妊娠26週目!胎児の体重は?母体の身体の変化と過ごし方も解説

妊娠中期の妊娠7か月目の最終週の妊娠26週目までやってきました!安定した体調が続いている人も少なくありませんが、お腹は確実に日々大きくなっているのが実感できます!エコーの様子や胎動の漢字はどうなのでしょうか?!妊娠26週目のあれこれについてお伝えします!

妊娠26週目!胎児の体重は?母体の身体の変化と過ごし方も解説のイメージ

目次

  1. 妊娠26週目!赤ちゃんはますます発達!ママの体調は?!
  2. 妊娠26週目!エコーに映る赤ちゃんの様子は?!
  3. 【妊娠26週目の赤ちゃん①】身長と体重は?!
  4. 【妊娠26週目の赤ちゃん②】体重と身長には個人差が!
  5. 【妊娠26週目の赤ちゃん③】脳が急成長!自分の意志で!
  6. 【妊娠26週目の赤ちゃん④】外の音をしっかりと聞いている!
  7. 【妊娠26週目の赤ちゃん⑤】味覚が!ママの食べた辛いものも…
  8. 【妊娠26週目の赤ちゃん⑥】呼吸の練習ができるようになる!
  9. 【妊娠26週目の赤ちゃん⑦】目にはレンズが!
  10. 【妊娠26週目の赤ちゃん⑧】胎動が盛んに!
  11. 【妊娠26週目の赤ちゃん⑨】胎動の強弱は睡眠リズム!
  12. 【妊娠26週目の赤ちゃん⑩】性別は?!性別がわかることも!
  13. 【妊娠26週目の赤ちゃん⑪】聴診器で心拍が聞こえる!
  14. 妊娠26週目!ママの体調と様子は?!
  15. 【妊娠26週目のママの様子①】お腹が益々大きくなる!
  16. 【妊娠26週目のママの様子②】鼻血が出やすい!
  17. 【妊娠26週目のママの様子③】腰痛や肩こりが!
  18. 【妊娠26週目のママの様子④】妊娠糖尿病のリスクが!
  19. 【妊娠26週目のママの様子⑤】動悸や息切れが!
  20. 【妊娠26週目のママの様子⑥】髪の毛が汚れがちに!
  21. 【妊娠26週目のママの様子⑦】妊婦健診が2週に1度に!
  22. 妊娠26週目のママに気を付けて欲しいこと!
  23. 【妊娠26週目のママに!①】体重管理
  24. 【妊娠26週目のママに!②】妊娠線ケア
  25. 【妊娠26週目のママに!③】寝る時の体勢を!
  26. 【妊娠26週目のママに!④】母乳マッサージ
  27. 妊娠26週目で逆子と診断!逆子は治る?!
  28. 妊娠26週目で早産の危険が!
  29. 妊娠26週目で早産!赤ちゃんの命は?!
  30. 妊娠26週目も無理せず体調管理に気を付けましょう!

妊娠26週目!赤ちゃんはますます発達!ママの体調は?!

妊娠7ヵ月も後半に入り、妊娠26週目になりました。妊娠26週目になると、胎動も激しく感じるようになり、赤ちゃんとのコミュニケーションも取れるようになっていきます。

ママの体調も出産までの間には比較的安定している時期になりますが、それでも何かとマイナートラブルが起きやすいのがこの時期になります。

妊娠26週目の、エコーで確認できる赤ちゃんの様子と、ママの様子や体調の変化にはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、妊娠26週目の赤ちゃんとママの様子のあれこれについてお伝えします。

妊娠26週目!エコーに映る赤ちゃんの様子は?!

まずは、妊娠26週目の赤ちゃんの様子についてみていきましょう。

妊娠26週目になると、赤ちゃんもお腹の中でいろいろなことができるようになってきます。

エコー検査の時に確認できる赤ちゃんの様子というのは、いったいどのような感じなのでしょうか。

エコーの画像を交えながらいろいろと見ていきましょう。

【妊娠26週目の赤ちゃん①】身長と体重は?!

まずは、妊娠26週目の頃の赤ちゃんの体重と身長についてみていきましょう。

エコーでも確認できる妊娠26週目の頃の赤ちゃんの体重と身長はどのくらいなのでしょうか。

妊娠26週目の頃の赤ちゃんの体重は、750gから1200gぐらい、平均すると1000gぐらいになっています。



身長の方は35cmから37センチ程度にまで大きくなっています。

身長に比べると、体重の方が幅が広すぎるように感じますが、このくらいの時期から、同じ週齢でも、大きさに個人差がかなり出てくるようになります。

もしも、エコー検査のときに、小さすぎたり大きすぎたりするのではないかと思っても、実際にエコー検査をしている医師から特に指摘されなければ問題はありません。母子手帳に掲載されている成長曲線の中に入っていれば大丈夫なので安心してください。

【妊娠26週目の赤ちゃん②】体重と身長には個人差が!

妊娠26週目の頃の身長と体重を見るとわかるように、この時期からは発達の仕方に個人差が大きく出てくるようになります。

エコーに映るお腹の赤ちゃんが、大きすぎても、小さすぎても、ママとしては気になるところですが、幼稚園や保育園に入っても、同じ学年でも身体の大きい子もいれば体の小さい子もいますよね。



どの体格の子が正解、という訳ではなく、みんなそれぞれが持って生まれた個性ですよね。

この時期から生まれるエコーで確認できる体格差というのも、そんな個性の1つになります。

発達曲線の中に入っていれば、特に問題はないので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

また、この時期の赤ちゃんの体重や身長というのは、実際にメジャーや体重計で測っているわけではありません。

エコー検査でみた画像を元に推測値を出しているに過ぎません。

実際には誤差もかなりあるので、あまり気にしすぎないことも大切です。


◆関連記事:30週目ってどんな感じ?

妊娠30週目の胎児の大きさは?母体の変化や過ごし方の注意点も解説

【妊娠26週目の赤ちゃん③】脳が急成長!自分の意志で!

妊娠26週目の頃になると、脳の前頭葉が大きく発達していきます。

この脳の前頭葉というのは、思いやりや理性など、最も人間らしい心を司ると言われている、とても大切な部位になります。

前頭葉が発達することで、体を自分の意思で動かすことができるようになり、手を握ったりするような動作が見られるようになっていきます。

【妊娠26週目の赤ちゃん④】外の音をしっかりと聞いている!

妊娠26週目の頃になると、エコーではわかりませんが、聴覚の発達がかなりしっかりとしたものになってきます。

脳は記憶することもできるようになっているので、この時期に聞いた音楽は、生まれてからもう覚えていることもあります。

また、とんでもない爆音を聞かせてしまうと、赤ちゃんの脳にトラウマとして刻み込まれてしまう可能性もあるので、お腹の赤ちゃんに聞かせる音には注意が必要です。

【妊娠26週目の赤ちゃん⑤】味覚が!ママの食べた辛いものも…

こちらもエコーではよく確認することはできませんが、妊娠26週目の頃の赤ちゃんというのは、味覚を感じることができるようになると言われています。

特に、辛いものを感じることができるようになり、ママが辛いものを食べると、赤ちゃんも辛いと感じるようです。



とある研究によると、妊娠26週目の頃に、ママが辛いもの食べたときに、赤ちゃんが辛そうな顔をしたといいます。

妊娠中は、味覚や嗅覚の変化によって、刺激物が食べたくなることもありますが、あまり赤ちゃんに辛い思いはさせたくないですよね。

赤ちゃんの味覚にもやさしい食事を心がけたほうがいいかもしれません。

【妊娠26週目の赤ちゃん⑥】呼吸の練習ができるようになる!

妊娠26週目になると、お腹の赤ちゃんは呼吸の練習ができるようになります。

エコーでも、赤ちゃんが横隔膜を動かして、口や鼻で呼吸をしている様子が確認できることもあるかもしれません。

呼吸の練習とは言っても、実際に空気を吸って酸素を肺から取り込んでいるわけではありません。

横隔膜を上下させて、羊水を肺に吸ったり吐いたりする練習をしているのです。

最初のうちは上手に肺呼吸が出来ませんが、だんだんと上手に用水を吸ったり吐いたりできるようになっていきます。

この練習を積むことで、初めて外の世界に出てきたときでも、最初から上手に肺呼吸ができるようになるのです。

【妊娠26週目の赤ちゃん⑦】目にはレンズが!

妊娠16週目の頃になると、お腹の赤ちゃんの目にはレンズが見られるようになります。

レンズが出来たことで、時々まばたきもできるようになり、運がよければエコー検査に時に、赤ちゃんがまばたきしている様子を確認することができるかもしれません。

【妊娠26週目の赤ちゃん⑧】胎動が盛んに!

妊娠26週目の頃の赤ちゃんというのは、胎動が激しくなっていきます。今までよりも活発に動くようになり、ママも強い胎動を感じるようになっていきます。

激しい胎動に、ママも驚くことがありますが、お腹の中で激しく動いて胎動を起こしながら、出産後に外の世界に出たときの、準備運動を頑張っているのです。

エコー検査の時にも運がよければ、赤ちゃんが動いて胎動を起こしている様子をエコーで捉えることができるかもしれません。

元気のよい胎動に、ママもママになる喜びを強く感じることができる時ですよね!

【妊娠26週目の赤ちゃん⑨】胎動の強弱は睡眠リズム!

この胎動が激しい26週目の頃の赤ちゃんは、すでに光を感じることができるので、昼と夜の区別はついているのですが、ママの生活のリズムとは全く関係のないリズムで、赤ちゃんを胎動を起こしながらこまめに寝たり起きたりを繰り返しています。

起きている時には激しく動き回るので胎動を強く感じます。

寝ている時には胎動が弱くなります。

この胎動の強弱のリズムで、ママは赤ちゃんが起きているか寝てるかを判断することができるのです。

【妊娠26週目の赤ちゃん⑩】性別は?!性別がわかることも!

この頃になると、早く性別を知りたいっていうママやパパも多いですね。性別は妊娠15週目ぐらいから徐々に確認できるものですが、性別がわかるかどうかというのは個人差が大きいので、なかなか性別がわからないという人も少なくありません。

しかし性別の判別を待ち焦がれている人たちの中でも、妊娠26週目の頃になると、性別がわかることも多くなっていきます。

特に男の子の場合は、性別を判定するのに大切な、睾丸の細胞が増えて大きくなってくる時期で、身体の中にあった精巣も陰嚢の中に移動するために、外性器が今までよりも確認しやすくなります。

男の子のシンボルが確認できれば、性別がわかりやすいので、男の子の性別は分かりやすいですよね!

しかし、この時期まで性別を判定するための股間が上手くエコーに映らずに、なかなか性別の判定が出来ないという人も多いものです。

中には、生まれてくるまでどちらの性別なのかずっと隠したままだったという赤ちゃんも少なくありません。

この時期に性別がわかる人も多いですが、今、性別がわからなくても、それほど焦らなくても大丈夫です。


◆関連記事:31週目ってどんな感じ?

妊娠31週目の胎児の体重は?妊婦の身体の変化は?逆子ならどうする?

【妊娠26週目の赤ちゃん⑪】聴診器で心拍が聞こえる!

妊娠26週目の頃になると、強くなる胎動とともに、お腹の赤ちゃんの心音もしっかりとしてくるようになります。

そのために、ママやパパがおうちで聴診器をママのお腹に当てても、赤ちゃんの心音を確認することができるようになる人もいます。

赤ちゃんの心音を聞いてみると、お腹の中で元気に育っている様子がよくわかって、感動的ですよ!

ママのお腹の皮の厚さなども関係してくるので、必ずしも聴けるというわけではないのですが、赤ちゃんの心音を聞くための聴診器も販売されているので、よかったら購入して赤ちゃんの心音をご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

妊娠26週目!ママの体調と様子は?!

妊娠26週目の頃の赤ちゃんの様子について見てきましたがいかがでしたか。

この頃になると、ママやパパに元気な様子を伝えてくれる赤ちゃんの様子もよくわかりましたね。

さて、一方では妊娠26週目の頃のママの様子や体調というのはどのような感じなのでしょうか。

ここから、妊娠26週目の頃のママの様子についてみていきましょう。

【妊娠26週目のママの様子①】お腹が益々大きくなる!

妊娠26週目になると、ママのお腹もますます大きくなってきたことがよくわかります。

妊娠26週目の頃に子宮底長は、おおよそ24cm程度にまで大きくなっています。

すでに子宮の上の方は、おへそよりも上の方にまで達するようになり、下腹だけではなくてウエストラインのあたりもふっくらとしてきました。

お腹が大きくなるにつれて、お腹のあたりがつかえる感じや、重苦しい感じを感じる人も出てくる頃です。

【妊娠26週目のママの様子②】鼻血が出やすい!

妊娠26週目の頃になると、鼻血や歯茎からの出血に悩むママも少なくありません。

この頃に鼻血や歯茎からの出血が起こりやすくなる原因というのは、ホルモンバランスが変化することによって、粘膜が充血しやすくなるためです。

粘膜が充血することで、普段は出血することもないようなちょっとした刺激で出血しやすくなってしまうことが、鼻血や歯茎からの出血が増える原因となります。

今まで鼻血を出したことがなかった人が突然鼻血を出してしまったり、いつもと同じ力で歯を磨いているのに、出血しやすくなると、何か悪い病気にでもなったのかと心配になってしまいますが、この時期には起こりやすい現象なので心配は要りません。

【妊娠26週目のママの様子③】腰痛や肩こりが!

妊娠26週目の頃になると、腰痛や肩こりに悩むママが増えてきます。

もともと、妊娠すると、腰痛が出やすくなるのですが、この時期になると肩こりに悩むママも増えてきてしまいます。

腰痛がひどくなるのは、お腹が大きくなってくることで、身体のバランスが取りにくくなり、背中が反ったような姿勢になりがちになることで、腰に負担がかかるようになるからです。

また、大きくなったお腹を支えるために、無理な姿勢をとることで、骨盤や背骨がゆがんだり、大きく張ってきた胸を支えるために、今までとは違う力がかかるようになるために、肩もこりやすくなってしまいます。

これからますますお腹は大きくなっていくために、腰痛や肩こりはひどくなっていくことはあっても、何も対策をしなければ言う自然と良くなることはありません。

マッサージなどでケアをするとともに、できるだけ良い姿勢をとったり、ストレッチをしたり、妊娠中でもできる筋トレなどを行って筋肉をつけるなどして、腰痛や肩こりが起きにくい体作りをすることも大切です。

【妊娠26週目のママの様子④】妊娠糖尿病のリスクが!

妊娠26週目の頃に、最も注意しなければならないのは、妊娠糖尿病になります。

妊娠26週目というのは、体調も安定して、つわりも終わる人が多く、その上態度にも慣れて妊娠しているという状態に精神的にも慣れが来る頃になります。

この頃に、油断して食べ過ぎてしまうことで、妊娠糖尿病になってしまう妊婦さんも少なくありません。


妊娠糖尿病になると、巨大児になりやすくなったり、発育不全など赤ちゃんに問題が起きやすくなってしまいます。

妊娠糖尿病にならないためには、甘いものだけではなくて、ご飯やパンなどの炭水化物も食べ過ぎないように気をつけることが大切です。

栄養のバランスのとれた適切な量の食事を心がけるようにして、カロリーが気になる場合には、ローカロリーのこんにゃくや寒天を利用したおやつや食事を心がけるようにしましょう。

【妊娠26週目のママの様子⑤】動悸や息切れが!

妊娠26週目の頃になると、ママの中には動悸や息切れに苦しむようになる人も少なくありません。

動悸や息切れ起こすようになると、肺や心臓などの循環器系の病気を心配する人もいますが、この頃に動悸や息切れをしやすくなる原因というのは、お腹が大きくなりすぎて、横隔膜を圧迫することで、息が上手に出来なくなることが原因になります。



心配であれば妊婦健診の時に心電図で検査をしてもらうといいのですが、特に循環器系に問題がなくても、お腹が大きくなり過ぎることで、この時期には動悸や息切れを起こしやすくなるものです。

心電図に問題がなければ特に心配する必要はありませんが、ママが苦しいと赤ちゃんにもそのストレスが伝わってしまいます。

息苦しくなるほどの激しい運動を無理してやることはやめておきましょう。

【妊娠26週目のママの様子⑥】髪の毛が汚れがちに!

妊娠26週目の頃になると、髪の毛が脂っぽくなったり、フケが出やすくなって、汚れやすくなるという人が増えてきます。

これは、ホルモンの影響によって、頭皮の性質が変わってしまうことが原因となります。

髪の毛は女性の命ですから、突然脂っぽくなったり、毎日シャンプーをしているのにフケが出やすくなってしまったら、ショックを受けてしまうママもいるようですね。

シャンプー剤を変えてみると、脂っぽさやフケが軽減されることもあるようです。

特にこの時期は全身が敏感肌になりがちなので、敏感なデリケート肌用のシャンプー剤に変えてみるといいかもしれません。

【妊娠26週目のママの様子⑦】妊婦健診が2週に1度に!

妊娠初期には2週間に1回だった妊婦健診が、妊娠12週目頃になるといったん4週間に1回に間隔があいて、回数が減ってしまいます。

ところが26週目の頃になると、再び2週間に1回のペースに戻ります。

今まで、4週間ごとにしかエコーで赤ちゃんの様子を確認することが出来なかったのが、今度から2週間ごとにエコー写真をもらえるようになるので、嬉しいですよね!


妊婦健診は保険が適用されないので、ちょっと経済的に大変だという人もいますが、赤ちゃんとママの健康を守るためにとても大切なものです。

ぜひ、どんな赤ちゃんの姿をエコーで確認することができるのか楽しみにして、検診に通いましょう!

妊娠26週目のママに気を付けて欲しいこと!

妊娠期間中で、比較的体調が安定している妊娠26週目ですが、体調が安定しているからこそ、いろいろと気をつけて欲しいこともあります。

ここから、妊娠26週目のママに気をつけて欲しいことについていろいろと見ていきたいと思います。

【妊娠26週目のママに!①】体重管理

妊娠糖尿病のところでもお伝えしましたが、この頃というのは食欲も旺盛になるために、ついつい食べ過ぎてしまい、体重オーバーになってしまう人が少なくありません。

体重が増えすぎてしまうと、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になりやすくなるほか、出産の時に産道に脂肪が付きすぎて、赤ちゃんの通り道が狭くなり、難産になりやすい危険性が高くなります。

厳密に体重管理をし過ぎると、栄養やカロリーが足りなくて低体重児になってしまうこともありますが、カロリーオーバーで体重が増えすぎてしまってもいいことはありません。

食欲旺盛で、とにかく量を食べたい時には、栄養のバランスを考えながら、ローカロリーなこんにゃくや寒天を多用したおやつや食事を工夫するようにしましょう。

【妊娠26週目のママに!②】妊娠線ケア

もう始めてる人も少なくないと思いますが、妊娠26週目になったら妊娠線ケアを始めるようにしましょう。

妊娠線がまだ出来ていないという人でも、お腹がどんどんと大きくなっていくこれから、妊娠線がどんどんと増えていくようになります。

この時期から、しっかりと妊娠線が出来やすいお腹周りや太腿、二の腕に保湿クリームを塗って妊娠線対策をしておくことが、出産後もキレイな肌を保つためには大切になります!

【妊娠26週目のママに!③】寝る時の体勢を!

妊娠26週目の頃になると、大きくなってきたお腹に体が圧迫されて、夜、寝苦しいという人も増えてきます。

横向きに寝るなど、寝る時の体勢を工夫すると、妊娠中でもよく眠れるようになるので、いろいろと自分が寝やすい体制を工夫してみてください。

抱き枕を使って横向きに寝るシムスの体位がお勧めですよ!

【妊娠26週目のママに!④】母乳マッサージ

妊娠26週目の頃になったら、まだ始めていない人は母乳マッサージを始めるようにしましょう。

出産後に母乳の出が悪いことに悩むママも少なくありません。

今のうちからマッサージをして乳腺の流れを良くしておくことで、母乳の流れの良い乳房を作っておくことが大切になります。

乳首を刺激すると、子宮が張ってしまい、早産になってしまうこともあるので、乳房の根元を中心にマッサージをするようにしましょう!

妊娠26週目で逆子と診断!逆子は治る?!

妊娠26週目で、逆子と診断されてしまい、焦る人も少なくありません。

妊娠26週目で逆子と診断されてしまったら、帝王切開にせざるを得なくなるのでしょうか。

妊娠26週目で逆子と診断されても、まだまだこの時期の赤ちゃんというのは、お腹の中を激しく動き回っている時期になります。

動いているうちに逆子が治ることもよくあることなので、逆子と診断されてもママは焦らないことが大切です。

病院によっては、逆子体操を指導してくれるところもありますが、逆子体操をやっても治らないという人も多く、逆子体操については、逆子を治す効果が本当にあるのかはわかりません。

しかし、逆子だと診断されたら、逆子体操はやらないよりはやった方がいいとも言われています。

逆子体操をやっていたら逆子が治ったという人も確かにいるので、逆子体操が気になっている人は、逆子体操にチャレンジしてみてもいいかもしれません。


妊娠26週目では、何もしなくても逆子が治ったという人も沢山いますが、中には治らなかったという人もいます。

万が一逆子が治らなくて帝王切開になってしまっても、それは赤ちゃんへのリスクを最低限に抑えるための大切な処置になります。

逆子だからといって焦りすぎる必要はありません。

妊娠26週目で早産の危険が!

妊娠26週目というのは、ママの体調もお腹の赤ちゃんの状態も、比較的安定している時期ですが、それでも何らかの原因によって、早産による出産に至ってしまう人も少なくありません。

早産による出産になってしまったり、切迫早産になってしまう原因というのは、お腹に力が入りすぎてしまったり、乳首への刺激が子宮の収縮を促してしまい、陣痛が始まってしまったりといろいろとあります。

妊娠22週目以降というのは、肺が機能するために、早産による出産になっても、赤ちゃんは生きられる可能性もあるために、流産ではなくて早産と呼ばれます。

しかし、妊娠26週目の頃に早産による出産になってしまうと、命は助かる可能性はありますが、後遺症が残る可能性は高くなります。


できることならば、妊娠26週目の段階では、赤ちゃんにとってはママの子宮の中以上に成長するのに最適な環境はありません。

この時期の早産による出産は避けたほうがいいので、お腹に無理な力が入ったりするような動作や、疲れやストレスを溜めすぎること、子宮の収縮を促す乳首への刺激は避ける様にしましょう!

妊娠26週目で早産!赤ちゃんの命は?!

妊娠26週目で早産による出産に至ってしまった場合でも、現代の医学ならば、赤ちゃんの命が助かる可能性はあります。

しかし、早産による出産になってしまった場合、重篤な後遺症が残ることが多く、また、まだ体の様々な器官の発達が十分ではないことから、長期の入院を余儀なくされることが少なくありません。

妊娠26週目で、早産による出産になってしまうと、長期の入院によってかかる費用も莫大なものになります。経済的な面を心配するパパやママも少なくありませんが、ほとんどの自治体で、未熟児の治療にかかる費用を負担してくれる未熟児養育医療制度を整備しています。

万が一早産による出産で、赤ちゃんが未熟児で生まれてしまったとしても、費用の面ではそれほど心配する必要はないので、パパとママは安心して、赤ちゃんの看病に力を注いでください。

妊娠26週目も無理せず体調管理に気を付けましょう!

妊娠26週目は、妊娠中期も終わりに近づき、もうすぐ妊娠後期に入るという時期になります。

ここから、出産予定日までというのは、まだまだ時間があるようで、実は出産が終わってみるとあっという間に過ぎてしまうものです。

体調も安定している時期になりますが、油断して早産になってしまう人がいないわけではありません。

妊娠26週目に早産になるのは、赤ちゃんにとっても負担が大きすぎることになります。

体調が安定しているからといって、無理はせずに、体調管理に努めるようにしましょう。

もっと妊娠について知りたいアナタはこちら

妊娠37週目に出産したら正期産!胎児の体重や母体の症状は?
妊娠39週目!おしるしは出産が近い兆候!胎動も激しくなる!
妊娠38週目!出産間近の過ごし方!胎児の体重は?【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ