赤ちゃんと添い寝はいつから?新生児と一緒に安全に寝る方法解説!

初めての子育てでは新生児の赤ちゃんをどのように寝かせるのか悩むところですよね。新生児の赤ちゃんと添い寝というのは大丈夫なのでしょうか?!新生児の赤ちゃんとの添い寝には危険性はないのでしょうか?この記事では新生児の赤ちゃんとの添い寝についてみていきます。

赤ちゃんと添い寝はいつから?新生児と一緒に安全に寝る方法解説!のイメージ

目次

  1. 新生児の赤ちゃんとの添い寝 してみたいけど心配です…
  2. 新生児の赤ちゃんと添い寝をするのにはメリットがいろいろ!!
  3. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット①】ベッドがいらない
  4. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット②】赤ちゃんも安心!
  5. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット③】寝かしつけが簡単
  6. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット④】夜の授乳も楽!
  7. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット⑤】ママもスヤスヤ!
  8. 新生児の赤ちゃんとの添い寝には危険性も!
  9. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の危険性①】窒息の危険性が!
  10. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の危険性②】転落事故も!
  11. 新生児の赤ちゃんとSIDSとの関係とは?
  12. 赤ちゃんとの添い寝はいつから?いつからなら安全にできる?
  13. 赤ちゃんとの添い寝はいつまで?いつまでが一般的?!
  14. 新生児の赤ちゃんと添い寝をする時にはどんな方法で?
  15. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法①】ベッドは壁に付けて!
  16. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法②】マットレスは硬めで!
  17. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法③】ベッドを並べても!
  18. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法④】赤ちゃんは一番端へ!
  19. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑤】モノを置かない!
  20. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑥】赤ちゃん専用掛布団
  21. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑦】ママの体勢に要注意!
  22. 【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑧】ベッドインベッドを!
  23. 新生児の赤ちゃんとの添い寝はスキンシップが魅力!

新生児の赤ちゃんとの添い寝 してみたいけど心配です…

妊娠後期になると、家の中には赤ちゃんを迎え入れて子育てを始めるための様々な準備が進んでいきますよね。

そんなときに悩むのが、ベビーベッドやベビー布団を購入するべきかどうかということです。

最近では、初めての子育てでもベビーベッドやベビー布団を特に購入せずに、出産後に病院から退院すると、すぐに添い寝を始める人も多いと言いますが、新生児から添い寝を始めることには何か危険性や問題性はないのでしょうか。

新生児から添い寝を始めると、常に赤ちゃんとのスキンシップがとれて、子育てをする上では、赤ちゃんの心の発達にはとてものですが、自分で寝返りをうったり、ハイハイしたりすることができない時期から、お母さんと同じ布団で寝る事にはやはり不安もあります。

この記事では、そんな新生児の赤ちゃんと添い寝をした方がいいのかどうか迷っている子育て新米お母さんのために、新生児と添い寝をすることのメリットと危険性、新生児と添い寝をするときの注意点や方法などについてみていきます。

新生児の赤ちゃんと添い寝をするのにはメリットがいろいろ!!

子育ての方法には常に様々な意見があるものです。子育ての意見の中でも特に添い寝については是非があれこれと分かれているものです。

しかし近年では、新生児と添い寝をすることのメリットについていろいろと研究が進んできました。

伝統的に、自立した子育てを推奨して、新生児の赤ちゃんのうちからお母さんとは別に、ベビーベッドに寝かせることが当たり前だった欧米でも、添い寝をすることのメリットの方が大きいということが研究によってわかってきたことで、いつからか添い寝をする人が多くなってきたといいます。

新生児の頃から添い寝をすることには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。ここからみていきましょう。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット①】ベッドがいらない

新生児から添い寝をすることのメリットには、ベビーベッドやベビー布団を購入しなくて済むということがあります。

ベビーベッドやベビー布団というのは、いつまでも使うものではありません。また経済的にも、いつまでも使うものではないにも関わらず、購入してもレンタルをしても、かなりの出費になるものです。

また、狭い家では、ベビーベッドを置く場所を考えるのも大変な場合もあります。

出産後に退院をして、すぐにお母さんと同じベッドや布団で添い寝を始めると、ベビーベッドやベビー布団を使う必要がありません。

経済性や置くスペースが必要がないというのは、助かるご家庭も多いものです。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット②】赤ちゃんも安心!

新生児から赤ちゃんと添い寝をするメリットには、スキンシップが寝ている間も簡単に取れることで、赤ちゃんがとても安心するということです。

赤ちゃんというのは、とても寂しがり屋でお母さんの事が大好きです。

できるだけ沢山いつも母さんにくっついていたいものです。

ストレスがたまって機嫌が悪い時には、授乳中の赤ちゃんはなかなかお母さんのおっぱいを離さないと言います。

子育てをする上で赤ちゃんの情操を育てるというのは、とても大切なことです。子育てで赤ちゃんの情操を育てる上でスキンシップは欠かせないものです。赤ちゃんにとって、いつまでもお母さんと触れ合っているということはとても安心できることです。

添い寝をしていると、いつもお母さんと赤ちゃんがくっついていられて、スキンシップを簡単に取ることができるので、赤ちゃんも安心することができるのです。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット③】寝かしつけが簡単

新生児の赤ちゃんと添い寝をするメリットには、寝かしつけるのが簡単だというのがあります。

ベビーベッドに寝かしつける時には、赤ちゃんが眠るまでだっこし続けなければいけません。

抱っこして、赤ちゃんが寝入るまであやし続けることが必要になりますし、赤ちゃんが起きて泣いたら、自分も起きてベビーベッドまで行ってまた抱き上げなくてはいけません。

これが子育てをする上でかなりの重労働で、子育て中のお父さんもお母さんもへとへとになってしまいます。

それが、添い寝で子育てをする場合には、赤ちゃんと一緒に横になって寝かしつけをすることができます。

ぐずって泣いた時でも、抱き上げなくても、隣から胸をポンポンするだけで安心してくれる時もあります。(もちろん抱っこが必要な時もありますが)

時には疲れ果てたお母さんの方が先に寝入ってしまうこともありますが、そんな時でも赤ちゃんがぐずって泣かなければ大丈夫です。

■参考記事:新生児の夜泣き、対処法はコチラも参照!

新生児は夜泣きをしない?夜泣きの原因と対処法を解説します!

【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット④】夜の授乳も楽!

赤ちゃんと添い寝をするメリットには、夜の授乳が簡単にできるというのもあります。

ベビーベッドに寝かせている時には、赤ちゃんがおっぱいが欲しくて泣いた時には、お母さんは起きてベビーベッドまで行って赤ちゃんをだっこしておっぱいをあげなくてはいけません。

これが、子育てを始めたばかりのお母さんがヘトヘトになって寝不足になってしまう大きな原因となっています。

ところが、授乳というのは横になったままでもすることができます。

お母さんも赤ちゃんも寝た姿勢のままでおっぱいを吸わせると、赤ちゃんは飲んでくれるものです。

だっこしなければ飲ませられない赤ちゃんでも、その場で起き上がって座ればすぐに授乳を始めることができるので、ベビーベッドまで歩いていくよりもずっと楽に夜の授乳ができるのです。

■参考記事:新生児の授乳についてはコチラも参照!

新生児の授乳時間・間隔の目安は?時間が長い・短い原因と対処法は?

【新生児の赤ちゃんとの添い寝のメリット⑤】ママもスヤスヤ!

ここ最近になって、妊産婦の鬱病がクローズアップされるようになってきました。

妊娠から出産にかけて、お母さんの体の中ではホルモンのバランスが大きく変化するので、自律神経が大きく揺さぶられ、感情の波が激しくなってしまうものです。

そのために鬱病や鬱状態になってしまう子育て中のお母さんも多いものです。

しかし、赤ちゃんと触れ合っていると、お母さんの体の中には幸福ホルモンという言われるオキシトシンが分泌されるようなります。

オキシトシンが分泌されるとお母さんの精神が安定して、幸福感を感じられるようになると言われています。

添い寝をしていると、いつもお母さんは赤ちゃんと触れ合っていることができるので、子育て中のお母さんの精神安定にもとても役立つのです。

■参考記事:オキシトシンとは?コチラも参照!

オキシトシンとは?効果は何?食べ物で増やすことができるの?

新生児の赤ちゃんとの添い寝には危険性も!

ここまで、お母さんが赤ちゃんと添い寝をするメリットについて見てきましたが、お母さんと赤ちゃんが添い寝をすることにはメリットだけではなく、危険性もあります。

時には、添い寝をしていたことが原因で赤ちゃんが死亡する事故になってしまうこともあるほど、実は添い寝というのは赤ちゃんにとって危険性が高いものなのです。

一体添い寝にはどのような危険性があるのかをここからみていきましょう。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の危険性①】窒息の危険性が!

赤ちゃんと添い寝をするときには、窒息の危険性があります。

新生児の赤ちゃんというのは、顔にタオルがかぶさっただけで窒息してしまうこともあるほどデリケートです。

タオルでも、ガーゼのハンカチでさえも顔にかけられてしまったら、自分の力では取り除くことができないのが新生児の赤ちゃんです。

そんな赤ちゃんと一緒に寝ているときに、お母さんが寝返りを打った時に赤ちゃんに覆いかぶさってしまったり、布団が赤ちゃんの顔にかかってしまい、窒息してしまうという事故が実際に起きています。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の危険性②】転落事故も!

赤ちゃんと添い寝をする時に起こる危険な事故には、ベッドからの転落事故もあります。

ベッドで添い寝をしているときに、赤ちゃんがベッドから落ちてしまい、打ち所が悪くて死亡事故になってしまうこともあります。

新生児の赤ちゃんとSIDSとの関係とは?

新生児の赤ちゃんと添い寝をする時の危険性として、添い寝をしていると乳幼児突然死症候群(SIDS)の割合が高まると言われています。

以前は、赤ちゃんとの添い寝は SIDS の原因とされていましたが、最近では赤ちゃんと添い寝をすることが、必ずしも赤ちゃんの突然死や死亡事故に繋がるとは言い切れないという研究者もいます。

確かに、ソファーや肘掛け椅子で赤ちゃんと添い寝をしている時の赤ちゃんの死亡事故や原因不明の突然死が多いのは確かです。

しかし、ベッドや布団で添い寝をしている時の赤ちゃんの事故死や突然死の割合は、実はそれほど多くないという研究結果もあります。

却って、窒息や転落の事故死ならともかく、原因不明の突然死は、添い寝をしている赤ちゃんよりも、ベビーベッドで1人で寝かされている赤ちゃんの方が多いという人もいます。

実際には現在のところは添い寝と SIDS の因果関係はわからないというのが本当のところです。

赤ちゃんが転落や窒息をしないように十分に配慮した上であれば、スキンシップが取れる添い寝の効果の方が高いということで、全世界的に添い寝が評価されてきていることも確かです。

赤ちゃんとの添い寝はいつから?いつからなら安全にできる?

赤ちゃんと添い寝をしようか迷っている人にとっては、いつからなら安全にできるのか知りたいという人もいるでしょう。

赤ちゃんとの添い寝はいつからなら大丈夫なのでしょうか。

赤ちゃんとの添い寝が安全にできると推奨されているのはいつからかというと、布団の場合には生後1ヶ月ぐらいから添い寝をしても大丈夫だといわれています。

ベッドの場合はいつからかというと、赤ちゃんの首が据わるまで待ったほうがいいと言われています。いつから赤ちゃんの首が据わるかというと、大体生後3ヶ月から5ヶ月ぐらいで首が据わってくるので、その頃から添い寝をするようにしましょう。

いつから添い寝を始めてもいいかという問題で、布団がベッドよりも早く大丈夫だと言われているのは、床に直接布団を敷くために、布団があまり沈み込まないからです。

ベッドはマットレスなので、お母さんの寝返りの振動などが赤ちゃんに伝わりやすく、浮き沈みも激しいために、赤ちゃんの気道が確保されなくなり窒息する危険性が高いのです。

いつから赤ちゃんとの添い寝を始めると確実に安全性を確保できるのか気になっている人は、参考にしてみてください。

赤ちゃんとの添い寝はいつまで?いつまでが一般的?!

赤ちゃんとの添い寝はいつから始めるのかが気になると、次にはいつまで添い寝をしてもいいのか、というのも気になりますね。

添い寝を辞めて、ひとり寝をさせる頃には赤ちゃんではなく一人前の子供に成長したころですが、だいたいいつまで添い寝を続ければいいのでしょうか?!

いつまで添い寝をしたらいいのかという時に、添い寝は親とのスキンシップがとれて、心が安定するので子供が辞めたいというまでいつまでも続けようと考えている親御さんもいるものです。

しかし、いつまで添い寝をしたらいいのかというときに、子供の方から離れてくれるまでいつまでも待とうという考え方は、子供の自立心が育つのを妨げてしまう考え方になります。

子供はいつまでも親の手のひらの中に収まっていてくれるわけではありません。いつまでも小さいままでいるわけではなく、いつからかは親の手を離れて自立していかなくてはいけません。

その自立の第一歩がひとり寝を始めることなのです。

いつまで添い寝を続けて、いつからひとり寝を始めるのかというのは、だいたい4歳から5歳ぐらいが目安になります。

いつまでも子供は子供のままではいてくれません。いつかは子供は自立しなくてはいけません。それまでは思う存分親子のスキンシップを添い寝で楽しんでくださいね!!

新生児の赤ちゃんと添い寝をする時にはどんな方法で?

新生児の赤ちゃんと、いつから添い寝を始めてもいいものなのかというのは、本当にいろいろな意見があります。研究者の間でも、スキンシップを絶えず取るために、退院後すぐから添い寝を始めてもいいという人もいるし、安全に添い寝ができるようになるまで待ったほうがいいという人もいます。

添い寝をいつから始めるのかというのは、ご家庭の判断にまかされているといってもいいでしょう。新生児の赤ちゃんと添い寝を始める時には、窒息や転落といった事故は絶対に未然に防がなくてはいけません。

ここからは、赤ちゃんと安全に添い寝をするための方法についてお伝えします。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法①】ベッドは壁に付けて!

新生児の赤ちゃんとベッドで添い寝をするときには、転落事故を防ぐために、必ずベッドを壁に付けて壁側に赤ちゃんを寝かせるようにしましょう。

どうしてもベッドを壁に付けられない時には、ベッドに柵をつけて赤ちゃんの転落事故が起こらないように対策を取ります。

柵を使う時には、柵の隙間から赤ちゃんが落ちないようにすることも大切です。もしも、柵の隙間が赤ちゃんの頭が通れるほど広い時には、ネットを張るなどして転落を予防しましょう。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法②】マットレスは硬めで!

ベッドで添い寝をする時には、沈み込みによる窒息事故を防ぐために、マットレスは固めのものを使うようにします。

ふかふかのマットレスだと、お母さんの体は気持ち良いかもしれませんが、首がすわらない赤ちゃんだと、寝ている間に重い頭が沈み込みすぎて、気道がふさがれてしまい窒息してしまう事故も起きています。

多少寝心地は悪くても、固めのマットレスを使うようにしましょう。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法③】ベッドを並べても!

ベッドや布団で添い寝気分を味わいながら、転落や窒息事故といった悲しい事故を起こさないためには、ベビーベッドやベビー布団をお母さんのベッドや布団と並べる、というのも良いでしょう。

ベビーベッドとお母さんのベッドの高さが同じであれば、ベッドの隣にベビーベッドを置くことで、お母さんが寝返りを打ってもお母さんの体や掛け布団が、赤ちゃんの顔の上に覆いかぶさってしまうことを防ぐことができます。

布団の場合も、掛け布団を違うものを使うことができるので、同じ布団で寝ている時よりも、窒息事故の可能性を減らすことができます。

ベッドの時には、お母さんのベッドとベビーベッドの間に隙間ができてしまうと、転落事故の原因となるので、ベビーベットはしっかりとベッドに固定するようにしましょう。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法④】赤ちゃんは一番端へ!

布団で家族で川の字になって寝ている場合には、赤ちゃんを寝かせる位置を考えることも、危険な窒息事故を防ぐための方法になります。

川の字で寝ている場合には、お父さんとお母さん、上の子の間に赤ちゃんを寝かせることがあります。

そうすると、お父さんや上の子が寝返りを打った時に、赤ちゃんに布団やお父さんや上の子の体が覆いかぶさってしまう危険性が高まります。

赤ちゃんがある程度の年齢になって、苦しくなった時に自分で逃げられるようになるまでは、窒息事故を防ぐために、赤ちゃんはお母さんの外側の一番端っこに寝かせるようにしましょう。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑤】モノを置かない!

特に布団で添い寝をするときには、お母さんの枕元にタオルやティッシュなどいろいろなものを置きます。

そういったものが、何らかの理由で赤ちゃんの顔に覆いかぶさってしまい、窒息事故を起こしてしまうこともあります。

赤ちゃんと添い寝をする時には、枕元には赤ちゃんの顔にかかると危険なものは、一切置かないようにすることが大切です。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑥】赤ちゃん専用掛布団

布団で寝るときでも掛け布団は赤ちゃん専用のものを使うのも、窒息事故を防ぐためには大切な方法になります。

大人と赤ちゃんでは体温がそもそも違うので、お母さんが心地よく眠れると感じる掛け布団や毛布の枚数では、赤ちゃんにとっては暑すぎて汗をかきすぎてしまうこともあります。

赤ちゃんと添い寝をするときには、できることならば同じ

また、赤ちゃんにとって大人用の布団というのは重すぎることもあります。

掛け布団を別にすることで、お母さんの寝返りで、掛け布団が赤ちゃんに覆いかぶさってしまう危険性も0にはできませんが、減らすことができます。

同じ敷布団やベッドで寝ていても、違う掛け布団を使うようにしましょう。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑦】ママの体勢に要注意!

赤ちゃんと添い寝をするときには、寝返りを打っても、赤ちゃんの上に覆いかぶさらないような体勢で寝ることが大切です。

赤ちゃんを寝かしつけるときに、赤ちゃんに覆いかぶさるようにしていると、うっかりお母さんの方が先に寝てしまった時に、赤ちゃんを押しつぶしてしまうこともあります。

赤ちゃんに覆いかぶさるような体勢をとるのではなくて、枕を上手に使って斜め上を向くような方法で、赤ちゃんに覆いかぶさらない体勢をとることが大切です。

【新生児の赤ちゃんとの添い寝の方法⑧】ベッドインベッドを!

ベッドインベッドとは?

最近では、赤ちゃんと添い寝をしながら、窒息や転落といった事項を未然に防ぐことができる方法には、ベッドインベッドが注目されています。

ベッドインベッドというのは、文字通り、ベッドの中で使うベッドということで、お母さんの布団やベッドの中で使うことができるベビーベッドのことです。


ベッドインベッドを使うと、直接隣に寝かせている時のような緊密なスキンシップは取れなくなりますが、お母さんも横になりながら、赤ちゃんの胸をトントンしたり頭をなでたりすることができて、赤ちゃんもお母さんの寝息を聞くことができるので、お互いに安心できるのがいいところですね!!

ベッドインベッドの選び方

ベッドインベッドを購入するときの選び方には、どのようなポイントがあるのでしょうか。

まず、ベッドインベッドを購入するときには、夜の授乳はどうするのか考えて選びましょう。

ベッドインベッドを使って、お母さんも横になったまま授乳をしたいのであれば、高さが低くて、柵が赤ちゃんの頭周りにだけあるベッドインベッドを選ぶと、夜の授乳がしやすくなります。

赤ちゃんの窒息事故の理由には、何らかの理由でまだ自分の力で寝返りができない時期に寝返りをしてしまい、それで窒息してしまうことがあります。

寝ている間の不意な寝返りを防ぎたいのであれば、赤ちゃんの体を固定するためのベルトがついているベッドインベッドもあります。

ベッドインベッドには長く使えるものも!

ベッドインベッドが必要なのは、赤ちゃんが自分の力で寝返りができるようになるまでのほんの3か月から4か月ほどの間です。

ベッドインベッドの中には、その期間しか使えないものもありますが、それだと購入する出費がもったいないと感じる人もいますよね。

ベッドインベッドの中にはその後も長く使えるように設計されていたり、おむつ替えシートとして活用できるものもあります。

どのように活用したいのか考えて、ベッドインベッドを選ぶようにしましょう!

新生児の赤ちゃんとの添い寝はスキンシップが魅力!

ここまで、新生児の赤ちゃんと添い寝をすることについて見てきましたがいかがでしたか。

今までにも、添い寝による悲しい事故が相次いできたことから、添い寝に対しては様々な意見が出ていますが、お母さんと赤ちゃんがスキンシップを取れるというのは、やはり最大の利点になりますよね。

添い寝による事故というのは、きちんと対策をすれば未然に防ぐことができる部分がとても大きいものです。

赤ちゃんとスキンシップが取れる期間はいつまでもありません。しっかりと対策をして、赤ちゃんとの添い寝を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

新生児の子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児が笑う理由とは?
赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?
新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ