リラックスできるハーブティなどをゆったりとした気分で味わってみるのも良いものですね!!

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑧】ストレス解消

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の8つ目には、ストレスを解消する工夫をしてみることも大切です。

妊娠すると、つわりなどの身体の変化や、周りの人達の余計なおせっかいが多くなるので、実はなかなかストレスが溜まりがちになってしまうものです。

そしてストレスから不安感で余計に眠れなくなってしまいます。

そんな時こそ、ストレス解消をする時間を作ることが大切ですよね!!

好きな趣味に没頭したり、カラオケに行って熱唱や絶叫してみたり、軽く身体を動かしてみたり、あなたなりのやり方で妊娠初期でも身体に負担を掛けないストレス解消法を見つけてみてはいかがでしょうか?!

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑨】寝付けなくてもOK!

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の9つ目は、寝付けないことをイライラとストレスに感じない、ということも大切です。

夜、ぐっすりと寝付けなくても、目を閉じて身体を休めているだけで、身体の疲れの8割ほどは取れるとも言われています。

寝付けないからと言って、スマホを見てしまったり、起きてテレビやパソコンを始めてしまうと、身体の疲れも取れずに、お腹の赤ちゃんにも影響が出てしまうので、夜寝付けなくてもイライラせずに、布団の中で楽しいことを考えるようにしましょう!!

【妊娠初期に不眠で眠れない時の対策⑩】寝不足と割り切る!

妊娠初期に不眠で眠れない時の対策の10個目は、妊娠初期の寝不足は仕方がないことだと割り切ることも大切です。

つわりや黄体ホルモンの影響による基礎体温の高温期が原因で眠れない人の場合には、妊娠5カ月になればほとんどの人が収まってきます。

妊娠後期には別の原因で寝不足になり人もいますが、それはそれで対応すればいい事なので、妊娠初期の寝不足は仕方がないことだと割り切ってしまうことも大切です。

あまり気にし過ぎずに体力回復だけ考えましょう!!

ここまで、妊娠初期の寝不足や不眠の原因や対策法についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

この記事では、妊娠初期の寝不足や不眠の対策法について10個のご提案させていただきました。

しかし、どんなに対策をしてみたところで、眠れないときには眠れない、というのが本当のところです。

妊娠初期に寝不足や不眠が起きてしまうのは、ある意味仕方がないことなので、横になれるときには周りの人にも協力してもらって横になるなど、体力の回復に努められるときには、体力回復を第一に考えるようにしましょう。

尚、妊娠中に不眠や寝不足が酷い時には、自己判断で市販の睡眠薬や睡眠導入剤、よく眠れるサプリメントなどは、成分の中にお腹の赤ちゃんに影響する可能性があるものも含まれているので、使用しないように気を付けて下さい。

妊娠初期の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠初期の過ごし方!生活や仕事での注意点まとめ!
妊娠初期の腹痛・下腹部痛はいつまで続く?生理痛のような腹痛!
妊娠初期のカフェインの影響は?妊婦はコーヒーに注意すべき?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ