妊娠初期におなら出るのが多い?臭くなりやすい原因は?【妊婦必見】

妊娠初期の妊婦さんの中にはおならに悩む人も多いものです。しかも臭いおならになることが多いので、恥ずかしいと感じて我慢してしまう人も…。妊娠初期の妊婦さんが臭いおならをしてしまうのには原因があるのです!!この記事ではその原因と対策についてみていきたいと思います。

妊娠初期におなら出るのが多い?臭くなりやすい原因は?【妊婦必見】のイメージ

目次

  1. 妊娠初期におならに悩む妊婦さんは多いものです!
  2. 妊娠初期の妊婦さんが臭いおならをする原因は?
  3. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因①】黄体ホルモン
  4. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因②】食べ物・食べすぎ
  5. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因③】腸内の水分の減少
  6. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因④】内臓の圧迫
  7. 妊娠初期の妊婦の臭いおならの一番の原因は便秘!!
  8. 妊娠初期の妊婦のおならが臭くなる原因は?!
  9. 妊娠初期の妊婦の臭いおならは周囲の理解も大切!!
  10. おならを我慢するとげっぷになるの?!
  11. 妊娠中のおならを我慢するのはNG!!
  12. 妊娠初期の妊婦の臭いおならは減らせる?!
  13. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法①】生活リズムを!
  14. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法②】適度な運動
  15. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法③】乳酸菌を摂る
  16. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法④】食物繊維を摂る
  17. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法⑤】炭酸飲料を控える
  18. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法⑥】肉を控える
  19. 【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法⑦】便秘に効くツボ
  20. 臭いおならがひどいからと言って市販の胃腸薬や便秘茶はNG!!
  21. あまりにもガスが溜まって辛い時は病院へ!!
  22. 妊娠初期のおならは生理現象!!気にし過ぎないで!!

妊娠初期におならに悩む妊婦さんは多いものです!

妊娠初期には胃のムカつきや吐き気、下痢など様々な体調変化があるものですが、その中にはなぜか臭いおならもあります。

どうして妊娠するとおならが、それも臭いおならが出るようになってしまうことが多いのでしょうか?!

この記事では妊娠初期に出ることが多い、臭いおならの原因や対策についてみていきたいと思います。

妊娠初期の妊婦さんが臭いおならをする原因は?

まずは妊娠初期の妊婦さんが臭いおならをする原因についてみていきましょう。

妊娠初期には、お腹の中に赤ちゃんを迎えたことで、妊婦さんの身体には大きな変化が起こります。

その変化の影響が原因となっておならが出るようになってしまうのですが、いったいどんな原因なのでしょうか?!

【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因①】黄体ホルモン

妊娠初期の妊婦さんが臭いおならをする原因には、黄体ホルモンであるプレゲステロンの影響があります。

卵子と精子が受精しても、受精卵として着床する確率2割から3割くらい、着床しても妊娠成立が認められる妊娠5週以前に化学流産を起こす確率は4割以上もあると言われています。

受精卵から妊娠成立するまではものすごい大変なことがわかりますね。

だから妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんを守って妊娠を継続させるために、大量の黄体ホルモンが分泌されます。

特に妊娠5週以降の妊娠初期に入ると、黄体ホルモンの分泌量が一気に上がってきます。

すると子宮の収縮を防ぐために、お腹の中の筋肉を緩める働きをするのですが、子宮の近くにある胃腸のぜんどう運動も一緒に弱めてしまうのです。

そのために妊娠5週を過ぎると胃腸の働きが弱くなり、腸の中に食べ物が滞留することになってしまい、便秘や軟便、下痢といった胃腸の不調の症状が出てしまいます。

おならもそれに伴って増えてしまうのです。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因②】食べ物・食べすぎ

妊娠初期に入ると、つわりが始まって、食べ物の嗜好が変わることがあります。

それまでは食べたことがなかったようなものを食べる様になったり、甘いものばかり食べる様になったりします。

また食べつわりの人は食べることが止まらなくなってしまい、胃腸の消化機能を超えて食べすぎてしまう人もいます。

腸内の善玉菌を増やす働きがあるオリゴ糖とはちみつ以外の甘いものや肉類ばかり食べていると、腸の中が悪玉菌でいっぱいになってしまい、腸内環境の悪化によって臭いおならが増えたり下痢の原因となります。

また胃腸の消化機能を超えて食べすぎてしまうことも、胃腸の中に消化しきれない食べ物を滞留させることになってしまい、腸内環境を悪化させて臭いおならや下痢の原因となってしまうのです。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因③】腸内の水分の減少

妊娠初期の妊婦さんが臭いおならをする原因には、腸内の水分不足もあります。

妊娠すると、妊婦さんのお腹の中では、赤ちゃんが成長するほかに、胎盤や羊水が作られたり、お腹の中で赤ちゃんを育てたり、出産に備えるための体力やエネルギーを蓄えるために、妊婦さん自身の血液や脂肪がそれぞれ2kg以上も増えます。

当然、赤ちゃんの身体にも妊婦さんの身体にも、それまで以上の水分が必要となり、腸内から吸収されてしまいます。

するとそれまでスムーズな排便のために使われていた水分まで吸収されてしまい、便秘気味になってしまいます。

便が腸の中に留まっていると、それが発酵して臭いガスを出すようになります。

それが臭いおならとなって出てきてしまうのです。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならの原因④】内臓の圧迫

まだ妊娠初期にはそれほどにはなっていませんが、妊婦さんに臭いおならが増える原因には、子宮が大きくなることもあります。

赤ちゃんが育って子宮が大きくなってくると、お腹の中の他の臓器を圧迫します。

また骨盤が圧迫されることで、お腹周りの血液の循環が悪くなってしまいます。

当然、腸も圧迫されてしまう上に、血液循環も悪くなるので、ぜんどう運動が弱くなってしまい、便秘がちになってしまいます。腸の中に滞留した便は発酵して臭いガスを発生させるので、おならが増えてしまうのです。

妊娠する前には便秘やおならの心配をしたことがなかった女性でも、妊娠すると便秘やおならに悩むようになるのは、腸の運動が弱くなることが原因です。

妊娠初期の妊婦の臭いおならの一番の原因は便秘!!

妊娠すると妊婦さんの臭いおならが増える原因にはいろいろとあるものですが、原因を探っていくと、全ての大元の原因というのは便秘することにあると言えます。

だから妊婦さんのおならの対策というのは、おならに対して直接対策をとるものではなくて、便秘の改善が一番大切になってきます。

■参考記事:妊娠初期の便秘、解消するには?コチラもチェック!

妊婦の便秘解消法とは?妊娠初期になりやすい原因は?妊娠中の女性必見

妊娠初期の妊婦のおならが臭くなる原因は?!

さて、妊娠初期の妊婦さんのおならは臭いことが多いのですが、どうして妊婦さんからは臭いおならが出ることが多いのでしょうか?!

それはおならの原因が便秘だからです。

便秘というのは本来なら外へ排出されるべき便を排出させることができずに、腸の中に留まり続けてしまうことです。

便が腸の中にとどまり続けると発酵が進んでしまいにおいがきつくなります。

また腸内環境が悪くなることで、便秘が収まったと思ったら下痢が始まると言った、便秘と下痢の悪循環の原因にもなってしまい、それも臭いおならの原因となってしまうのです。

妊娠する前は全くと言っていいほど、便秘や臭いおならとは無縁の生活をしていた人にとっては、待望の赤ちゃんを授かったのに、便秘や臭いおならに悩むなんて不本意なことかもしれませんが、これも妊娠ならではの現象なのです。

妊娠初期の妊婦の臭いおならは周囲の理解も大切!!

若くてきれいな奥さんをもらったのに、妊娠したら突然臭いおならをぶっ放すようになった……

自慢できる奥さんをもらった旦那さんにはちょっとショックなことかもしれませんね。

でも、このおならというのは、妊娠すると多くの妊婦さんが経験することです。

おしっこやうんちを我慢すると健康に悪いように、おならも我慢し過ぎてしまうと、身体にいろいろと悪影響を及ぼしてしまいます。

妊娠中におならが増えるのは、お腹の中で赤ちゃんが育つ上で起こる、自然な生理現象の一種類なので、家族や周りの人はあまり気にせずに、妊婦さんが我慢し過ぎることが無いように、気を使ってあげて下さい!!

おならを我慢するとげっぷになるの?!

ところで、おならを我慢していると、げっぷになって下からではなくて上から出てくる、ということをまことしやかに語る人がいるのですが、おならを我慢し過ぎるとげっぷになって出て来るなんてことがあるのでしょうか?!

実はこれ、本当なのです。

腸にたまったおならが、どうしても外に出ることができずに行き場を失ってしまうと、胃腸を逆流して口からげっぷになって出てしまうことがあるのです。

そうではなくても、妊娠中はどうしても胃腸の働きが低下することで、げっぷが出やすくなっています。

おならだけではなく、げっぷも妊婦さんには自然な生理現象なんですね!!

■参考記事:妊娠初期のげっぷについてはコチラも参照!

妊娠初期のげっぷとつわりは関係してる?げっぷがひどい時の対処法は?

妊娠中のおならを我慢するのはNG!!

妊娠中におならを我慢し過ぎてしまうとげっぷになってしまうことがわかりましたが、げっぷの他にも妊娠中のおならを我慢し過ぎることは、妊婦さんの身体にとってあまり良くない影響があるようです。

どうしても恥ずかしいと思ってしまうと、げっぷやおならというのは我慢してしまいますよね。

しかし、身体の中にはどうしても外に出さなくてはいけないガスが溜まってしまっているから、おならやげっぷが出るのです。

それなのに無理しておならを我慢していると、逆流してげっぷとして出られればまだいいのですが、場合によってはげっぷになることもできずに、いつまでも腸の中にとどまり続けてしまいます。

そうすると腸がガスによって膨らんでしまい、時としてお腹が張りすぎて激しい腹痛を起こすことがあります。

腹痛から子宮の赤ちゃんへ悪影響を及ぼす可能性もあるので、妊娠中のおならは我慢しないようにしましょう!!

またげっぷも我慢し過ぎると、下にガスが降りておならになることもあります。

げっぷも我慢しないようにしましょう!!

妊娠初期の妊婦の臭いおならは減らせる?!

さて、妊娠初期の妊婦さんが臭いおならを出してしまう原因や、我慢することの影響などはわかりましたよね。

妊娠初期の妊婦さんが臭いおならをしてしまうことは仕方がないことだとは分かっても、やはり減らせるものなら減らしたい、というのが本当のところです。

妊娠初期の妊婦さんのおならを減らすために一番大切なことは、おならの一番の原因となる便秘を治すことです。

妊娠初期のつわりの時期には、どうしても胃腸の働きが弱くなるので、便秘や下痢を繰り返したり、便秘の対応をしていたら下痢が始まってしまったりするものですが、しっかりとお腹の調子を整える対応をすることで、便秘と下痢を繰り返すような胃腸のトラブルにも対応できますよ!!

【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法①】生活リズムを!

妊娠初期に臭いおならを減らすための対処法の1つ目は、生活リズムを整えることです。

便秘やおならに悩んだ経験がない人の多くが、自然と便通を催した時にトイレに入るとすんなりと出る、という経験ばかりだったでしょう。

しかし、自然に便通を催すことだけを考えていたら、便秘は改善できません。

特に、排便のためにトイレに行く時間を決めて、その時間には便通を催さなくてもトイレに座って軽くでも息張ってみることが大切です。

毎日同じような時間帯にトイレでいきばることで、身体が段々とその時間帯を排便の時間だと覚えるようになってくると、便通のリズムができてきて、便が出るようになります。

便が出る様になれば、おならも自然に減ってきます。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法②】適度な運動

妊娠初期の妊婦さんが便秘を改善しておならを減らすためには、適度な運動をすることも効果的です。

妊婦さんの運動と言えば、ウォーキングが代表的なものですよね。ウォーキングで歩くことは、自然と骨盤を動かすことになり、お腹のマッサージを体の中からやってもらえる効果があるので、便秘の改善にもとても役立ちます。

また、マタニティヨガやストレッチ、マタニティスイミングなども便秘改善に効果的です。

お腹に負担を掛けずに、身体全体を伸ばしたり、骨盤を軽く動かすような動きをしてみることで、腸を刺激して、便秘が改善されれば、自然におならも減っていきます。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法③】乳酸菌を摂る

ヨーグルトなどで乳酸菌を摂ることも、便秘を改善させて臭いおならを減らすための対策になります。

乳酸菌を摂って、腸内の善玉菌を増やすことで、腸内環境を改善させると、便秘の改善になり、おなら対策にも有効です。

下痢と便秘が交互にやってくるような場合も、腸内環境が悪くなっていることが多いものです。

乳酸菌は便通を良くするイメージが強いので、下痢対策ができるのはちょっと意外ですが、乳酸菌を食べることは下痢にも効果的です。

また、下痢や便秘とは直接の関係はありませんが、腸内環境を良くすることで、体の免疫力アップを図ることもできるので、面英気力が落ちる妊娠初期には風邪予防にも有効的です。

■参考記事:妊娠初期の下痢・腹痛への対処法は?コチラも参照!

妊娠初期に下痢・腹痛が続く!原因と対処法は?つわりのせい?

【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法④】食物繊維を摂る

妊娠初期の妊婦さんの便秘を改善させて、臭いおならを防ぐための対処法には、腸内環境を良くするために、食物繊維をたくさん食べる、というのも大切です。

食物繊維というと、生野菜サラダをたくさん食べるようなイメージがありますが、実は生野菜サラダではあまり食物繊維を摂ることができません。

というのは、生野サラダというのは野菜を食べているようで、実はそれほどたくさんの量を摂れていないのです。

野菜を摂りたければ、野菜スープなどにした方がたくさん摂ることができます。

食物繊維を摂る時に気を付けたいのは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスに気を付けることです。

水に溶ける水溶性食物繊維は野菜や果物、海藻などに多く含まれていて、便を柔らかくして排便しやすくしてくれる働きを持っています。

水には溶けない不溶性食物繊維は、豆類や穀物に多く含まれていて、不溶性食物繊維自体が水分を吸って膨らみ、腸のぜんどう運動を促進させることで、便秘を改善させる働きを持っています。


しかし、腸の中の水分が足りなくなりがちな便秘中に、不溶性食物繊維を多く摂ってしまうと、ますます腸の中の水分が足りなくなってしまい、却って便秘をしてしまうこともあります。

かといって、不溶性食物繊維を摂らずに水溶性食物繊維ばかりだと、今度は下痢気味になってしまったりします。

下痢も便秘も防いで臭いおならを減らすためには、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維もバランスよく適度に摂ることが大切です。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法⑤】炭酸飲料を控える

妊娠初期の妊婦さんのおならを減らすためには、炭酸飲料を控えることも大切になります。

妊娠するとつわりによって食の好みが変わる人が多いのですが、特に妊婦さんに人気が高い飲み物に炭酸飲料があります。

口当たりがよくて、炭酸ガスの爽やかな清涼感が胃のムカつきを軽減させてくれるような感じがすることから、コーラやサイダーが手放せなくなる妊婦さんが多いものです。

しかし、炭酸飲料のプチプチと弾ける感じは、炭酸ガスによるものです。

炭酸ガスの多くは、胃に入るとげっぷとして出るものですが、その一部はそのまま腸の方へ降りていき、おならとして出るものもあります。

おならを減らしたいのであれば、炭酸飲料を控えることも大切ですが、ただ水分不足に陥りがちな妊婦さんにとっては、水分補給のための重要な飲み物でもあります。

おならやげっぷをすることと、炭酸飲料を控えることを天秤にかけて、どうしたらいいのか考えてみましょう。

普段はおならが出ることを覚悟で炭酸飲料を飲んでいて、大切な外出を控えている時には、前の日から炭酸飲料を我慢してみる、というのもいいかもしれませんね。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法⑥】肉を控える

妊娠初期の妊婦さんのおならを減らすためには、食事の時にお肉を控えることも大切になります。

お肉というのは、たんぱく質や妊娠中に不足しがちな鉄分を補給するためにとても大切な食材です。

しかし、食べすぎてしまうと、腸の中に悪玉菌を増やしてしまい、腸内環境を悪くして、臭いおならが出る原因になることもあります。

毎日、適量の肉を食べるのには別に構わないのですが、焼き肉屋などに行ってお肉ばかり食べていると、どうしても臭いおならが出るようになってしまいます。

お肉をどうしてもたくさん食べたいけれども、臭いおならが出るのも困る、という時には、野菜とのバランスを考えて食べたり、乳酸菌飲料などで善玉菌を補充するなどして、腸内環境が悪くなりすぎないように工夫することが大切です。

【妊娠初期の妊婦の臭いおならへの対処法⑦】便秘に効くツボ

妊娠初期の妊婦さんのおならを減らすためには、便秘に効くツボなどを押すこともお勧めです。

ツボは東洋医学の治療でよく行われる、ハリや灸、ツボマッサージなどで刺激される、対応する体内の器官の調子を整えるために体の表面にあるものです。

便秘に効くツボも体中にいろいろとあり、中には手や手首、おへその周りなど、自分でも押しやすい場所にあるツボもあります。

私も手首の便秘のツボを刺激したことがありましたが、次の日は信じられないくらいにドッカーン!!でした。

ツボは効かない時もありますが、効くときには本当に効きます!!

軽く押したり揉んだりするだけでいいので、つわりで体調が悪くて動けなくてもすぐにできるのが、ツボ押しのいいところですよね!!

便秘に効くツボの場所や効能については、ツボの解説を専門にしているサイトがいろいろとありますので、そちらでご確認ください。

臭いおならがひどいからと言って市販の胃腸薬や便秘茶はNG!!

臭いおならが出る時には、胃腸の調子に不具合を感じているものです。

また、焼き肉を食べすぎて消化不良を起こしていると感じることもありますよね。

そんな時には市販の胃腸薬や消化剤を飲んで何とか頑張っている、という人も多いものです。

便秘に悩んでいる人は、便秘に効くお茶を妊娠前には飲んでいることもあります。


妊娠初期でも、便秘や胃腸の調子が悪くておならが出るような場合には、そのような市販の胃腸薬や消化剤、便秘に効くお茶を飲んでも良いものでしょうか?!

基本的に、妊娠中には医師の処方がない薬などを飲むことはやめておく方が無難です。

市販の薬は処方薬よりもずっと弱いので、少しくらい飲んでも大丈夫だという人もいるのは事実です。

しかし、正直なところ、お腹の赤ちゃんにどんな影響があるのかわからない、というのが本当のところです。

また便秘に効くお茶は、妊娠中の使用について、いいとも悪いとも書いていないことが多くあります。

お茶の中には、赤ちゃんにあまり良くないと言われるカフェインがたくさん入っていたり、どんな成分が入っているのかよくわからないものも正直あります。

万が一のことを考えるのなら、便秘に効くお茶も控えておいた方がいいでしょう。

あまりにもガスが溜まって辛い時は病院へ!!

お腹にガスが溜まりすぎると、強烈な腹痛を起こして失神してしまうこともあります。

おならとなって出てくれればいいのですが、便秘がひどすぎると、おならになって外に出ることができなくなることもあります。

あまりにもお腹にガスが溜まりすぎたり、臭いおならが多いことが気になりすぎるようなら、一度お医者さんに相談してみましょう。

妊婦さんでも使うことができる便秘薬や胃腸薬を処方してくれることもあります。

妊娠初期のおならは生理現象!!気にし過ぎないで!!

妊娠するまで、酷く我慢をしなくてはいけないようなおならとは無縁だった人も多いことでしょう。

そんな人にとっては、妊娠しておならばかり出るようになって、しかもそれが臭いおならばかりだと、そのことがショックになってしまうものですよね。

でも妊娠初期にはどうしても黄体ホルモンの働きで、下痢をしやすくなったり便秘しがちになって、おならも出やすい体質になってしまうので、その辺はあまり気にし過ぎないでください。

お母さんがあまり神経質になっておならが多いことを気にし過ぎると、お腹の赤ちゃんにもその気持ちが伝わってしまいます。

おならは病気ではなく生理現象です!!

食生活や運動など、多いおならを減らすためにできる対策はしっかりとやったら、おおらかな気持ちでおならと付き合っていく、くらいの気持ちで開き直ることも大切ですよ!!

妊娠初期の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠初期に気をつけること一覧!食事などの注意点まとめ!
妊娠初期の過ごし方!生活や仕事での注意点まとめ!
妊娠初期は食欲が増す?減る?食欲旺盛・不振の原因と対策を各々解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ